検索
 HOME > バドミントン部


バ道  (4)バドミントン部の明日を担う!  

 
 試合の手続きやもろもろの連絡係など、バドミントン部を陰で支える主務・木村将紀(商3)。そして昨年1年男子で一番成績を残した成田大輔(法2)は常に明るく元気いっぱいで後輩にも慕われ、下級生の中ではリーダー的存在だ。

 バ道第4回目は、このバドミントン部の縁の下の力持ち木村と今乗りに乗っている絶好調の成田の二人に迫る!

隠れた努力家・木村将紀

 試合の出場登録やOB・OGとの連絡係、また私たち明スポに対しても細やかに応対をしてくれている主務の木村。「雑務が大変。けど主務として、レギュラーじゃないから試合の登録などはしっかりやる!試合に出る人が集中できる環境づくりをしたい」。チームのメンバーが試合に全力を注げるように、人からは見えない所で一生懸命主務業を務めている。そんな木村はバドミントン部にとって欠かせない存在であり、部全体を支える“縁の下の力持ち”だ。

 木村は主務業が大変だからといってレギュラー入りをあきらめているわけではない。入学当時、サークルも見て回ったが「強い人の球を受けないと強くなれない」と体育会バドミントン部に入部を決めた。スポーツ推薦で入部する部員が多いなか、一般入学で体育会に飛び込むことは、そう簡単なことではない。さらに「高校はあんまり厳しくなかったから、体育会で礼儀とか厳しくて初めは少し怖かった」と今までとは異なる環境に戸惑うこともあった。しかし「強くなりたい」という強い気持ちがあったから、周りの選手がみんな自分より強いという辛い環境の中でも、きつい練習にも必死でついていくことができた。

 今でもその気持ちに変わりはない。レギュラー入りを目指しながらもチーム全体にも気を配る。バドミントン部随一の隠れた努力家だ。木村の座右の銘は「不言実行」。弱音を吐くことのない我慢強いこの男なら、近い将来レギュラーで活躍してくれるに違いない。期待を込めてエールを送りたい。
◆木村将紀 きむらまさき 商 浦和北高出 181cm・60kg

勢いは誰にも負けない、未来を担う注目株・成田大輔

 座右の銘は「気合い」。その言葉通り、パワフルでノリの良い成田。昨年は代重(政経4)とダブルスを組み、1年男子の中で唯一リーグ戦出場を果たし見事初勝利をその手に収めた。代重とはじめて組んだダブルスはチームの2部優勝に大きく貢献。「公式戦初めてで緊張したが、攻めるパターンをうまくつくれた。代重と成田は愛し合っていますって載せてください(笑)」と冗談を言いながら、二人の絶妙なコンビネーションをアピールしてくれた。経験を積むことで一回り成長し、成田にとっては価値ある1勝となった。また新人戦でも4回戦まで進出し、1年生の中では1番の活躍を見せた。今がまさに伸び盛りの注目株だ。

 バドミントンを始めたきっかけはお父さんがやっていたからという単純な動機だった。初めは趣味程度でやっていたが、抜群のセンスでみるみる上達し、高3の時には国体団体ベスト8と実績も残している。

 成田の持ち味は泥くさく粘るプレー。相手プレーヤーがひるんだところでスマッシュを決める。そしていつもチームを盛り上げる明るい雰囲気の持ち主でもあり、下級生の中ではリーダー的存在だ。またそのキャラクターから同出身高校の田渕(文1)と小野寺(法1)が今年の明治バドミントン部に入部。「頼りがいがある。常に明るい」(小野寺)と後輩からも絶大な信頼を集めている。

 最近「調子よく動ける」と今乗りに乗っている成田。「目標は団体戦レギュラー。シングルスで頑張りたい。勝つ!」とやる気にあふれている。2年生になった成田は去年よりもさらに力をつけ、バドミントン部を盛り上げてくれるだろう。
◆成田大輔 なりただいすけ 法 札幌第一高出 172cm・68kg[栗橋あゆみ]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: