検索
 HOME > バドミントン部

2部リーグ1位で入替戦進出を決めた

バドミントン部  (男子部)青学大に勝利 1部復活を懸け入替戦へ/関東大学春季リーグ戦

◆4・28〜5・4 関東大学春季2部リーグ戦(日体大米本記念体育館)
▼5・4 対青学大戦(日体大米本記念体育館)
〇明大3―0青学大
大平〇2―0佐藤
澁谷〇2―1荒木
酒井・仁平澄組〇2―0佐藤・伏見組
 入替戦への切符を手に入れた。春季リーグ戦の最終日は青学大との対戦。第1シングルスで出場した大平洸輝(政経2=埼玉栄)が圧倒的な差をつけ快勝。残りの試合も白星を挙げ、2部を制覇した。
 
 意地を見せた。第2シングルスでは澁谷勇希主将(政経4=埼玉栄)が出場。「相手にやりたいことをやらせてしまったのが1番の原因」(澁谷)。連続する相手の強打に受け身になり、13−21と第1ゲームを落とす。しかしここで主将としてのプライドが闘志に火を付けた。「さすがに負けられないなと思った」(澁谷)と第2、3ゲームでは冷静に相手のプレーを見極め、ラリーを展開。着実に得点を獲得し、21−17、21−16で試合を決めた。
 
 負けられない戦いとなる。1部復帰を懸けた対戦相手は1部リーグ6位の中大。「1部に上がります」(澁谷)。両校の気迫がぶつかり合う一戦は、厳しい戦いになることは間違いない。昨秋の入替戦で味わった無念を晴らすべく、チーム一丸となって1部昇格を狙う。

[素宮愛結]

試合後のコメント
澁谷
――今日の青学戦を振り返ってみていかがですか。

 「第1シングルスの大平がしっかり勝ってくれて良い雰囲気だったのに、その後自分が第2シングルスで出てその流れのまま試合ができなかった。せっかく後輩が良い雰囲気をつくってくれましたが悪くしてしまって。試合の流れが大事だと思うのでそれに続かなきゃ駄目だったと思います」
――接戦でしたが苦労した点はありましたか。
 「何回か対戦したことがある選手ですが、正直やりづらい相手です。負けるとは思わなかったですが、もっと冷静に対処できたと思います」
――入替戦まで約1週間ありますが、どのように調整していきますか。
 「リーグ通してそれぞれ課題が見つかったと思うので課題練習だったり精神面でのケアだったりを大事にしていきたいと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: