検索
 HOME > 硬式野球部

4年生にしてレギュラー入りを果たした


東京六大学野球 2018〜春〜  (9)開幕前インタビュー 森下智之  

 常勝復活へと歩みだす。昨年は春5位、秋2位と優勝を逃した。それだけに今年は、早春にはアメリカキャンプも決行するなど、優勝への思いは一層強い。3季ぶりの頂点を目指し、スローガンである“奪冠”の実現へ向けた戦いに挑んでいく。

(この取材は3月24日に行われたものです)
森下智之内野手(文4=米子東)
――ご自身にとって昨シーズンはどのようなものでしたか。

「練習試合で調子が良かったんですけど本番に弱かったです。監督にもあまりアピールできなかったシーズンでした。(オープン戦とリーグ戦は違うか)雰囲気が全然違いますね」

――それを踏まえた冬の取り組みを教えてください。
 「バットを結構振って、ウエートもしましたけど、特に変わったことはしていないです。(変わったことはしていないが結果が出たのは)打ち方を変えるなど、これと言った取り組みはないですけど、意識は変えました」

――具体的に強くなった部分はどこですか。
 「逆方向の打球が増えました。なぜかは分からないですけど。(外角球に強くなったか)それはあります。打ち損じがなくなったという感じです」

――アメリカキャンプはどうでしたか。
 「アメリカの大学やマイナーチームは速いピッチャーが多いですし、打てれば日本にそれ以上のピッチャーはいませんから自信になります。打球も速いので、日本以上のスピード感を経験することで自信になりました。バントとか進塁打とかはないので、やりやすいといえばやりやすいですけど」

――三塁手の守備に自信はありますか。
 「ないです。全然ですね。送球と速い打球をはじいちゃったりするので、自信はないです。ピッチャーに声はかけるんですけど、自分のことで精一杯です。そのあたりは今の課題です」

――打者としての強みはありますか。
 「苦手なピッチャーがいないことです。球種やコースも、データを出せば打てていない所はあると思うんですけど、意識としては苦手コースはないです」

――逆に直したいところはありますか。
 「三振を減らしたいです。多くしているわけではないですけど、ピッチャーが嫌がるバッターになりたいので三振はしたくないです。(打順は何番を務めたいか)何番でもいいですけど、打ちたいといえばクリーンアップが打ちたいです」

――吉田有輝主将(商4=履正社)のチームづくりについて教えてください。
 「有輝とは仲がいいです。嫌がっている人も、疑問に思う人もいないと思うので、キャプテンでいいと思います。逆にあいつくらいしかいないと思います。(自身の役割)指示したり、引っ張っていくタイプではないです。プレーで引っ張るというほど自身はないですけど、戦力になれればという感じです」

――今年のチームの理想を教えてください。
 「ピッチャーがいつもより数が少なく不安が多いので、できれば点を取って守り切る方がいいですね」

――4年生になって変わったことはありますか。
 「今までよりもチームのことを考えるようになりました。就活生とかはなかなか野球には関われないので、亀裂ができていないか気にするようになりました」

――今春に向けた意気込みをお願いします。
 「自分にとっては本格的に出る最初のシーズンなので、1試合1試合、一生懸命やっていきたいと思います」

――ありがとうございました。

[曽布川昌也]


●東京六大学野球 2018〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: