検索
 HOME > バスケットボール部

早くも存在感を放ったルーキー塚本

バスケットボール部  (男子部)早大に敗戦も法大戦はルーキー躍動で勝利/京王電鉄杯

◆4・7〜14 第34回京王電鉄杯(エスフォルタアリーナ八王子)
▼4・8
対早大戦 明大71{20−24、16−20、15−19、20−16}79早大○
対法大戦 ○明大80{25−14、15−17、24−15、16−21}67法大
 大会2日目は、明大と同じく1部リーグ所属の早大と、昨季2部リーグ昇格を決めた法大と対戦した。早大には敗れたものの法大に勝利し、2日目を終え3勝1敗。Bブロック2位となった。最終日の14日はAブロック2位の専大と対戦する予定だ。

 早大戦、法大戦ともにスターターは、渡辺翔太(政経2=宇都宮工)、綱井勇介(文4=大阪学院)、須藤昂矢(営3=桐光学園)、森山修斗(政経4=瀬田工)、今川友哲(営4=大阪桐蔭)。

<早大戦>
 序盤から相手の精度の高い3Pシュートに苦しんだ。渡辺の鋭いドライブや森山の3Pシュートで一時は追い上げたが、後半はファウルがかさみ流れをつかみ切れなかった。「チームとしてできていない部分がまだまだ多い」(森山)と、広がった差を縮められず71−79で敗戦。5月の関東トーナメントまでに修正したい。

<法大戦>
 最強コンビ誕生を予感させた。法大に力の差を見せつけ第1クオーター(Q)で11点のリードを得ると、第2Qからは1年生がプレータイムを伸ばした。「自分が空いているスペースに飛び込んだら、めっちゃ良いパスをくれる」(溝口月斗・国際1=東海大札幌)。第3Q残り6分47秒、溝口がゴール下に飛び込むと塚本舞生(政経1=明成)が絶妙なタイミングでパス。受け取った溝口はすぐさまリングにボールを沈めた。C(センター)とPG(ポイントガード)、見事なルーキーの連携に会場はどよめいた。「自分が点を取りながら周りを使えた」と塚本。その後も2人はそれぞれのポジションを全うし、塚本は10得点、溝口はチームトップの13得点で勝利に貢献した。まだ肌寒さが残る今日、ルーキーが明大にあたたかい風を吹き込んだ。

[亀井笙子]

試合後のコメント
森山
――早大戦を振り返っていかがですか。

 「練習でやってきたことができればおのずと勝てるようになってくると思うので、チームとしてできていない部分がまだまだ多いんだなと思いました。トーナメントまであと1カ月しかありませんが、それに向けて改善してレベルアップしていきたいなと思います」
――この負けをどう受け止めますか。
 「負けは良くはありませんが、負けたからこそチャレンジできるというか、油断せずにトーナメントにも挑めるかなと思うので、本番に向けて気持ちを持っていきたいです」
――森山選手から見て1年生はいかがですか。
 「個人的に思うのは、1年生は頑張ってくれる子が多いです。できることを一つ一つやろうとしているというのが見えてきます。それを増やしていきつつ、元々できていたこともしっかりやっていけると良いと思います」

塚本
――ご自身の良かった点を教えてください。

 「自分も点取りながら周りを使えたことです。それがガードとして一番大切なことだと思っています」
――見えた課題は何ですか。
 「もっとコミュニケーションとることです。コートに立っている限りは、学年関係なくいろんな人とコミュニケーションとるようにしたいです」
――最終日に向けて意気込みをお願いします。
 「もちろん勝つのも当たり前ですが、内容がなかったら意味がないと思うので、一人一人課題を持って、チームとしても課題を持って、内容ある試合をしたいです」

溝口
――法大戦を振り返っていかがですか。

 「プレータイムが結構長い中で、バスケットカウントで決めたり、相手のセンターの人とマッチアップしたり、自分の役割はしっかり果たせたのかなと思います。あとは、オフェンスリバウンドが自分の得意なところですが、それがなかったので、もっと積極的にアグレッシブにプレーしていきたいと思います」
――高校と大学の違いを感じますか。
 「高校だったらある程度役割が決まっていて、5番のポジションの仕事だったらそれだけをやっていれば良かったんですけど、大学は逆サイドの動きとかも重要になってきます。逆サイドにいてオフボールの時に自分がどう動くのかが、今難しいと感じているところです」
――塚本との連携が目立ちました。
 「舞生はよく周りが見えていて、パスがうまい選手。自分が空いているスペースに飛び込んだらめっちゃいいパスくれるんで、すごいです。でも、自分がまだ舞生のいいパスに合わせ切れてないところもあるので、もっとはっきり飛び込むところは飛び込んだりして、そのパスについていけるようにしたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: