検索
 HOME > サッカー部

(左から)伊藤、橋岡


信闘  (1)副将対談  

 王座奪還を成し遂げる。昨季は、2冠を果たした前年度を超えるべく、3冠を目指したが無冠に終わった。リーグ戦は、優勝争いに加われず4位。総理大臣杯では準優勝を果たすも、集大成のインカレはまさかの初戦敗退。Jリーガーを5人輩出するなど力のあるチームだっただけに、勝負の厳しさを感じる1年となった。
 今季のチームスローガンは「信闘」。自分、仲間、今までやってきたことを信じて“闘う”思いを込めた。新主将には岩武克弥(政経4=大分トリニータU―18)が選出。2年次からレギュラーの岩武が、背中でチームを引っ張る。今季の4年生は、パワフルで元気いっぱい。「3冠のためには自分たちの色を出さないといけない」(岩武)。勢いを良い方向へ統一し、今季こそ3冠を狙う。本特集はそんなサッカー部の1年を追い続ける。
 4月7日に迫った関東リーグ開幕。4月2日から、5日まで副将対談、主将インタビュー、フィジカルコーチインタビュー、監督インタビューをお届けします。リーグ開幕前日である4月6日には瓦版を更新する予定です。
 第1回目は伊藤克尚(商4=サンフレッチェ広島ユース)と橋岡和樹(文4=浦和レッズユース)の副将対談です。(この取材は3月28日に行われたものです)


――副主将になった経緯を教えてください。
橋岡:主将の岩武がどちらかと言えばプレーで引っ張る、ピッチ内で存在感を表す存在なのでそれを支えるという意図で副主将に任命されたと思います。
伊藤:岩武がキャプテンで、プレーで引っ張ってくれるので自分と橋岡がプレーやその他の面で岩武のサポートやチームを引っ張っていけるようにということでチームメイトから選んでいただきました。

――副主将からみた岩武主将はどんな方ですか。
橋岡:責任感が強くなっていると思います。それが最も表れるのはピッチ内です。岩武が1番後ろにいることでチームメイトも引き締まって勝たせてくれる存在です。ピッチ外でも発信する力とかが頼れるなと思います。
伊藤:ピッチ内外どっちともどんと構えてくれているのでキャプテンらしいです。同期も含め下の学年も付いていこうという形になっていると思います。

――ご自身の中で副主将としての役割はどう考えていますか。
伊藤:どっちかがどうとかそういうものはないんですけど、ピッチ外で岩武をサポートすることであったりチームメイトに現状を発信して変えさせたりは2人区別なく力を合わせてやっています。
橋岡:キャプテンの岩武にはサッカーに集中して引っ張ってもらいたいので、自分たちが他の面でサポートしていけるかが今年のカギになってくると思います。そこは自分ら2人が気づいたことを話し合って岩武に提示して発信していきたいと思います。

――昨年の副主将の2人から言われたことはありますか。
伊藤:自分は気を使いすぎているのであんまり気を使い過ぎない方がいいと言われましたね。変に気を使いすぎて自分が悪くなったりとか悩んだりするので仲間をうまく使ったりした方がいいよと言われました。
橋岡:自分は柴戸海選手(平30政経卒・現浦和レッドダイヤモンズ)とかは話したりしますけど副主将の話とかはあまりしなくて、副主将にとらわれた話はしないですね。

――昨年のチームと比較した今年の状況はいかがですか。
伊藤:昨年の4年生もチームのことを全員が考えていて、なかなか勝てない時期もあったんですけど、それをどうにかしようとする姿がありました。それでも優勝はできなかったので、今年は昨年よりもっと何を目的にその手段をしているのかを明確にしようとしています。昨年より自分らの学年は元気や勢いがあるのでそこは大事にしていきたいです。
橋岡:自分も同じなんですけどパワフルな代だと見ていいと思います。昨年真面目に考えてくれた4年生たちとは違う形かもしれないですけど、元気や勢いを下級生に伝えられるかが今年のカギになると思います。

――今年の4年生はどういった学年ですか。
伊藤:そのままですね。元気、勢いは自分らが1年生の時から言われていました。良くない時もあったんですけど4年生になって全員が責任感を持ち出しました。元気をいい方向に向けることを継続していくことが大事なのかなと思います。
橋岡:元気、勢いがある代なので、パワフルさをいい時も悪い時も継続したいです。「信闘」を掲げているので信じながらやりたいと思います。

――チーム全体の雰囲気はいかがですか。
伊藤:チーム全体がパワフルな感じですね。
橋岡:でもチームで話すときはノリになってしまう時があるので紙一重だと思います。それを自分らで際どいところを調整していけばいいと思います。
伊藤:うまくやればパワーはあるのでそのパワーをいい方向にだけやれるように自分らがマネジメントすればいいと思います。

――副主将間はどのような関係性ですか。
伊藤:橋岡とは部に入る前からセレクションで知っていて仲が良かったので割り切った話もできます。遠慮とかはお互いにないのでいい関係なのかなと思います。
橋岡 :1年から4年まで同じポジションなので切磋琢磨(せっさたくま)してやりながらも言い合える仲ですね。

――同じSBとして何か意識することはありますか。
伊藤:11人しかピッチには立てないので、お互い右も左もできるんですけど二つのポジションで出られればいいと思います。他にもSBにはいい選手がいっぱいいるのでそこで負けたくないというのはやはりありますね。
橋岡:副主将としてというよりは一選手としてお互い切磋琢磨していこうと思います。伊藤が出れば負けたと感じて頑張りますし、お互いにそうなのでレベルを上げていければなと思います。

――チームとして今年の目標は何ですか。
伊藤:3冠という目標は1番上には掲げているんですけど、小さい目標としては毎週毎週の公式戦の勝利です。明治として自分たちが1年生のころは練習試合でも負けることがほとんどなかったので失点することさえもありえないくらいの組織でした。もう一度自分たちの代から取り戻したいです。明治はこういうチームなんだよというのを自分たちの学年から示して、来年再来年に引き継いでいけるチームにしたいなと思います。
橋岡:這いつくばって昨年成し遂げられていない3冠を目指すんですけど、やはり1歩ずつ踏ん張っていきたいです。最終的には3冠、Jリーグのチームに勝つというのができなければいけないので一戦一戦頑張っていきたいです。

――目標達成のために具体的に取り組むことは何ですか。
伊藤:個々のレベルは全国から集まってきてくれて他のチームより高いと思うので個人で打開できると思います。組織として攻守でみんなの頭の中のイメージを合わせられるとさらに良くなるし強くなれると思います。あとは内容も大事ですけど勝ち続けることが1番の自信の特効薬になります。とにかく自分たちに自信を持って、スローガンもそうですけどやってきたことを信じて戦えれば達成できると思います。
橋岡:元気、勢いとパワフルが売りなのでそれを全面に出して勝ち続けることが大事だと思います。やはりいろいろな状況で勝てない時とかあると思うんですけどそれにとらわれすぎず、すぐ切り替えてやらなければならないことを明確にしてまた勝ち続けられる組織にしていければいいと思います。

――リーグ戦開幕に向けて意気込みをお願いします。
伊藤:自分たちは今年も開幕カードに選んでもらいました。相手も筑波大学で昨年1度も勝てていない相手です。筑波をまず倒して、開幕3連戦で勝ち続けることが大事だと思います。まずは初戦に向けて全員いい状態で臨めるように自分たちが声を掛けてやっていきたいと思います。
橋岡:まずは勝ちます。その先はお客さんも来ている環境を提供してもらっているので結果を出すことが仕事だと思っています。いい試合をして勝ってリーグ戦優勝に近づいていきたいと思います。

――ありがとうございました。

第2回は主将インタビューをお届けします。更新は明日、4月3日予定です。
お楽しみに!


[木田諒一朗]



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: