検索
 HOME > 硬式野球部

先発として役割を果たせなかった森下暢


ボールパーク便り  先発の森下暢が大乱調 大量失点で東芝に惨敗  

◆4・1 春季オープン戦(明大グラウンド)
▼対東芝
明大1―16東芝○
オープン戦
東芝16
明大
 3年生が中心となって臨んだ今試合。社会人野球の頂点を決める都市対抗大会ベスト8の強豪・東芝に力の差を見せつけられ、1―16で大敗した。

 リーグ戦を前に大きな不安が残る。先発は開幕投手の有力候補・森下暢仁投手(政経3=大分商)。立ち上がりから2番打者の中越え三塁打を皮切りに2点を失う。3回、4回にもペースを崩し、この2回だけで被安打7、四死球は4。失策も絡んで9点を失い、一方的な展開に。直球、変化球とも終始制球の甘さが目立ち、無念の降板となった。
 打線も格上相手に歯が立たなかった。北本一樹内野手(文3=二松学舎大付)が中前適時打を放った4回以外は全くつながらず。計5安打1得点に抑え込まれ、惨敗となった。エースの投壊に打線の不振と、課題は山積みだ。20日後に迫った開幕に向けて残るオープン戦は3試合。数少ない実戦機会を実りあるものにしていきたい。

[曽布川昌也]

◆春季オープン戦日程表◆(スコアをクリックすると試合の記事に飛びます)
日付対戦相手場所スコア
2・26(月)
国士大
国士大グラウンド
○7−5
2・27(火)
日体大
日体大グラウンド
●2−4
2・28(水)
桐蔭横浜大
明大グラウンド
○7−1
3・1(木)
東京国際大
明大グラウンド
雨天中止
3・2(金)
日大
明大グラウンド
●1−9
3・3(土)
関東学大
関東学大グラウンド
○8−1
3・4(日)
駒大
明大グラウンド
○5−3
3・5(月)
国学院大
国学院大グラウンド
○3−2
3・7(水)
上武大
明大グラウンド
△5−5
3・24(土)
横浜商科大
横浜商科大グラウンド
○6−3
3・25(日)
国武大
国武大グラウンド
●4−3
3・26(月)
神大
明大グラウンド
○3−0
3・28(水)
東経大
明大グラウンド
●2−3
3・29(木)
航空自衛隊千歳
明大グラウンド
○9−7
3・29(木)
富士大
明大グラウンド
○11−4
3・30(金)
中央学大
明大グラウンド
○8−3
3・31(土)
白鴎大
白鴎大グラウンド
●3−6
4・1(日)
東芝
明大グラウンド
●1−16
4・4(水)
SUBARU
明大グラウンド
●5−6
4・7(土)
日立製作所
明大グラウンド
○5−2
4・8(日)
亜大
明大グラウンド
1−1



●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: