検索
 HOME > 硬式野球部

先発の役割を果たせなかった


ボールパーク便り  先発入江が6失点 日大に大敗  

◆3・2 春季オープン戦(明大グラウンド)
▼対日大
 明大1―9日大○
オープン戦
日大
明大

 先発が試合をつくることができなかった。4試合目のオープン戦となった今日は、東都リーグの名門・日大との一戦。先発の入江大生投手(政経1=作新学院)は、2回に打者一巡の猛攻を浴び一挙に5失点。その後も1点を失い計6失点でノックアウト。直球に球威はあったものの高めへの抜け球が多く、変化球の制球も定まらなかった。コントロールに精彩を欠き、許した四死球は四つ。オープン戦初となる先発のマウンドは課題の残る内容となった。
 打線も攻撃のリズムをつくれず、相手投手陣の前に沈没。得点圏に走者を置いたのは1回と2回のみに終わった。それでも6回、越智達矢外野手(営3=丹原)が左越えソロ本塁打を放ち好調ぶりをアピール。その他にも、渡辺佳明内野手(政経3=横浜)が2安打を放つなど順調な仕上がりを見せている。
 オープン戦はまだ始まったばかりだ。主力だけでなく、レギュラー争いに燃える選手の活躍からも目が離せない。

[丸山拓郎]

◆春季オープン戦日程表◆(スコアをクリックすると試合の記事に飛びます)
日付対戦相手場所スコア
2・26(月)
国士大
国士大グラウンド
○7−5
2・27(火)
日体大
日体大グラウンド
●2−4
2・28(水)
桐蔭横浜大
明大グラウンド
○7−1
3・1(木)
東京国際大
明大グラウンド
雨天中止
3・2(金)
日大
明大グラウンド
●1−9
3・3(土)
関東学大
関東学大グラウンド
○8−1
3・4(日)
駒大
明大グラウンド
○5−3
3・5(月)
国学院大
国学院大グラウンド
○3−2
3・7(水)
上武大
明大グラウンド
△5−5
3・24(土)
横浜商科大
横浜商科大グラウンド
○6−3
3・25(日)
国武大
国武大グラウンド
●4−3
3・26(月)
神大
明大グラウンド
○3−0
3・28(水)
東経大
明大グラウンド
●2−3
3・29(木)
航空自衛隊千歳
明大グラウンド
○9−7
3・29(木)
富士大
明大グラウンド
○11−4
3・30(金)
中央学大
明大グラウンド
○8−3
3・31(土)
白鴎大
白鴎大グラウンド
●3−6
4・1(日)
東芝
明大グラウンド
●1−16
4・4(水)
SUBARU
明大グラウンド
●5−6
4・7(土)
日立製作所
明大グラウンド
○5−2
4・8(日)
亜大
明大グラウンド
1−1




●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: