検索
 HOME > バスケットボール部

入替戦での活躍にも期待される坂本はチームトップの20得点を挙げた

バスケットボール部  江戸川大に5点差敗戦 最下位で28日桐蔭横浜大と入替戦/関東大学女子2部リーグ戦

◆8・26〜10・22 第67回関東大学女子2部リーグ戦(浦和駒場体育館他)
▼10・22 江戸川大2回戦(日女体大体育館)
明大65{14―20、11―15、20―22、20―13}70江戸川大○
 敗れはしたが最終クオーター(Q)で意地を見せた。この日は前日に敗れた江戸川大と対戦し、65―70で敗れた。10点ビハインドで迎えた後半は、ディフェンスを徹底。離されないよう何とか食らいついた。それでも、追加で2点のリード許し迎えた第4Qでは、内外からの器用な攻撃と堅い守備がさえ渡り、5点差にまで迫った。あと一歩届かなかったものの、強豪相手に接戦を繰り広げた。最終成績は1勝13敗で最下位。28日には2部Bリーグ1位である桐蔭横浜大との入替戦に臨む。

 スターターは、小野尾梨紗(文2=昭和学院)、松本真衣主将(理工4=鵬学園)、坂本真祐(情コミ2=山村学園)、清水智央(文1=東京成徳)、上澤果林(営3=大阪桐蔭)。

 必死に追走した。「入替戦につながる試合をしようという、みんなの気持ちが表れた」(坂本)。12点ビハインドで迎えた第4Q。開始6分台に坂本が二つのバスケットカウントを獲得し、チームを沸かせる。流れをじわじわと引き寄せると、残り5分15秒に清水が3Pシュートを沈め、流れは完全に明大へ。そこから試合終了までの間に11得点を挙げ、失点は4。守備では、前半まで相手の得点源だったセンターの留学生を厳しいチェックと息の合ったローテーションで抑え込むことに成功した。最終スコアは65―70で敗れたものの、最後まであきらめない姿勢が後半での巻き返しを可能にさせた。

 苦しいシーズンに主将も頭を抱えた。「苦労しかなかった」(松本)。今年から上位リーグに昇格したが、昨年の主力だった3年生の多くがケガのため試合に出場できず。メンバーの多くは1、2年生が主体だった。「主将として自分が落ち着かせなきゃいけなかった。でも、それがしっかりできていたかと言われるとできてなかった」とうつむいた。後悔してるからこそ、前を見据える。「(入替戦は)やるしかない。全員が攻め気を持っていれば絶対勝てる。絶対に勝ちにいこうと思います」。苦しかったシーズン。最後は報われてほしい。

 入替戦勝利のカギは上位リーグでの経験を糧にできるかどうか。今シーズンは敗戦続きだったが、レベルが高いチームとの連戦に揉まれ成長してきた。「ディフェンス力は本当に上がってきてる。入替戦ではこのリーグで培ってきたことを出していきたい」(小野尾)。集大成となる一戦。やってきたことは間違いではなかったと証明する。

[古賀章太郎]

試合後のコメント
生天目潤コーチ

「基本的なパスやパスを受ける能力はやっぱり相手の方が基本に忠実に継続していました。うちはそこが弱かったです。腰が少し高かったりパスが少し弱かったり。そういう少しの差でリーグ戦では負けてきました。それができればいい戦いができる。それが弱くても今日みたいな点数で勝負ができるというのは、成長したんじゃないかなと思います。(成長した部分は)当たりです。今日は戦えていたと思いました。下位リーグと上位リーグとでは当たりが違います。入替戦では気持ちを自信につなげられれば、シュートも入ってくると思います。後半みたいに追い上げた時に気持ちを入れてシュートを打っていければ、もっと良い戦いができると思います。(競った試合に持ち込めた要因は)ディフェンスですね。前に前に詰めていけてました。そこで相手に安易に中をやらせなかったり、安易にシュートを打たせてなかったです。ただ、ちょっとした相手のシュートのうまさにやられてしまいました。速攻はやられてないし、中もそんなにやられていないです。そこはこのリーグ戦を通して成長した部分です。リーグ戦を通して随分と戦えるようになってきました。70点80点くらいです。いい感じになってきたと思います。(入替戦に向けてのいい弾みになる)そうですね。あとは、入替戦は独特なプレッシャーがあります。相手は勝ち上がってきてるチームなので勢いに乗ってます。でも、自分たちは負けていて、勝ち方を知らないです。そこの出だしできちんと押し返せるかどうか。今日みたいなディフェンスを入りからできるように気を引き締めていきたいです。(入替戦に向けて選手に向けて)自信を持てばいいと思う。自信を持てばみんなシュートも入るので。うちの3Pシュートが入らなかったり、ランニングシュートを落としちゃうのは自信がないからです。なので、しっかりと自信を持って臨んでほしいです」

松本
「昨日みたいに3ピリで離されることはなかったですけど、昨日より前半の出だしが悪かったです。そこの10点差が後半に響いたと思います。(2部Aリーグ)苦労しかないです。下級生主体になってきてるから、メンタル面とか出来上がってない状態でリーグ戦とか戦っていたので、自分が落ち着かせなきゃというのもありました。実際それがしっかりできていたかと言われると、できてなかったかなという反省があります。(下級生が主体で上級生は全然出場できていない)苦しかったです。自分はそんなにガツガツ言えるほうではないので。色々考えちゃうと言えなくなっちゃったりしました。(入替戦への意気込み)やるしかないです。特に桐蔭はインサイドのプレーは激しいと思います。この一週間で少しでも中のディフェンスを直していきます。あとは全員が攻め気を持っていれば、絶対勝てます。絶対勝ちに行こうと思います」

小野尾
「前半で結構点差を離してしまったのが大きかったと思います。でも、リーグ戦を通していく中でディフェンスも良くなってきました。最後の方はみんなでローテーションして留学生のところを守れていたので良かったと思います。(第3Qで崩れなかった)いつも3ピリで離されてしまって、体力もなくなってしまいます。でも、今日は全員が走る気持ちでディフェンスをもう少し頑張りました。(第4Qは点差は勝ってる)10点差は簡単に追いつけるのかなとおもっていたんですけど、やっぱり向こうがここぞというところで決めていました。23番と13番が攻めてくるイメージがあったので、そこを抑えるということをもう少し意識して臨めば、もっといい試合になったんじゃないかなと思います。(自身のプレーは)いつもはパスばっかりで自分で攻めることとかはなかったです。今日はリーグ戦最後だからということでミスしてもいいからどんどん攻めていこうという気持ちでやりました。(第4Qのブザービーター)『監督からも抜けるから』と言われていて、自分自身も分かっていたので、時間ないし行こうと思いました。(桐蔭横浜大との入替戦に向けて)去年、コウさん(萱沼史織・平29情コミ卒)がいて一人で30点とか取っていました。なので、そこをみんながカバーして点数を入れないといけないです。それはディフェンスでもそうです。去年と向こうのチームはメンバーがあまり変わらないので、そこで差が結構出てしまう可能性はあります。今まで2部Aリーグでやってきたという経験を生かして、戦いたいと思います。(2部Aリーグで得た自信)Bリーグと比べて当たりが強いので、その分フィジカルも付いたんじゃないかなと思います。あと、ディフェンス力は本当に上がってきてると思います。(今年は主力として臨む入替戦)自分がコントロールしないといけないです。ガンガン行くのではなくて、攻めにいくときとはいく。いかない時はいかない。もう少しメリハリつけられたらいいと思います。(リーグ最初のイメージは一人で攻めていたイメージ)止まる能力とか技術をこれからは付けないといけないからと言われてるので、そこは意識するようにしてます。(意気込み)自分たちが『やってやるんだ』という気持ちを持ってやれば、勝てると思います。でも、向こうはリーグ戦を全て勝ってきているので、負けを知らないです。こっちがしっかり2部Aリーグで培ってきたことを出していきたいと思います。気持ちが一番大事です。頑張ります」

坂本
「今日は出だしが悪くて、相手にゴール下まで簡単にボールを持っていかれることが多かったです。もっとそこを徹底できれば良かったと思います。ディフェンスは全然守れていたと思うんですけど、リバウンドなどのセカンドシュートを簡単にやられてしまうことが多かったです。そこをなくして自分たちがリバウンドを取れていれば、点差ももう少し詰められていました。そこが課題かなと思います。(試合前は生天目コーチから何か言われたか)オフェンスのプレーなんですけど、もっと広く使うというのは言われました。誰かがドライブした時に一緒に上がってくるのではなくて、外に開いてスペースを作ってあげてそこから合わせる感じです。(第4Q自体では点差は勝ってる)第3Q終わった時点で10点差くらいでしたし、行けると思いました。次に入替戦に向けてつながる試合をしようというみんなの気持ちが表れたのだと思います。(入替戦で勝つイメージは)自分たちはこのリーグ戦で自分たちよりもレベルが高いチームとやってきました。そこはみんなも自信になったと思います。相手もリベンジするという気持ちがあると思うんですけど、自分たちもしっかり気持ちで押されないようにすれば、全然戦える相手だと思います。(今リーグでの手応えは)初めの方はディフェンスのローテーションとかできてなかったり、走れていなかった場面がありました。でも、試合を積み重ねていくうちに、ディフェンスも強くなったと思います。でも、最後決め切ることやリバウンドを徹底するというのがまだ課題に残っているので、見直さないといけないと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: