検索
 HOME > バドミントン部

コンディション整わず敗北を喫した武石・西谷組

バドミントン部  男子は日大に阻まれ2回戦敗退 女子は好調な滑り出しで準決勝へ/全日本学生選手権

◆10・20〜26 第68回全日本学生選手権(一宮市総合体育館)
▼男子団体
・1回戦
○明大3―1中京大
・2回戦
明大0―3日大○

▼女子団体
・1回戦
○明大3―1同大
・2回戦
○明大3―0金沢学大
・3回戦
○明大3―0専大
 大学日本一を争うインカレ団体戦初日。男子団体は初戦の中京大戦を3―1と無難に突破し、続く2回戦の相手は日大。昨年のベスト8を越えるためには絶対落としたくない戦いとなったが日大は1部リーグ常連校。その高い実力に太刀打ちできず0―3と完敗した。一方、女子は好調だ。1、2回戦を難なく突破し準々決勝では同じ1部リーグの専大と対峙(たいじ)した。秋季リーグでは3―2と辛勝した相手だが今大会では3―0と圧勝。明日に行われる準決勝へと駒を進めた。

[男子]
 一部校相手に総崩れだった。準々決勝を懸けて行われた2回戦の相手は日大。昨年の東日本インカレでは優勝を決めている強敵だ。澁谷勇希(政経3=埼玉栄)、仁平澄也(政経1=埼玉栄)のシングルス陣がストレート負けを喫し、負ければ敗北が決まる第1ダブルス。ここでは関東学生選手権優勝と高い実力を誇る武石優斗(商3=札幌一)・西谷春樹(政経3=青森山田)組が出場した。勝利は堅いと思われたが「コンデションは良くなかった」(武石)。実はインカレ直前、西谷が腰を故障。大会初日になっても治らずあまり練習を積めていなかった。1回戦の第1ダブルスでは、なんとか武石・平川透(農1=八代東)組の急造ペアでしのぐも「(それでは)日大戦は厳しい」(小笠裕貴主将・政経4=名経大市邨)。ケガを押し切って武石・西谷組として出場することにした。1ゲーム目を取られるも2ゲーム目は21―11と気持ちを切り替えで奪取。運命は3ゲーム目に懸けられた。しかし「相手の思うように打たされた」とここからは完全に日大ペースに。日大の三橋・小倉組は二人ともシングルスプレーヤーの経験があり、ネット際での球の行使やロブなどは相手の方が一枚上手だった。4―11でインターバルを折り返すと流れそのまま、15―21で敗北。この瞬間、チームの敗北も決まり昨年のベスト8を塗り替えることができなかった。

 先輩の思いは後輩に託された。4年生にとって最後の団体戦が終了。「同じ過ちを繰り返してほしくない」(小笠)。今季は春季リーグ戦で2部降格、秋には入替戦に持ち込むも勝ち切れず、2部残留。失意のままで幕を閉じることになった。それでも小笠は「後輩を出させてしっかり経験をさせたい」と今大会では3年生以下の選手を起用。引退試合に4年の姿はなかったが思いは確実に伝わった。
 来季からの主将には澁谷に決定。「誰よりも努力している」(小笠)とそのひたむきな性格が評価された。4年生は引退するも、澁谷のほかに関東学生選手権1位、2位の武石・西谷組と酒井健登(政経2=埼玉栄)・仁平組、東インカレベスト8の大平洸輝(政経1=埼玉栄)は健在だ。来季、先輩の夢をかなえるためにもまずは23日からの個人戦、全力を尽くす。

攻めの姿勢で勝利した上杉・小原組
攻めの姿勢で勝利した上杉・小原組
[女子] 
 1年生ダブルスが存在感を示した。2回戦の金沢学大戦でチームカウント2―0の中、第1ダブルスとして登場した上杉夏美(商1=埼玉栄)・小原凛々子(文1=聖ウルスラ学院英智)組。第1ゲーム、14―17の3点をリードされた展開。「とにかく攻めることだけを考えていつも通り」(上杉)と相手に得点を与えず8連続ポイントで第2ゲームにつなぐ。第2ゲーム目もリードを許したのは1回のみ。スマッシュを打つだけでなくラリー戦でも守ることなく攻撃的なプレーを発揮。21―9の大差でチームに勝利をもたらした。秋季リーグ戦でも出場機会はあったが敗北し悔しい結果に終わっていた。だからこそ「少し自信になった」(小原)とストレートで勝ち切れる強さを見せつけた。
 不安を力に変えた。初戦の同大戦と準々決勝の専大戦に出場した西口涼子(農2=埼玉栄)。秋季リーグ戦ではシングルスとして出番を任されるも、一勝にも手が届かず。第1シングルスを任された今大会、専大との対戦では「取らないといけない場所だった」(西口)。プレッシャーを感じつつも相手を寄せ付けず白星を挙げる。思い切りのある「自分のプレー」(西口)が勝利を導いた。
 
 流れは来ている。準決勝、決勝を残した状態で落とした試合は同大戦でのダブルスの一試合のみ。秋季リーグ戦で第3シングルスまでもつれる熱戦を繰り広げた専大にもストレートで勝利し、リーグ戦の時との違いを見せた。「最後にしっかり結果を出したい」(瀬川)。1年間、結果でも背中でもチームを引っ張ってきた4年生にとって最後の団体戦となるインカレ。目標に掲げる団体優勝に向け舞台は整った。

[曽我怜平・花岡桃]

試合後のコメント
[男子]
小笠

「チームメートに話したのですが、自分がもっと実力あれば違う形で引っ張れたんじゃないかなという気持ちが強いので正直悔しいです。(4年生不在の理由)実力が同じくらいであれば後輩を出させてしっかり経験させた方が良いかなというのはありました。自分もそうですけど、自分が外れて後輩出させたというのが意図するものです。いつまでも4年生いちゃいけないという訳では無いですが、後輩たちを出した方が今後のためになると思いました。(ミーティングで話したこと)相手は強いので向かっていけとは言いました。日大に関しては1部上位の実力があるので。(日大戦)4年生が出られたらもっと違う形で日大と対戦できたのかなと言うのはあります。後輩に任せすぎたのかなと言うのはあるので自分たちの不甲斐なさというのが1番の敗因です。キャプテンの自分が引っ張れなかったのもあるので後輩たちには申し訳ないことしたなと思います。(仁平のシングルス)仁平はダブルスメインなのでダブルスをやらせていたのですが、シングルスも来年以降やはり起用することになると思うので少しずつ入れてやりました。(西谷のケガ)最近腰が痛いと言い出して、今日無理して出させて余計痛くなったかもしれません。もったいないです。個人戦があるので切り替えて欲しいかなという感じです。西谷がおらず、1回戦は1回も組んでいない即興ダブルスだったので、そのままで日大戦はきびしいかなと思いました。(入替戦から気持ちの切り替え)僕自身、入替戦を引きずっていたのはあったのですが表には出さないようにしていたつもりです。(後輩に伝えたいこと)実力が全てですが、コミュニケーションもそうですし仲間を大事にした欲しいです。一人じゃやはり引っ張っていけないので、みんなで1人を支えていってほしいです。1人はみんなのためにというものもあります。なので1番仲間を大事にして欲しいです。(来年の主将)澁谷です。実力も伴っていますし、誰よりも努力しているというのはみんな見ています。なのでそういった所で引っ張っていき方があいつなりにあるのであいつに任せました。(来年へ)同じ過ちを繰り返して欲しくないのでしっかり1部で春に上がって、1部で戦える実力者なので頑張って欲しいです」

武石
「そんなにかみ合ってはいなかったです。関東学生と比べるとできなかったです。西谷の調子が悪かったというのもあるのですがコンディションも良くはないです。(西谷について)インカレ前に腰を痛めてしまいました。練習中にやってそのままという感じです。(敗因)相手はお互いにシングルスもやるプレーヤーです。そういった中、あまりダブルスぽくないというか、いい意味でシングルスのいい所を出してきました。一つ一つのネット際のプレーやロブなどもうまいのでそういう所で自分たちが失点してしまったのかなと。足を動かして対応できれば良かったのですけど、そこができておらず得点にはつながらなかったですね。(2ゲーム目は勝利)2セット目は自分たちが球を上げさせる事が出来攻められました。ただ、3セット目は相手の思うようにうたされるという展開がありやられました。(精神面)入りとしては1からとるという思いだったのですが徐々に自分らが動けなくなりミスも増え点差が離れていきました。しっかり声を出し勢いに乗って行くというのはできなく、もったいない所です。(個人戦に向けて)さっきの試合はいつもより話し合いも少なかったです。なので、自分らでしっかり話し合ってお互いのプレーをしっかり出せるように。ペアの調子は悪いですが、自分が補えるくらいのことはしようと思うので一個ずつ勝っていきたいです」

仁平澄
「(シングルスでの出場)今日の朝出るかもしれないと言われました。(シングルスへの練習)ちゃんと練習するようになったのは最近ですね。コンディションとしては悪くはなかったのですが、練習不足だったかなと言う印象です。ただ、練習でシングルスにもやるようになったのでシングルスで出るのかなと言うことは思っていました。東インカレぶりです。(感触)最初の入りが固くなってしまい常に相手のペースになってしまいました。2セット目からは切り替えて自分のプレーを思い切り出していこうと。あとは経験ですね。(敗因)やはり練習不足と経験不足です。(相手のプレー)自分がやられて嫌なプレーは後ろに煽られて煽られてという回されるプレーです。相手にそういうプレーをされて自分が球をあげてチャンスボールになり取られました。これが多かったです。(隣で武石・西谷組がやっていたが)あまり気にしないで勝ってくれると思っていたので自分たちが勝って3シンに回すだけかなという感じです。特に意識はしなかったですね。(ダブルスの感想)一試合目は良くなかったのですが2試合目は気持ち的にも良くなったのでそれを個人戦で最初から出せればいいかなと思います。(ペアリング)日によって変わるのでまだ波があります。安定してはいないです。(個人戦に向けて)まずは全日本総合選手権の権利を取りたいので8入りします。ただ、最終的な目標は優勝なのでそこを目指してやっていきます」

[女子]
瀬川

「目標は優勝なので、まずは2日目まで勝ち上がれてよかったです。一人一人優勝に向けてやってきていることは分かっていたので、みんなでやってこれたと思います。リーグを通して、上級生の姿を見せることで下級生も付いてきてくれると思っていたので、明日にも期待したいです。(専大にストレート勝ち)混戦になると予想していたので、しっかり3ー0で勝ち切れました。(西口が勝利)1ゲーム目も競った展開になっていたけどしっかり戦えていました。1回戦でも17オールの時に苦しい時もありましたが、苦しい中で勝ち切る力を出せていたので、秋リーグよりも成長していると思います。(上杉・小原)今までリーグ戦で勝てたことがなかったと思うので、自信にしてもらいたいです。でも、まだこれからに期待する部分が大きいです。(明日は強豪ぞろい)筑波か法大どちらかに当たりますが、チャレンジャーであることに変わりありません。明治の団結力を生かしてから戦っていきたいです。(秋リーグからのチームづくり)この大会が最後になると同時に、チーム発足時からの最終目標でした。目標達成するためにここまで頑張ってきました。チームメートとコミュニケーションをとって、一人一人何を考えているかとかを知って、メンバーが力を出せるようにサポートしてきました。(意気込み)明日は私にとっても、キャプテンとしても最後の日になります。この一年間本気でみんなを巻き込んでやってきたので、最後にしっかり結果を出したいです」

西口
「秋リーグは一勝もできず、今まで練習も苦しんでやってきて今日を迎えました。正直言って万全な状態ではなく不安で仕方がなかったんですがキャプテンからオーダーで出すと言われて。今の4年生とできる試合はこれが最後なので責任をもって自分が勝っても負けても一生懸命戦おうという気持ちでした。入った結果、一試合目も二試合目も勝つことができ今はホッとしています。(専大に勝てた)自分の試合が取らなければならないオーダーの場所で試合前に少し考えてしまったんですが、すぐに気持ちを切り替え思いっきりやる気持ちで試合に入ることができました。第2シングルスの十河先輩も自分より早く試合に勝って、自分も1ゲーム取り、2ゲーム目もリードしていたのでここでシングルス2本とればあと一つで、ダブルスには瀬川先輩と村上先輩という心強いダブルスもいる。2ダブにも同期と後輩の強いダブルスもいます。そこに気持ちよく回せるように勝ちたいと思って試合をしました。(秋リーグからインカレでの違い)秋リーグの時よりも落ち着いてしかも攻めることもでき不安な気持ちも少し減り、どんなに競っていても自分のプレーをしようという心掛けができたと思います。(今年の4年生の取り組み)優勝というとても難しい目標でも本気で願って練習していれば本当にできるんじゃないかということを思わせてくれた4年生3人です。しっかりこの背中を目に焼き付けて明日の試合も今後もつなげていきたいなという風に思います。ついていくという気持ちはあります。明日の試合の最後まで先輩たちについていこうと思います。去年はチームの目標自体がここまで本気でチームの優勝を狙っていなくて3位まで行けてすごいという驚きでチャレンジャーのような感じだったんですが今回は優勝を目指してやっていたので、気持ち的に切羽詰まったりすることもありました。そうやって覚悟とか気持ち的にもきつい中で頑張ることをこの一年間学べたかなという風に思います。(明日)明日も準決と決勝で相手も今日よりも強いので自分の全力を出して先輩たちと最後まで戦いたいなという風に思います」

上杉
「今まで負けっぱなしだったので勝ててうれしいです。団体でいつも勝たないといけないと思い込んで力を出し切れていなかったのですが、今回は自分のやりたいことができたので良かったです。いつもは力が入りすぎていて今回もし出れたらとにかく攻めることだけを考えていつも通りやろうということを考えていました。(インカレの団体戦に初出場)1年生のころからインカレの舞台を経験出来てうれしいですし、勝てたのもうれしいのでまだオーダーも決まってなく、発表されてないので分からないですが、もし出させてもらえたら次も勝ちたいです。(試合としては)いつもは守って負けることが多かったんですが、今回はあまり守りに回らずずっと攻撃できていたので良かったと思います。(リードされているときは)結構焦ったんですが、やっぱり取られてしまったら流れが向こうに行くので絶対にとられちゃいけないと思いました。とにかく攻めて二人でミスをしないことを考えてやりました。(4年生の取り組み)去年まではずっと1部と2部の入替ばかりだったのが、リーグで優勝したりインカレで団体優勝するというとても高い目標を持っていて練習中も絶対優勝するという姿勢で一生懸命やっている姿を見てかっこいいと思います。(秋リーグの後は)今の4年生の先輩が抜けたらダブルスが強い人がいなくなるから今のうちにみんなでエースの奪い合いを意識してやった方がいいという話はしました。(インカレに向けては)リーグの時にいい時は攻めてるけど悪い時は守って短くなって決められるということが多かったので、練習でなるべく守りにならないように自分から攻めるということを意識していました。気持ちの面では普段の練習からゲーム練習は絶対勝つという気持ちでやっていたんですが、普通の練習の時でも負けないとかではないですがこっちからミスしないようにとか。インカレで4年生が最後になるので絶対勝ちたいと思ったので特に集中してやりました。(4年生が最後)明治に入って厳しいことも言われたりしてつらかったんですが、先輩とのコミュニケーションが取れたり、練習中もアドバイスや練習の相手をしてくれてとても頑張っている先輩たちなので絶対一緒に優勝したいなと思っています。(明日)出ても出なくても優勝目指して頑張ります」

小原
「(3回戦を突破して)素直にうれしいです。(2回戦)相手もそんな強くなかったんですが、先輩たちが前二つを取ってくれたので自分たちで決めたかった中で、少し自信になりました。でも、最初はめっちゃミスが多くて押されてました。レシーブばっかりだと引いて押されてしまい、リーグの時もそれで負けてしまいました。今回はそうならないように、1セット目の後に自分たちから攻めて攻撃の形をつくっていこうって二人で話したらよくなりました。(第2ダブルスの不振)第2ダブルスがこれまで勝てていなかったことに危機感はありました。2ー1とかで回ってきた時に負けて先輩に回してしまうことが多くて、申し訳なかったです。これから4年生が抜けて、ダブルスも大きな穴ができます。でも、そこを担えるようになりたいです。(先輩たちの頑張り)リーグで勝っているのが3年生とか4年生で、そこは申し訳ないと思っていました。なので、この大会でしっかり返せるように頑張りたいです。(組んでまだ2カ月)最初よりはようやく形になってきました。(意気込み)もし出られるなら、自分たちが勝ってポイントを取れるようにしたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: