検索
 HOME > 準硬式野球部

最終回、久保田は打席で笑顔を見せた

準硬式野球部  接戦をものにできず敗戦 勝ち点落とし優勝逃す/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・2〜10・29 東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼10・18 対法大2回戦(早大東伏見グラウンド)
 明大3―4法大○

2回戦
明大
法大×
 あと一歩及ばなかった。勝ち点3で並ぶ法大に王手をかけられ迎えた2回戦。初回から池尾俊祐外野手(法2=岐阜城北)の2点二塁適時打などで幸先よく3点を先制。しかし先発・中里彰吾投手(商4=高崎)が2回裏に2点を失い、4回には自身の暴投で同点を許す。6回からはエース・篠原匠投手(政経4=明大中野八王子)が登板。しかし勝ち越し適時打を浴びて逆転される。打線も初回以降得点を奪うことができず敗戦。目の前で法大の胴上げを見届ける悔しい結果に終わった。

 手痛い一打を食らった。6回から登板の篠原。「1点も与えるつもりはなかった」と5回まで粘投の中里の後を受けてマウンドに上がる。しかし安打で出塁を許すと、暴投と犠打で2死三塁のピンチを招く。「相手が一枚上手だった」(篠原)。スライダーを意図したコースに投げ切るも中前にはじき返され、勝ち越しを許した。その後は相手打線を0点に抑えて反撃を待つが、打線の援護はなく敗戦投手となった。
 
 記録達成はならなかった。リーグ戦通算100安打まで残り3安打で今試合を迎えた久保田駿主将(法4=広陵)。第2打席に中前安打を放ち残り2本とする。しかし第3、4打席は四球。「四球でも全然良かった」と、今試合も自分の記録よりもチームの勝利を優先にプレーした。
 最終打席、意地の一打を放った。1点ビハインドで迎えた9回表1死から星野周太郎内野手(商3=明大中野八王子)、竹村律生内野手(営2=佐野日大)が連続四球で久保田に打順が回る。追い詰められた状況の中でも打席の久保田には笑顔があった。放った打球はリーグ戦通算99安打目となる遊撃手への内野安打。「安打を打つのはさすが」(篠原)。チームからの信頼の厚い主将が土壇場でも期待に応えた。しかし後続が倒れ敗戦。久保田は塁上で膝をついて悔しがった。リーグ戦通算99安打という結果には「自分らしい」(久保田)と振り返った。

 4年生は引退を迎える。惜しくも最終節で2連敗を喫し、優勝で4年生を送り出すことはできなかった。「悔いが無いと言えば嘘になるけど、楽しく野球ができた」と久保田は振り返る。「全日本優勝で恩返したい」(平島嘉之外野手・営3=明大中野八王子)と4年生の果たせなかった夢を後輩たちが引継ぎ、来年の活躍を誓った。

[大西健太]

試合後のコメント
小西秀明監督

「春も同じですがあと一歩のところで優勝までいけなかったのが非常に残念です。だけどその中でも一生懸命全力は尽くしてくれたので、そこは評価したいと思います。非常によくやってくれました。特に久保田は主将として3年の夏以降1年半主将をやったことになるので、いろんな気苦労が多かったと思いますけどチームをよくまとめてくれました。4年生全体もまとまりがあったしチームとしていい形だったと思います。楽しみながら笑顔を見せながらやるというのはいいことだと思います。それは今までのいくつかの試合で諦めないで最後の逆転や、そういう展開につながったと思います。(1年生の活躍も)いきなり2人ホームランはびっくりしましたけどチームに新しいエネルギーを与えてくれて競争も激しくなったし非常にいい力を発揮してくれたと思います。ただ少し後半、そう簡単には甘くないのでなかなか結果残せなかったですけど来年以降のいい勉強になったと思います。(試合後久保田、村上と話していたが)今後の打ち合わせと2人でチームをよくまとめてくれたことへの感謝です。(今後は)平島と星野で今の4年生と同じような感じでチームをまとめてくれると思うので、ただ主将がどんなカラーを出してチームづくりをするのかは主将の大きな考え方があると思うので話し合って平島カラーを出したチームをどう作っていくかですね」

久保田
「負けたら終わりなので勝つことだけしか考えていませんでした。(最後の打席は)星野と竹村の後輩2人がしっかりつないで回してくれたので何としてでも多々野将太外野手(農4=花巻東)に回そうという気持ちで打席に入りました。塁に出るのは大事だと思っていましたけど、自分が打って流れを持っていきたいという思いもありました。でも四球でも全然良かったと思います。(リーグ戦通算安打が)99本で終わるのは僕らしいと思います。悔しい思いもありますけど僕らしいですし、最後までしっかり野球できたのでうれしいです。僕たちの代で終わりではないのでいろんな選手出して、1、2年生がしっかり活躍してくれたのはうれしい限りです。僕たちが成し得なかった全日本優勝とリーグ戦優勝は下の代の力も必要だと思うのでしっかり来年この経験を糧にして頑張ってほしいです。(来年の主将は平島だが)絶対僕よりいい主将になると思うので全員ついていくと思います。僕たちができなかった全日本優勝とリーグ戦優勝を目標として達成してほしいです。もっといいチームを作ってほしいし、作ってくれると思うので期待してください。学生野球最後の思いで臨んでいい思いもたくさんありましたし悪い思いもありましたけど、大好きな野球をここまでケガなくずっとやってこられたのは幸せですし、周りのみんなに支えられて野球ができたのでありがとうという言葉をみんなに言いたいです。本当に最高のチームで最後できたので、これで野球終わりになってしまいますけど、悔いがないと言えば嘘になりますけど楽しく4年間野球ができました。最後に清瀬杯優勝もできましたし、いい4年間だったと言えるようにこれから生きていきたいです。僕だけでは清瀬杯優勝できていませんですし、同期が僕のことを支えてくれて僕もしっかり主将ができました。出会ってくれて「ありがとう」ということと支えてくれて「ありがとう」という感謝の気持ちが強いです。「ありがとう」という言葉を伝えたいです」

金子昂平捕手(営4=済美)
「悔しいこととようやく終わったということの両方な感じです。(今日の試合は)捕手次第でどうにかなった試合でした。チーム全体で勝ちに行っていたら勝てた試合なので、そこはもう奥居大輝捕手(営2=城南)や武田眞捕手(政経1=明大中野八王子)がしっかりとミーティングで話ではしているので、あとはやっぱりチーム全体で捕手の奥居を入れて、どれだけ戦略を一緒に練れるか、判断を1つにできるかというのを来年はやってほしいと思います。本当に次のチームは捕手次第だと思います。今年は奥居が本当に頑張ってくれたので、次は奥居、武田、また新しい1年生が入ってきて頑張ってくれればもっともっとつながっていくのではないかと思います。(リーグ戦全体を振り返って)最後なのであんまり干渉したくなかったですし、3年生中心でやるってことになっていたので、全然自分も意見とかも言わなかったです。でも、試合に入るためのプロセス、取り組みが足りないというのは思いました。やっぱり結果論、結果でしか見てなかったので、そこを追求していったらもっともっと強い明治になると思いますし、完全勝利もできるのではないかと思います」

篠原
「学生野球最後の登板になってしまいましたけど、本当に自分の投球に後悔はしていないです。自分の投げたい球を投げることができましたし、結果1点を取られて負け投手になってしまいましたけど、今ここにいる仲間と野球ができて本当に良かったと思っていますし、最後にマウンドに送り出してくれた仲間に本当に感謝したい気持ちです。(心境は)同点の6回からでしたけど、1点も与えるつもりはなくてしっかり野手陣に点を取ってもらって僕が9回までを締める気持ちでマウンド上がりましたけど、結果的に1点を取られてしまって悔しいです。(打たれたのは)スライダーです。コースもいいところにいきましたけど、相手の打者が1枚上手でした。完敗です。(打たれた後は)清々しくて打たれてしまったら仕方がないので、切り替えて次の打者に集中することをずっとやってきたので、打たれたからといって心境の変化はなかったです。(笑顔は)投手が守備やベンチに与えるメンタル影響はとても大きいと思うので、できるだけ自分は盛り上がりもせず、逆に落とした姿も見せないようにして、そこで投手が笑っていれば野手に大丈夫だというメンタル的な好影響を与えたいなという思いで、エースとして心がけていました。(9回久保田の打席は)こういうところで回ってくるのでここまで頑張ってきた久保田なのだということと、何が何でも安打を打ってほしいという気持ちで見守っていたので、安打を打ってくれてさすがだと思いました。(4年間を振り返って)1年生の春の法政戦からデビューして今日法政戦で終えて、六大学で1番打力があるチームと言われているので、そういったチーム、他の5大学と戦ってきて本当にいろいろなものを得られました。野球だけではなくて人とのつながりなど、ここでできた明大の仲間や他大の仲間は一生連絡を取り合っていきたいと思う仲間です。(悔しさは)ないです。(今後は)野球は何らかの形で死ぬまでやるつもりですし、自分がプレーヤーとしてできると思ったうちはずっとプレーヤーとして続けて、指導者になってもいいですし、何らかの形で死ぬまで野球に携われたらと思っています。今後はまだ現役としてやっていきたいです。(最後に)今思うことはチームのベンチに入っている選手、スタンドで応援してくれた選手にありがとうという気持ちです。この4年間一緒に過ごしてきた4年生にはお疲れ様という気持ちで、この4年間振り返りたいと思いますし、他にも両親や家族、野球をするためにさまざまな人が支えてくれていたので、まず感謝の気持ちを伝えたいです。逆に自分がいろいろな人に感謝されるように社会人になって、立派な大人になりたいです」

鈴木太朗内野手(法4=大船渡)
「序盤先制できて良かったですけど、その後点をとれなかったので流れ的につかめなかったと思います。(代打では)先頭だったのでどんな形でも塁に出ることだけを考えて打席に立ちました。自分の力が足りなくて塁にでることができなく、仕事ができず申し訳なかったです。これまでやってきた野球人生が本当に終わるのでいろいろな気持ちがありますけど、自分たちは最後までやり切った感はあるので悔いなく終わることができたと思います。秋リーグに関してはメンバーを毎試合変えて、打順を変えたりしていて、いろいろ試しながら試合に臨みました。その中で結果を残せたと思うので後輩たちには来年の春につながるようなリーグ戦になったと思うのでそこは良かったと思います。いろいろな部員がいる中で本当に自分としても成長できました。周りに支えられてきた部分が多かったと思うので本当にみんなには感謝しています」

多々野
「前回力負けしているので力負けした相手に、チャレンジャーとしてぶつかりに行くだけでした。一人一人ももちろんですけどチームが束になって試合しましたけど法政が一歩上でした。ここまで来て最後応援してくれる方々もいた中で優勝を届けたかったです。それがかなわなかったのは悔しいと思っていますけど、これが僕らの力だったと思います。いい形で全員つないでくれたので1点でも2点でも俺が決めてやろうと思いましたけどいい形につながらなかったのがもったいなかったです。でも最後あれが僕の最終的な技術というか僕のこれまでやってきた野球だったと思います。高校は寮でずっとやってきて一人暮らしという高校とは違う環境の中、グラウンドも高校生と併用して使っていたという環境の中でその短い時間で自分をコントロールしないといけないというのを学びました。何よりも同級生を中心にいい仲間に巡り会えたっていうのはこの4年間で一番の宝だったなと思います。粘り強く負けていても全員で逆転するチームでした。粘り強いチームだったと思っています。前向きなチームでした。諦めない下を向かない姿勢が後半の逆転につながったと思います。最終的に春、秋とリーグ2位で優勝はできていないので後輩たちにはまずリーグ優勝してほしいと思うことと、僕らの目標は全日本優勝だったのでその目標を後輩たちにつないでそれを実現させてほしいです」

中里
「どうしても勝たなければいけない試合だったので、いつもより集中して試合に臨みました。(心境)感情を表に出さないように感情的な投球よりは投げることに集中できたので、気持ちよりも集中の方が勝っていました。(調子は)悪くはなかったです。変化は多少浮きましたけど、試合の中で決まる部分もあったので、そこまで悪い状態ではなかったです。(秋リーグでは)1番まとまっていたと思います。自分が投げたい球を完璧ではないですけど投げられました。(捕手が変わって)奥居も状態が良くない中で悔しい思いをしていたので、武田と一緒にその後抑えて勝って次につなげられればと思っていました。特に武田に変わったから投げにくいというわけではなかったです。(同点後は)すぐ切り替えてやってしまったことは仕方がないので、次の打者に集中しようとしました。(今日の投球は)いつも以上に集中できましたし、悪いわけではなかったので、負けてしまったのは悔しいですけど、投球内容としてはある程度満足いくものでした。(4年間を振り返って)自分はポジションも代わって投手もやりましたけど、調子が良い時も悪い時も一緒に競い合える篠原はライバルとしてアドバイスをくれて支えてくれましたし、野手も自分がいい投球をした時はそこまで持ち上げることなく次頑張ろうと思えるような言葉をかけてもらいましたし、本当に成長できる4年間でした。(投手転向は)捕手でも自信はありましたけど、篠原と金子が最高のコンビだったので、自分があえて入るというよりは投手としての新たな道を見つけだそうという決意をしました。(この1年間投手の中心として)マウンドに上がったら自分がエースだという気持ちはありましてけど、誰がエースでもおかしくない状態だったので、競いながら慢心することもなく切磋琢磨(せっさたくま)して各々レベルアップをすることができたと思います。(今後は)プレーヤーとしては分からないです。おそらく続けられないと思うので、今度は指導者などの立場で関わることができたらいいと思います。(最後に)下級生の支えもあって最後全員集まって引退という形にはなりませんでしたけど、本当に平日授業がある中で下級生が来て手伝ってくれたことは大きいですし、支えてくれたマネージャーの方々もアイシング毎試合つけてサポートしてくれて、試合に出ている人もですけど、出ていない人が陰で頑張ってくれたので、感謝の気持ちでいっぱいです」

平島
「一番は優勝できなかったのが悔しいという気持ちです。(今日の試合は)いい試合だったと思いますけど、ここぞという時に地力の差が出てしまったと思います。(その差というと)やっぱり法政自体が秋のリーグで優勝に向けてやってきている勢いと、自分たちは逆に1戦目で負けて吹っ切れたという、少しタイプが違う同士の戦いだったと思いますけど、その中で法政の絶対優勝するという気持ちの方が自分たちよりも上回っていたと感じます。(リーグ戦全体を振り返って)過密日程で清瀬杯から帰ってきた時からすぐ慶應戦でしたけど、よく戦ったと思います。4年生のレギュラーメンバーで抜けられる方もいますけど、その中で新しい選手も出てきましたし、そういう面では収穫も多くあったと思います。(この1年間で久保田さんから学んだこと)あの人は自分の中ではあこがれで、本当に野球人としても人としても、全てあの人みたいになりたいです。あの人と一緒に野球やりたいという気持ちで今までずっとやってきたということが自分の中にとてもあるので、もう全部です。全てをあの人から学びました。(特に憧れている部分)一番は大きさです。人間として野球人としての背中の大きさではないかと思います。(久保田さんから学んだことで生かしていきたいことは)本当にいいチームを4年生、久保田さん筆頭に作ってくれたと思っているので、それをできるだけ引き継いでいきながらも、完璧に真似ごとのチームではなくて、自分は自分の色を出しながらやれればいいかなと思っています。(自分の色というと)自分は気持ちだと思っているので、技術では今六大学どこも横並び状態だと思うので、その時の気持ちの強さや、負けている時のチームの雰囲気はもっと伸ばしていける部分だと思うので、そういう部分をもう少し頑張っていきたいと思います。(先ほどのミーティングでは)さっきは軽い総括で、ラストミーティングは閉会式の時なので、選手として引退表明と、また自分に代変わりするという話です。(この冬に強化したいことは)基本に一回まず立ち返って、技術面っていうよりも、強くバットを振ることや、数多く球を取るというような、基本的な部分をもう一度見直してやっていきたいと思います。(主将就任への意気込みは)今の4年生たちが果たせなかったリーグ戦の優勝と、全日本で優勝するっていうのはずっと目標してきていたので、自分がその夢を壊してしまった部分はあるので、それが責任かなっていうふうには思っています。リーグ戦でもちろん優勝することと、全日本で優勝して、恩返したいと思っています」

小泉奎太外野手(営3=佐野日大)
「初回1本いいタイムリーが出てチームを持っていけると思いましたけど、それ以降のチャンスの場面で全然打てなく、最後まで4年生に迷惑をかけた試合でした。久保田さん多々野さんが四球ときて明らかに自分と勝負で舐められているとわかっていたのでどうしても打ちたかったです。相手チームの4年生投手の優勝したいという気持ちに負けてしまいました。(最後の打席では)多々野さんがその前に決めてくれると思っていて、回ってきた時はどうしてもまだ4年生と一緒に野球やりたかったので打ちたいと思っていましたけど、甘くなかったです。(ゲームセットになった時は)本当に自分のせいで今日の試合は負けたという気持ちで4年生には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。練習や私生活でも本当にいつもお世話になっていて今の自分があるのは4年生のおかげなので恩返ししたかったですけど最後の最後でそれができなかったことが本当に悔しいです。(今後は)切り替えるしかないので明日から新チーム始まるので来年の春4年生ができなかった全日本出場、リーグ戦優勝を目指してがんばりたいと思います」

池尾俊祐外野手(法2=岐阜城北)
「チームとして初回にいい流れで3点取れましたけど、その後点を追加できずに相手に勝ち越されてしまって粘り強くいけなかったことが惜しかったです。最後は少し粘り強くいけていましたけど、もっと早い段階で打ち勝てていたら良かったと思います。一番の敗因は初回以外に点が取れなかったことです。立大戦で少し調子を落としていましたけど前の法大戦でつかんだものがあったので今日もよく球は見えていました。結果として見逃し三振もしてしまいましたし、もう少しカウントが若い段階で振っていかなければいけなかったと思います。調子は良かったです。法大はよく打ちます。僕らが今日打って勝とうという話でしたけど最終的に1点差で負けてしまって、打力の面でも負けてしまったと思います。試合が終了した時点でもう4年生とは野球できないことは決定してしまったので悔しい悲しいというのはあります。まだ私は2年生なので次春の大会、全国に向けて切り替えてやっていかなければいけないと思いました。先輩方にはいろいろなことを教えて頂いてすごく今年はお世話になったのでありがとうございますと言いたいですね。秋リーグで初めてレギュラーとして出させて頂いたシーズンになりましたけど、チームのために少し貢献できるようになってきたと思います。春に向けてまた成長できるように頑張りたいと思います。次ある大会は春のリーグ戦だと思うので、優勝して全日本へ出場してチームとしても日本一を目指しているのでそこに向かって頑張りたいです」

高桑一真外野手(商1=日大二)
「(今日の代打は)突然だったのであんまり準備できていない状態でした。秋リーグを振り返ってみて先輩方にいろいろ教えてもらって助けられた部分があり、もっと打ちたかったです。申し訳ない気持ちもある中で結果が出なかったにも関わらず使ってくださった首脳時の方々に感謝しています。出るからには学年関係ないのでやるべきに徹しようと思っていました。久保田さんには練習のバッティングに関してはもう問題ないからあとは気持ちで思い切りいけとしか言われてないです。(4年生は)本当に優しくて知識もすごくあってたくさんアドバイスもくれて頼りになる先輩方でした。全然恩返しとかできてないですけど本当に4年生には感謝の気持ちでいっぱいです。新しいチームになって今までではスタメンで出られないことがあったので苦手な守備とかを克服して先輩たちに必要とされるような選手になりたいと思っています」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: