検索
 HOME > 競走部

左から中島、三輪、南、佐々木、阿部

競走部  箱根駅伝予選会 直前特集A  2年生座談会

 10月14日、箱根駅伝出場予選会の号砲が鳴る。昨年度の箱根駅伝では過去最低タイの総合18位で2年連続の予選会行きが決定。20kmのロードコースをエントリー14人中12人が出走し、上位10人の合計タイムを競う。本戦への出場権が与えられるのは上位10校。その中で、明大は6月にあった全日本予選会同様4年生抜きでエントリーを発表。昨年度2位通過のように危なげなくいけるか。大学駅伝界で再浮上するためにも、まずは立川で箱根への道を開く。

 本特集ではエントリー14人から予選会に懸ける思いを学年ごとに語っていただきました。第2回は2年生の阿部弘輝(政経2=学校法人石川)、佐々木大輔(営2=八千代松陰)、中島大就(商2=世羅)、三輪軌道(理工2=愛知)、南俊希(政経2=鹿児島城西)の5人の座談会をお届けします。(この取材は10月8日に行われたものです)


――コンディションはいかがですか

中島 僕は練習の結果通りに大丈夫だと思います。
三輪 今までうまくいっていたんですが、今日の練習はできなかったのでしっかり調整したいです。
 夏合宿ではBチームで基本的にやっていたんですけど、菅平からAチームに上がれていい練習ができている印象です。
佐々木 日体大記録会から調子を落としていないので、このままいい感じに調整していきたいです。
阿部 僕はまだ7〜8割の状態なので、予選会までの調整期間で少しでも戻していきたいです。

――学年では3年と同じ最多タイのエントリーとなりました
阿部
 自分たちの学年は強い学年なので、順当に力をつければ驚くことではないです。別に学年でどうこう考えるのではなく当たり前のことだと思います。

――佐々木選手と南選手が日体大長距離記録会で自己ベストを更新しました
阿部
 佐々木はケガがありましたが、ここまで入ってきたのも彼のポテンシャルがあってのことだと思います。南はコツコツやっていたので上がってくると思っていましました。
佐々木・南 初めて言われました。
 僕としては阿部と中島と三輪が去年からずっと強かった中で、僕ら二人が上の方に食い込んだことで、三人だけじゃないってことを見せられた部分もあります。
佐々木 学年ミーティングでも2年の雰囲気が良くなっていて、2年で押していこうという雰囲気はあります。
三輪 でも、佐々木はちょっと調子に乗っている部分はありますねー(笑)。
佐々木 日体大記録会はペースを抑えろって言われていたんですが、三輪が目の前にいて「いける」って思って最後に飛び出して0.03秒勝ちました。
三輪 僕は7〜8割でしたけど、こいつは全力でした。こいつが後ろから来ているのは分かっていて、いざ最後に負けそうになった時、胸を突き出しました。

――最近レースに出ていない阿部選手と中島選手はレース勘はいかがですか
阿部
 普通に練習はこなせているので大丈夫だと思います。
中島 やばいです。
 そんなこと言って去年も練習全然してなかったのに本番で速かったです。
中島 みんなに負けるかもしれないです。

――中島選手と阿部選手は仲がいいそうですね
佐々木
 今日車で二人で一つのイヤホン使って聞いていました。
 前に好きに部屋を組んでいい時に部屋一緒だったよね。
中島 勝手にそうなっちゃう運命なんですよね。
阿部 ライバル同士ということで普段は仲良いですが、競技の時はしっかりやっていてメリハリをつけています。

――夏合宿を終えて成長したところはありますか
中島
 その時の感情で練習するんじゃなくて、ちゃんと先を見て練習できるようになりました。
三輪 うまく陸上に取り組めるようになりました。リフレッシュするところはして、やる時はやるメリハリがうまくできています。
 みんなが紋別に行っている間、僕は残っていたんですが佑樹さんからアドバイスをいただいてしっかり与えられた練習を積んで菅平につなげました。佑樹さんからは、紋別に行っている人よりも東京の方が暑いので、距離を踏めない分疲れをしっかり抜くようにして菅平で付いていけるようにしようと言われました。それで、練習メニューの意味や頑張りどころを知って、今はちゃんと走れるようになってきました。
佐々木 僕は去年の夏合宿はみんなと離れて練習することが結構あったんですが、2年生になって長い距離でも付けるようになってきていました。この夏合宿でもあまり離れることもなく、合宿を通して走りへの自信がつきました。
阿部 正直あまり成長していないと思います。途中にケガをしたりして、トータルとして距離は積めていても手応えは実感できていないです。手応えを感じられるようになれば成長したと言えるようになると思います。

――立川の試走はいかがでしたか
 僕は去年メンバー入りをしていたのでコースはある程度分かっていたんですが、アップダウンがある残り5キロでどれくらいラップをつないでいけるかを意識しながら試走しました。
佐々木 最後の5キロくらいしか走ってないのですが、アップダウンがあってコースも複雑でした。ちょっときついかもしれませんがイメージはつかめました。

――同期のそれぞれの印象を教えてください。まずは中島選手から。
佐々木
 真面目でかっこいいです(笑)
中島 いいぞー!
佐々木 自分から何でもかんでもグイグイ行きます。でも、恋愛はちょっと(笑)。
中島 え、ちょっとうるさいよ。
 個性的な髪型でかっこいいです。一時期やばかったです。
三輪 あの陸マガ(陸上競技マガジン)のやつはめっちゃキメてたよね。
中島 うわー最悪。
三輪 うるさい、すぐ怒る、朝練来るの一番遅い。まあうるさい=明るいですから。

――三輪選手の印象はいかがですか
中島
 僕らの前ではすごいテンションが高いけど、こういう公の場やミーティングとか静かになります。
 結構三輪とは飯に行くので、仲良くなり過ぎてよく分からなくなってきています。会話が成り立たないけど陸上できるからオッケーみたいな感じです。
佐々木 訳わからない単語言うよね。ジャクソンって言葉がこいつ好きなんですよ。なんか語尾や文頭にジャクソンをつけたりしてきます。
三輪 ジャクソンは僕の名前です。
中島 もうおかしいやん。
 あと「俺イケメン故に」って言ってくる。特に風呂で言ってくる。
三輪 それやばい。
阿部 でも、真面目な時は真面目だしキャラクターがよく分からないよね。
三輪 まあ、やる時やる男ってかっこいいよね。
佐々木 イケメン故にね。
一同 (笑)。

――南選手の印象はいかがですか
中島
 誰とでもテンションを合わせられるところです。多重人格です。
三輪 練習で一人で体操している時に、すぐに寄ってきて「何しとんの、ジョグいくよ」ってジョグに誘ってきます。コンビニも誘ってくる。
 いや、コンビニはお前だろ。断るとスネるくせに。
三輪 いや、そっちが怒る!
佐々木 お前(南)も人の布団入るじゃん。
 いや、三輪のがやばい。部屋で寝れないって言って僕の布団まで来たので「寝ていいよ」って言ってほっといて枕見たら水たまりができていました。
佐々木 先輩とも仲良いので、こんな感じで人と仲良くするのが上手です。人といるのが好きなんだと思います。
阿部 とりあえず学校に行ってほしいです。人との間の取り方がうまいです。

――佐々木選手の印象はいかがですか
中島
 すごく努力家です。勉強もしっかりやっているし、陸上も人より多く走っていると思います。人間関係でもテンション高めって言われがちですが、頑張っていると思います。顔が死んでいても、気持ちでテンション上げていて尊敬しています。
三輪 こいつとは1年の4月から仲が良くて、僕と普段のノリがまあまあ張り合える唯一の男で楽しいです。普通のやつだと僕がなんか言うと続かないんですが、こいつは乗ってくれます。
佐々木 頭おかしい人が好きです。
 大ちゃんと仲良くなったのは正直2年からです。Bチームで館山行った時に喋るやつがいなかったのでとりあえず大ちゃんと話しました。いざ話してみるとめっちゃ面白くて、何しても怒らないし逆に乗ってくれます。ゴリラの真似とかうまいですし、もはやゴリラです。
阿部 ムードメーカーですね。

――阿部選手の印象はいかがですか
中島
 可愛いですね。それだけです。
三輪 陸上ができる分、頭が馬鹿ですね。英語の授業がこいつと一緒で、こいつが当てられるんですが、よく分からない回答しています。
阿部 語学が苦手ですが、単位はしっかり取れています。語学は積み上げたものなので、勉強してこなかった分きついです。でも、新しく習うものはできます。
中島 すごい自信(笑)。こういう負けず嫌いなところか可愛いです。
 同じクラスなので、色々情報を教えてくれてギブアンドテイクの関係です。練習でも考え方とかちゃんとしているので、練習面では一番尊敬しています。
佐々木 阿部ちゃんはミーティングとかでも指揮を執ってくれるので、みんなの前でも話せる人で真面目だと思っていました。ですが、アホっぽいところもあって二人でいる時とか頭がおかしい時があります。三輪の次くらいです。
阿部 三輪の次は結構頭おかしいじゃん(笑)
 まあ、三輪はレベチだけどね。

――最後に意気込みをお願いします
中島
 駅伝はロードなので得意なんですが、流石に今は勝てる自信はそこまでないので、もっと練習頑張って最後は役に立ちたいです。
三輪 今は調子を落としているので、大したことは言えないですが、予選会では日本人の層としても他のチームの選手に負けないよう頑張ります。本戦では監督から言われたようにどこでも走れるようになります。
 去年はメンバーに入っただけで何もしていないので、全日本でも選考に絡んでいくことでチームに良い影響を与えていきたいです。
佐々木 大学に入って大きな大会に初めて出る形になりますが、今は調子がいいのでどんどん上げていきたいです。
阿部 去年は全然チームに貢献していなくて、今季の前半も自分の力を引き出すことができませんでした。なので、予選会からしっかりエンジンを上げていたいです。全日本も個人的に悔しかったし、大手町でも涙を流しました。またあそこで涙を流すのは嫌なので次は笑顔で笑って終わりたいです。

◆阿部 弘輝 あべ ひろき 1万m 29分03秒00
◆佐々木 大輔 ささき だいすけ 1万m 29分28秒99
◆中島 大就 なかしま たいじゅ 1万m 29分36秒00
◆南 俊希 みなみ としき 1万m 29分29秒26
◆三輪 軌道 みわ のりみち 1万m 29分11秒88


[渡邊弘基]

次回は3年生の坂口裕之(政経3=諫早)、角出龍哉(文3=伊賀白鳳)、竹山直宏(法3=国学院久我山)、田中龍太(法3=鹿児島実)、東島清純(営3=米子松蔭)を特集します。アップは明日、10月12日(木)です。お楽しみに!

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: