検索
 HOME > 準硬式野球部

走攻守で大きくチームに貢献した竹村

準硬式野球部  立大から勝ち点奪取 優勝の行方は最終節へ/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・2〜10・29 東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼10・10 対立大3回戦(明大府中グラウンド)
 ○明大10―5立大

3回戦
立大
明大×10
 粘る相手を振り切った。1勝1敗で迎えた立大との第3戦。序盤は4点を先行したものの、失策も絡み同点に追いつかれる。粘りの投球を見せていた服部航平投手(政経2=浜松西)は6回表、犠飛で勝ち越しを許した。しかしその裏、竹村律生内野手(営2=佐野日大)が左翼手の失策を誘うライナーを放って勝ち越し。7回以降はエース・篠原匠投手(政経4=明大中野八王子)が完璧なリリーフを見せるなど、投打が噛み合い10−5で立大に勝利した。

 走攻守で躍動した。竹村は久しぶりの1番起用に「結果を残すしかない」と強い気持ちで試合に臨む。初回いきなり二塁打で好機をつくり、平島嘉之外野手(営3=明大中野八王子)の適時打で先制の本塁を踏む。2回の好機にもきっちり適時打を放った。勝ち越された直後の6回裏2死一、二塁の好機に再び竹村に打席が回る。「強い気持ちでいった」と、食らいついて放った打球は左翼手へ。アウトかと思われたが、竹村の執念が失策を誘い勝ち越した。今試合は2安打4出塁1盗塁と活躍。守備でも好守を連発し、チームに大きく貢献した。不振もあり立大1回戦ではスタメンを外れた竹村。早朝練習を行いバッティングフォームの見直しを行ってきた。前戦でも2安打と復調。最終節もリードオフマンとしてチームをけん引していく。

 自力優勝が復活した。現在秋季リーグ戦は勝ち点3で明大、早大、法大が並んでいる。最終節は首位を走る法大との直接対決となる。2連勝で優勝が決まる大一番。「笑顔で終わりたい」(久保田駿主将・法4=広陵)。2連勝で優勝を決めて、4年生との最後の戦いを笑顔で終える。

[大西健太]

試合後のコメント
久保田

「勝つことだけ目指してやってきたので勝ち切れてよかったです。優勝に望みをつないだという点ではすごくいい試合だったと思います。全日本予選で負けたチームからしっかり勝ち点とれたので良かったです。先頭が出て相手のミスなどに漬け込めて、春からずっとやっていた1、2、3番に戻してうまく機能したので良かったと思います。この土日で終わりなのはとても不思議な気持ちですけど、最後今いる仲間と最高の時間を笑顔で終わりたいです。自分も16年間野球をやってきて、最後なのでみんなと一緒に楽しんで野球やりたいと思います。(6回勝ち越されて)流れ的に勝ち越されるのではないかと思いましたけど、最少失点の1点だけだったので今日はすごく良かったです。明治の野球ができれば負けることはないかなと思っていたので焦りはなかったです。しっかり野球やろうと思っていました。(試合後のミーティングでは)優勝しか狙ってないのであと二つ取るぞという話と、春は法政には優勝を阻まれているので仇をしっかり取って、最後笑って終わろうと言いました。(法大戦)優勝しかないので必ず今いる仲間と笑顔で喜んで終わりたいと思います」

篠原
「服部は苦しい中粘って投げていて、6回の最後も声を上げながら投げている姿を見て、なんとしても勝ちを付けさせてあげたいと思ったので、結果的に勝ちを付けてあげることができたので良かったと思います。(投球内容は)いいイメージで試合に向かっていけたことと、そのイメージで体がうまく合ってくれたのでイメージ通りの投球ができたという点では今日はいい投球ができたと思います。(当番がなかったのは)肩の状態が悪いわけではなく、早稲田戦も僕と服部だけで投げていますし、投げていない投手もいるので、そこの投手にも投げてもらう意味で今回は回を少なめに投げましたけど、立大に勝ち切れてよかったです。(球速は)うまく力が球に伝わったので球速も出ていたと思いますけど、それ以上に気持ちが乗った球がいったと思います。(他の投手は)服部、中里と先発する投手を始めとして、古村、石崎、中村浩勝、大野もリーグ戦投げていますし、リリーフする投手も徐々に実力をつけて自覚が生まれてきていると思うので、そういった投手全員をまとめて、普段の練習から引っ張ることはもちろんですけど、試合で活躍している姿を見せることが一番大切だと思うので、結果にこだわっていきます。勝つことだけを考えて終われるように今週しっかり練習して臨みたいと思います。(意気込み)絶対勝って有終の美を飾りたいと思います」

竹村
「負けられない試合ということでいつもより気を引き締めて試合に臨みました。(久しぶりの1番起用は)調子を崩していてチームに迷惑をかけていたので、1番に起用されたのでここで結果を残すしかない気持ちでした。(スランプ脱出の要因は)試合前に朝早く起きて朝練に取り組んでいて、バッティングのフォームを見返したりしているので、それで試合に臨んでいるのでその効果があると思います。(勝ち越し打は)打席に立った場面は勝ち越されていたのでここで追いつかないと厳しいと思ったので、強い気持ちで打席に立ちました。(守備は)自信を持っているのでいつも通りできた感じです。(意気込み)最終戦は優勝争いになりますけど、しっかり調整して勝ちたいです」

服部
「中盤からスタミナが切れてしまって制球が良くなく、自分で首を絞めて甘い球が投げてしまって打たれてしまいました。リードしてくれていたこともあってアウトを一つずつ丁寧にとっていこうという気持ちと守りに入るのではなくて攻めの気持ちで投球しました。昨日負けて優勝の可能性は無くなりかけましたけど、早大が法大に勝って自分たちに好機が巡ってきたので流れ的にもうちに来ていると思います。次戦で4年生の集大成なので4年生をいい形で送り出してあげたい気持ちが強いです。ピッチャー陣の先輩方は自分の面倒を見てくれて自分がここまで成長できたのもその人たちが面倒を見てくれてサポートしてもらったおかげなので感謝しかないです。それ以外にも主将の久保田さんにも自分のことを気にかけてもらったので下級生らしく思い切りできたのは4年生がバックアップしてくれたのが一番大きいです。(法大戦)勝つしかないので優勝に向かってチーム一丸となって連勝で勝ちたいと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: