検索
 HOME > 競走部

左から大保、樋口、前田、小袖

競走部  箱根駅伝予選会 直前特集@ 1年生座談会

 10月14日、箱根駅伝出場予選会の号砲が鳴る。昨年度の箱根駅伝では過去最低タイの総合18位で2年連続の予選会行きが決定。20kmのロードコースをエントリー14人中12人が出走し、上位10人の合計タイムを競う。本戦への出場権が与えられるのは上位10校。その中で、明大は6月にあった全日本予選会同様4年生抜きでエントリーを発表。昨年度2位通過のように危なげなくいけるか。大学駅伝界で再浮上するためにも、まずは立川で箱根への道を開く。

 本特集ではエントリー14人から予選会に懸ける思いを学年ごとに語っていただきました。第1回は1年生の小袖英人(政経1=八戸学院光星)、大保海士(法1=東海大福岡)、樋口大介(法1=伊賀白鳳)、前田舜平(政経1=倉敷)の4人の座談会をお届けします。(この取材は10月8日に行われたものです)


――コンディションはいかがですか
大保 合宿の疲労が抜けてきてようやく体が動いてきたかなという感じです。
樋口 自分も合宿の時は疲労で全然走れなかったです。今は少しづつ抜けてきていて、これからもう少し調子を上げていけたらなと思います。
前田舜 合宿はそこそここなせたのですが、合宿が終わってから少し調子が下がり気味なのでいったんここでリセットして上げていけたらなと思います。
小袖 自分も3次合宿あたりから疲れが出てきて走れない状態でいたのですが、最近になって少しづつ走れるようになってきました。

――エントリー入りされましたがお気持ちはどうですか
大保 自分は入学した時、下の方でくすぶっていたのですけどまさかここまでいけるとは思いませんでした。ほんとにひどい時期だったのでよく集中力が持ったなと思います。
樋口 自分も持ちタイムはだいぶ遅い方だったのですけど、大学に入り故障も特にすることなく継続して練習できていることがエントリーに選んでいただけるのにつながったのだと思います。
前田舜 今までトラックシーズンで個人の試合ですが、駅伝はチームの試合です。チームの足を引っ張らないようにしっかりと走っていけたらなと思います。
小袖 まだ走るかは分からないのですが、走ることになったらしっかり準備をしてまとめられるようにしたいです。

――合宿で成長したことを教えてください
大保 合宿で強くなるためのビジョンを持てました。練習が終わっても満足することなく次の練習、次の練習と気持ちを持てたのが良かったです。
樋口 練習への準備の意欲が向上しました。普段の練習だと朝練と本練習だけですが、合宿だと3部練になります。その練習後のケアや練習前のストレッチなどで故障を防げるように空いた時間の使い方を上手にできるようになりました。
前田舜 合宿終わってから少し調子が下がって成長を実感したということはないのですが、少なくとも距離走などの練習はこなしスタミナは増えたと思います。結果がしっかり出てくれたらなという感じです。
小袖 周りが強くなっていると感じていて危機感が出てきています。ジョグのペースだったり時間を長くしたりなど少しのことですがそういうのを意識するようになりました。

――学年で流行っていることとかありますか
前田 学年全体じゃないですがスマブラはよくやりますね。

――それは誰が強いですか
小袖・樋口 僕です。
樋口 いや、こいつ(小袖)はマジ弱いです。てか1年生は弱いですね。佐々木さん(大輔・営2=八千代松陰)は強いです。後、中島さん(大就・商2=世羅)も強いです。
前田舜 俺は両方に勝ったけどね(笑)

――お互いの印象はどうですか
大保 樋口君は同じ法学部ということで学校も一緒に行ったりするのですが時間の使い方がうまく結構頼っていますね。前田君は甘いものが好きな印象です(笑)
前田舜 試合前じゃなかったらパンケーキとかを買ってますね。
樋口 大保は心配性がひどいなと。最近だと『やべー単位落とした』とか10回くらい言ってました(笑)
前田舜 確かに大保は心配性。あとみんなからのいじられキャラですね。僕と樋口はいじりいじられの関係で、小袖はイケメンなので学年の顔かなと(笑)
小袖 樋口は最近標準語になってきたと言っていますがばりばり三重弁出てます(笑) 舜平は関西弁なのでツッコミがすごいです。あと舜平にはレースで勝てていないので近々勝ちたいです。

――そういわれてどうですか、前田選手
前田舜 当分勝ち星を上げる予定はないですね。

――入学時と比べて印象が変わった人は
小袖 樋口が天然パーマだったのですが、ある日突然ストレートパーマかけて突如別人になりました。
樋口 そういう質問ちゃうやろ(笑)
前田舜 でも樋口は最初人見知りであまり打ち解けてくれなかったので一番印象は変わりましたね。
樋口 実際入学当初は一人で過ごすことは楽というか落ち着いていました。でもみんなと打ち解けてみんなでいることの楽しさを知りました。しゃべるようにはなりましたね。

――先輩で一番尊敬している方はどなたですか
大保 佐々木さんですね。すごい明るくてムードメーカーのような人です。最近の練習でもすごい積極的というか頑張ってらっしゃるなと思います。
樋口 角出さん(龍哉・文3=伊賀白鳳)です。高校の先輩でもあってめちゃくちゃ気を掛けていただいてかわいがってもらっています。走りはほんと頼りになるし、練習でも引っ張ってくれていたりして尊敬しています。
前田舜 僕は坂口(裕之・政経3=諫早)さんです。同じ部屋だったのですけど競技もすごいんですが私生活面でもしっかりケアなどをしています。ストイックな面が多々見られて取り入れられることも多かったです。走りの面も明治大学のエースとして全日本予選等でチームを支える走りをしていて憧れています。
小袖 自分も坂口さんです。理由はやはり練習面でも生活の面でもいろんなところでお手本になる先輩なので尊敬しています。

――最初の駅伝シーズンをどのようなものにしたいですか
大保 自分は都大路も経験していません。テレビで見るような大きな駅伝は好きなので少しでも多く出場して明治の古豪復活に貢献したいです。
樋口 僕はトラックよりも駅伝が断然好きです。今年のシーズン目標は箱根駅伝で走ってシード権獲得に貢献できることです。
前田舜 大学駅伝は初めてなんですけど、前年度の高校駅伝で区間賞を取っていてある程度の周りからの期待はあると思います。そのプレッシャーに負けないようにチームに貢献出来る走りをしていけたらなと思います。
小袖 一つでも多くの駅伝を走ってチームに貢献していきたいと思います。

――予選会の試走はどうでしたか
大保 10〜15kmの間が一番ラップ上がるという珍しいレースだと思うので前年のチームのタイムを目標にしていきます。
樋口 公園内しか試走していないのですが舜平も言った通り起伏が多いのが印象です。公園内ということで各大学の応援とか走ってたら気持ちいいんだろうなと思いました。
前田舜 結構起伏があるかなと感じましたね。ラストに連れて多くなるので足が削られるかもしれません。なのでそこはしっかり覚悟して走らないとなと思います。
小袖 カーブが多いイメージがあります。それで起伏も多かったので難しいコースだなという印象です。

――最後に意気込みをお願いします
大保 まずは予選会を確実に通過して全日本もいい結果残して箱根もシードを取って順調にいってほしいです。走っている姿を家族に見せられたらなと思います。
樋口 走っても走らなくても準備は怠らないということとチームに少しでも貢献できるようにですね。普段の練習から離れて雰囲気を乱すようなことはしないなどのことからチームに勢いを与えられるような行動を心掛けて過ごしたいです。
前田舜 今調子は落ち気味になっているのですが駅伝シーズンに入り一試合一試合大事な試合が多いです。その試合ごとにピーキングして調子を当てて走れていけたらなと思います。
小袖 チームで戦っているんだということを忘れずにチームにしっかり貢献できるようにサポートとかそういう面でもしっかりやっていきたいです。

◆小袖 英人 こそで ひでと    1万m 30分03秒02
◆大保 海士 だいほ かいし    1万m 30分04秒91
◆樋口 大介 ひぐち だいすけ   1万m 30分04秒53
◆前田 舜平 まえだ しゅんぺい  1万m 29分55秒88


[曽我怜平]

次回は2年生の阿部弘輝(政経2=学校法人石川)、佐々木大輔(営2=八千代松陰)、中島大就(商2=世羅)、南俊希(政経2=鹿児島城西)、三輪軌道(理工2=愛知)を特集します。アップは明日、10月11日(水)です。お楽しみに!

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: