検索
 HOME > 明大スポーツ

プレーでもチームをけん引した森岡主将

明大スポーツ  ラクロス部(女子部)日体大に勝利 全勝でファイナル4進出決める/関東学生リーグ戦

◆8・12〜11・11 第30回関東学生リーグ戦(日体大世田谷グラウンド)
▼10・8 対日体大
○明大8{6─1、2─3}4日体大
 見事にファイナル4進出を決めた。リーグ戦第6戦目、相手の日体大はウインターステージで敗れタイトル獲得を阻まれた因縁の相手。試合は序盤から明大が主導権を握る展開となった。開始5分に木島朱里(文4=国立)が先制ゴールを決めると、その後も立て続けにゴールを量産。前半を5点リードの6─1で折り返した。後半は相手の堅いディフェンスに得点を阻まれる苦しい展開となったが、前半の大量リードが奏功し8─4で試合終了。猛追を振り切り、全勝でリーグ4連覇へ望みをつなげた。

 全勝を守り切った。後半は前半とは打って変わって、相手の強固なディフェンスを崩せず思うように得点につながらない。それでもここぞの場面でチャンスを生かし、1点を返された2分後、木島のアシストを受けた山口怜奈(営3=桐蔭学園)が今試合2得点目を挙げ7─2とする。その後も一進一退の攻防戦が続いたが、8─4で逃げ切り勝利を収めた。
 勝利こそしたものの、課題も見つかった今試合。「前半の終わりごろから後半は苦しんだ」(森岡友菜主将・農4=湘南)とギアを上げた相手ディフェンスへの対応が課題として再確認された。課題を克服し、リーグ4連覇へ突き進むのみだ。

 下級生が躍動した。今回チーム最多の2得点を挙げたのは安達裕美(法3=松商学園)と山口の3年生。前回は惜しくも得点を決められなかった安達。「得点を決めたいなと思っていた」(安達)。その思いを体現する見事なプレーでチームの勝利に貢献した。また、5月のあすなろカップで最多得点を挙げた平島千萌(営2=東京成徳)も得点を挙げ、2年生ながら実力の高さを見せつけた。頼れる下級生の活躍に「2、3年生はとても頼もしい」(森岡)と太鼓判を押す。下級生の活躍がチームを勢いづける。

 次戦は東海大との試合となる。東海大は昨年はリーグ準優勝の実力校。熱戦が予想されるが、チームの力を最大限発揮することができれば、リーグ4連覇への道は開かれるだろう。関東制覇、そしてその先にあるのは「日本一」(安達)。昨年は全日本学生選手権、全日本選手権ともに準優勝に終わり全国タイトル獲得を逃した。まずはリーグ優勝を果たし、タイトル奪還へ。チームの挑戦はこれからも続く。

[垣内萌恵]

試合後のコメント
森岡

「負けられない試合でした。昨日の立教と成蹊の結果次第で、負けたとしてもどれくらいの点数にしなければならないかも決まっていました。立教もかなり点数とってきてあとは日体大との勝負でした。負けても二点ビハインドまでしか許されない、引退がかかった試合なんで緊張はしたんですけど、やって来たことをやろうと話しました。明治のラクロスはしつこく、泥臭くいくのが持ち味なので、それをみんなでミーティングで確認して泥臭い試合で、明治らしくできました。(日体大は)ブロックで意識してた相手の一つです。日体大と立教が大きな山でした。ポテンシャルも高く、足も速く、身長が高い選手もいるので、脅威になる選手は多かったです。どうやって自分で点をとるか、どれだけ相手の点を抑えられるかっていうのを視野にいれてました。立教の試合が終わった辺りから意識していましたね。(前半うまくいっていた)自分達のペースでオフェンスができたのですが、前半戦の最後の方から向こうも三点差つけて勝たないと引退になる危機感からか、とにかくプレッシャーをかけてくるディフェンスに変わってきてそれに対応するのに時間がかかって、前半の終わりごろから後半は苦しみました。(スタミナ切れなどは)メンバー交替をちゃんと見てくれる人がいたので、しっかり交替ができたので、スタミナ切れなどはなかったです。(後半のスコア2─3)後半が弱いということは自覚してます。相手が自分達のオフェンス、ディフェンスに対応し返すことが課題だと思います。ファイナル4までに相手がどういうチームかどうかをしっかり見て、こういうプレーを封じたいとかそういうことをしっかり分かることが重要だと思いました。(下級生の活躍)2、3年が思いっきりやってくれたのもあり、いいところでグラブを拾ってくれたり、4年生としてはとても頼もしいです。一人一人が強いチームにするためにもっとレベルをあげたいです。学年関係なくレベルをあげられれば強いチームになるので、2、3年生はとても頼もしいです。そのような後輩が出てきてくれてとてもうれしいし、心強いです。4年生だけでは絶対勝てません。今日の試合もみんなで勝ちにいこうという話もしていました。誰か一人のミスを全員でカバーしようという気持ちも最初からみんなで持ってたので、そういう部分もできたのかなと思います。(次の試合は)向こうのブロックは本当に接戦で、三つ巴に近い状態で勝ち上がってきてるので、どこがきてもおかしくはない状態ではあります。東海大はスピードもあるし、自分達が一番苦手なブレークでの得点が強いチームです。そこは課題を潰したいです。まずは東海に勝つことが第一なので、自分達の弱味を最小限にして、強みの一対一を生かせるようにしたいです。(3冠への思い)したいですよ(笑)日本一を目指してるとは言ってますけど、私も欲張りなんで(笑)全部とりたいです(笑)(これからどんな感じでやっていきたいか)基礎をあげたいです。私自身も基礎を上げたいので。ベースを作り上げることを重視したいです。ベースがあってプラスで判断力をどうするかという練習を意識したいです。(次の試合以降の意気込み)とにかく1点差でも勝てればいいので、下手くそでもいいけど、泥臭く拾いまくっていきます。とにかく勝ちたいです。頑張ります」

安達
「前回の試合で得点を決められなくて、得点を決めたいなと思っていたので、2点決められて良かったです。(チームとして)前半はいいペースで押せていたんですけど、後半は自分たちのミスから相手に点を取られてしまって、流れを上手く作れなかったのが課題だと思うので次の試合までに修正して、次の試合も勝ちたいと思います。(2得点について)もう、うれしいです(笑)。(日体大という相手について)お互い、負けたら引退という試合だったので、絶対勝ちたいという思いでやりました。(ディフェンスやオフェンスについて)日体大のディフェンスがけっこう、途中から上げてきたので、すごくそれは嫌だったのでそこでしっかり自分たちのペースでやれなかったのは、弱いところだなとは思って、なんかディフェンス上手いなと思いました。(ファイナル4進出が決まったことについて)ホッとしました(笑)。本当に良かったなって感じで、4年生ともっといっぱいやりたいので、一緒にプレーする時間が長くなったのはうれしいです。(次戦への意気込み)今日はドローで上げたんですけど、しっかり次の試合も、ドローを取り切れるようにするというのと、得点をまたしっかり取りたいなというのは思います。(目標)日本一です」

山口
「ファイナル4に向けて絶対負けられない試合だったのでいつも以上に頑張りました。ただ今までやったことは変えずにやりました。今日はナイターだったし相手のホームということで相手に有利な条件だったんで、そこまで想定して練習していたんですけど最後は崩れてしまいました。(日体大が相手だったが)日体さんはフィードっていう中にパスを出してくるチームだったので、ディフェンスはクロスアップしたり、右手を使う選手が多いのでそこを突くとかいろいろ考えてやってきました。(実践できたか)五分五分ぐらいですかね。(個人としては)最近はチャンスの次とボールの持ち方を意識しています。チャンスの次というのは7対7でやっているので、どこかでずれをつくってくれたら数的有利ができるんですけど、自分がチャンスを作った時にそこをもっと広げられるように、チャンスになってもゴールに向かわずに外に開いてもっとチャンスを広げるっていうのを意識しました。ボールの持ち方というのはいつでもボールが出せるであったりボールを持ち替えることができる持ち方をやってきました。(攻撃の起点となる機会が多かったが)明治のオフェンスはみんな点が取れる力があると思うのでたまたまかなと思います。(2得点という結果は)満足です。普通にやってチャンスが来たら決めるという意識でした。(次の東海大戦への課題)私の代は東海大が新人戦で3連覇していてずっと負けていたので絶対勝ちたいと思ってますし、さらに強い相手になるので、もっとレベルアップして1カ月後を迎えられたらいいなと思います。今まで通り力まずに自分ができることを最大限できればいいなと思います。(チーム全体として意識したいことは)たくさんあるんですけど、失い方が悪かったと思うのでそこをオフェンスがもっと調整できるのと、ブレークのケアはディフェンスの課題だなと思います。(関東リーグはここまで連覇が続いているが)プレッシャーは感じますけど、やって来たことをしっかり出せれば勝てると、私はこのリーグ戦ですごく実感したので、このままやっていけばいい結果は出ると思います。(次への意気込み)東海には3年生としては絶対負けたくないので応援お願いします」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: