検索
 HOME > 少林寺拳法部

大学でも圧倒的な存在感を放つ惠中


新人記者のイチ推し選手!2017  (18)惠中崇敬 世界王者に死角なし  

 明大スポーツ新聞部には毎年多くの新入部員が入部してきます。入部してから5カ月以上にわたり、それぞれの担当部で取材を重ねてきました。まだまだ未熟な記者ではありますが、これまでの取材の成果として、それぞれの担当部の1・2年生の中からお薦めの選手を取り上げさせていただきます。これからの明大体育会の未来を担っていく選手ばかりです。ぜひご覧ください。
 “一念通天”の体現者だ。惠中崇敬(商1=神島)は癖のない動きから繰り出される技のキレと気迫で他を圧倒する。7月末に行われた世界大会では、一般男子三段の部で世界一に輝いたほどの実力の持ち主だ。次は悲願の大学日本一に向けて着実に歩みを進める。

栄光の裏に
 不断の努力が実を結んだ。和歌山県代表として出場した高校2年次春の全国大会。体調は万全の状態から程遠かった。本番10日前にインフルエンザを発症。不測の事態に見舞われるも「神様は見放さなかった」(惠中)と、冬場の徹底した走り込みが功を奏した。体力低下の心配もなく1分半の演武を力強くやり切り、結果は優勝。日頃の積み重ねが惠中に高校初の栄冠をもたらした。
 最初から熱心だったわけではない。小学1年生で始めた少林寺拳法だったが、中学では距離を置くように。高校で先輩から勧誘され再開するも、姿勢は幼い頃のままだった。ただ練習をこなす日々が続く中、1年の秋に右足の親指を骨折。療養に専念している時、同期から掛けられた言葉が負けず嫌いの惠中に火をつけた。「少林寺拳法では負けへんで」。ケガが治ると部活の練習に加え、以前通っていた道場で日が暮れるまで汗を流した。夢中で練習に明け暮れ、努力が結果で表れた頃には、すっかり少林寺拳法が好きになっていた。

目標の先へ
 目指したい、と思える演武を目の当たりにした。2年次のインターハイで、一つ上の宮迫汰一(商2=大阪産大付)も惠中と同じく単独演武の部に出場。「一人だけずばぬけていた」。力みのない構えから、大きく速い技を繰り出す演武は、惠中の理想とするものであった。「この人と組んだらうまくなれる」。宮迫の背中を追って明大進学を決意した。
 5月の初めに開かれた関東学生大会。当初は宮迫と組演武に出場する予定だったが、宮迫はケガの影響で出場を断念。急きょ単独演武での出場となり、結果は2位。憧れの先輩と組むことも、優勝することもかなわなかった。思うような結果は残せなかったが「ポテンシャルは高い。練習もしっかりやる努力家」(宮迫)と評価されている。目標とする人から一目を置かれるも、惠中は決して慢心しない。「目標の人を超えるのが目標」。明大を代表する拳士へ。今日も鍛錬を怠らない。

◆惠中崇敬(えなか・たかひろ) 商1 神島高 170p・62s 上京直後に『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)に出演。テレビでも全国デビューを果たした

[桐山雄希]




ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: