検索
 HOME > バドミントン部

MVPを獲得した澁谷

バドミントン部  男子は全勝で入れ替え戦へ 女子は過去最高3位で閉幕/関東大学秋季リーグ戦

◆9・13〜18 関東大学秋季リーグ戦(日体大米本記念体育館他)
▼男子(2部リーグ)
○明大3―1青学大
 ○澁谷2―0荒木
 ●大平0―2佐藤
 ○武石・西谷組2―1木村・畔上組
 ○酒井・仁平澄組2―1佐藤・伏見組
▼女子(1部リーグ)
 明大2―3日体大○
 ●十河1―2中村
 ○後藤2―1財津
 ○瀬川・村上組2―0池内・鈴木組
 ●上杉・鈴木成組0―2中村・山森組
 ●瀬川1―2池内
 激戦を繰り広げたリーグ最終日。男子は春リーグ2部2位の青学大と入替戦を懸けての勝負となった。目標だった3―0での勝利とはならなかったが3―1で勝ち切り、2部優勝で入替戦への進出権を手に入れた。女子は強豪・日体大と大接戦の末、2―2で迎えた運命の第3シングルス。瀬川桃子主将(商4=埼玉栄)がチームを背負い奮闘するも優勝まであと一歩届かず、1部3位でリーグ戦は幕を閉じた。

[男子]
 接戦を制しチームの勝利に貢献した。チームカウント2―1で第2ダブルスの酒井健登(政経2=埼玉栄)・仁平澄也(政経1=埼玉栄)組へと回った。1ゲーム目、序盤から接戦になり12―10から4連取されてしまう。その後ジュースにもつれ込み20―22で1ゲーム目を相手に献上。しかしここから気持ちを切り替え2ゲーム目へ。「多少プレッシャーはあったが緊張はあまりなかった」(仁平澄)と気負うことなくいつも通りの力を発揮した。リーチの長い仁平澄が繰り出す高位置からのスマッシュで8―15と差をつけ、21―16で相手を下した。チームの勝利が懸かるファイナルゲーム。6―6、14―14と差を詰めてくる相手にも物怖じせずに対応していく。浮いた球は決して見逃すことなく、酒井も積極的にスマッシュを打ち込み2人でテンポよく攻める。終盤には4連取を決め21―17で勝利を収めた。この時点でチームの勝利が確定し、入替戦への進出が決定した。
試合の流れを作る大役を務め上げた。リーグ戦を通して第1シングルスを任された澁谷勇希(政経3=埼玉栄)。この日も勝利を挙げ、リーグ全勝を果たした。第1ゲームはプレッシャーから15―17と相手にリードを許す場面もあったが、2ゲーム目は「冷静になれた」(澁谷)。強気に攻撃を重ね5連取し相手を一気に引き離し21―12と差をつけ快勝。続く第2シングルスで大平洸輝(政経1=埼玉栄)がストレート負けを喫したものの「上級生が勝てば団体は勝てる」(澁谷)。下級生の足りないところは上級生がカバーし共に戦っていく。この調子で入替戦でもチームをけん引する。

 1部復帰への第一関門突破だ。目指すところは1部復帰のため、入替戦は「通過点でしかない」(小笠裕貴主将・政経4=名経大市邨)。相手は春の入替戦で敗北した筑波大との再戦となる。だが「3―0で勝てる実力はある」(小笠)。チームで掲げてきた目標を達成する時は目前に迫っている。勝利には「自分の力を出し切れるか」(澁谷)がカギとなってくる。全身全霊を懸けて入替戦へ挑む。


[女子]
天を仰ぐ瀬川と喜ぶ日体大の選手
天を仰ぐ瀬川と喜ぶ日体大の選手

 つかみかけていた栄冠が、手からするりと抜け落ちた。創部初のリーグ優勝を懸けた大一番。3勝1敗で同率首位の日体大との直接対決となった。第2シングルスの後藤にこ(文4=聖ウルスラ学院英知)、第1ダブルスの瀬川・村上晃(商4=青森山田)組が勝利を収め、チームカウント2―2で迎えた第3シングルス。「キャプテンとして自分が責任を負うつもりだった」(瀬川)と主将自らコートへ向かった。相手の池内(日体大)は関東学生選手権を制覇した実力者。「気持ちで勝つしかない」(瀬川)と、第1ゲームから強打で相手を圧倒し21―18で奪取。しかし第2ゲームは一転、徐々に相手のショットがコースに決まり出し10―21と大差をつけられてしまう。一気に関東チャンピオンが息を吹き返し、完全に日体大ペースに。ファイナルゲームは6―11でインターバルを迎えたが、絶対的不利な状況にも「同期の表情やベンチに座っている選手の表情を見て、絶対に勝たなきゃいけないと思った」(瀬川)。相手の激しい揺さぶりに膝をつきながらもシャトルをつなぎ、頭から飛び込んで拾いにいく。決まるたびに大きくガッツポーズをし、終盤まで5点あった差を15―17と2点差まで縮める勝利への執念を見せた。しかし16―20で相手のマッチポイントを迎え、最後の一球。瀬川が見送ったシャトルは無情にもコートの中に。審判の判定を見た瞬間、その場で崩れ落ちた。創部初の快挙とはならなかったものの、5時間にも及ぶ激闘を繰り広げた両者に会場からは惜しみない拍手が送られた。
 4年生の思いは次の世代に受け継がれる。「正直私たちがいなくなった後が心配」(瀬川)。今季以上の成績を残すには、全勝の後藤、4勝の瀬川・村上組の穴を埋められる存在が必要となる。しかしシングルスの中心として今季も期待されていた西口涼子(農2=埼玉栄)は4敗、第2ダブルスもメンバーを入れ替えながらの戦いで1勝4敗と振るわなかった。安定して勝ち星を期待できるのは十河茉由(商3=高松商)のみという現状に「自分が出てポイントを挙げるんだという気持ちを持たないと、彼女たちは戦ってすらいない」(後藤)と上級生も危機感を募らせている。明治史上最高の1部3位に導いた4年生のプレーに「本当に感動した」(鈴木成美・商1=埼玉栄)、「最後まで付いていこうと思った」(十河)。どんな状況でもあきらめない姿は、後輩たちの目に焼き付いたに違いない。

 過去最強世代もついに最終章に突入だ。言葉と行動でチームを引っ張ってきた瀬川、村上、後藤の最後の舞台は10月末に行われるインカレとなる。チームの目標はもちろん団体優勝。新チーム発足時に立てた最大の目標だ。個人では「2ダブの育成には力を入れてきた」(瀬川)と語るように、仁平明花(文2=富岡)・鈴木成組をはじめとする全4組がインカレ出場権を獲得。団体でも個人でも優勝が期待できる状態にある。秋の屈辱を胸に「インカレで有終の美を飾りたい」(後藤)。もう悔し涙は流さない。

[上代梨加・桐山雄希]

試合後のコメント
[男子]
小笠
「(今日の試合について)なんとか勝ったって感じですかね。勝てたのはよかったんですけど、課題の残る試合だったんじゃないかなと思います。(澁谷が第1シングルスで全勝)実力的に差があったので、当然の結果かなと。しっかり仕事してくれたのはそうなんですけど2部なので。全勝してもらわないと来年がありますし、でも一応よかったかなというのはありますね。(第2ダブルスについて)春にいい形でリーグ戦を終えたので周りもそれなりの期待はしますし、自分たちも当然期待はするんですけど、ちょっと今回うまくいかなかったと思うんですよ。本人たちも納得いかない試合が多かったと思うんですけど、納得いかなくてもしっかり勝ち切るっていうのは大事だと思うので、2部だろうと。その点はよかったんですけど、入替戦は納得いく試合をしてほしいかなっていうのはありますね。(入替戦までに何をするか)しっかり話し合って、相手もわかってますし。みんなで対策を練った上で全員で戦いたいなって思いますね。(入替戦への意気込み)勝つ。入替戦すべてでなんですけど、結局通過点でしかないので。1部でどれだけ戦えるかが1番大事だと思うので、相手も1部で戦ってきたんですけど結果最下位のチームなので。勝てたとしてもまた1部で最下位になって入替戦っていう流れになってしまうと思うんですよ。なのでしっかり力の差を見せつけるじゃないですけど、チャレンジャー精神なんですけどしっかり3ー0で勝てる実力はあると思うので、3ー0で勝って最後のリーグ戦は笑顔で終わりたいなって思いますね」

澁谷
「正直2部勝つのは当たり前というか勝って当然。勝ってホッとしていますけどすぐ入替戦があるので自分はもう気持ちを入替戦に向けている感じです。(MVP)特にはないですけど一つ一つ勝っていった結果がこれだったので2部ではあるんですけどその中でもしっかり勝てたというのは良かったなと思います。(試合でよかったところ)1ゲーム目はちょっと崩れた場面もあって、修正はできたんですけど。崩れるということは修正しなければいけないということなので。2ゲーム目はやっと落ち着いたというか冷静になれたので問題なくできたので良かったかなと思います。(1ゲームで巻き返されて)普通にやれば勝てると思ったので点を取られたときに焦らずもう一回冷静になって相手を見ながらということができたので無事逆転できました。そこが1ゲーム目取れたのかなと思います。(1、2ゲーム目の間に西谷さんと話していた)西谷もよく見ていたのでプレーしている側と外からみている側では違うので。客観的に見ている人からのアドバイスというのはためにもなるので助かりました。(2ゲーム目、9点差で勝てた)相手のやることが分かったのでこっちは落ち着いて自分のプレーができたので、その結果ああいう点差になった。自分のプレーを出せればあれぐらいはつくと思うので。それをもっと早くからやらないといけなかったんですけど、それをもっと序盤から出していければいいなと思います。(第1シングルスに固定)別にどこに出ても自分の実力が出せるように意識はしていて、ずっと今まで2シンだったんですけどどうしても1シンで出てちょっとプレッシャー感じたり流れを作るために1シンは大事なのでそういう面でプレッシャーを感じているときもあったんですけど、その中で自分のプレーを出せるようにという気持ちの準備はしてきました。(リーグ全勝)自分は全勝というのは当たり前というか上級生なので勝たないといけないというのがあったので勝って当たり前かなというのはあります。(上級生としての自覚)上なので今日みたいに後輩が負けたところもあるけど、上級生が勝てば団体は勝てると思うのでそういう面でしっかり自覚と責任をやっていきたいなと思います。(チームの雰囲気)みんな勝って当たり前という意識はあると思うので、しかもみんな入替戦に向けて頑張ってきたので、目標は1部に上がることで、みんな目標は一緒なのであと一週間、間空きますけどそこでしっかり調整とか気持ちの準備とかしていきたいなと思っています。(入替戦に向けて)一週間で実力とかは変わらないので、自分の調整とか気持ちの準備とか、どうやったら自分の力を出し切れるかだとかそういう準備をしていきたいなと思います」

酒井
「(無事入替戦が決まったが)そこで勝つことが目標なのでまあ今はホットした感じです。(足がうまく動かないと言ってきたが
)いや、まだ思うように動いていないと思うのであと1週間でしっかり動くようにしたいと思います。(入替戦を決めたが自信になったか)そうですね。仁平とは高校の時からやっていてプレーなどそういう部分では慣れているというか分かっています。(後半はリードを許さなかったが)リードされていないことはいいことだと思うので入替戦でもしっかりやりたいです。(ペアの完成度)まだまだできてはいません。入替戦を勝って考えていきたいです。(意気込み)しっかり勝って1部上がれるようにしたいです」

仁平澄
「(今日の試合を終えて)昨日までよりプレー的にはよかったと思うんですけど相手に合わせてしまうことが多かったりとかあるので、そこは改善して入替戦に臨みたいです。(リーグ戦に向けた練習)特に変わったことはしてないです。春と同じことをやって出し切ろうっていう目標でやってきました。(第2ダブルスで3勝目を挙げること)多少プレッシャーはありましたけど緊張はあまりなかったです。(入替戦までの練習)コンビネーションの確認とか細かいミスの修正とかしたいかなと思います。(2部リーグで戦ってみて)やっぱり春1部で戦ってて、それよりかは確実にレベルが低いのでモチベーション的にもあまり上がらない日があったりとかしたので、入替戦勝ってこれから1部でずっとやっていきたいなと思います。前回負けちゃってるので、今回絶対勝つという気持ちで勝ちに行きたいと思います」

[女子]
瀬川

(秋リーグ戦を終えて)優勝をずっと目標にやってきていたので、終わった瞬間は本当に悔しかったです。上3つで取りにいこうとしていましたが、3シンで回ってくることは想定していたので、どんな結果になってもキャプテンとして自分が責任を負うつもりでプレーしました。相手は関東選手権で優勝している選手なので、自分よりも実力があることは分かっていました。気持ちで勝つしかなかったので、気持ちで戦っていました。疲労は言い訳にできないと分かっていたので、ケアはしっかりしていました。(試合中チームからは何か声をかけられたか)同期の表情やベンチに座っている選手たちの表情を見て、絶対に勝たなきゃいけないって気持ちがありました。(過去最高の3位とチームは上向きなのでは)優勝を目標にしてやっていたので、悔しい思いはあるんですけど2部だった去年と比べると前進はしていると思います。今までにこうやって優勝争いをしたことすらなかったと思うのですが、そんな簡単に優勝はできるほど甘くない世界です。春リーグは4位で今回は3位で一歩ずつ前進していけばもっと強い明治になっていけると思います。来年の後輩たちに期待したいです。正直私たちがいなくなった後が心配なところはありますが、今回のリーグ戦ではほぼ全員が出場したことは今後に向けてすごくプラスになると思います。後輩たちはこの経験をしてどう感じ、どう行動するかがこれから変わっていく部分だと思いますので、今回の経験をプラスにしてほしいです。(自身にとって最後のリーグ戦となったが)本当に優勝争いの2ー2の場で自分がコートに立てていたことが光栄だと思います。勝って終わりたかった気持ちですが、こんな素晴らしい経験をさせてくれた人たちに感謝したいです。(インカレに向けて)第2ダブルスが1勝4敗だったので強化していきたいです。去年のインカレが終わってからも、2ダブの育成には力を入れていました。その結果として、ダブルスの全ペアがインカレ出場ができました。良くはなってきているので、他の大学の2ダブと戦っていけるようにしたいです。また、シングルスで最終日に西口が出なかったんですけど、今後の明治を支えていかないといけない人材なので、下級生がもっと積極的に自主性を持ってくれるように最後の1カ月はサポートしていきたいです」

後藤
「(今の気持ち)正直悔しいしか出てこないです。今回はチャンスだったので、そして日体大は東でも3ー0で勝ってるので。今日のオーダーは最初の3つで終わらせるおーだだったのでそこで取りきれなかったというのが敗因かなと思います。(東日本選手権の時との違い)その時の向こうのオーダーも違ったんですけど、1面でなくて2面並行だったので勢いというか、1シン、2シンを取れたので、それが大きかったのかなと思います。今日は1シンを取られてしまったので、悪い流れではないですけど、東日本インカレのときとはそこが違ったので。(1シンのあとに出たが気持ちは変わらなかったか)オーダーでは私のところが絶対に取らなきゃいけないところだなと思っていたので、必死に取りに行きました。(ご自身の5勝という成績)できすぎです。だれが想像したかという感じです。(リーグ前は)教育実習が6月に入ってしまって3週間全く練習できなくて周りには落ちたねと言われたんですけど、東日本でちょっとずつ試合の感覚を取り戻していって、スパンが短くて続いたのが良かったのかなと思います。(春と秋でチームは)違いました。4年生がポイントを取ったというのと、私も春は全然だめだったので、よくここまで戦えたなという感じです。(下級生が苦しんでいる場面もあった)自分たちだけではだめなので、下を育てることができなかったのが敗因です。私たちの甘かった部分かなと思います。(意識面での修正点)雰囲気は悪くないと思います。やっぱり3年生にも言えることですけど、十河しかポイントを挙げていないのでもっと自分が出てポイントを挙げるんだという気持ちを持たないと彼女たちは戦ってすらいないので。技術とかフィジカルではなくメンタル的な部分をもっと鍛え直さないとと思います。(練習内容は特に変えないか)そうですね。結果が出ている人もいるので。(今後に向けて)秋リーグではせっかくのチャンスを取りこぼしてしまったのでインカレで有終の美を飾りたいと思います」

十河
「(リーグ戦3位)すごく悔しいです。(春、東日本インカレで勝ってる相手)勝てる勝てないとかじゃなくて、絶対自分たちが勝つんだという気持ちでした。(第1シングルス)オーダーは全部4年生が決めているので、任されたところで全力を出すだけです。自分が勝って流れをつくろうという気持ちで臨みました。(試合の展開)相手の得意な力強いスマッシュを受けるときにミスを連発してしまって、それで押されてしまったんですけど、2ゲーム目にはそのペースにも慣れてきて、しっかりと返すことができました。3ゲーム目も少し引いてしまって、相手の得意な球でやられてしましました。(第2シングルスの後藤)4年生としてチームの流れを良い方にもっていってくれて、絶対優勝するんだっていう気持ちがすごい伝わってきました。(瀬川・村上組)同じチームの人なんですけど、見ていて圧倒されました。(第3シングルスの瀬川)2―2で試合が回ってきて、勝てば試合が決まるというところでプレッシャーもあったと思うんですけど、気持ちを前面に出してプレーする姿を見て、最後までこの人についていこうと思いました。(下級生は)4年生と比べると試合の雰囲気とかも全然迫力が違いますし、そういうところは下級生がもっと見習っていかなければならないと思います。(4年生は)改めてすごい人たちだと思います。(シングルス陣は)春リーグの時は足を引っ張ってしまったと思うんですけど、秋はシングルス陣の中でも春と同じようなことにはならないようにしようっていう話はしていたので、活躍できたのは練習の成果だと思います。(優勝するには)学年関係なくみんなが1ポイント取れるように、誰が出ても勝てるようにしていかなければならないと思います。(課題は)下級生がもっと頑張っていくことです。個人はしっかりと勝ち切ることです。自分が出たら4年生のように確実に勝てるようにメンタルの強さと我慢強さを身に付けたいと思います。(今後の目標)インカレは団体優勝、個人はシングルスベスト4を目指していきたいと思います。(来年のチーム)自分の性格的に引っ張っていくという性格じゃないんですけど、試合に出て結果を残してプレーや結果で引っ張っていきたいと思います。」


鈴木成

「明治として今までで一番良い成績の3位ですけど、やっぱり目指していたのは優勝でした。自分が出たところで勝てていれば3ー1で優勝が決まっていたので、そこの試合で勝てなかったことが個人的には何よりも悔しいです。自分たちが決めようというよりは、思い切って楽しんでプレーしようとコートに入りました。1セット目に20ー18で先にゲームポイントを取っていたのに、勝ち切れなかったことが今日の試合の一番の反省点です。あとは連続してポイントを取られた時に、もう少しお互いに声を掛け合えれば点数にもつながったのかなと思います。自分が前衛で上杉も仁平先輩も後衛なので、どちらと組んでも役割は変わらないです。なので、プレースタイルを変えるというのもほとんどないですね。苦手なサーブ回りと、パワーが足りないので攻撃時のスマッシュ力を上げることが今後強化していきたい部分です。上げるレシーブよりもドライブ系のレシーブの方が得意なので、そこは相手にも通用していたかなと思います。4年生がどの試合もぎりぎりで勝ってきてくれて、下級生は勝ち切れないことが多かったんですけど、次の春リーグからはもうその4年生がいなくなってしまいます。これからの練習にもっと意識高く取り組んでいけば、自分たちもぎりぎりのところで勝ち切れるようになると思うので頑張っていきたいです。瀬川先輩のシングルスの試合は4年生、キャプテンの意地っていうのがプレーにすごく出ていて。点差が離れていても一本一本集中しているのが応援していて伝わってきて、本当に感動しました。今、瀬川先輩たちのダブルスの他に3ペアあって練習から競い合ってやっています。その3ペア全体でレベルアップしていけば、明治のダブルスも今後もっと強くなれると思うので、切磋琢磨(せっさたくま)していければいいなと思います。まずはこのリーグの反省を一度自分で見つめ直して、それをインカレまでの練習で克服できるように。あとは瀬川先輩たちのダブルスが1ダブで2ダブがまだ決まっていないので、自分たちが練習中の試合から勝っていけるように頑張っていきたいと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: