検索
 HOME > バドミントン部

第1シングルスで流れをつくった澁谷

バドミントン部  男子は5―0で慶大を圧倒 女子は法大に惜敗/関東大学秋季リーグ戦

◆9・13〜18 関東大学秋季リーグ戦(町田市立総合体育館他)
▼男子(2部リーグ)
○明大5―0慶大
 ○澁谷2―0上村
 ○岡野2―0嶋
 ○武石・西谷組2―0長谷川・荒川組
 ○酒井・仁平澄組2―1上村・嶋組
 ○大平2―0岡部
▼女子(1部リーグ)
 明大2―3法大○
 ○後藤2―1勝俣
 ●十河0―2前田
 ○瀬川・村上組2―1宮浦・勝俣組
 ●仁平明・鈴木成組1―2前田・工藤組
 ●西口1―2岡部
 リーグ戦2日目も白熱した試合が続いた。男子は春リーグ2部6位の慶大と対決。初日と同様、澁谷勇希(政経3=埼玉栄)の勝利を皮切りにすべての試合で白星を挙げた。女子は春リーグ1部2位の法大との対戦。チームカウント2―2で迎えた第3シングルスでは西口涼子(農2=埼玉栄)が奮闘。フルセットまでもつれ込むも、あと一歩及ばず敗北を喫した。

[男子]
 完全勝利への階段を確実に上っている。今回も第1シングルスで快勝を挙げた澁谷。良い流れをつなぐ重要な第2シングルスに抜てきされたのが岡野伸哉(政経4=青森山田)だ。相手は慶大の二本柱のうちの1人、高嶋(慶大)。手ごわかったものの「しっかり勝てたので良かった」(岡野)。持ち前の粘り強さで長いラリーを制し、スキを見つけては素早くスマッシュを打ち込み、じわじわと相手を追い詰めていく。少しずつ差を広げ最終的には21―13、21―12と相手を大きく突き放しストレート勝ちを収めた。
 一歩も引かずに相手に食らいつく。容赦なく攻め立てるプレーで見事勝ち切った岡野。「自分を出し切れなかった」(岡野)と悔いが残った春リーグの経験が彼を高みへと押し上げた。初日は緊張があったものの、2日目は「自分のプレーができた」(岡野)。力を出し切れば勝利をつかめるということが自信にもつながった。

ここからが正念場だ。現時点で落としたのは1セットのみで、すべての試合を5―0で勝利してきた。個々のレベルアップによりシングルス勢の調子も上がり、チームの強さに磨きがかかっている。空き日となる15日は「3連戦に向けてしっかり調整する」(酒井健登・政経2=埼玉栄)。次なる相手は春リーグ2部5位の東経大。悲願の1部復帰を果たすため「残り3日間全部勝つ」(岡野)。ここまで無敗で来たからには一試合も落とす訳にはいかない。今こそ重ねてきた練習の成果を出す時だ。


[女子]
敗戦に肩を落とす西口
敗戦に肩を落とす西口

 最後の1点まで息詰まる熱戦だった。2戦目の相手は昨季リーグ2位の法大。春も前半で対戦し、1―4で敗れている強敵だ。第1シングルスの後藤にこ(文4=聖ウルスラ学院英知)、第1ダブルスの瀬川桃子主将(商4=埼玉栄)・村上晃(商4=青森山田)組がフルセットの末に勝利を手にし、チームカウント2―2で迎えた第3シングルス。ここを任されたのは西口。上級生の奮闘を間近で見て「勝つんだという気持ちが伝わってきて、自分もそれに続きたい」(西口)。必死でつないだ想いを胸にコートに向かった。相手は前日、第3シングルスを務めた前田(法大)に変わって、ルーキーの岡部(法大)に最後を託した。「法政のオーダーがいつもと違って、チャンスだと思った」(西口)。しかし第1ゲームは実力未知数の相手にペースを奪われてしまい、序盤から9連続得点を許す。コート最深部に飛ばしてくるクリアーと、ネットをぎりぎり越す高さのドロップショットに翻弄(ほんろう)され、7―21と大差でこのセットを落としてしまった。第2ゲームでは「切り替えなければならないと思った」(西口)と前ゲームから一転、苦しめられたドロップショットに対応し始め、21―12と大差で取り返す。そして雌雄が決する最終セット。セット間で立て直された相手に2―10と8点差をつけられるも、「声を出して攻めた」と気持ちを入れかえ9―17から6連続得点で一気に3点差まで詰め寄った。しかし相手に先に20点に乗せられ、大きく打ち出したシャトルはコートの外へ。驚異の粘りもあと一歩届かなかった。

 どの試合も手に汗握る接戦だ。この日行った5試合のうち、4試合がフルセットまでもつれた。勝負の分かれ目となったのはここぞという場面で取り切る力だ。「取らなければいけないところで取りこぼしが目立った」(瀬川)。実力のある大学がひしめく1部では少しの油断が負けにつながる。重要な1戦を落としてしまったものの、まだ優勝への道は残されている。法大は、初日に早大と対戦しセットカウント1―4で敗れている。その早大は2日目に日体大に敗れた。前半戦が終了して暫定首位は2勝の日体大。そこに1勝1敗の明大、法大、早大、専大の4校が続く形となっている。春はセットカウントの差で順位が変わったため、後半戦は勝利が決まった試合でも、残りの試合を取りこぼさないことが必要となる。「チーム全体としては悪い雰囲気ではない。残り3戦全勝する」(瀬川)。激戦1部の後半戦が始まる。

[上代梨加・桐山雄希]


試合後のコメント
[男子]
岡野
「昨日試合出て緊張はしてたんですけど、そのお陰で今日は緊張もせずに自分のプレーができたのかなって思っています。(昨日とのオーダーの違い)昨日大平を第2シングルスで出したんですけど、相手のペースに合わせてしまう、そういう部分があったのでそれで一応コーチと相談して自分がしっかり勝ちに行くっていうのなら第2シングルスに出て流れを作ってこいと言われたのでそこで自分が出たっていう感じです。(対戦相手)結構知ってる人で昨日とかも帝京の強い選手とファイナルしてたので、普通に強いなっていうイメージを持ってたんですけど、まあしっかり勝てたんで良かったかなと思いますね。慶大は上村と高嶋が中心でやっていてその2人がエースなので、ここがしっかりしてるっていうのが慶大の強みだと思います。また明治とは違った形の強さなのかなっていう風に思いました。(秋リーグに向けてやってきたこと)チームを1つにすることもそうなんですけど、とにかくまず春リーグで自分を出し切れなかったことが多かったので、自分を出し切るってことを重点的にやってきました。(現在のチームの雰囲気)2部にはいますけど、雰囲気的には良いです。でもまだまだ応援の部分でも仕事の部分でも、もっとできることがあると思うのでそこを改善していって残り3日間全部勝ってまずは入替戦行けるようにしていきたいと思います。(シングルス不調だったが今大会ではどうか)ダブルスが強いっていうのは変わらないんですけど、シングルスもシングルスで2部なんですけど一応しっかり勝ててるので、そこは成長できてるかなと思います。(次戦へ向けて)体育館も変わって日体大でやるのでまずは体育館に慣れて、自分の持ち味としてはスマッシュをメインにガンガン攻めていくラリーしていくので、そのスマッシュを有効的に使いながらしっかり相手を動かして勝てればいいなと思います」

酒井
「勝ちましたけど、内容的には全然ダメでこのままだと1部行っても絶対勝てないと思うので気持ちの部分もプレーの部分も修正しないとかなと思います。春リーグ1部で戦ったときと比べると少し気の抜けたプレーというか戦い方が違ったかなと思います。1部で全勝してちょっと自信が過信になってたんじゃないかなと思います。コンビネーションとかに変わりはないと思うんですけど、お互いに中途半端なプレーが多いかなと思います。もうちょっと練習の時からとか試合のなかで声掛け合ったりしていかないと上にはいけないかなと思います。(2セット目)やっぱり気が抜けてるというかしっかり気を引き締めていけばよかったんですけど気が抜けてるところがああいう風にプレーに出たと思います。(先輩からは)切り替えて次3連戦結果残せるようにということです。(中一日空く)3連戦に向けてしっかり調整することと、しっかり勝って。自分達の目標は入替戦に勝つことなので2部で勝つことではないのでそこをしっかり結果を残せるようにしていきたいです。(今のところ5ー0できてる)1部で勝つことを目標にしているので当然の結果かなと思っています。(次の試合)今日みたいなプレーにならないようにしっかりしていければなと思います」

[女子]
瀬川

「結果的に2ー3で負けてしまって、悔しいという気持ちは大きいんですけど、昨日の初戦を終えて優勝までそんなに簡単には行かないなとは想定していました。今日は負けてしまったんですけど、残りの3戦をしっかりと勝ち切ればまだまだ優勝のチャンスはあるので、気持ちを切り替えて明後日からまたやっていきたいなと思います。接戦で負けてしまった子もいるんですけど、試合をしている人だけが戦っているわけではないので、負けた人を責める必要はないですし今回の負けっていうのはチームとしての負け。これが今のチームの実力だと受け止めたいと思います。相手の法政大学は選手の層がすごく厚くて、誰が何に出てくるのかっていうのは正直分からない状況だったので、一人一人が実力を出し切ることが一番大事だと思って臨みました。昨日ファイナルで負けてしまった加藤・柏原(筑波大)も今日対戦した宮浦(法大)も、今後選手として実業団行ってプレーを続けるんですけど、私たちは続けないので残されてる試合も今回のリーグとインカレだけ。もしかしたら戦うのも今日で最後かもしれないと考えたら、個人的には絶対に負けたくないと思って意識していました。昨日試合展開がもつれた場面で少し弱気になってしまった部分もあったので、今日は絶対に最後までどんな展開になっても強気で、あとは楽しんでやろうというのは心掛けていました。(第2ダブルスの仁平明・鈴木成組)まだ下級生なので自分で考えて行動するっていう自主性の部分が足りないと思います。もっと積極的になったらもっといいダブルスになれる。プレーも自分で考えることが大事で、もちろんそれは練習中から意識しないといけないことです。今チームにはダブルスの選手として仁平や鈴木だけではなくて、重松・渡辺と小原・上杉がいるんですけど、皆成長しているのはすごく実感しているので、全部のペアに期待しています。(第3シングルスの)西口も昨日からプレーとしては全然悪くないと思うんですけど、やっぱりチームの代表として出ている以上、勝ちというのにはこだわらないといけない。それはもちろん自分たちにも言えることですし、試合に出ている人は最後までしっかり勝ちにこだわっていってほしいと思います。今日は負けてしまったんですけど、最後まで応援の雰囲気もすごく良かったですし、チーム全体としては悪い雰囲気ではないのでそこは維持しつつ、明後日に向けていきたいです。あと残り3戦全勝します」

後藤
「法政には春は負けていたのですが、去年のインカレでは勝てています。実力は自分たちが下ではないなという意識で臨みました。(相手が勝俣)シングルス陣でエースではないのですがその実力の私が相手の1シンに勝てたらとてもラッキーというか大きいなという気持ちでいきました。(チームのエースは)シングルスでは十河ですね。(勝因)相手が風の影響もあってボロボロミスをしてくれてたこともあります。また、他の2人はあるのですが、私は初めて勝俣との対戦です。私はフォームが独特というか、初見でやるとやりにくいと言われますのでそれも大きかったなと思います(笑)。(2ゲーム目からの持ち直し)正直2ゲーム目を取れなかったらどうしようかと思ったのですが、でも出だしが見やすい(やりやすい)コートでした。ですのでこっちでなるべく点数を稼いでコートが変わったらミス待ちをしようという感じで生きました。最初にまあまあ余裕を持ってチェンジコートできたできたのが勝因でもあると思います。(どこも接戦だったが)春は接戦をものにすることが全くと言っていいほどできなかったです。今回はまだちょっとそこには進歩が見られたと思います。自分としてもこの2戦ファイナルで勝ち切れていますし、瀬川・村上組も勝てています。ただ昨日は良かったのですが、今日は取らなければいけないところで取りこぼしが目立ったのが敗因かなと思います。(インターバルなどで言われたこと)励ましというよりは技術的なことを瀬川さんから言われました。相手の方が気持ちがぶれてきているので外に出してくれるなどです。このおかげでファイナルも抑えて勝つことができました。(課題)横風などがあって調子は良くないです。コースとかは狙っていないのですが、中に中に入れていきました。ただ、やはり点数を取らなければ行けないポイントではしっかりと点数を取れています。あとはリードした時の気持ちの持っていき方です。(次戦への意気込み)今日と同様にまだオーダーが分からないので、任されたところはとりあえず接戦でもなんでもいいので勝つということです」

西口
「負けてはいけない相手だったし、自分が勝てばチームが勝つという状況だったので、負けてしまって悔しいという言葉では言い表せない気持ちです。法政のオーダーがいつもと違って、チャンスだと思って、絶対に勝たなければならない相手だったんですけど勝ち切れなかったのがよくなかったです。もちろん勝とうという気持ちは持っていました。(試合前)自分は空回りしてしまうことが多いので、一回落ち着いて、集中してコートに入ろうと思いました。2―2で回ってきて、この点数の取られ方とか、ゲーム内容は本当にダメだと思ったんですけど、どうにもならなかったので1ゲーム目はとりあえずどう羽をつなげるかだけを考えて、次の2ゲーム目につなぎました。(監督や先輩からは)やっと西口のペースになってきたからそのまま強気で攻めていけ、っていう言葉をかけていただきました。3ゲーム目も1ゲーム目のコートに戻ったので、そこで点数が取れないままチェンジエンドを迎えてしまったのがよくなかったと思うので、もう少し点数を縮めながら試合を展開していければよかったと思います。(相手は)奥に大きくも打ってきますし、前にもネットギリギリに落としてきて、コートを広く使われてしまったのでとてもつらかったです。こっちはこっちで羽が飛んだり飛ばなかったりという状況だったので、よく相手を見て足を動かしてプレーしていかないといけないなと思いました。体調はそこまで悪いわけではなく、足も動いてないわけではなかったんですけど、やっぱり相手のペースに合わせてしまいました。足を動かすのが遅くなってしまって、相手のペースに乗せてしまったのがよくなかったです。(セット間の切り替え)1ゲーム目の内容が悪すぎたので、切り替えなければならないと思ったので2ゲーム目は一転して、声出して攻めていけたのかなと思います。(上級生の活躍)4年生のパワーはすごいなと思いました。練習の時からミスしないようにコートのここを狙うんだという意識で取り組まれているので、それをもっと見習っていかなければならないと思いました。(瀬川・村上組は)1ゲーム目から白熱したラリーを展開していて、勝つんだという気持ちが伝わってきて、自分もそれに続きたいと思ってました。(課題は)昨日も今日も相手に合わせてしまって1ゲーム目を落としてしまっているので、次からは攻めることを意識して試合に臨みたいと思います。まだ試合は続いているので、明日の練習で悪かったところを修正していきます。自分はまだ1回も勝っていなくて、チームに全く貢献できていないので、明日練習で調整してあさってからは死ぬ気で1勝を勝ち取りたいと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: