検索
 HOME > 硬式庭球部

逆転勝利で流れをつかんだ

硬式庭球部  上級生が大活躍 待望の1部リーグ戦初勝利! /関東大学女子1部リーグ

◆9・4〜9・17 関東大学女子1部リーグ戦(有明テニスの森公園他)
▼9・11 対山梨学大戦(筑波大テニスコート)
 ○明大4―3山梨学大
[ダブルス]
○熊谷・斉藤組2{4―6、6―1、6―1}1福井・大嶺組
 竹本・宮田組0{3―6、1―6}2西里・松本組○
[シングルス]
○斉藤2{6―4、7―5}0松本
 宮田0{2―6、2―6}2横川○
 竹本0{5―7、3―6}2西里○
○熊谷2{2―6、7―6、6―1}1安部
○金山2{6―1、6―2}0石野
 待ちに待った1部リーグ戦初勝利を挙げた。リーグ第3戦・山梨学大戦に挑んだ明大女子硬式庭球部。ダブルスで熊谷ひかる主将(文4=浦和学院)・斉藤佳帆(文3=拓大紅陵)組が勝利し、1―1でシングルスへ。ルーキーの金山晴菜(政経1=野田学園)が幸先良く勝利すると、上級生の斉藤、熊谷も立て続けに勝利。ついに1部初勝利を成し遂げた。

 逆転勝利でチームに流れを引き寄せた。ダブルス1に出場した熊谷・斉藤組。第1セットは思うようなプレーができず、ゲームカウント2―5と立ち上がりを一気に突き放された。その後、4―5までスコアを立て直したものの、残り1ゲームを押し切られ第1セットは4―6。巻き返しを見せていただけに悔いの残る第1セットとなった。しかし「いい形でゲームが取れて、まだまだいけると思うことができた」と斉藤。第2セットからはロブやストレートアタックを多く用い、自分たちの得意な試合展開で主導権を握った。調子を取り戻した熊谷・斉藤組はそこから相手を圧倒。第2セット、第3セットを共に6―1で奪取し、チームに値千金の逆転勝利を持ち帰った。

主将の意地を見せた熊谷
主将の意地を見せた熊谷

 1部リーグ初勝利は主将の手で決めた。シングルス4として出場した熊谷は第1セット、安定しない自身のフォアハンドストロークにイライラを募らせた。「これはやばいなと思った」と熊谷。第1セットは、ゲームカウント2―2で迎えた第5ゲーム目から4連続でゲームを落とし、2―6。後がない状況へと追い込まれてしまった。しかし、熊谷が負けた瞬間にチームの敗北が決定するという状況と、試合中に濱中コーチから言われた「主将は負けちゃ駄目だよね」という言葉が熊谷の闘志に火をつけた。「主将の意地を見せよう」(熊谷)。第2セット、互いにサービスキープを繰り返す一進一退の攻防。そんな中、4―5で迎えた第10ゲーム目。何度もマッチポイントを握られながら、気迫のこもったプレーでそのピンチを防ぎ切ってみせた。「何とか踏ん張れたことが大きかった」(熊谷)。逆境を退けた熊谷は逆に勢いに乗り、第2セットを奪取。第3セットも気持ちのこもったプレーで相手を圧倒。最後は相手ボールがネットにかかり熊谷の勝利、そしてチームの勝利が決定した。試合の決着がつくと右手を空に突き上げ、ガッツポーズ。待望の1部リーグ初勝利をかみしめた。

 さらなる勝利で明大の真価を見せる。「この一勝が本物だということを次の亜大戦で見せたい」(上原真吾監督)。次戦の亜大は昨年度1部リーグ4位。昨年度6位の山梨学大を下した今の明大ならば当然射程圏内に収めている。「楽しく元気にチャレンジャー精神で臨めたらいいと思う」(熊谷)。今試合のようにチーム一丸、次戦も勝利を手にしたい。

[藤田幸大]

試合後のコメント
上原監督

「1部での初の勝利ですから、明治女子の歴史の扉を開いた1勝です。しかも逆転劇ということで、今のキャプテンの熊谷と次期キャプテン候補の斉藤が頑張ったというのはすごく大きいです。それを間近で見ていた竹本と宮田は3ポイント落としています。去年は竹本・宮田ペアが大活躍していたけど、今年は下が入ってきて上がいて、その中間で自分たちがポイント取ってこないといけないというプレッシャーが彼女たちにはあると思います。去年は思い切ってやれば良かったからリラックスできていたと思うけど、今回はそういうわけにもいかないので。そんな中、1年生が1勝できた。今の明治の象徴的な試合になったんじゃないかなと思います。(試合後のミーティングでは何を話したか)まずは『おめでとう』と。そして、あんな試合態度じゃダメだと言いました。頭が下がったり空を見上げたり、マイナスな言葉が出ていたり、あんな態度を出しているようじゃいけないよと。ポーカーフェイスじゃないけど、次のポイントに向かっていく姿勢が必要です。弱気な態度は相手に勇気を与えてしまうし、スキになる。トップの早稲田や筑波の選手はそういうマイナスな部分を見せない。そういうところからまくられてしまうのが今のチームの弱さだと思います。ただ、今日勝ったということはチームの誰1人諦めず、思いがつながったということです。この一勝はチームとして価値ある一勝だけど、次の亜大戦でもう一回勝利して、これが本物だということ、明治が本当にできるんだ、ということを見せたいです。(亜大は)山梨学大よりもスキがないし、もう一つランクの高いプレーヤーがいる。そういう意味では向かっていく姿勢、試合中の振る舞いや仕草が大事になってくると思います」

熊谷主将
「1部リーグで初勝利ができて嬉しいです。(ダブルス)硬くなってしまって、簡単なミスが多く、ファーストセットを落としてしまいました。セカンドセットからはロブを使った展開やストレートアタックなどを増やしたことで相手が崩れてきてくれたのでよかったなと思います。ストレートでの展開を増やしたことと、気持ちの面で楽しくプレーすることを貫けた結果、勝てたと思います。(ダブルスを1ー1で折り返して)山梨学大も今まで1部校としてやってきている強豪校なのでこのまま勝たせてはもらえない、と思っていました。だからこそ、早大や筑波大と戦った時のように楽しく思い切りやるようにとはチームのみんなに言いました。(シングルス)バックはいつも安定して打てるんですけどフォアが崩れて、コートに入らなかったです。いい展開になっても最後のフォアでミスをしてしまって、自分でイライラしてしまいました。フォアをスライスにしても入らなくて、これはやばいなと思っていました。でもセカンドセットに入って、自分が負けたらチームが負けてしまうということを考えました。ベンチコーチの濱中さんに『主将は負けちゃ駄目だよね』と言われて、主将の意地を見せようというか相手よりも多くコートに返そうと思ったら流れが自分に来ました。4ー5の時に、マッチポイントを4回取られたんですけど、なんとか踏ん張れたことが大きかったと思います。(次戦について)次の亜細亜大ももちろん弱くはないですし、簡単にはシングルスもダブルスも取らせてはくれないと思うので、ここまで3戦やってきたように楽しく元気にチャレンジャー精神で臨めたらいいなと思います」

斉藤
「1部に上がって、今日で3戦終わったんですけど純粋に一勝を挙げられたということがすごく嬉しいです。やはり筑波大戦も早大戦も1部で戦うことの難しさを感じさせる試合でした。簡単には勝たせてくれないですし、気持ちの面でも2部で戦ってきた時とは全然違っていて、その中で競った試合を今日は勝ちきることができて本当に嬉しいです。(ダブルス)ファーストセットがゲームカウント2ー5になって、正直このセットは思い切りやって、セカンドセットからいこうという気持ちでやっていたんですけど、いい形でゲームが取れて4ー5まで戻せました。結果的にそのセットは落としてしまったんですけど、その2ゲームのおかげでまだまだいけると思うことができたので、簡単にセットを落とすのではなく少しでも多くポイントを取れたことが次につながった試合だと思います。(シングルス)私が試合に入った時は、すでに誰かが負けたらチームが負けるという状況で、最初(熊谷)ひかるさんも第一セットを落として、私自身も1ー4まで追い込まれて、嫌な流れでした。でも、そんな中でも誰一人として勝ちを諦めてはいなかったですし、その気持ちが私にもすごい伝わってきました。加えて、父兄の方やOB、OGの方々の応援もあって簡単には負けるわけにはいかないなと強く思うことができて、なんとか挽回してセットを取ることができました。セカンドセットは5ー4でマッチポイントをにぎった場面があったんですけど急に怖くなってしまって、決めきることができませんでした。それでもこのセットで勝負を決めないと(熊谷)ひかるさんにも勝ち急がせてしまうと思ってなんとしても勝たなければと思って頑張りました。(次戦について)今日の勝利によってチームの雰囲気は変わったと思うので、この勢いで次の亜細亜大戦にも臨めていけたらと思います。次も厳しい戦いにはなると思うんですけど、この勢いで勝ち切りたいです」

金山
「試合前は緊張していて、先輩たちに『1年生だから失うものは何もないから思いっ切りやってきて』と言われました。絶対に負けたくなくて、気持ちは相手より自分の方が絶対に強いと確信していたので、試合に入ったら自分の試合で勝つことに集中しました。高校の時から団体戦が好きで、個人戦で勝ったことない相手にも団体戦では勝ったりしていたので、大学のリーグ戦も楽しみにしていました。ひかるさんのプレーには感動して、線審をやりながら泣きそうになりました。『あれだけ頑張ってくれているなら自分ももっと頑張らなきゃ』って思わせてくれる試合を毎回するので、すごく尊敬しています。(今後ぶれないようにしたいこと)練習から試合をイメージして緊張感を持ってやることと、リーグ戦では絶対に気持ちで負けないように、負けていても勝っているような気持ちで挑みたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: