検索
 HOME > 硬式庭球部

自分のプレーで攻めた市川

硬式庭球部  慶大にストレート負け 入替戦濃厚に/関東大学男子1部リーグ戦

◆9・4〜9・16 関東大学男子1部リーグ戦(有明テニスの森公園他)
▼9・9対慶大戦(中大テニスコート)
 明大0―9慶大○
[ダブルス]
 杉田・本城組0{1―6、5―7}2福田・今村組○
 鈴木・吉見組0{2―6、3−6}2逸崎・畠山組○
 合戸・安増組0{3―6、6―7}2上杉・山崎組○
[シングルス]
 本城0{3―6、2―6}2上杉○
 蓮見0{4―6、4―6}2逸崎○
 鈴木0{1―6、2―6}2今村○
 市川1{6―7、6―4、1―6}2甲斐○
 田鍋0{0―6、3―6}2畠山○
 津田0{1―6、3―6}2中村○
 終始ペースを握られた。連戦となる中で行われた慶大戦。第1・2戦同様にダブルスで流れを持っていかれ、シングルスでも挽回を図ることができなかった。その中で市川雄大(営2=松商学園)が格上相手に粘りのプレー、蓮見亮登(営1=東京学館浦安)も下級生ならではの活気を見せ、次戦につながる試合を展開した。しかし結果は0―9。今までにないほどの大敗を喫してしまった。今大会、初勝利が遠々しい。

 最後の一押しが足りなかった。「誰と組んでもいけるように」(杉田)と田鍋悠輔(営4=広島修道)をシングルスに回し、本城和貴(政経3=東山)とダブルスに出場した杉田曜(総合4=川越東)。久しぶりに組んだ同士ということもあり、前半2人のプレーがうまくかみ合わない。第1セットを1―6で落とした。続くセットでは気持ちを切り替え、作戦の立て直しが功を奏し、本城のボレー攻撃がさく裂。相手を翻弄(ほんろう)し、一時ゲームカウントを5―2にした。しかしあと1ポイントでゲームを取れるというところで勝ち急ぎ 浮ついたプレーが目立つ。それにうまく対応してきた相手が巻き返し5ゲームを連取され、逆転を許した。「受け身になったら、攻め込まれる」(杉田)。今後の課題が露呈された試合だった。

 持ち味を存分に生かした。シングス4に出場した市川の相手は1月の新進選手権で優勝した甲斐(慶大)。第1セットから昨日の試合を反省し、スタミナと粘り強さを軸に自分のプレーをした。両者譲らず6―6となり、タイブレークに突入。「大事なところで消極的になってしまった」と攻め切れず、惜しくもこのセットを落とした。続く第2セットでは気持ちを切り替え、粘りのプレーを続行。勝負は今試合唯一の第3セットまでもつれ込んだ。しかし前半の疲労が溜まったせいか足が思うように動かず、前半では見られなかったミスが多くなり、1―2で敗れた。それでも「良い気付きになった」(上原真吾監督)。リーグ戦という舞台で長所を出せた点は今後の試合の自信につながるはずだ。

 「12年間やってきて、0―9は初めてだ」と上原監督が語るように、この結果は昨年の王座進出からは考えられないものとなった。入替戦が濃厚となったが、次の亜大戦までには再度気持ちを引き締め、チーム全員で白星を手に入れたい。

[綾部禎]

試合後のコメント 
上原監督

「12年間見てきて、0−9は初めてなのでとにかく次に向けて何とかしてほしいという気持ちです。ダブルスが一本取れれば、2―1で折り返せたので、三本取られたのが本当に痛いですね。ここでどう変わるかに期待するしかないです。やるべき準備を次に向けてしっかりつくらないといけません。実際は僕よりも選手の方が悔しいはずなので、ここからどう戻すか。もっとみんな頑張ってやってほしいです。(昨年4人が抜けてこうなることは想定していたか)こんなの全くしてなかったです。もっとやれると思うし、こうなったのは練習が足りないからだと思います。それだけ甘えていた部分が出てしまっていると思います。でも今更それを言っても仕方ないので。ここまで来たら入替戦は濃厚なわけなので、しっかりもう一回やりに行くって気持ちでスイッチを入れ直すしかないです。(市川と蓮見が逸崎&と甲斐に善戦)彼らにとっても今日は良い気づきになったと思います。試合で出せる勇気を持てるか持てないかが殻を破れるかどうかにつながるので。試合中に出せないようであればそれは意味がないので。今日やっていたことがさらに次の試合につながると信じていますので、次亜大戦でいい働きをしてくれると思います。(オーダーを変えてきたが?)吉見を休養させることを第一に考えていたので、一回休ませる形にしました。田鍋は左利き対策で畠山に宛てました。うまくかみ合わなかったけれども、そこらへんが目的です。(ダブルスは)チャンスもあったし、セカンドセットをとってれば分からなかったので、そこは少し残念です。チーム全体の課題は)気持ちの強さです。一丸となり切れてない。誰かがしっかり喝を入れないとね。次戦は女子も勝負になるし、男も勝負なのでもう一度気を引き締めてやらせます」

杉田
「本城は今までシングルス中心で練習してきたこともあって、1セット目お互い噛み合わない部分もありましたし、自分も昨日とサイドが変わって、違った部分もあったので苦労しました。2セット目からは作戦立て、気持ち切り替えて、アグレッシブルに攻めていけたかなと思います。5ー2までいったんですけど攻めきれないというのが続きました。そこは技術云々とかじゃなくて、自分の気持ち次第でなんとかなると思うので次戦では修正していきたいです。(このペアになった経緯は)次の亜細亜、早稲田戦に向けて、違うペアも出していこうという監督とキャプテンの考えです。自分も誰と組んでもいけるようにっていう風には準備してきたので、そこはあまり戸惑ったりとかはなかったです。(今後に向けて対策)受け身になったら、どんどん飲み込まれると思うので、強気で攻めて、気持ちで負けないようにしていきます」

本城
「1セット目は完全に自分達の出だしが良くなくて引いてプレーしてしまったところがありました。2セット目からはそこをしっかり修正して、使えるショットだったりというのを探りながらプレーしたのでいい形で5ー2まで持っていけました。しかし相手も対応してきたときに、こっちが慌ててしまい浮ついたプレーになって、足元をすくわれたというところで逆転されたという感じですね。(ペアは)1年生にときに一回組んだことがあって、それ以来というのもあったんですけど杉田さんはサーブが良くて、ストロークもガンガン押してくれます。自分は前で動くだけでやるべきことがはっきりしているのでやりやすいです。(相手は)きっちりダブルスをやってくる相手なので形だったりとかが徹底されています。何回か対戦したことのある相手だったんですけど、相手がどうこうより自分達が良くなかったという感じですね。(2セット目は)いい流れできていたのにそこでちょっと力んだのが敗因です。そこからちょっとずつ歯車が狂って、相手に突かれたという感じですね。(次戦)亜細亜戦も負けられないんで、しっかり勝てるようにチーム一丸となって課題であるダブルスをなんとかしてリードで折り返せるように、またシングルでも全勝で勝てるように持っていきたいと思います」

市川
「1セットと2セットは粘り強くやって、自分のテニスができたので良かったです。しかしファイナルセットに入って、疲れてしまい足が動かなってしまったこともあって、前半で取れていたボールがミスになったりしたのでそこがいけなかったです。1セット目をタイブレークで落としたので、そこをしっかり取れてれば良かったなと思います。(タイブレークは)タイブレークに入ったら、どっちが勝ってもおかしくないので、やっぱり強気でいかなきゃいけなかったんですけど、大事なところで消極的になってしまったのでそこが敗因かなと思います。(昨日の試合から)昨日の試合は相手にいいようにやられてしまったので、今日はなるべく自分のテニスを貫けるように意識してやったら、けっこうできたので良かったです。(次戦以降は)まだ1勝もできていないので次は絶対勝ちたいと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: