検索
 HOME > 硬式野球部

優れた攻守でレギュラーを狙う


東京六大学野球 2017〜秋〜  (5)開幕前インタビュー 河野祐斗、宮ア新  

 覇権奪回へ、秋に強い明治を見せつける。12年ぶりの5位に沈んだ昨季から、夏場を乗り越えチームも個々も一回りに成長。春の課題であった得点力不足もオープン戦では兆しが見えてきた。目指すのは秋連覇と日本一。全員野球で勝利をつかむ。
 ラストシーズンで意地を見せる。二塁手でスタメン出場が予想される河野祐斗内野手(文4=鳴門)。昨季は早大戦で決勝本塁打を放ったが、それ以降目立った活躍はなく次第にベンチを温める時間も増えた。スタメン定着、そして王座奪還へ。声とプレーでチームを鼓舞していく。(この取材は9月4日に行ったものです)

――現在のご自身の調子はいかがですか
だんだん良い感じで上がってきてると思います。バッティングでも守備でもヒットが出ても出なくてもチームに貢献できればいいと思ってるので、ダメな所があれば他でカバーしてチームが勝っていければいいです。レギュラーを取るつもりでいるんですけど、自分の力を発揮できれば試合に出してもらえる機会も増えていくと思うので、ゲームの中でどれだけ自分の力を出せるかがカギになると思います。頑張っていきます。

――春季リーグ終了後、取り組んだことは
夏場のバット振る量とか振る内容はしっかりと変えてきました。バッティングフォームも一から見直して自分に合ったフォームというか、一番いいスイングができるように研究してきたつもりです。(フォームの)ここを変えたとかはないんですけど打席に入る時の考え方だったりとかを勉強したりアドバイス聞いたり、いろいろ試行錯誤してやってきました。私生活ではチーム全体でまず寮生活から見直しました。やっぱりそこが欠けてたから春負けたと思うので。そこは全員でできたと思います。

――守備の面で意識していることは
球際の強さと安定感っていうのは常に意識してやってるんですけど、そこの精度をもう少し上げたいです。アウトにするところはアウトにする安定感と勝負どころでのあと1センチの球際の強さっていうのはしっかり求めてやってきました。(竹村との連携は)そんな2週間いなかったくらいでは全然問題ないと思います。日頃からコミュニケーションをとってるのでそこは大丈夫です。

――高森キャンプでは途中で4年生が東京に帰ったと聞きました
チーム全体というか4年生の勝ちに対する意識の甘さだとか執着心っていうのがなくて、監督の目には良いようには映らなかったので。逆に自分たちとしては東京に帰ってきてプラスになったかなというのはありますし、帰ってきてからの4年生をはじめ主力のメンバーの意識はガラッと変わったのでそこはプラスに捉えてポジティブな方に考えています。4年生同士で話し合いをして、自分たちはもう数カ月しか学生野球ができないので自分たちが何がなんでもチームを引っ張っていくという気持ちでやっていこうと。練習内容は普段と変わらないですけどバッティングも守備も1球に対する執着心とか試合での勝ちに向かっていく意識だとかは変えてきたつもりです。

――中野主将(速人・法4=桐光学園)をサポートする意識は
中野を助けるというか中野も中野で頑張ってるので、中野がチームを引っ張っている中でも自分たちからもチームを引っ張っていけるようにしたいですね。

――今シーズン期待の選手は
自分です(笑)。下級生では森下暢仁投手(政経2=大分商)に頑張ってほしいですね。あいつが投げた時にどれだけ勝てるかだと思うので頑張ってほしいです。

――今秋は学生最後のシーズンとなります
今まで4年間やってきたことを出すだけです。今リーグ戦間近にやったことが試合で出るかといったらそうではないと思うし、ここっていう場面でプレーできるのは4年間の積み重ねだと思ってるのでそれをしっかり出したいと思います。春が終わって就職活動がありチームのサポートに回ってくれている4年生もいるので、やっぱりその人たちのためにも出てる以上はしっかり勝って、全員で優勝を味わいたいと思います。

――個人的な目標をお聞かせください
守備は10割できて当然ですしできなきゃいけないと思ってます。守備はミスなくピッチャーを盛り立てられるように頑張っていきたいです。バッティングの結果は自分ではコントロールできないので打席に入る前の準備、前日の準備、1週間前からの準備っていうのをしっかりやって試合で良い結果が出る確率の高い行動をとってちょっとでも良い結果を残したいです。

――秋への意気込みをお願いします
優勝っていうのは誰もが思ってることですけど、やっぱり自分たちは春5位で悔しい思いをしてるので、その負けたチームに一戦一戦勝っていくっていう気持ちでいきたいです。それを積み重ねれば優勝に近づいていくと思うので、目の前の相手としっかり戦ってリベンジできればと思います。

――最後にファンの方に向けてメッセージをお願いします
神宮やオープン戦にも多くのファンの方が応援に来てくださってるんですけど、やっぱりその方々の応援のおかげですごく頑張れてる部分があります。そこは感謝して、やっぱり応援してくださってる方々も勝てば喜んでくれると思うので、なんとか勝ちで恩返しできたらなと思います。

――ありがとうございました

◆河野祐斗 かわのゆうと 文4 鳴門高出 172cm・72kg 内野手 右投右打

河野 今季・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
今季
11
.273
通算
22
35
10

.286




 好機に強い打撃はチームに欠かせない<br>
好機に強い打撃はチームに欠かせない

 自慢の打棒で花道を飾る。宮ア新内野手(文4=履正社)は昨季スタメン、代打の両方で活躍。慶大1回戦では大学初となる本塁打も飛び出すなど、最終学年にしてさらなる成長を見せた。「ここで4年間やってきたことを出すだけ」。思いをこめたスイングで、勝利に導いてみせる。(この取材は9月4日に行ったものです)


――昨季を振り返っての感想をお願いします
個人的にも色んなプレッシャーが掛かってて、出だしからあまり調子良くなくて。ずっとヒット打てなくて、慶大戦ぐらいからようやく調子が出てきた感じでした。出遅れてた部分があったので、今季はスタートからいけたらいいなと思います。

――印象的な場面はありましたか
慶大戦でホームラン打った時ですね。(大学公式戦で)初めてのホームランだったので、それが一番うれしいですね。

――二塁手としては河野選手や竹村春樹内野手(政経4=浦和学院)との併用でした
調子もそうですし、自分が左バッターなので、右ピッチャーの時にスタメンが多いとかそういう感じでした。バッティングは自信あるんですけど守備が自信ないので、もっと守備を磨けばスタメンのチャンスもあると思います。

――夏はどのようなことに取り組んでいましたか
体のキレを出そうと思って、少し体重減らしました。守備とか走塁で動きを速くするために。走ったり、食べるものとかも気を付けてました。油ものとかをあまり食べないように、まあ食べるんですけど(笑)。極力減らすように。(成果は)まだあまりなんですけど、気持ちちょっとだけ軽くなった気がします。

――打撃の面で取り組んだことはありますか
自分は3年生まで低く構える打ち方してたんですけど、4年生になってこのままだと大学生活で何も変わらないというか、進化したいという気持ちがあったので、打ち方を徐々に変えてます。少し上体を上げて、背筋を伸ばしてという感じです。今まではバットに当てることを考えてたんですけど、今はしっかり振って打とうと思ってます。そのおかけで春でホームラン打てたので、ちょっとは変わったかなと思います。今も少しずつ微調整してます。

――現在の調子はいかがですか
めっちゃ悪いですね。タイミングの取り方なんですけど、溜めがないといいますか。それでピッチャーとの間合いが取れてないので、詰まったり体開いたりして、自分のバッティングができてないですね。(それに対しての取り組みは)4年生の吉武(優大・政経4=福岡大大濠)にいつもタイミングの取り方とかを教えてもらって、ここ2週間ぐらいやってます。

――現在のチームの雰囲気は
だいぶ良くなってますね。前までは中野だけで声出したりしてたんですけど、それに付いていく人が増えてきた。全体的に声が出てきました。夏のキャンプで4年生が全員帰らされたんですけど、それがきっかけですね。

――来季がラストシーズンですが、今までと心境の変化はありますか
今までは次があると思ってたんですけど、今回は最後なので。ここで4年間やってきたことを出すだけですね。

――進路については
社会人チームで野球を続ける予定ですね。

――今季の目標を教えてください
最後なので、できるだけ多く試合に出たいですね。スタメンじゃなくても、自分が打ってチームが勝てばそれが一番うれしいです。とにかく自分はチャンスで打って、みんなを喜ばせたいです(笑)。

――最後に今季の意気込みをお願いします
みんなで力合わせて優勝して、日本一になった昨年のチームにも負けないって言われるようなチームになりたいです。

――ありがとうございました

◆宮ア新 みやざきしん 文4 履正社高出 168cm・74kg 内野手 右投左打

宮ア 昨季・通算成績
試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁犠打四死球打率
昨季
10
19
.316
通算
34
58
18

10
.310



[楠大輝・三ツ橋和希]

●東京六大学野球 2017〜秋〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: