検索
 HOME > アメリカンフットボール部


NO NEXT 〜2017 GRIFFINS〜  (9)【瓦版】32年ぶりの甲子園ボウルへ グリフィンズ下剋上  

 過去最大の逆襲が始まる。2日から始まる関東学生秋季1部リーグ戦。昨季は19年ぶりに入替戦に回った明大グリフィンズ。しかし、今季はLB#8氏家倫太郎主将(政経4=埼玉栄)を中心に好選手がそろう。四半世紀を越える時を経て聖地・甲子園に舞い戻る時が来た。

屈辱を胸に
 グリフィンズにとって昨季は忘れられないシーズンとなった。開幕から5連敗を喫し、まさかの7位。甲子園ボウルはおろか、入替戦行きの屈辱を味わった。「挑戦者の自覚が足りなかった」(氏家)。プレーだけでなく精神面での課題が結果として現れた。
 春は課題を残した。3勝2敗という結果に終わった春季オープン戦。初戦で昨年敗れた東大を完封するなど、格下相手には自分たちのプレーを発揮した。しかし、学生王者・関西学大との定期戦は7―22と完敗。力の差を見せつけられた。

主力の帰還
 それでもチームに明るい材料があった。何といっても、ケガで昨季を棒に振ったRB#9福田夕斗(政経3=日大三)がケガから約1年ぶりに復帰。1年次に75ヤードの独走TD(タッチダウン)を決めた実力者が帰ってきたことは頼もしい。さらにDB#1佐藤成生(文4=駒場学園)やRB#25寒川拓(商4=法政二)といった力のある最上級生も戦力に加わり、万全のメンバーがそろった。
 当然、目標は「日本一」(氏家)。昨季王者・早大や名門・日大は春にその強さを見せており、昨季7位のグリフィンズにとってはその道のりは決して平たんではない。だからこそ、挑む価値がある。32年ぶりの甲子園へ向けて、まずは関東を制する。

[加藤真人]


 




ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: