検索
 HOME > ハンドボール部

センターとしてコート上でも指揮を執る


前途洋々  秋リーグ開幕直前 工藤龍毅主将インタビュー  

 昨年は114季ぶりのリーグ優勝、56年ぶりの全日本学生選手権(インカレ)準優勝と大エース吉野樹(平29政経卒・現トヨタ車体)を中心に次々と歴史を塗り替えた。今年度からは加藤良典監督を新たな指揮官として迎え、新体制となる。本特集は史上初のインカレ制覇を目指すハンドボール部を追う。
 8月26日から関東学生秋季リーグが開幕する。春は3勝6敗の8位。得点力不足を痛感し、夏の間は体力の底上げに加え新たな戦術を身に付けた。就活で抜けていた4年生もそろい、チームは成熟しつつある。今度こそ上位に名を連ね、インカレシード権を獲得したい。第1回は、主将を務める工藤龍毅(政経4=桃山学院)のインタビューをお送りする。(この取材は8月22日に行われたものです)

――主将に選ばれた経緯を教えてください
「学年で話し合ったとかではなく、監督に選んでいただいたのでなりました」

――主将の経験はありましたか
「中学校の時キャプテンで、高校では役職はなかったです。中学の時はしっかりやっていたかなと思います。今は頼れる後輩がいるので楽ですね。自分の事考えながら、それで周りも見てというのができるようになりました」

――主将になって大変だと感じることを教えてください
「昨年のキャプテンが成績も残して優秀だったので、比べられることが多いことですね。そこでやはり悔しいなという気持ちになりますね。監督陣とかから比べられる時が一番辛いかなと思います」

――春リーグを振り返っていかがでしたか
「春リーグは出だしは良かったんですけど、そこからチームの状況が悪くなって6連敗で入替戦はギリギリで回避という結果になってしまいました。良い勝負はできていても最後には負けるという形になっていたので、そこをなんとか勝ち切れる力があればもっと順位は上だったのかなと思います。チームの方向性というのが結構バラバラでした。まとまってなかったので、最後の大事な局面の時にミスが起こったり、考えが一致してませんでした。やはりチーム競技なので、そこで負けたのかなと考えてます」

――春リーグ後に話し合いはありましたか
「春リーグ終わってからミーティングがあって、1年生から4年生まで上下関係なしにしっかり自分の言いたい意見、良かったこと、悪かったこととかを話しました。あとは監督とのミーティングで秋に向けての目標だったり戦術を説明されて、8月の中旬くらいの夏合宿で5日間くらい集中的に練習できたので、そこでチームはまとまったと思います」

――秋は4年生も本格的に出場すると予想されます
「昨年良いものを見せてもらったのもありますし、最後のリーグ戦なので、昨年と同じような良い結果を出して後輩につなぎたいです。また新入生、高校生とかが明治に行きたいと思ってくれるような試合を見せれたらなと思います」

――下級生とのコミュニケーション面はいかがですか
「良い意味で昨年より緩くなって、1年生と4年生でもしっかりこうしてほしいとか言い合えてます。1年生から言われたことに対してしっかり4年生も反省できますし、良い環境でハンドボールできているなと思います」

――現在のチーム状況はいかがですか
「今はちょっとケガ人が出始めて、人数が少なかったりとか1年生の服部將成(法1=春日丘)がJAPANで抜けていてあんまり人数がしっかりそろわない状況です。レギュラーだった子も肩を外してしまって急に変わったり、少しゴタゴタはしているのですがなんとかやっていこうとしてます」

――チームとしての課題はありますか
「チームの課題は得点力です。昨年は一人で100点以上とる選手がいたので、抜けた穴を誰が埋めるかというところです。一人一人が1点ずつ増やせれば7点8点と増えるので、そういう形でなんとかカバーしていきたいです。1試合の攻撃回数を増やせばその分シュート本数も増えるので、秋は攻撃回数を増やして点数も増やすという作戦でやります」

――夏はどのような練習をしてきましたか
「夏はひたすらディフェンスと走り込みをメインにやって、最後の10分しっかり走りきれるようにしっかり基礎を固めてきました。走り負けているとハンドボールにならないので」

――注目選手はいますか
「3年生の門間優次郎(法3=法政二)と2年生の山田信也(政経2=愛知県私立愛知)ですかね。2人は昨年のインカレで賞を受賞してます。そこの2人は昨年のエースが抜けて自分たちの代になってからマークが厚くなるので、そこでどれだけやってくれるかというのを期待しています」

――ご自身はどのようなプレーを意識しますか
「春までずっとオフェンス専門でやってきたんですけど、今回からディフェンスにも入ることになって。これまではアシストが多かったんですけどディフェンスから速攻っていう形でオフェンスをするので、秋からはトリッキーなプレーを使いながら自分からでも点を取っていきたいなと思ってます」

――秋の目標をお願いします
「秋はもちろん優勝を目指すんですけど、最低でも4位で終えたいです。インカレのシード権を獲得して、昨年インカレで優勝出来なかったので、インカレで優勝。これが目標です」

――ありがとうございました

◆工藤龍毅 くどう・りゅうき 政経4 桃山学院高出 177cm・79kg 登録ポジションはセンター

[最上隼也]

●前途洋々のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: