検索
 HOME > 硬式野球部

レギュラー入りへ名乗りを上げた森下智


ボールパーク便り  投手陣が崩れ11失点 Hondaに完敗  

◆8・17 夏季オープン戦(笠幡球場)
▼対Honda
 明大4―11Honda○
オープン戦
明大
Honda×11
 高森キャンプを終え、最初のオープン戦はHondaに4−11で敗戦。キャンプの疲れからか投手陣が11失点と厳しい結果となった。打線は4回に集中打で4得点と打力不足改善の兆しが見えた。

 Honda打線を止められなかった。先発の水野匡貴投手(農4=静岡)は序盤から常に走者を背負う苦しいピッチング。四球に長打も重なり5回で5失点を喫した。1点を追う7回から登板の3番手・三輪昂平投手(国際3=日大三)も踏ん張りたいところだった。しかし怒涛(どとう)の6連打を浴び6失点。1死も取れずに降板となった。齊藤大将投手(政経4=桐蔭学園)と森下暢仁投手(政経2=大分商)を大学日本代表で欠く投手陣に課題は山積みだ。
 大敗の中でも存在感を示した。6番・指名打者でスタメン出場した森下智之内野手(文3=米子東)は3打数2安打の活躍。4回表には右中間最深部に飛びこむ2点本塁打を放ち、4−1と一時リードをした。昨季はわずか1打席の出場に終わった森下智。このまま好調を維持し、秋に向けてアピールを続けていきたい。

[楠大輝]

◆夏季オープン戦日程表◆(スコアをクリックすると試合の記事に飛びます)
日付対戦相手場所スコア
8・17(木)
Honda
笠幡球場
●4−11
8・19(土)
国武大
国武大グラウンド
○5−2
8・20(日)
中大
明大グラウンド
△3−3
8・21(月)
横浜商科大
横浜商科大野球場
○3−2
8・24(木)
筑波大
筑波大グラウンド
●1―7
8・25(金)
新潟医療福祉大
明大グラウンド
○2―1
8・27(日)
日大
明大グラウンド
○4―3
8・28(月)
中央学大
明大グラウンド
○8―3
8・30(水)
駒大
駒大グラウンド
△1―1
8・31(木)
亜大
明大グラウンド
雨天中止
9・1(金)
日立製作所
明大グラウンド
●2―7
9・2(土)
SUBARU
明大グラウンド
雨天中止
9・2(土)
白鷗大
明大グラウンド
雨天中止
9・4(月)
JX−ENEOS
明大グラウンド
○2―0


●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: