検索
 HOME > ソフトテニス部

攻めのプレーで相手を追い詰めた本倉

ソフトテニス部  ルーキー本倉はベスト8、丸山はベスト16の成績を残す/全日本学生シングルス選手権

◆8・10 全日本学生シングルス選手権(七尾市和倉温泉運動公園テニスコート等)
<男子>
▽順位
本倉――ベスト8
丸山――ベスト16
平井、立木、丸岡、米澤――3回戦敗退
中平――2回戦敗退

<女子>
▽順位
望月、宮下――3回戦敗退
西永、橋――2回戦敗退
 ルーキーが実力の高さを見せつけた。インカレ最終日に行われたシングルス選手権。前日のダブルス選手権で優勝の栄冠をつかみ取った本倉健太郎(農1=岡山理大付)がベスト8入賞を果たした。一方、女子は望月友美佳(営4=加藤学園)が3回戦で敗退し、最後のインカレは幕を閉じた。

 シングルス王者相手に苦戦を強いられた。4回戦まで難なく勝ち進み、迎えた準々決勝の相手は、早大の船水。「自分から先に外に攻めて、積極的に前に出てボレーしよう」(本倉)と、持ち味の攻めのプレーで先制するも、船水に2セットを連取され逆転を許す。その後、粘りのプレーで1セットを取り返すが反撃はここまで。「ラリーになったときに相手のカバーする能力が高くて、自分の中で焦りになってしまった」(本倉)。最後はミスが響き、ゲームカウント2―4で敗れた。

 下級生の活躍が光った。シングルスでは本倉がベスト8、丸山海斗(政経2=上宮)がベスト16の結果を残した。さらに二人は、前日のダブルスで早大ペアを下し、優勝を成し遂げた。今大会で4年生は引退。秋からは新体制のもとで、今回果たせなかった"団体優勝"を目指していく。

[木田諒一朗]

試合後のコメント
平井裕之主将(国際4=高崎健康福祉大高崎)

「シングルスに関しては、昨日のダブルスと同じようにファイナルで負けてしまいました。シングルスではチームが全体的に早く負けてしまったので、シングルスでもう少し頑張れるようになるとダブルスでは結果が出たので団体でも勝てるようになるのかなと思います。ダブルスが終わったときに代は変わったんですけど、本当にいいチームで強い人が頑張るだけでなく、周りのサポートが充実していて、北本コーチや内田助監督とかOBの方も支えてくれたんですけど、その中でも試合に出ていないメンバーが応援したりとか本当に良いチームになってきたかなと思います。ダブルスは優勝をとれたんですけど、団体とシングルスはまだまだ早稲田に負けちゃっているので来年は丸岡、立木を中心にまた頑張ってもらって、一つでも勝ちを増やせるように頑張ってほしいと思います」

本倉
「昨日の疲れもあって体があまり動かないところもあったんですが、コースを狙って打てたので良かったと思います。(ゲームカウント)3―2からなかなか点を取れなくてファイナルにされたのでやばいかなと思ったんですけど、あまり気にせずに攻めというのを考えてそれが成功したので良かったです。(準々決勝の相手は)自分よりすごく格上の相手だから、自分から先に外に外に攻めていって積極的に前に出てボレーして点を取りにいこうとしました。それが成功した部分もありますが、有効打を打ってミスしてしまったところもあったのでそこが痛かったです。ラリーになったときにコートをカバーする能力が高くて、外に打ってもいくらでも返ってきたので、そこは自分のなかで焦りになりました。団体、個人で良い結果を出せたのは、応援してくれた人のおかげだと思うので、そういう部分で感謝したいです。実力的なところでまだ早大のほうが強いので、日々の練習から少しずつ意識して練習したいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: