検索
 HOME > 硬式野球部


ボールパーク便り  王座奪還懸け始動 高森キャンプが行われる  

◆8・3〜15高森キャンプ(綿半飯田球場他)
8月3日から13日間にかけて行われる毎年恒例の高森キャンプ。6日目のこの日はあいにくの降雨となった。午前中はバッテリーと野手に分かれてともに室内練習をこなし、午後からは体幹トレーニングを行うなど、基礎の徹底に時間を費やした。

 投手王国の再建へと歩みだした。バッテリー組はウオーミングアップの後、体幹トレーニングを行うなど、マネジャーも含めて一丸となって練習に取り組んだ。その後は坂道ダッシュに汗を流した。今回のキャンプでは、主に投げ込みに力を入れる投手陣。春季リーグ戦では数字上好成績を残すも要所で粘り切れない場面が目立った。「結果を気にせずに各自が取り組んでいることをやっていきたい」(氷見泰介捕手・政経3=豊川)。秋季リーグ開幕まで時間はある。一人一人が底上げを図りつつ、盤石の投手戦力を形成していく。

 チーム浮上のカギを握る。野手陣も室内で素振りや守備動作の確認など、基本的な練習を行った。今回のキャンプ期間中は守備により力を入れる。今年の明大は「守って最終的に相手より1点でも多く」(渡辺佳明内野手・政経3=横浜)というスタイルを理想とする。失策や記録にならないミスの多かった春季から一転。伝統の粘りを再興し、明治らしい野球の復活を目指す。

 開幕まであと1カ月。8月後半はオープン戦も増え、大詰めとなる。高森キャンプは「一日中野球のことを考えられるので集中できる」(逢澤崚介外野手・文3=関西)と、とても貴重な機会だ。時間を有意義に使い、成長の夏にしたい。そして実りの秋へ向け、ノンストップだ。
 
[曽布川昌也]

選手のコメント
逢澤

「(オープン戦の調子)5日の試合に最初だけ出たんですけど、春のリーグ戦が終わってから課題としていた強いスイングというのがキャンプを通していい感じでできて、その試合でも2本打てたので今のところ順調に来てるかなという感じです。(キャンプでの収穫)一日中野球のことを考えられるので、野球に集中できるという意味では良いですね。OBの方がたくさん来ていて教えてくださるので、野球の知識が増えたというのは収穫ですね。(改善点、修正点)追い込まれてからのバッティングというのが春からのかだいなので、いかに粘れるかというのと、アウトになるなり方です。自分の打席一つ一つがチームに与える影響が大きいので工夫をしていきたいと思うので、考えて練習しています」

越智
「(オープン戦)春終わってからバッティングを変えてそれに対して手応えをつかみつつあるかなという感じがします。右方向の打球を増やして、打率を上げることは意識してやってました。春には実力のなさを感じたのでそこから変えていかないとと思いました。他にも送球を安定させたいと思っています。(秋リーグの目標)日本一は前提でそのためにバッティングでチームを引っ張っていきたいです。監督が信頼してくれるような4番バッターになりたいです」

氷見
「(オープン戦)個人的にはヒット一本出て一安心という感じですけど、守備は水野さん(匡貴投手・農4=静岡)と4回組んだ中では良かったですけど、キャッチングやイニング間の送球など細かいところを突き詰めていきたいです。(バッテリー陣)今いる中では1番試合に出してもらってますし、3年生がしっかりやらないと4年生に申し訳ないので、バッテリーよりもチームの中心という気持ちでやっています。(今のバッテリー陣に求めるもの)今はピッチャーが投げ込んでいて本当にきついと思うので、キャンプは結果を気にせず各自が取り組んでいることをやっていきたいなと思います」

吉田
「(オープン戦)1番で先頭打者ホームランを打ちました。それまで状態が良くなくて、逆に割り切れてホームラン打てたのでそこから自分でも自信が付いたのか、バッティングが上向きなのでいい感じかなと思います。(練習を指揮)新人戦のときにキャプテンをやったので、その時の続きみたいな感じで、みんなも付いてきてくれるのでやりやすいです。(特に意識すること)自分は全体見ようと思って見えてない部分を少なくしようとしています。(改善点)打率を残すことと、飛距離がまだまだなので、その両方をやっていきたいです。(キャンプ中のできごと)高森の子どもたちと野球教室やってて、はしゃいでる中で大学生も童心に帰って一緒にはしゃいでいたので、面白いと思いました」

渡辺佳
「(オープン戦)4打席しか立っていなくて、当たりは正面突いてますけどいい形で打てているかなと思います。守備もいろいろなところを守っているので充実しています。(代表チーム)普段やらない人たちとやって、選ばれている人たちなので守備もバッティングも刺激になって、アメリカの選手のプレーを見て色々勉強になりました。(今年のキャンプのテーマ)そんなに去年のチームみたいに打てる人がいなく守って最終的に1点多くて勝つみたいなチームだと思うので守備は去年よりしっかりやってると思います」

●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: