検索
 HOME > バスケットボール部

左から野口、奥野、須藤


COUNTER ATTACK  2年生対談〜奥野×須藤×野口〜 新人戦への意気込み  

 新世代がチームを活性化させる。濱西康一新監督を迎え初の公式戦となった関東トーナメントでは11位と苦杯をなめた。それでもチームは秋のリーグ、インカレに向けて再出発を切った。まずは6月7日に初戦を迎える新人戦で、強い明治を見せたい。
 初戦を翌日に控えた今回は、新人戦で核となる奥野綾汰主将(国際2=藤枝明誠)、須藤昂矢(営2=桐光学園)、野口龍太郎(政経2=九州学院)のフォワード3人組の対談をお送りする。同じポジションを争い合う3人だからこそ、共に戦えるこの大会へ懸ける思いはひとしお。そんな3人に新人戦への抱負を語ってもらった。(この取材は5月31日に行われたものです)

――チーム状況はいかがですか
奥野「今まで練習試合を何個かこなして、チームとしてそれぞれの役割が見えてきました。新人戦まであと1週間で、その役割の精度をどう伸ばしていけるかですね」

――チームの雰囲気はいかがですか
奥野「僕と翔太(渡辺・政経1=宇都宮工)がケガしてしまって」
野口「実際あんまり良い状況ではないです」
奥野「良い雰囲気ではできてないから、本当にここから1週間でどう改善していけるかですね。ケガは新人戦までには治ると思います」

――奥野選手が主将になった経緯を教えてください
野口「みんなで話し合ったって言うんですけど、実際は綾汰がずっと『俺しかいない』って言ってて(笑)」
奥野「その感じガチで良くないからマジでやめて(笑)」
野口「まあそれは嘘で、綾汰しかいないなっていうのはありますね」

――日大、拓大と練習試合をして手応えはありましたか
奥野「日大戦が初めてこのメンバーでやった試合で、自分たちが思っていたよりはやり合えました。その日大戦で出た反省点を踏まえて拓大とやりました。拓大ともそれなりの試合ができて、また課題も見えてきたので、ここからそれを改善していきたいです」

――今ある課題はどのようなところですか
野口「体力」
須藤「ベンチメンバーが出てきたところでどれだけつなげるかです。誰が出てもディフェンスだったり同じルールを徹底して、全員で試合運びができたらいいなと思います」

驚異的な3Pシュート決定率を誇る野口<
驚異的な3Pシュート決定率を誇る野口
――スターターのプレータイムが長くなると予想されますが
奥野「それはどうにもできないので、だからこそベンチメンバーのつなぎの時間が本当に重要です。絶対に僕ら3人はコートにいなきゃいけないと思ってます」
野口「そしたら40分フルよ」
奥野「僕らが40分フルがベストだけど、実際そんな体力はないから」
野口「だから楽にやろうみたいな。無理に攻めるんじゃなくて、ミスマッチのとこを突いて楽に攻めようっていうことを話してます」

――お互いの第一印象を教えてください
須藤「忘れたわ(笑)」
野口「本当に覚えてないですよ俺たちは」
奥野「(野口は)耳でっけぇなぁ〜って」
一同「(笑)」
奥野「(須藤は)アゴでっけぇなぁ〜って」
一同「(笑)」
須藤「最初は気付かれてなかったから(笑)」
奥野「そう一番最初は気付かなかった」
野口「お前それ第一印象じゃないからね」
奥野「長谷川(寛元・法2=洛南)が仲良い桐光のやつから(須藤が)チキン握りしめた画像もらってて、こいつヤバいやつやんって思ってました。今はもうゴリラですね」
野口「(奥野は)すごいかっこよくて、若々しくて、まるで青年のような顔立ちで、ひげが薄くて」
奥野「なんも生まれないからやめよ(笑)」

――高校時代に関わりはありましたか
奥野「あんまり試合したことないよな」
野口「俺らはある」
須藤「高校はやってないけど、小中でよく(野口と)やってました」
奥野「そういえば国体で(須藤と)やったな」
須藤「あ、マッチアップした」
奥野「こいつ外からシュートガンガン決めるし、やべ〜って」
須藤「(野口は)40点くらい1人で取ってるのをツイッターで見て、すげぇやついるなって思ってました」
野口「大濠戦ね。大濠戦はいっつも40点取ってたよ」

――今のお互いのプレースタイルを教えてください
須藤「(奥野は)頭が良いから的確に指示を出してくれて、周りを生かしてくれる選手だと思います」
野口「賢い。プレーでもそうだし、チームをまとめる力があります。なにもしなくても主将の貫禄があるというか」
奥野「(須藤は)とにかく点を取ってくれますね。練習試合とかでも、ここで点欲しいなとかここで取れなかったらキツいなってところで決めてくれるので、僕らとしてはすごく助かってます。渡せば確実に点を取ってくれる」
野口「最強」
須藤「(野口は)まあスリーだよね」
奥野「シュートが入る入る。スリー堅い。ちょっとターンオーバーが多い(笑)」
須藤「ドライブ行ったーって思ったらポロリみたいな」
奥野「たまにドライブ決まって、あぁいいねぇみたいな(笑)」
野口「もう打つことしかできないですね」

――同じフォワードとしてお互いの存在をどう捉えていますか
奥野「僕ら3人はそれぞれタイプが違うから、こいつら2人の良いとこを両方取って、それをコートで表現できるようにしたいです。僕はボールのキープ力とか、試合を見て冷静にゲームをつくれる力を埋めていきたいです」
野口「同じポジションって言われるけど、タイプが違うので。まあでも今は3人出れるけど、全体としては1人しか出れないと思うので、やっぱり常に意識している存在ではありますね」
須藤「この2人には負けたくないっていう気持ちはあります。新人戦は3人で出れるから、タイプも違うし、うまく共存できると思うので楽しみです」

――スターターとしての出場が予想される植松義也選手(営1=桐光学園)、渡辺選手のプレースタイルを教えてください
野口「義也がドゥドゥ(拓大)止めた時はびっくりした」
奥野「ディフェンスが良いよな。あのサイズのわりにインサイドしっかり守れるし」
須藤「外のシュートもうまい」
野口「翔太も本当に良い」
奥野「これからどんどん上に上がっていくにつれて技術を付けていけば、元の運動能力も高いし、本当に拓実さん(齋藤・営4=桐光学園)みたいなすごい選手になれると思います」

須藤は内外問わず卓越した得点力を持つ<
須藤は内外問わず卓越した得点力を持つ
――2年目の新人戦ですが、1年目と違うところはありますか
野口「全然違う」
須藤「本当に違う」
奥野「昨年綱井さん(勇介・文3=大阪学院)にすごい言われてて、まず試合の流れっていうのを全然分かってなかったです。打っていいところでシュート打たずに、そこじゃないよってところでシュート打ってて。今思い返してみると分かるんですけど、やっぱり昨年は先輩に迷惑かけてました」
野口「1年間かけて明治のバスケが分かるようになった部分はあります」
奥野「それを1年生にはこの大会で伝えて、来年につなげてほしいです」
野口「今俺らが昨年の先輩と同じ気持ちになってるよね(笑)」

――今回の新人戦はどのような大会にしたいですか
奥野「練習試合とかしてて、すごい楽しい。とにかく楽しみたいですね」
須藤「同期といっぱい出れるし」
野口「それはある。楽しんでやりたいですね」
須藤「1年生にも伸び伸びやってもらいたい」

――初戦の慶大とはどんな試合をしたいですか
奥野「絶対的センターがいなくて、小さい選手でガチャガチャするチームだと思うので、それに合わせて自分たちの体力削られるんじゃなくて、ミスマッチのところをしっかり突いて点取っていきたいです」

――2回戦で昨年の優勝校の青学大との戦いになりますが
奥野「センターがでかいし、ジャンプ力もあって義也じゃキツいところもあると思うから、そこは長谷川に頑張ってもらわないと厳しいとは思ってます。結構長谷川がカギを握ってると思います」
野口「ディフェンス、リバウンド、スクリーン。しっかりやってもらいたいですね」

――新人戦に向けて意気込みをお願いします
須藤「1年間で成長できたっていう部分をしっかり出して、勝ちたいです」
野口「このチームでやるのはこれが最初で最後だから、やっぱりまとまって勝つとこ勝って、そこで出た課題は個人個人で生かして、新人戦が終わった後のリーグ戦とかインカレにつなげたいです」
奥野「しっかり自分が試合の流れを見て、声出したり引っ張っていきたいし、個人としても次につながるような大会にしたいですね。ここから3回インカレがあるんで、最終的にそこで勝てるように。とりあえず今はここから1週間で詰めていきたいと思います」

――最後に新人戦での目標を教えてください
一同「優勝します」

ありがとうございました

◆奥野綾汰 おくの・りょうた 国際2 藤枝明誠高出 188cm・88kg 登録ポジションはSF(スモールフォワード)。3月21日生まれ。
◆須藤昂矢 すどう・こうや 営2 桐光学園高出 185cm・85kg  登録ポジションはSF(スモールフォワード)。5月15日生まれ。
◆野口龍太郎 のぐち・りゅうたろう 政経2 九州学院高出 191cm・85kg 登録ポジションはSF(スモールフォワード)。12月16日生まれ。


[日野空斗]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: