検索
 HOME > バスケットボール部

インサイドで躍動した洲崎

バスケットボール部  明学大にダブルスコアで快勝 好調のまま4回戦へ/関東大学女子新人戦

◆5・27〜6・18 第7回関東大学女子新人戦
▼6・4 3回戦(明大駿河台体育館)
○明大91 {28−15、15−11、21−2、27−10} 38明学大
 筑波大戦に向けて好感触だ。1、2年生のみで行われる今大会。2戦目の相手は3部上位リーグ所属の明学大となった。初戦と同様に好調なスタートを見せ43−26と大量リードで前半を終える。前戦で課題となっていた第3クオーター(Q)の入りでも引き締まったディフェンスで相手を抑え、21−2と圧倒した。続く第4Qも相手の得点を10点に抑えて、最終スコアは91−38、ダブルスコアで快勝した。次戦は1部リーグ所属の筑波大に挑む。

 スターターは、小野尾梨紗主将(文2=昭和学院)、清水智央(文1=東京成徳)、坂本真祐(情コミ2=山村学園)、洲崎志織(理工1=正智深谷)、成田ちはる(理工2=福島西)。

 見事に課題を克服した。前戦で課題となった第3Qの出だし。「第3Qに入る前に、アコ(小野尾)から『昨日できてなかったから入りしっかりしよう』と声を掛けられた」(坂本)とハーフタイムで気持ちを入れ直した。その効果は試合に表れ、第3Q開始9分間1度も得点を許さず圧倒した。徹底したディフェンスでつくったリズムはオフェンスにも好影響を及ぼし、後半は48得点。大量リードで勝利を収めた。

 1年生が躍動した。「今日は本当に一人一人がちゃんと攻める姿勢を見せてくれた」(坂本)とコート上に1年生しかいない状況になっても受け身にならず、2年生に引けを取らないゲーム展開を見せた。「1年生は高校で活躍していた子も入ってきて、すごく頼もしい」と渡辺徹監督も期待を寄せており、新人戦以降の大会での活躍にも注目だ。

 次の相手は1部リーグ所属の強豪・筑波大。チームはこの試合に勝利することを今大会の目標としてきた。前試合で課題となった第3Qの出だしも修正し、目標達成に向けて準備は万端だ。「気持ちで負けなければ大丈夫です。自信はあります」(小野尾)と気合も十分。筑波大を相手にジャイアントキリングを達成し、明大旋風を巻き起こしたい。

[長沼遼太]

試合後のコメント
渡辺監督

「おそらくみんな意識していたと思うんですけど、昨日と比べて出だしうまくいったのが良かったです。最初からきっちりしつこくディフェンスしていけば、前半はまだ元気だろうけど後半は相手がバテてきます。3Qはもう、バテてたのもあって相手は戦意喪失って感じでした。(2Qは)相手の明学大も年々強くなっているチームで、そう簡単に勝てる相手ではないというのは分かっていました。それでもこっちはずっと元気にプレーできていたのもあって、そこまで流れは悪くなかったかなと思います。今日はオフェンスとディフェンスのリズムがすごく良かったので、満足しています。来週は筑波大とやるけど、いい試合をしてくれると期待しています。人数が少ないといっても、今までで一番多いからね。みんな出場できたし。1年生は高校で活躍していた子も入ってきて、すごく頼もしいです。3年生がケガでリーグ戦も厳しいので、1年生が使えるってことが分かったのは良かったです。この新人戦でもっと成長してほしいと思います」

小野尾
「全体的に良かったです。(第3Qは)第3Qの前は10分間空くので、そこでみんなの疲れ溜まってしまって、足が動かなくなってしまうというのが前の試合であったのだ、第3Qの初めで走り込めば自分たちにも流れ来ると思ってました。第3Qが始まる前は昨日の反省もあったので『ここはしっかり走るよ』と言いました。(第3Qは1年生5人が活躍しました)良かったと思います。伸び伸びとできていたし、本来の1年生の持ち味が出ていたと思います。昨日は1年生は初戦ということで『緊張してた』と言っていたので、そこで硬くなっていたと思います。(個人的には)オフェンスが全然ダメだったと思います。ディフェンスで流れ作ろうかなと思っていたんですけど、シュートも全然入らないし、ドライブも全然いけないという感じでした。あんまり良くなかったです。(今日の勝利は)この試合の勢いのまま、次の一週間の練習でしっかりと自分たちの明治のプレイを調整しながら、筑波大戦に挑んでいけたらいいと思います。(筑波大戦は)今まで2試合やったチームよりも背も高いし当たりも強いと思うので、体格という面では負けてしまうと思うんですけど、気持ちで負けなければ大丈夫です。自信はあります。(次戦への意気込み)まず気持ちで負けないで自分たちのプレーをしっかり出せるように、チャレンジャー精神を持ってやっていきたいと思います」

坂本
「自分はファウルがかさんじゃって、オフェンスもうまくいきませんでした。でも、チームとしてのディフェンスとか1年生も結構活躍してくれたので、その面ではよかったかなって思います。(1年生5人のときも強さ変わらず)今日は本当に一人一人がちゃんと攻める姿勢だったりとか、ディフェンスでもプレッシャーをかけることができていました。みんな一人一人が持ち味を発揮できていたかなと思います。(昨日課題だった第3Q)第3Qに入る前も、アコ(小野尾)が『昨日できてなかったから入りしっかりしよう』っていうのを言ってくれて、それを共通理解できていました。ディフェンスから相手に点数取らせないで、自分たちのオフェンスとかプレーができたのでそこはよかったかなって思います。(試合前の雰囲気)1試合やってきたから緊張はなかったですし、やることはみんな共通理解していたと思うので、昨日できてなかった第3Qの入りっていうのはみんな多分意識してできていたと思います。(次は山場の筑波大戦)相手は1部で、昨日と今日の相手とは体格とか身長だったりとか全然違います。でも、相手は1試合目なので堅さとかあると思うので、そこをチャンスに変えられるように自分たちのプレーをしっかり出して臨んでいきたいです」

稲葉
「(今日の試合は)自分は途中出場だったんですけど、チームの雰囲気を少しでもよくするために自分の持ち味であるディフェンスを頑張りました。(1年生しかいない時間帯は)チームの雰囲気をよくするために声を出すことを意識してチームをまとめようとしました。(課題だった3Qは)みんなで声を出してディフェンスを頑張ろうという話をして、チームでいいディフェンスができていたのでそれがオフェンスにも繋がって、結果いい流れができたかなって思います。(ハーフの指示は)昨日の課題が3Qだったので、『ここが勝負だよ』って言われて、その後『頑張って走ろう』ってキャプテンのアコさん(小野尾)が言ってくれたので走ることとディフェンスを意識しろっていう指示でした。(チームの雰囲気)先輩が中心になって声を出してくれて、先輩から指示をもらってやってやろうという気持ちになりました。いい雰囲気だったと思います。(次の試合は)自分は今日と同じで次も途中出場だと思うんですけど、いつ自分の出番がきてもいいようにベンチでしっかりと準備して、出られたときはしっかりと自分の仕事をしようと思います」

洲崎
「(今日の試合)チームとしては、ずっと課題にしてた3ピリが良かったので良かったです。個人的にはシュートも外して、パスミスも多くなってしまいすごく焦っていたのでチームに迷惑をかけてしまったなと思います。(立ち上がり)みんな気持ちが入っていて前半いいディフェンスをしました。しかし第2Qはオフェンスの時にアコさん(小野尾)のところでボールが止まってしまって、上手くリズムが作れなかったので、もっとコーナーまでパスが回せるようにしなくてはいけないなと思いました。(第3Q)3ピリに入る時に、いつも以上に全員でやろうと気持ちを入れてたり、声もいつも以上に全員で出し合っていたのでそこが良かったと思います。ディフェンスを頑張って、走って、シュートを入れて、声も出せて、やっぱり気持ちがどんどんどんどん上がってきたから足も動いて、いいプレーができたんだと思います。(第3Qは1年生がフルで出てわずか二失点)1年生のコミュニケーションが取れていました。(前戦よりシュートを狙っていた)監督にスクリーンで長くいるとディフェンスがダブルチーム行ったりしてしまうと言われたので、早めにリングに走ることを意識しました。あとは、相手の背が低く、ミスマッチだったので、シュートに行きやすかったっていうのがあります。(次の試合に向けて)筑波は今までのチームと比べてかなり強いチームになり、当たりの部分のスピードも違うと思うので、この一週間で筑波に当たり負けないようにして、いい試合をしたいなと思います」

鷹見
「最初の坂本先輩のシュートが入るとチームの流れは良くなって、それが昨日も今日も入ったので良かったなと思います。(ディフェンス)ディフェンスもみんな足動いててすごく良かったと思います。でも少ない失点がほとんど三線がいない時に取られてしまっていたので、そこはもう少しみんなでカバーしていけたらなと思いました。(第3Qの入り)昨日は点数が離れてて気が抜けてしまったっていう話を先輩たちが言っていて、だから今日は点数とか気にしないでやっていこうと先生方も言っていて、それをみんなでできたと思います。(2得点に抑えた)ちょっと相手の当たりが弱かったからやりやすかったっていうのもあるんですけど、次の筑波戦に向けて良い流れで試合を終えられたなと思います。(ファウルの数)メインで出てる先輩たちのファウルが混んじゃった時に出させてもらってるんですけど、ファウルが混んでる中で先輩たちに出場してもらうリスクを減らすために、自分も坂本先輩のような選手になっていきたいなって思います。(他の選手に少ないドライブを多くできていた)昨日ちょっと消極的だったので、今日は積極的に行こうかなと思ってやりました。プレーはそれなりに良かったとは思うんですけど、相手があってのことだと思うので、相手が強くなっても同じことができるようになりたいです。(筑波戦に向けて)勝ちたいです。1部のチームだから身長も今日と比べて5cm10cm変わってきて手足も長くなって体も強くなると思います。ぶつかると体力的にもキツくなってしまうと思うので、その中でもみんなで走り負けないで戦っていけたらいいなと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: