検索
 HOME > バスケットボール部

左から成田、小野尾、坂本


Tip Off  2年生対談〜小野尾×坂本×成田〜 新人戦への意気込み  

 
 昨年は創部初の2部上位リーグ昇格をかなえた飛躍のシーズンになった。そして、今年も‶創部初″を目指す。今年から参入する2部上位リーグは2位以上がインカレ出場権を獲得できる。悲願であるインカレ出場に向け、19人で新シーズンを戦い抜く。本特集はそんな女子バスケットボール部の1年を追い掛ける。

 次に挑むのは1、2年生で臨む新人戦だ。今シーズン初の公式戦、関東大学女子選手権は4回戦敗退で終わったが、下級生が活躍。それを受け、渡辺徹監督も「新人戦では台風の目のような存在になりたい」と意気込む。今回はルーキー特集として、1年生5人の紹介、初戦の前日には2年生の3人対談をお送りする。
 3人でチームを引っ張る。最後は、小野尾梨紗(文2=昭和学院)、坂本真祐(情コミ2=山村学園)、成田ちはる(理工2=福島西)の2年生対談。関東大学女子選手権でも存在感を見せた3人。2年生は3人のみと少ない人数ではあるものの、その仲の良さと抜群のチームワークで新人戦でも上位を狙う。そんな3人に新人戦への抱負を語ってもらった。(この取材は5月25日に行われたものです)


――今のチーム状況はいかがですか
小野尾「良くはないです」
坂本「まだまだ合ってない。下と上とガードとセンターが」
成田「下は下で上邪魔しちゃうし」

――チームの雰囲気はいかがですか
成田「雰囲気は良いんじゃないかと思います」
小野尾「声が無くなっちゃう時もあるけど、盛り上がれる時は盛り上がれるよね」
成田「チームワークは他のチームに比べても良くない?和気あいあいって感じ」
小野尾「ただふざけてるだけ(笑)」
成田「違うよ(笑)」

――今年の新人戦のチームはどのような感じですか
小野尾「もともとトーナメントでも下級生の方が多いので、メンバーはあんまり変わらないですね」
坂本「人数も多いしね」
小野尾「去年は6人でしょ」
成田「それな(笑)」

――6人とギリギリの人数で臨んだ昨年の新人戦を振り返ってみていかがですか
小野尾「私はまだ膝のケガが治ってなくて出てないです」
成田「私は半分復帰みたいな感じで時間制限があって、あんまり守ってなかったです」
小野尾「最後の方なんかやばかったよね」
成田「誰か1人ケガしちゃうと5人になっちゃうんで、私が出るしかなくなっちゃう。そもそも入部当初はイク(坂本)しかちゃんとできてなかった」
坂本「なんかみんな見学してて。春休みが一番気まずかった(笑)」
成田「まじごめんって感じでした(笑)。イクだけ練習混ざって本当にごめんみたいな」

――新人戦のための練習は
成田「ちょっとだけやりました。フォーメーション的なものを模索中です」

――新人戦に向けた練習試合などは
小野尾「先週の土曜日(5月20日)に東洋大と共栄大とやりました」
坂本「出だし悪かったし、声も出てなかった」
小野尾「めっちゃ静かなんだもん」
成田「相手の圧が強いときに、ちょっと引いちゃう。私はまだガンガン行くセンターじゃないので、相手の圧にも負けないくらいにならないと」

“小野尾は新人戦では主将としてチームを引っ張る<"align=left
主将を務める小野尾
――小野尾選手が新人戦の主将になった経緯を教えてください
小野尾「先輩が決めるから、ケイさん(松本真衣・理工4=鵬学園)に聞かないと分かりません。ケイさんがトーナメント終わった日に『新人戦はアコ(小野尾)をキャプテンにするから』って」

――小野尾選手のポジションがガードだからでしょうか
小野尾「指示してほしいって感じかね」
坂本「まとめてみたいな?」
成田「主将はイクかなって思ってたんですよ。トーナメントの時もイクはガンガン行っていたので。プレーで引っ張ってく系だから、イクになるのかなと。でもアコもふさわしいのでどっちでも大丈夫ですけど、自分はない(笑)。そこは自覚してます」

――今年の1年生はいかがですか
小野尾「戦力だよね」
成田「頼りになるね」

――その中でも注目すべき選手はいらっしゃいますか
成田「ユメ(清水智央・文1=東京成徳)かな?」
小野尾「なんでもできる。迷いなく、1年生だからみたいな感じがないから」
成田「ユメにつられて私たちも頑張ろうってなります」

――練習中、坂本選手が1年生に直接指導している姿も見受けられました
成田「イクはめっちゃ教えてくれます。自分にも教えてくれます」
坂本「気になったらちゃんと言った方がいいかなって思って。先輩たちもそうだったので。リズさん(多久文乃・情コミ3=東京成徳)とかクウさん(藤野希生・国際3=埼玉栄)も結構言ってくれるので、2人にもそういうのをやってほしいんですけどね(笑)」
小野尾「うち言うよ?」
坂本「アコは言う」
成田「自分はとりあえず自分を直そうと思って。人に言う前に自分をちゃんとしてから」

――今見えている個人的な課題は何ですか
小野尾「パスミスしないことです。焦っちゃうから」
成田「私はリバウンド」
坂本「メンタル」
小野尾「コントロールもしなきゃいけないし、パスを回してるだけだとイクとかユメとかにも迷惑が掛かるから、ここっていう時にドライブきれいに入れたいです」
坂本「自分はスリーと、ドライブと…全部。ドライブして最後まで決め切る力を付けたいです」
成田「自分はぶっちゃけオフェンス力があまりないので、上の人が安心して打てるようにするとか、もっと自分がサポートできるようにしたいです」

――お互いの第一印象を教えてください
小野尾・成田 「(坂本を指差して)こわーい」
成田「クール。大人しい子なのかなみたいな」
坂本「でもこっち(成田)もだよね」
小野尾「不思議な子だったよね。遠慮する感じでした」
成田「不思議な子(笑)」
坂本「最初は本性を表さなかった。全部自分が引くタイプ。でも今はグイグイくるよね」
小野尾「うざいくらいに(笑)」
成田「アコは高校の時プレーを見ていて、めっちゃポーカーフェイスだなと思ってたんですよ。だから、笑わない子だと思ってたら、最初会った時ニコ〜って笑ってて『あ、すげー笑ってる』ってびっくりした」
小野尾「昭和(学院高)がそういう雰囲気だからね」
坂本「昭和怖かったね」
成田「(昭和学院高に)ボコボコにされたよ」
小野尾「調子良かったから(笑)」

“仲の良さが光る<"align=left
仲の良さが光る
――今の印象はどうですか
小野尾「(成田は)和ませてくれる」
成田「やったー」
小野尾「褒めてない」
坂本「なんかうるさいっていう感じ(笑)」
成田「イクはしっかり者って感じですね」
坂本「言われたことない」
成田「なんか安定」
坂本「2人とも末っ子だから、末っ子感出てる」

――きょうだいがいらっしゃるのですか
小野尾「2人です、上にお姉ちゃんがいて。すごい子供って言われます」
成田「お兄ちゃんお姉ちゃんがいます。そんなに末っ子感出てるかな?」
坂本「こっち(小野尾)がすごいからあんまり目立ってないけど」
成田「アコはギャップですよね。試合中はめっちゃ怖い。キレるんですよ(笑)」
小野尾「感情が出ちゃう。高校の時はキレなかったんだけどね」
成田「イクもアコもときどきキレるから、やばいってなる」
小野尾「駄目って思ってるんだけど、その感情をコントロールできなくて。だからいつもクウさんとかにも言われるんだよね。『アコ、顔』って」
坂本「でもアコはめっちゃ笑う」
小野尾「普段は常に笑っています。ルイ(成田)の動きに対して絶対笑ってる」
成田「最初ふざけてるつもりないんですけど、なんか笑ってくるんですよ、なんか変なことしたかなって。通常が変なのかな」

――ちなみにコートネームはどのように決められるのですか
成田「先輩が決めてくれます。アコの由来はなんだっけ」
小野尾「誰からも憧れられる≠フアコ=v
成田「イクは行く?私はいろんな種類のプレーの種類≠フルイ=v

――成田選手はカメとも呼ばれているのですか
成田「私は猫背がすごいので、大学入った頃、去年のキャプテンの先輩に『亀が甲羅で休んでるみたい』って言われて。それからずっとカメちゃんって」
小野尾「最近カメちゃんしか出てこない」
成田「ルイよりカメの方が言われてる。でも、自分でもカメの自覚あるから(笑)」

――今回のトーナメントのヤマ場となる試合はどこでしょうか
坂本「初っ端の玉川」
小野尾「コーチたちは筑波って言ってるけど…」
成田「実際玉川大事だよね」
小野尾「そう。最初の入りが悪いと。相手は1試合やってから自分たちとやるけど、明治は初戦なので、そこでどうなるかだよね」
坂本「入りが悪くなって、相手の勢いにそのまま持って行かれると厳しい。入りだね」

――明大は人数が他のチームに比べて少ないです
小野尾「相手は人数いっぱいいるので5人一気に交代してきたり。こっちは人数足りないから体力ないみたいな感じに思われて」
坂本「こっちはフル…」
成田「なんで元気に出てくるんだよって思います」
小野尾「逆にこっちは、ハーハーって疲れてる(笑)」

――トーナメントでもフル出場でしたね
小野尾「私、フル出場するのは初めてだったんです。びっくりしました」
成田「ハーフまではいいんだけど」
小野尾「強いところはやっぱり交代してきてもスタメンと技術とか戦力とかが同じだから、明治も交代してくる選手がスタメンと同じ力を持ってないと、やっていけないかなと。休めさせられないから。引っ込んだと思ったら出てきた人が全然ダメで、またすぐに出ないといけなくなる。もうちょっと安心して休ませられるようにしたいです」

――新人戦に向けての意気込みをお願いします
坂本「自分のプレーを全面に出して、プレーで引っ張っていきたいです」
成田「この新人戦が今後のリーグ戦とかにもつながっていくと思うので、そういうところにも向けて何かしら自分の中でつかめたらいいと思います」
小野尾「私はキャプテンなので、チームが落ち込んでるときに励ますというか『ここやるよ』みたいな感じで声掛けて、チームを引っ張りたいです」

――最後にチームとしての目標をお願いします
3人「玉川勝って、次も勝って筑波を倒す!」

――ありがとうございました

💛小野尾梨紗(おのお・りさ) 文2 昭和学院高出 164p
コートネーム:アコ ポジション:G(ガード) 背番号:13 
💛坂本真祐(さかもと・まゆ) 情コミ2 山村学園高出 170p
コートネーム:イク ポジション:F(フォワード) 背番号:10
💛成田ちはる(なりた・ちはる) 理工2 福島西高出 173p
コートネーム:ルイ(カメ) ポジション:C(センター) 背番号:5


[亀井笙子]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: