検索
 HOME > バスケットボール部

 


Tip Off  ルーキー特集(1)華麗に舞う次世代の司令塔 稲葉窓華  

 
 昨年は創部初の2部上位リーグ昇格をかなえた飛躍のシーズンになった。そして、今年も創部初≠目指す。今年から参入する2部上位リーグは2位以上がインカレ出場権を獲得できる。悲願であるインカレ出場に向け、19人で新シーズンを戦い抜く。本特集はそんな女子バスケットボール部の1年を追い掛ける。

 次に挑むのは1、2年生で臨む新人戦だ。今シーズン初の公式戦、関東大学女子選手権は4回戦敗退で終わったが、下級生が活躍。それを受け、渡辺徹監督も「新人戦では台風の目のような存在になりたい」と意気込む。今回はルーキー特集として、1年生5人の紹介、初戦の前日には2年生の3人対談をお送りする。
 1人目に紹介するのは稲葉窓華(政経1=下妻一)。「今年はつなぎの役割で出られたら」と謙虚な姿勢だが、正ガードである小野尾梨紗(文2=昭和学院)の背中を追い掛け、次世代のチームの要へと成長する。(この取材は5月25日に行われたものです)



――明大を選んだ理由を教えてください
「自分が高校3年生のときに、オープンキャンパスに来て練習を見学させてもらって、すごくいい雰囲気でやってるなと思いました。自分もレベルが高い中でやりたいなと思って入りました」

――バスケを始めたきっかけは何ですか
「お姉ちゃんがいるんですが、その姉の友達がバスケをやってて、その人に誘われて8歳から始めました」

――背番号の16番を選んだ理由を教えてください
「高校の時に同じガードのポジションで、自分の相方みたいな子がいました。その子が16番を着けてて、それで16番にしました」

――高校時代、一番印象に残っている試合はありますか
「インターハイの最後の試合です。自分はあまりファウルしないほうなんですけど、その試合はめっちゃファウルしちゃって、3ピリの5分ぐらいで退場したんです。そこからはずっとベンチから試合見てて、その試合が印象に残ってます」

――ご自身のプレーの持ち味は
「ないです(笑)。全部下手なんで。3Pは人並みに入るかなって感じなんですけど」

――大学でバスケをしていて、自分の中で課題だと感じる部分はありますか
「身長も小さいので、その差をどうやって埋めるかです。あとは、高校でやっていたスピードとか体の大きさのレベルが全然違うので、自分がそこにどうやって追い
次期司令塔の座を狙う
次期司令塔の座を狙う

付くかが課題です」

――小柄な体格で戦う上で、参考にしてる選手はいますか
「2年生の小野尾さんです」

――大学バスケの難しさはどう感じていますか
「私は性格的にあまり前に出ていくタイプではなくて、どっちかと言うと人の後ろに付いていくタイプです。こういう場面でも遠慮しちゃったり、自分の行くべきところでパスを出しちゃったりして、あまり自分を出せてません。先輩たちに比べ、劣ってるって感じるところはあります」

――大学に来てから、高校と変わったと思うところは何かありますか
「高校の時は先生が毎日必ずいて、どんなメニューやるとか、どんな目的があってやるとか、一から十まで先生がやっていくっていう感じでした。でも、明大はコーチが毎日来られないので、先輩たちが考えていて、それも先輩たちに言われてやるだけじゃなくて、それを見て自分で学んだり、この練習はどういう目的でやってるっていうのを考えながらやっているので、すごく考えてるなっていうのは思います」

――目標にしてる選手はいますか
「小野尾さんに憧れてます。試合になると周りに指示出してゲームをつくったり、自分が行くべきところでは点数を取ってくれます。一番はディフェンスがすごく上手なので、そこに憧れてます」

――仲のいい同期は誰ですか
「鷹見柚香(商1=昌平)です。うちに泊まりに来たり、あとは2人でご飯食べに行ったりします」

――かわいがってもらっている先輩はいますか
「キャプテンのケイさん(松本真衣主将・理工4=鵬学園)にかわいがってもらってます。練習中とかもできていないところを指摘してもらえるので、感謝しています」

――今年1年間の目標は何ですか
「今は試合に出られないわけじゃないですけど、先生の選択肢の中のカードの1枚というか、そういう中に自分も入れるようになりたいです」

――新人戦がもうすぐ始まります
「人数が少ないので、出番がいつ来てもいいように準備はしてたいなと思いますし、自分が出たときには先輩後輩関係なく、自分のやるべきことをしっかりやりたいです」

――秋からはリーグ戦も始まりますが
「自分はまだバリバリ試合に出てっていうレベルには達していないので、少しでも先輩が疲れてる時とかに、1分2分とかでも代われる、つなぎとして試合に絡めればいいかなと思います」

――4年間でどんなプレーヤーになっていきたいですか
「4年生になったら、自分が今の小野尾さんみたいに試合中はチームをまとめて、試合をつくれるいいガードになりたいです」

――次の清水智央(商1=昌平)選手の紹介をお願いします
「身長も大きいのに外回りをやっているので、その部分ではディフェンスが届かないところからシュートが打てたり、自分が最後まで持っていくところと、止まってジャンプショット打つところの使い分けがすごく上手な選手です」

――ありがとうございました

💛稲葉窓華(いなば・まどか) 政経1 下妻一高出 162cm
コートネーム:ハナ ポジション:G(ガード) 背番号:16

[織田有衣子]

◆2017年度新入生一覧◆
背番号
名前
CN
出身校
ポジション
#16
稲葉窓華
ハナ
下妻一
G(ガード)
#87
清水智央
ユメ
東京成徳
F(フォワード)
#19
洲崎志織
アン
正智深谷
C(センター)
#25
鷹見柚香
ナミ
昌平
F(フォワード)
#8
吉田南
キイ
三沢商
G(ガード)



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: