検索
 HOME > レスリング部

守りに徹しながらも相手のスキは逃さない

レスリング部  格上破れず8位キープ 下級生の活躍がチームの活性剤に/東日本学生リーグ戦

◆5・17〜19 東日本学生リーグ戦(駒沢体育館)
▼明大――8位

[出場選手]
天野、奥田、二ノ宮、金子、斎藤、佐々木雄、松尾
順位決定戦
 明大1―6国士大〇
57s級●松尾洸希4―10
61s級●天野瑠紀0―11
65s級●斎藤一樹2―2
70s級●金子泰士0―7
74s級●奥田海人0―11
86s級●佐々木雄大0―11
125s級○二ノ宮寛斗5―0

 来年に望みをつなげた。東日本リーグ戦の幕締めとなる大会3日目。順位決定戦の最終戦である国士大戦が行われた。結果は1―6の完敗。勝ち星を挙げたのは二ノ宮寛斗(営2=岐南工)のみとなった。上位校との自力の差を感じながらも、下級生の粘り強い戦いぶりが目立った今季リーグ戦。3年連続の8位と順位こそ上げられなかったものの、チームとして確かな手応えを得た。

 これが明大の真打ちだ。チームカウント0―6と、何とか最後に意地を見せたい場面。登場したのは、ここまで唯一出場試合全てで勝利を収めていた二ノ宮だ。開始40秒、マット際で相手に足をからめると、そのまま倒し2点。早々に先制を決めた。対する内藤(国士大)は得意のタックルを武器に果敢に攻め込んでくる。「JOC杯後から練習してきたディフェンスを試したかった」(二ノ宮)と、組み手を意識し応戦。相手のタックルをことごとく潰し、足を取られながらも点は許さない。ラスト10秒には仕掛けられた技を切り返し、ダメ押しの2点を入れた。最後まで集中力を切らすことなく、5―0。負けられないプレッシャーもありながら、見事チーム唯一の全勝を挙げた。
 下からの突き上げに期待だ。チームカウント7―0で勝利した慶大戦を除く4試合で明大が手にした白星は11。その内下級生が稼いだ勝ちは九つと、若い力が奮闘した。「全員が格上の選手との試合だった中で、最後の1秒までよく粘りを見せてくれた」(多賀恒雄副部長)。大学の看板を背負っての初のリーグ戦で臆することなく戦ったルーキーたち。上級生も負けじと発奮し、チーム全体の底上げを誓う。
 
 進むべき道は見えた。上位校に風穴を開けることは叶わなかったが「上のレベルで戦える階級が増えた」(多賀副部長)。強豪のひしめくリーグ戦を下級生が渡り合えたことも朗報だ。来る6月には明治杯、東日本春季新人戦、東日本学生選手権と3つの大会が待ち構えている。各々が今大会で得た収穫と課題を基に技を磨き、次の大会では少しでも上を目指す。

[谷山美海]

今季もチーム一丸となり高みを目指す"<"align=right
今季もチーム一丸となり高みを目指す


試合後のコメント
多賀副部長

「(3年連続のリーグ戦8位ですが、以前より掲げていた打倒青学大は達成しました)物足りない結果ではあるけど、そういう意味では最低ラインはクリアしました。上の方でも戦える階級が少しずつ出てきましたね。(1年生が忍耐強く勝ちを持ち帰ってくれました)本当に頑張ってくれたよね。1年生はプレッシャーを感じないからのびのびと戦えるっていう環境はあります。青学戦は絶対に勝たなきゃいけないっていうことで、そうもいかないけどね。(二ノ宮が全勝)二ノ宮はもちろんだけど、今回は全体的に下級生が頑張ったって感じだね。3、4年生にはもう少し頑張ってもらいたかった。負け方にしても、団体戦なんだからもう少し食らい付いてほしかった。9ポイント離されたとしても最後の最後まで粘って負けてほしかったね。そうすると、次に回ってくる人の心持ちも違うから。(今回の収穫は)松尾(洸希・営1=岐南工)が使えそうになってきたよね。国士大もリラックスして試合つくれたら良かったんだけど、最後ちょっと焦っちゃったかな。斎藤(一樹・文1=鹿屋中央)もまだ力がないけど、頑張ればって感じだな。後は61、70、74あたり。来年から階級変わるかもしれないしな。61の平嶋(礼智・文3=玉名工)がね、足ケガしちゃったみたいで急遽オーダーを変えたんだけど、あそこの階級は平嶋がいないと代わりがいないから。そこがうちの層の薄さだよね。(今年は4年生が主力ではない)本当は勝てる時っていうのは4年生が活躍してくれるんだよ。今年は4年生が一人もいなくて、3年生も思っていた結果を残せなくて。そんな中で昨年と同じ順位を保てたっていうのは大きいよね。下の7校は打倒・明治≠セからね。青学大戦も苦しい戦いではあったけど、実力的には上がってきたんじゃないかな。(来年は)下級生も順調に伸びてくれたらいいけど、途中でケガをしたりとか、そういうことがないように気を付けないとね。(曽根川(樹・農4=小倉商)がケガで欠場している中で、金子(泰士・営1=館林)が青学大戦で勝利)そこが本当に大きかったよね。結果として本当に大きかった。(下級生の活躍で上が発奮)しなきゃいけないとは言ったんだけどね。その気持ちが長続きすればね。実力のある選手こそ、やってもやっても勝てずに上級生になると勝つ気力が無くなっていくからね。そうじゃないとは常々言っているけど、一生懸命やっていくことが全体の底上げになるから。うちはレギュラーはそこそこ戦えるんだけど、そのレギュラーがケガしたり調子が出なくなった時に誰がカバーするかっていうのが問題だね。層が極めて薄いから。そういう中で、青学戦の金子は本当に良くやったね。(これからチームは)少しでも上を目指します。良い成績を取れるように。当面としては新人戦と東日本学生選手権に向けてだな。後は二ノ宮が国士大戦で内藤っていう選手とやったんだけど、タックルが上手い選手だったから、そこを潰せなければ危ないかもなと。でも、しっかり勝ち切ってくれて。他の選手も、ああいうディフェンス力を高めていかないとね。今まではずっと攻撃力を上げていくって言っていたけど、同時にディフェンス力がないとね。それとグラウンドだな。1年生は筋力がないから。雄大の力の強さは技術ではないけど、あいつはあれで良いんだ。不器用は不器用なりのやり方があるから、プレッシャーをかけて相手のスキを突いて上手く入るっていうレスリングはできている。(来年は)次は東洋大だね。あそこは打倒・明治だから(笑)。下からの突き上げに負けないように、力を付けていきます」

二ノ宮
「(開始40秒で先制)狙っていた技では無かったんですけど、場外際で一つ勝負しようということで技を仕掛けました。(攻められる場面も多かった)最初から組んで勝負していたらもっと楽にいけたと思うんですけど、そうではなくて、組み手でしっかりと勝負しようという意識でした。JOC杯が終わってからディフェンスの練習を多くやってきたので、それを試す場として相手に入られてからのディフェンスを実践しました。タックルをされたことよりもディフェンスで失点しなかったことの方が良かったかなと思います。(残り10秒で2点を追加)相手が攻めてきたのでそれを取りにいった形です。最後まで集中できていたので点をとることができました。(チーム内で唯一全勝)自分はチームの中でも全部勝たなくてはいけない役割なので勝てたことはよかったです。内容面ではまだまだ修正しなくてはいけないことが見つかったのでそこを直していかないといけないなと思います。(課題とは)細かい技術です。試合を録ったビデオを見てもっとこうすれば良かったなと思うことが多かったです。(下級生の粘りについて)正直明大は粘りの部分が足りないと思っているので、下級生にも勝つためには気持ちの部分と練習で最後までやり切るということ、生活面で厳しくすることが大事だということを下級生にも声を掛けていました。自分が思っていた以上に下級生が頑張ってくれました。今年は2位リーグで他校を崩すことはできませんでしたが、残りの2年間でみんながレベルアップすれば上位校とも戦えるということを実感できる大会でした。下級生の頑張りは次に生きてくると思います。(明治杯への意気込み)明治杯は天皇杯と並ぶ日本で一番大きな大会です。自分の中でできることも増えてきましたが、天皇杯はベスト8でしたしもう一つ勝ち切るには上位の選手を倒さなければいけません。残り1カ月表彰台に上がれるように妥協せずに自分に足りてないところを練習していきたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: