検索
 HOME > ソフトテニス部

優勝し笑顔を見せる望月・小谷ペア

ソフトテニス部  望月・小谷ペアが初優勝!中平・米澤ペアは2位/関東学生選手権

◆5・8 関東学生シングルス選手権(白子サニーテニスコート)

▼男子
丸山――2位
立木、中平――3位
米澤、本倉――ベスト8
平井――6回戦敗退
寺尾、金子――3回戦敗退
垣崎、齋藤、水崎、若林、和智――2回戦敗退
坪井、中村、西澤、岩本、丸岡、佐藤――1回戦敗退

▼女子
望月――ベスト8
西永、宮下――6回戦敗退
齊藤、橋――4回戦敗退
小谷、鈴木――3回戦敗退
西本、林――2回戦敗退

◆5・9〜5・10 関東学生選手権(白子サニーテニスコート)

▼男子
中平・米澤ペア――2位
本倉・丸山ペア――ベスト8
立木・平井ペア、丸岡・金子ペア――6回戦敗退

▼女子
望月・小谷ペア――1位
宮下・上田ペア――3位
 2日間にわたって行われた関東学生選手権で、女子ダブルスで望月友美佳(営4=加藤学園)・小谷真由(営3=米子松蔭)ペアが悲願の初優勝を果たした。男子はシングルスで丸山海斗(政経2=上宮)、ダブルスで中平慎吾(農2=尽誠学園)・米澤要(営2=能登)が準優勝し、明大の真の強さを見せつけた。

<男子>
 アジアチャンピオン相手に敗退した。準決勝まで難なく駒を進めた中平・米澤ペアの決勝相手は、昨年11月のアジア選手権大会で優勝した船水・上松(早大)ペア。最初は相手ペアのオーラに圧倒されてミスが重なり第1セットを落とすも、米澤の攻撃を起点にゲームカウント2−2まで追いつく。しかし、反撃はここまで。「自分が上松選手に捕まってしまって、打つところがなくなりミスが増えてしまった」(中平)。昨年のインハイ個人戦で本倉健太郎(農1=岡山理大付)とともに優勝した上松の安定したプレーに翻弄(ほんろう)され、なかなか得点を奪取できない。最後まで流れを変えることができず、ゲームカウント2−5で準優勝となった。
 準決勝まで強敵ペアを倒し、頂点が見えていただけに「悔しい準優勝」(中平)。しかし、チームのエースペアとして確かな成長を遂げている。これから明治を率いる存在となる中平・米澤ペア。この敗戦を糧に、さらなるレベルアップに期待が懸かる。

<女子>
 明大勢53年ぶりとなる関東女王が誕生した。雨が降る中行われた関東学生選手権2日目。望月・小谷ペアは5回戦、準々決勝を勝ちあがり準決勝に進出。準決勝は宮下真緒(法1=文化学園大杉並)・上田理央(政経1=文化学園大杉並)との同校対決となった。望月・小谷ペアは1ゲーム目こそ落としたものの、その後は5ゲームを連取。1―5で勝利し、苦手意識のあるルーキーペア相手に意地を見せつけた。
 苦手な雨にも打ち勝った。迎えた決勝戦の相手は高井・菊池ペア(東女体大)。試合は序盤からゲームを取りあう展開となる。そしてゲームカウント2―2で迎えた第5ゲーム。「小谷に助けられた」(望月)。小谷の技ありのボレーなどで冒頭から3連続得点を挙げ、このゲームを獲得。この試合初めてリードを奪う。続く第6ゲームはジュースに突入。小谷の強烈なスマッシュでアドバンテージを握ると、最後は望月の打球が相手のラケットをはじいた。ゲームカウントを4―2とし大きく優勝に近づく。ジュースで7ゲーム目を落とし、迎えた8ゲーム目。「絶対に決めて優勝してやる」と強い意志で臨んだ。リターンエースで再びジュースに持ち込むと最後は相手のロブがエンドラインを割った。「いつもだったら雨で勝ち切れないけど、こういう状況で勝てたのは成長できたかな」(小谷)。明大女子としては1964年以来となる関東の頂をつかんだ。

 見据えるのは団体での優勝だ。「団体で勝ちたい」(望月)。望月・小谷ペアの優勝を筆頭に個人戦では輝かしい成績を残した今大会。だが、目標としていた団体の王座出場は男女共に逃した。7月の東インカレ、8月のインカレでは団体でも輝かしい成績を残してみせる。

[木村優美・前田拓磨]

選手のコメント
米澤

「準決勝で内本・星野ペア(早大)に勝てたのが嬉しかったです。決勝の相手はアジアチャンピオンだったので、いい試合ができればいいかなと思って臨みました。(準決勝の勝因)自分の後衛が相手の前衛に結構球を持っていって、後衛がしっかり決めてくれたのがよかったと思います。決勝の相手は、とても強かったです。とても風格があったし、一本一本がなかなか決まらなかったです。前半は競っていたんですけど、途中から上松選手が自分の後衛をつぶしにきたというか、相手の前衛がかなりボールを取りにきたのが流れが変わった原因かなと思います」

中平
「優勝したかったので、悔しいです。決勝の相手は強かったです。雨でコンディションの悪い中で、相手の後衛がしっかり球入れるのが上手かったです。最初の方は結構競っていたんですけど、自分が相手の前衛に結構捕まって、打つところが全然なくなってしまってミスが増えてしまいました。相手の前衛が上手かったです。雨だとストロークのラリーはいいんですけど、振られたボールとかロブで交わされたボールとかのときに相手の前衛を気にしてしまってミスしてしまいました」

望月
「小谷に助けられたなという部分が大きくて、自分はつなげることしかできなかったので、小谷のお陰かなと思っています。(優勝が決まった瞬間)その前がずっとジュースで長い展開が多かったので、やっと決まったという安心感の方が大きかったかなと思います。(今日の試合を振り返って)いつもより集中していたというか、一本に対してどん欲にできたかなと思います。(準決勝は後輩との試合だったが)後輩にも頑張って欲しいというのはあるので、もう少しいい試合をしたかったというのはありますけど、次はもう少し後輩に頑張ってもらわないといけない場面が多いと思うので、そこはしっかり声を掛けたいと思います。(優勝が決まった瞬間観客席からしゃぶしゃぶと聞こえたが)齊藤(香純主将・政経4=昭和学園)のお父様が優勝したらしゃぶしゃぶをおごってくれるそうで、今日みんなで食べに行きます。(関東王者としてインカレに臨むが)やはり個人で勝てても個人なので、結局今回リーグで王座を決める試合で何もできなかった自分がいるので、結局個人で勝つよりも最後は団体で勝ちたいと思うので、団体で勝てるようにもっと自分の力を付けることもそうですが、後輩の力もしっかり上げられるようにしていきたいなと思います」

小谷
「優勝して率直に嬉しいです。雨が降っていて球が入らないから不安な気持ちがあったが、何回もマッチ取ってその度にチャンス逃してたから、最後は絶対決めて優勝してやるという気持ちでした。自分たちのペアは雨の中でのプレーがあまり得意じゃなくて、いつもだったら雨で勝ち切れない試合が多いんですけど、今日はそういう状況で勝てたのは成長できたかなと思います。いつも雨だと二人とも球が吹いてしまうのでコートに入らないというのがいつもの展開なんですけど、今日は何本でも続けてやろうって二人で話していてしっかり何本でも返せたのがよかったのかなと思います。(準決勝は同校対決だったが)いつも練習で当たって相性も良くなくて押されていたが、試合では練習で勝てていないけど思い切ってやっていこうと話してそれができたかなと思います。決勝の相手は、強いペアを倒してきていて流れに乗っているペアだったので手強かったです。ゲームカウント2−1から3−1になったときにこのまましっかり自分たちのペースでやっていけば勝てるなって思いました。望月さんは後ろでたくさん走ってくれるし、すごく良い後衛です」

上田
「1年生で初めてのリーグ戦だったので、1年生なので雨が降ってようが二人で向かっていこうと話していました。(リーグ戦ではペアを組まれていなかったが)久しぶりでした。でも高1からずっと組んでいるので、時間が空いてもすぐ息が合います。(準決勝は先輩の望月選手と小谷選手が相手だったが)やりにくいペアなので、前衛の小谷さんも動いてくるし、望月先輩の配球とかスピードもあるので、向かっていこうとは二人で話していましたが、思いっ切りやれなかった部分もありました。(先輩とは何か試合前に話されたのか)特にはなかったです。(3位という結果については)良かったと思います。ベスト4に入れて良かったなと思います。あと来年からもまたあるので、今年のベスト4を上回れる成績が出るように頑張ります。(インカレにむけて)明治はインカレ優勝をまだしたことがないので、それに貢献できるように自分たちからインカレ優勝を取っていきたいです。個人でも1年生らしく優勝を狙っていきたいです」

宮下
「負けた試合は残りの2試合と違ってミスが先に出てしまったので、勝てなかったなと思いました。(先輩との準決勝はどうだったか)後輩なのに向かっていけなかったなと思いました。(3位という結果については)来年頑張ります。(インカレに向けて)リーグの反省を生かして日本一を獲ります」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: