検索
 HOME > バドミントン部

次戦での活躍を誓った小笠

バドミントン部  男女ともに連敗スタート 春リーグ前半戦終了/関東大学春季リーグ戦

◆4・29〜5・7 関東大学春季リーグ戦(葛飾区水元総合スポーツセンター他)

[1日目]
▼男子(1部リーグ)
 明大2―3中大○
 澁谷●1―2五十嵐
 小笠●0―2大関
 武石・西谷組○2―0西方・森岡組
 酒井・仁平組○2―0川端・大関組
 丸山●0―2前田

▼女子(1部リーグ)
 明大1―4法大○
 西口●1―2勝俣
 十河●1―2伊藤
 瀬川・村上組○2―0宮浦・勝俣組
 上杉・鈴木組●0―2伊藤・清水組
 後藤●0―2前田

[2日目]
 ▼男子(1部リーグ)
 明大2―3日大○
 小笠●0―2小倉
 澁谷●0―2猪熊
 武石・西谷組○2―0高橋・緒方組
 酒井・仁平組○2―0三橋・小倉組
 大平●0―2原口

 ▼女子(1部リーグ)
 明大1―4筑波大○
 西口●0―2香山
 十河●0―2安田
 仁平・鈴木組●0―2加藤・柏原組
 瀬川・村上組●1―2安田・香山組
 後藤○2―1山中
 男女ともに敗戦が続いている。2日目、男子は昨年度の春王者・日大と対戦。第1シングルスに出場した小笠裕貴主将(政経4=名経大市邨)がストレート負けすると続く第2シングルスも悪い流れを断ち切れず落としてしまう。ダブルスは2組ともストレート勝ちと健闘したものの、第3シングルスで勝ち切れず惜しくも敗戦となった。女子は春秋1部リーグ1位の筑波大と対戦。高い実力になすすべがなく、第3シングルスの後藤にこ(文4=聖ウルスラ学院英智)を除き全てで敗北。男女ともに昨季王者の洗礼を受ける結果に終わった。


[男子]
 接戦を繰り広げるも勝ち切れなかった。シングルスとダブルスでポイントを取り合い、チームカウント2―2。勝敗を分ける第3シングルスで出場したのは今回が初試合の大平洸輝(政経1=埼玉栄)。かなりの重圧の中、「経験の差が出た」。相手が上級生に対し大平は1年生。迫る勝利への焦りからか動きが硬くなり12―20と大差で1ゲーム目を献上。続く2ゲーム目。10―11でインターバルを落とすと、小笠から「自信を持て」。この励ましで、気持ちを切り替えると、後半は落ち着きつつも積極的に点を決め、18―20まで追い上げを見せた。チームの応援を胸に「攻めまくった」が的確にスキをつく相手に善戦むなしく惜敗した。この瞬間、チームの敗北が決定。大平は「悔しいというより情けない」と大一番で勝利を挙げられなかったことに肩を落とした。
 チームは2連敗もダブルス陣は好調だ。日大戦、第1ダブルスには武石優斗(商3=札幌第一)・西谷春樹(政経3=青森山田)組が出場。0―2と後がなく緊張感が漂っていたが、「慣れていた」(武石)。昨年度から同じような試合展開をこなしており、その経験から雰囲気にのまれることなく、いつも通り息の合ったプレーで悪い流れを断ち切り、21―18、21―15と快勝した。続く第2ダブルスには酒井健登(政経2=埼玉栄)・仁平澄也(政経1=埼玉栄)組が出場。序盤こそ10―11とインターバルを取られたものの、ともに前へ行くというプレースタイルが機能しすぐに逆転。後半に決まったスマッシュで流れを引き寄せ、接戦の末勝ち切った。組んでからまだ3カ月。新たなエースコンビの誕生を予感させた。両日ともにストレート勝ちのダブルス陣。好調をキープしつつ次戦に臨む。

[女子]
 実力の差を痛感させられた。インカレ女子団体3連覇中の強豪・筑波大を相手に迎えた2日目。第1シングルスの西口涼子(農2=埼玉栄)は、第1ゲーム序盤から互角の戦いぶりを見せたが「勝とうという気持ちが先走ってしまった」(西口)。焦りから本来の落ち着いたプレーを見失い、インターバル前後で5連続失点を許す。これが終盤に響き、このゲームを17―21で落とした。続く第2ゲームでは積極的にラリー戦に持ち込み、後半には6点差を一気に詰め寄る執念の追い上げを見せた。だが、相手の強烈なストレートスマッシュにうまく対応し切れないまま19―21で惜しくも届かず敗北。「任せてもらった以上、トップシングルスでいい流れをつくりたかった」(西口)と初日からの連敗に悔しさをにじませた。第2シングルスも落とし、チームカウント0―2と後がない中で迎えた第1ダブルスには鈴木成美(商1=埼玉栄)・仁平明花(文2=冨岡)組。随所で息の合ったコンビネーションを見せ18―21、17―21と必死に食らい付いたが、ここでもわずかに一歩及ばず。この時点で2日連続の敗戦が確定した。
 4年生が意地を見せた。チームの負けが確定した中、第2ダブルスに登場した瀬川・村上組。1ゲーム目を落として迎えた第2ゲームでは、マッチポイントを先取。しかしここから取っては取られの拮抗(きっこう)した展開が続き、なかなか決め切れない。幾度となく体勢を崩し苦しい状況に追い込まれたが、最後は瀬川が渾身(こんしん)の強力スマッシュ。十度にも及ぶジュースを制し、第3ゲームへつなげた。勝利には及ばなかったものの「4年生になって責任感をすごく感じている」(村上)という言葉通り、最上級生としての威厳を背中で示した。さらに、最後を任された第3シングルスの後藤は1セットを先取し、臨んだ第2ゲーム。疲れからかミスショットが目立ち、14―21でこのセットを奪われてしまう。しかし、さすがは経験豊富な試合巧者。最終セットでもう一段階ギアを上げ、22―20で勝利をもぎ取った。一矢報いた後藤の勝利は、シングルス陣にとっても貴重な白星となった。

 男女ともに勝ち星が挙げられないまま、リーグ前半戦が終了した。敗因はシングルスの不振と課題は明確。このままでは優勝争いに加わるどころか、入替戦までもつれ込む可能性も考えられる。強豪ぞろいの1部リーグでいかに自分たちのプレーを発揮できるかが、今後の結果を左右する。「一人一人がチームの柱」(小笠)。サポートに回る部員も一丸となって、残りの3戦を戦い抜く。

[上代梨加・桐山雄希]

試合後のコメント
[1日目]
小笠

「とにかく楽しんで勝ち負けの前に楽しむことが一番だということを試合前に伝えました。(チームは)温度差があったかなというのはありました。勝ちに対してもう少しどん欲に一人一人がなるべきじゃないかなと思います。(チームの雰囲気は)最初は良かったです。(1年生の仁平が活躍)さすがだなと思いました。気負いしてなかったので。(第3シングルスの丸山(優斗・商2=聖ウルスラ学院英智))練習でも勝っていて実力も上げてきたので起用しました。(次戦への意気込み)日大はスキがない相手ではないのでチャンスは少ないかもしれないですけど、それをものにして必ず勝ちに行きます」

仁平
「1ー2の中で回ってきて相手が去年のインカレ2位の相手でした。でも逆に相手が強かったからなにもビビることなく気楽にできたので自分のプレーを出せたのかなと思います。(緊張とか)試合入るまではあったのですが入ってからはそれよりいま自分ができることをやろうというのを第1に考えてやっていました。(相手の印象)強い相手でしたが自分たちのプレーを出せればそういう人達にも勝ったりとか良い試合ができるのだなと手応えはありました。(酒井と組んで)3月の初めの春合宿から一緒に練習しました。酒井さんも積極的に前に入ってくれるし自分も前に行ってお互いカバーしあえます。全然組みにくいとかはありません。ただ、練習中でも一回流れが悪くなるとずっとその流れでいってしまい今日の1セット目みたいに逆転とかされてしまいます。もうちょっと2、3点取られた時に二人で話し合って流れ止められたらなと思います。(今後のポジション)まだわからないのですが、自分的にはシングルスもやりたいと思っています。第2ダブルスに採用されたとも特に何も言われてはいません。明治の今年の課題は自分たちの力を出し切るだったので、ダブルスの力が均衡している分、力を出しました。今日勝てたのは自信になりましたので明日も頑張ります」

瀬川
「個人としてはインカレのリベンジを果たせたので良かったんですけど、チームとして結果が出ないと団体戦は意味がありません。チームとして危機感が足りなかったと思うし、危機感をしっかり下級生に伝えられてなかった上級生の責任だとあります明日は気持ちを切り替えてもう少しチーム全体で危機感を感じつつやっていきたいです。(インカレの団体戦では勝てた相手)インカレでは第1、2シングルスがしっかり勝ててその流れで自分たちも勝てたので、今日は逆にシングルスが2つとも負けてしまう状況でした。自分たちは勝てたんですけど、その後も負けられない状況は変わらない中、第2ダブルスの子達がプレーするのは気持ち的に苦しかった部分があると思います。やはり最初の2つで取っておきたかったです。(試合前の雰囲気)私から見たチームの雰囲気は今まで優勝を目指してやってきているつもりだったので、そこでキャプテンとして見落としていた部分があったと思います。(一方で個人としてはインカレ優勝ペアに勝利)チームが負けてしまったので全然うれしくないんです。でも、インカレの個人戦では相手に攻められて、私と村上のダブルスの形がうまくできませんでした。その後のユニバーシアードの選考会でも2回あのペアと戦ったんですけど、2回とも相手に良いようにやられて負けました。それでユニバーシアードの代表にも選ばれなくて、そこからどう自分たちの形を出すか話し合ってきました。あのペアはとても実力があるので、ドライブとか低い展開で力んで打ち合いになることが敗因でした。でも、今日は村上が低い展開になった時も、相手のいないところに落ち着いて打ってくれたので、相手を崩して球を上げさせて私がしっかり決める二人の形ができてきました。二人がやってきたことが結果として出せて良かったです。でも、相手が私たちがやっていることに戦い方を変えてこないで悪い流れのままやっていたので、次戦う相手が途中で戦い形を変えた時に自分たちがどう対応するかが肝になってくると思います。(筑波戦に向けて)筑波は優勝候補だと思いますが、しっかり食いついていけばまだ優勝は消えないと思います。しっかり勝ち切っていきたいです。(前半戦が法政大、筑波大と強豪)前半が勝負なところはあると思います。今日は1ー4で負けてしまいましたが、明日からは逆にそれだけ相手に差をつけて勝たないと厳しいとみんな分かっていると思います。自分たちに後輩がどれだけ付いてきてくれるかだと思いますので、しっかり引っ張っていきたいです」

村上
「自分たちの組んだオーダーが、今の明大のシングル・ダブルスの順位で戦ったんですけど、その結果法政大に1勝4敗で。やっぱり勝ちにいってたので、ファイナルとか惜しい試合もあったんですけど優勝目指してたので、もっと気合いと気持ちで勝ち取ってほしかったです。最高の形っていうのは、2つのシングルス勝って回ってくることだとは思うんですけど、あんまり自分たちが負けたら3ー0になって負けだとかいう気持ちはなくて、重くない状態で試合に入れました。(相手ペアはインカレ決勝で負けた二人)宮浦が高校の同期の一人。絶対負けたくなかったです。インカレ個人戦の決勝の時よりも、自分たちらしいプレーができたと思います。勝ちたいという気持ちと、団体戦なので周りにチームメイトがいて応援してくれて、その力もあって相手もやられていったのかなと。私たちは右利きと左利きのペアで、そういうペアってあんまりいなくて。左利きをどう生かすかっていうのを考えて練習してきて、お互いがフォアになるようにうまく排気をできました。自分が前衛で後ろからスマッシュ打って、ストレートに返ってきたのをまた自分がしっかり前で止めるっていうのが決まりになってるので、それがうまく相手を崩せているんじゃないかなと思います。明日はリーグ優勝の筑波とやるので、もう優勝は無理なんですけど一試合一試合みんなで勝ちに行きたいです。出てる人出てない人関係なくベンチの人も応援を全力でして、出てる人は出てない人の分まで責任持って勝ちに行く。1年生からリーグ出てるんですけど、4年生のこの最後になって責任感というか、勝つことの大事さが今すごく感じてるのでその気持ちを持って最終日まで頑張りたいです」

[2日目]
小笠

「今日1シンで出たのは相手に対しての自分の相性の良さなどを考えてです。確かに相手は昨日も勝ってて勢いのある選手だったのですが、勝てた内容だったなと思います。インターバル取ってから相手が自分のプレーに慣れてきてしまい対応できませんでした。流れが変わっちゃいました。(相手は春王者日大だが)自分は全然大差はないと思っていて付け入るスキはあったのかなと思っています。ただ結果が出てしまったので自分が劣っていましたね。(3シンに大平)正直、そこまでに勝利を決めようと思っていました。しっかり経験積ませて伸び伸びやってもらおうと思っていたのですが2ー2で回してしまい一番上の俺が悪いです。キャプテンですししっかり取れなかったというのは俺のせいです。大平はラリーとかになると押していていいもの持っています。相手も昔から出ている選手でキャリアも向こうの方があったが引けを取らないショットやラリー力はあったので好印象です。ネット前での主導権は完全に握っているのでしっかりそこから相手を崩したりとかできています。逆に後ろが雑になっていたので普段のレパートリーを出せば問題ないと思います。(シングルスで勝てない)勝たなきゃいけないですね。ダブルスとシングルスを比較するのは良くないが競っている場面でダブルス陣の方が気持ち楽にやっているかな伸び伸びやっているかなと思います。シングルス陣は試合の入りだったりプレッシャーを感じ過ぎたりしてコートを広く使えないというのが最後の1点に繋がりません。ここで落ち込んでも始まらないしいいパフォーマンスもできません。修正できるところは修正して気を楽にやりたいです。(チーム全体をみて)どこの大学も大差はないと思うのであと一つです。力の差はないが勝ち切る事ができないのが明治の弱さかなと思います。シングルスが敗因ですね。チーム一丸となってできることがあると思うので応援にしろサポートにしろ一つにしてやれば勝てると思います。応援は日大と比べて人数が少なく厳しいですが、逆に少数だからこそ団結力が高まると思うのでそういうところで勝負していかないとと思います。一人一人が柱なので勝ちに行きます」

武石
「0ー2の中回ってきたが去年とかも自分たちが負けてしまったら試合が終わってしまうというような展開が多かったので、それには慣れてました。去年は秋とか1勝しかできなかったのですが出れて経験つめた分、場になれてすごく自分のプレーをできたので維持していきたいです。この連戦で自身はつきました。(1ダブ)高野・宮嶋組が絶対的な存在でそれになれるとはおもってはいないのですが、自分たちが取れるところは取って行きます」

大平
「初試合というのもあったのですが先輩達が2対2で回してくれて自分の全力を出して勝ちたいなという気持ちで臨みました。(試合)1年生なので向かっていく気持ちで行ったが勝ちたいという気持ちが動きを固くしてしまったかなという感じです。プレースタイルはネット前を早く打って相手を崩してから攻めるというものですが、主導権を握ろうとしすぎて常に攻める形にやってしまいました。いつもみたいに相手を崩す前に攻めてしまったのが良くなかったです。(試合展開)1セット目は取られてもしょうがないと思っていてリーグの雰囲気とかに慣れるためにラリーしたりいろんなことしました。主将にも『ネット前はお前の方が有利だから自信持っていっていい』などと励ましの言葉を受けて落ち着けました。たた最後は20点取られてしまって4点差でした。攻めまくって追いつけたらいいし負けちゃったらしょうがないかなという感じです。自分にプレッシャーをかけないようにしていました。(試合を終えて)悔しいという気持ちが強いが、先輩達がせっかく繋いでくれたのに勝つことができなくて情けないという気持ちがでかいです。相手は4年生で第3シングルスの経験もあるらしく経験の差があったのかなと思います。自分の攻めが短調で相手にそれを利用されました。自分がネット前早くつめたら早く後ろに上げられたりなどです」

西口
「昨日負けたことで、今日は勝とうという気持ちが先走ってしまいました。1ゲーム目は自分のプレーを出せないまま焦って終わってしまいました。2ゲーム目からは、まず勝つことよりも自分のプレーを優先していこうという考えに変えたことで、19点で負けはしたんですけどそこまで点差を広げられずにいけたかなと。相手は1年生で、もの凄く強いというわけでもなかったはずなんです。でもバウンドからのストレートスマッシュでとても良い球を持っていて、ラウンド側に追い込まれてもリバースカットが綺麗に入る選手でそこを拾い切れなかったのが、負けた原因だと思います。クリアの高さが良くないのでそこを修正していけばいいのではというアドバイスを先輩方からもらいました。任せてもらった以上、トップシングルスで流れをつくりたいと思っていたんですけど、2日間負けてしまってとても悔しいです。自分では緊張しているつもりはないんですけど、心のどこかで勝たなきゃっていう一人で勝手にプレッシャーをつくっている部分があるので、そこは空きの2日間で気持ちをクリアにして、残り3戦頑張っていきたいです。シングル陣が別に力がないわけではないんですけど、そこでいい試合をして勝ち切れないのはやっぱり気持ちの問題なのではないかと。まず、攻め急いで負けているのが今の現状なので、まず練習でラリーを重ねて、長い時間コートで戦い抜くことを意識していきたいです。OBの方々から言われたように、学生がやる試合は気持ちが強い方が勝つと思ってます。自分たちのプレーをそれぞれが出し切れば負ける相手ではないと思うので、いかに相手より気持ちを強く持って、我慢して試合ができるかが勝敗を分けるカギになると思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: