検索
 HOME > 水泳部

掲示板に表示された結果を見つめる川ア

水泳部  男子50m自由形で川アが表彰台を逃す/日本選手権

◆4・13〜16 第93回日本選手権兼第17回世界選手権代表選手選考会兼第29回ユニバーシアード代表選手選考会(日本ガイシアリーナ)

[4日目]
▼男子50m自由形
5位 川ア 22秒59
▼男子800m自由形
6位 仲家 8分2秒15
▼男子100mバタフライ
8位 矢島 53秒00
▼女子200m背泳ぎ
7位 湯原 2分12秒02
 世界選手権代表の選考会も兼ねた今大会がついに最終日を迎えた。4日目には50m自由形に出場した川ア駿(商4=市立船橋)が日本選手権で初の決勝進出。3位以内を目指すも5位という結果に終わった。他に3種目で入賞を果たすも、表彰台に上る者は現れず最終日を終えることとなった。

 あと一歩及ばなかった。昨年から急成長を遂げる川アが得意の50m自由形に出場し、予選を22秒58の4位で突破。初めての日本選手権決勝で狙うは「3位以内目標でタイムは22秒22」。決勝にはリオデジャネイロ五輪の同種目出場者の塩浦、中村(ともにイトマン東進)とそうそうたるメンバーが出場となった。スタートで少し出遅れるも後半に追い上げを見せる。だがゴールタッチし掲示板に表示されたのは22秒59の5位の文字。表彰台にも目標としていたインターナショナルCのタイム22秒22にも届かなかった。
 大会直前になった調子を維持できなくなったことが敗因となった。待ち遠しかった日本選手権は「ただの実力不足」と無念の結果に。それでも冬場にはトップレベルの選手が参加する自由形合宿に参加し海外でのレース経験も積んだ。その成果として調子の悪い中でも自己ベストの22秒33に近いタイムを予選と決勝で出す安定感を得た。次にはジャパンオープン、そして川アにとって最後のインカレが待ち受けている。今回50m自由形決勝に出場した大学生は川アと中尾(岡山大)のみ。その中尾は今回3位で表彰台に上った。インカレでは「あいつをぶっ倒して優勝したい」とすでに前を向き、ラストイヤーへの気合いは十分だ。

 今大会では明大から個人種目で世界選手権に進む者は現れなかったが、4人が銅メダル獲得という結果を残した。また100m、200m自由形で3位だった松元克央(政経3=千葉商科大付)は世界選手権400mフリーリレー、800mフリーリレーの代表が射程圏内。その一方で、自由形で上位入賞が期待された吉田冬優(政経2=淑徳巣鴨)、丸山徹(営4=春日部共栄)や、2年前の同大会で100mバタフライ準優勝だった細田梨乃(情コミ4=湘南工大付)らは調子を合わせられなかった。特に女子勢は振るわない結果が多かったが、ルーキー・湯原利佳(政経1=渋谷幕張)が200m背泳ぎで決勝に進出を果たし、女子を引っ張っていく存在となりそうだ。また今大会で17人が自己ベストを更新。そのうち10人が寮生という今後への期待が持てる結果で、4日間続いた今大会が幕を閉じることとなった。

[村田萌衣子]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: