検索
 HOME > サッカー部



一進  (3)栗田大輔監督インタビュー  

 見据えるのは3冠だけだ。昨季は2部降格もささやかれる「谷底世代」と呼ばれていた中、創部初の総理大臣杯優勝を達成。関東大学リーグ戦では4節を残す史上最速優勝で2冠を果たした。インカレではまさかのベスト8に終わるも、7人のプロ入りを輩出。下馬評を覆す圧倒的な強さと成績を誇った。
 今季の目標は昨季を超えること。そんな思いを込めて、チームスローガンは「一進」に定めた。昨年とあえて同音にし、原点に一度立ち返り一人一人が成長してチームの成長につなげるという意味だ。新主将にはエースストライカーである木戸皓貴(文4=東福岡)が就任。また、新たに鈴木啓太アドバイザーをはじめとする4人のスタッフを迎え入れた。「いい部分は残してプラスアルファで上積みしていかないと3冠には届かない」(木戸)。周囲から優勝校として見られる中で、悲願の3冠を成し遂げられるか。本特集はそんなサッカー部の1年を追い続ける。
 4月15日に迫った関東リーグ開幕。4月10日から、13日まで2人の副将対談、主将インタビュー、監督インタビュー、アドバイザーインタビューをお届けします。リーグ開幕前日である4月14日には瓦版を更新する予定です。
 第3回は栗田大輔監督のインタビューです。



――プレシーズンのチームの状況はいかがでしたか
「単純に昨年優勝していて2冠取ってるから、選手は3冠3冠って言うんだけども、簡単に3冠なんか取れないし、もっと言えば1冠なんて簡単に取れないんですね。でもたまたま昨年優勝したから、今年の4年生は自分たちも優勝できるんだというすごく強い気持ちで入っています。だけどやっぱり今までの流れからすればそんなに優勝はできないかな。一つの優勝なんて簡単に取れないんだよ。だからそういう意味では今年は絶対にうまくいかないんだと。でも選手はうまくいきたい、頑張りたいと思ってるので、じゃあわざと変な言い方ですけど悩ませて自分たち「ほら強くないでしょ」っていうのを分かった上でそこからチームを築き出すと、もともと力はあるので強くなるのかなと。そういう意味もあってシステム変えたり新しいものに挑戦したりして、わざと課題を見つけにいって、そこから自分たちでそれを克服していくということを繰り返しますと、チームはやっぱり成長するので。はじめからなんとなく良いままリーグ戦とか公式戦に入っていくと、きっと足元すくわれた時に立ち戻れなかったり、悪い時に修正できなくなっちゃうんで、そこらへんは想像しています」

――チームを悩ませて成長させるとのことですが、どういった課題をチームに与えましたか
「単純にシステムを4―3―3にしています」

――システムを4―3―3にして見えた課題はありますか
「まず守備の行き方とか立ち方とかも当然変わってくるので、今までの4―4―2だとすごく規律があってすごく守りやすいんですけど、4―3―3だとどっから行くんだとかどうやられるんだってところが浮き彫りになってきます。だからそれが練習試合の中で失点につながったり思うように結果が出なかったりっていうところで単純に課題が見えてきました」

――今年のチームカラーは何でしょうか
「4年生がきちっとしてる学年だなと。やっぱりきちっとしてるが故に、うまくいってる時はいいですけど、うまくいかなくなった時に悩んじゃうかなと、みんな真面目なので。そこを自分たちでもっと解決できるようになってほしいのが1つ。あとカラー的にはうまい選手が多いのでそれだけに今度はタフさだったり泥臭さだったり荒々しさだったり、そういうものが足りないです。そういうところが身に付いてくるとすごく強いチームになるかなと思います」

――システムを4―3―3にしたことでどんなサッカーを目指していらっしゃいますか
「明治は良い守備から良い攻撃へっていうのと三原則っていう基本の個人的なスキルがあるんだけども、攻撃に入ったときにパスコースをいっぱい増やしたいっていうのはあります。あとやっぱりそういう選手が多いので、やっぱりそこらへんの利点を生かすこと、あとサイドにアタッカーってウイングで突破できる選手が櫻井敬基(政経4=藤枝東)と渡辺悠雅(営3=横河武蔵野FC)とかそういう選手がいるのでそこも生きてくるかな。あと攻撃のところももうちょっと面白くしたいなっていうところがあって4―3―3にしています」

――昨シーズン2冠、今年はどういうシーズンにしたいとお考えですか
「さっきも言ったんだけど、今年強くないんですよ。だからやっぱりそこを勘違いしないようにしなきゃいけないっていうのが一番初め。一戦一戦を本当に泥臭く強くなっていかないと。今年の選手はうまいんですけど、やっぱり強さとか重さとかそれはチームもそうだしチームを作り上げてる個人個人に重さがにじみ出てこないと絶対勝てません。そこを1年間かけて追求していきたいです」

――重さというのはどういったものですか
「重さっていうのは責任感とか重圧とか、人間から醸し出される空気ってありますよね。やっぱりそこがまだまだ足りないので、そういう部分を一人一人が日々のトレーニングや生活の中で身に付けてくると、自然と明治のユニホームを着る責任感とかチームを代表して試合に出るという責任感がにじみ出てきます。そうすることで、うまさプラス強さが出てきて、面白いサッカーができるかなと思います」

――結果的に2冠を達成した昨年のこの時期は、重さや強さがにじみ出ていましたか
「昨年はもっと弱いんで、2部に落ちないように頑張ろうというところをみんなが自分たちで認識していました。今年は昨年優勝できたから今年優勝できる、そして頑張ろうと思ってるからそこの入り口が全然違います。でも同じなんですよね。だからそこの価値観をもう一回戻さないと、周りも強いしうまいんで勝ち切れないと思います」

――木戸主将に期待することは何ですか
「得点とキャプテンシーですかね。あとやっぱり絶対的な大学界のエースになってほしいなと思っています」

――木戸主将には背中で引っ張ってほしいっていう思いがありますか
「いや、背中というより単純に1プレイヤーとして突き抜けてほしいなと、キャプテン云々じゃなくて。1プレイヤーとして突き抜けるフォワードになってほしいなというのがまず第一にあって。あとは彼は優しい男なので、そこの厳しさとかチームを引っ張る表現力ができると面白いかなと」

明大では監督3年目となる
明大では監督3年目となる
――プレシーズン通して、現在のチーム状況はいかがですか
「その完成形がどのような姿かわからないですけど、毎日毎日選手たちが充実して、成長したなとか上手くなったという繰り返しができていれば、今のままで良いと思います。でもそこで本人たちが消化不良だったり、余力を残しているような毎日を過ごしているようであれば、きっと今のままではいけないかなと思います」

――今年のチーム内の競争はありますか
「どこもポジション争いは激しいですし、今、現在も全員がやっぱり競争してますし、誰がレギュラーとかというのはほぼないんじゃないかと思ってます」

――今年期待している選手はいらっしゃいますか
「期待というよりは、全日本とユニバーシアードがあるので、そういう意味では柴戸海(政経4=市立船橋)はおととしも昨年もほとんど出ていて今年は最後の年なのでさらに上を目指してほしいなと思います。岩武克弥(政経3=大分トリニータU18)はレベルが上がってきているなという印象があるので、さらに目標を高く持ってやってほしいです。あとは、鳥海晃司(商4=ジェフユナイテッド千葉U―18)は経験が積まれてきて最終学年に入っているので、それこそ昨年の小出悠太選手(平29政経卒=現ヴァンフォーレ甲府)とか河面旺成選手(平29政経卒=現大宮アルディージャ)みたいな強烈なインパクトのあるDFにもう一歩成長できるチャンスだと思っています。あとは、FWで木戸とか土居柊太(政経4=浜松開誠館)はやっぱりずっと1年生の頃からやってるし、注目してます」

――チーム全体として注目すべきところはどこでしょうか
「やっぱり攻撃です。守備というのをベースに明治がつくり上げてきた三原則というのを忘れないで、そこを追求しながらも面白いサッカーをやりたいなと思っています。ただ面白さだけではなくて、ゴールを決めることに本質を置くサッカーで、迫力のあるサッカーというのを。攻守において「迫力」というのを今年は掲げています。昨年とやることは変わらないです。良い守備から良い攻撃、あとは、ハイプレス・ショートカウンター。そういう根本的なところは同じなんだけど、良い攻撃のところが昨年までは個人に頼っていたり、勢いだったりというところがあったんですけど、今年はそこをもう一個ひもといて、育てていきたいです」

――正式に監督になられて3年目ですが、どんなシーズンにしたいとお考えですか
「やっぱり勝ちたいですね、単純に。毎年、何らか一つはタイトル取ってるし、昨年も勝つという経験を通して選手も成長できているので。そういう意味ではまず選手が成長できる環境、チームをつくるというのが一番僕がやらないといけないところです。その前提として、勝っていかないと自信はみなぎってこないので、勝ちながら成長するということを追求していきたいです」

――鈴木啓太さんをはじめ、新しいスタッフを迎えた意図を教えてください
「一つは昨年まで長年務めていた三浦佑介コーチが東農大の監督としてオファーをもらって、大学としてうちの部として選手も成長するんだけど、やっぱりスタッフも成長してほしいなと。彼も10年ちょっと明治の変革期から始まって明治で成長してきたので、結果として監督になるというのは通してあげたかったんです。いざ三浦コーチがいなくなった時期が1月の頭で、そういう意味では1カ月で新しい体制を作らないといけないと思った時に、考えて、近藤慎吾コーチはOB、そして長友佑都選手(平21政経卒=現インテル・ミラノ)のマネージャーなので、そういう意味では長友選手の今を知ってるし、明治が何をしたら強くなったかという変革期を選手として知っているので、そういう意味でOBとしていろいろな力になってほしいなと。鈴木啓太については彼はもちろん世界を知ってるし、プロとしても経験もあって、あと人間性が素晴らしい方だと思っているので、その経験をサッカーの質とかうちの学生ももちろん人間性を追求してるのが明治のサッカー部なんだけど、その前提にはサッカーが好きで、サッカーでプロになりたい上手くなりたいという気持ちを持って明治に来ています。そこに応えられる人物がいるだけでも全然違うので、そういったいろいろな人間を配置することによって、選手が成長できる環境をつくり出すというのが今年の狙いです」

――今年の目標は何ですか
「勝つことです。全てにおいて勝つことです。勝ちながら成長することです」

――ありがとうございました

第4回は今年アドバイザーに就任された鈴木啓太さんのインタビューをお届けします。更新は明日、4月13日予定です。
お楽しみに!

[亀井笙子]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: