検索
 HOME > サッカー部

 


一進  (2)主将インタビュー  

 見据えるのは3冠だけだ。昨季は2部降格もささやかれる「谷底世代」と呼ばれていた中、創部初の総理大臣杯優勝を達成。関東大学リーグ戦では4節を残す史上最速優勝で2冠を果たした。インカレではまさかのベスト8に終わるも、7人のプロ入りを輩出。下馬評を覆す圧倒的な強さと成績を誇った。
 今季の目標は昨季を超えること。そんな思いを込めて、チームスローガンは「一進」に定めた。昨年とあえて同音にし、原点に一度立ち返り一人一人が成長してチームの成長につなげるという意味だ。新主将にはエースストライカーである木戸皓貴(文4=東福岡)が就任。また、新たに鈴木啓太アドバイザーをはじめとする4人のスタッフを迎え入れた。「いい部分は残してプラスアルファで上積みしていかないと3冠には届かない」(木戸)。周囲から優勝校として見られる中で、悲願の3冠を成し遂げられるか。本特集はそんなサッカー部の1年を追い続ける。
 4月15日に迫った関東リーグ開幕。4月10日から、13日まで2人の副将対談、主将インタビュー、監督インタビュー、アドバイザーインタビューをお届けします。リーグ開幕前日である4月14日には瓦版を更新する予定です。
 第2回は今年1年間チームを引っ張る木戸皓貴主将(文4=東福岡)のインタビューです。



――昨シーズン振り返っていかかでしたか。
木戸 4年生中心にすごくまとまりのあるチームだったんじゃないかなという印象です。誰かのために、出てる人も出てない人も与えられた役割を全うできたことが2冠につながったんじゃないかなと思います。

――周りから見られているという印象はありますか。
木戸 注目はされていると思うんですけど、そういうは一回忘れて、今年は今年っていう気持ちでいかないと痛い目を見ると思うし、本当に危機感を持ってチャレンジャーっていうところから入らないといけないと思います。危機感を一人一人が持たないと昨年以上の結果は残せないので、この時期から危機感を一人一人に持たせるように、4年生中心に下の学年に投げ掛けています。そういう姿勢を年間で通してしっかりやれば結果は付いてくると思うんで。先に結果を見過ぎていたら、足元をすくわれると思います。昨シーズンを経験している2、3、4年生の経験を生かせれば、もっといい結果につながるんじゃないかなと思います。

――個人として昨シーズンはいかかでしたか。
木戸 個人的には悔しいシーズンだったんですけど、それ以上にチームがああやって結果を残してくれて、自分自身もリーグ戦に絡めたり得点もできたのでそこはポジティブに捉えます。昨年はサッカーができない中でいかにチームに貢献するかっていうのを考えながら生活していました。最後の年になるので、ケガをしないこと、シーズン通してサッカーやることと、最後に笑って終えられるように。この時期きついですけど仲間を信じてやります。

――ケガの状況はいかかですか。
木戸 順調です。焦らずに、次ケガやったら終わりという気持ちでリハビリやっているので、トレーナーだったりスタッフ、同期、後輩の力がなかったらたぶんここまで来られていないです。今はしっかりやるべきことやっています。練習期間を長めにとって、リーグ3、4戦目に出れたらいいな。


エースストライカーの木戸
エースストライカーの木戸


――主将になった経緯を教えてください。
木戸 個人的にリーダーシップを執りたいタイプ。高校時代には副キャプテンをやってました。明治大学という素晴らしい環境の中で、引っ張っていくというかそういう自覚を持つことでもっと成長できると思うし、自分自身ケガとか苦しい思いをしてきたので、最後の年は苦しい思いをした人が発信できたらチームとしてもまとまると思う。3年生くらいに自覚を持ち始めて、自分が引っ張らないとという気持ちが生まれて。それが一番大きい。

――投票でも信頼が厚かったとお聞きしました。
木戸 学年ミーティングがあって、2年生くらいからそのミーティングの中心になってました。自分自身、ピッチ内でも発信できるタイプなので、そういうのも多分みんな分かってくれていたと思います。そういう信頼があると自信にもつながるし、全員に信頼されるように厳しいことを追求していかないと昨年以上結果は出ない。

――昨年の主将である服部一輝選手(平29法卒・現カターレ富山)から何かメッセージなどは頂きましたか。
木戸 主将に決まってからは話していないです。ですが昨年からずっと私生活だったり、ピッチ内で会話はしていました。ずっと近くにいて、何か盗もうという気持ちでいました。

――今年新しく取り入れたことなどはありますか。
木戸 昨年はミーティングがまさに結果につながったので、そこは続けようと。いい部分は残してプラスアルファで上積みしていかないと3冠には届かないと思うんで。自分自身も1年生の時に先輩に遠慮とかそういう気持ちがありました。心掛けているのは、個人的に下級生に話す、例えば「どんな感じ」みたいな。寮生活なんでお風呂でだったり。立場上は上下関係あるんで言いづらいこともあると思いますが、個人的に話すように心がけています。あと、やろうと思うことは部員全員と1対1で話して、信頼関係を築くことができたらいいなと思います。

――「一進」に込められた意味は何でしょうか。
木戸 「1」というのは一つになるといことで、一回原点に立ち戻る。もう一回「1」からスタートしないといけないと話し合いました。そうやって一人一人進化していかないとチームも進化しない。一人一人の進化がチームの進化につながるように、という思いも込められています。あと、シンプルに伝わるようにこれに決めました。

――昨年とどういう違いを見せたいですか。
木戸 正直、3年生が大事と思います。自分らが3年生の時、4年生に負担をかけないというようにとやっていたので。4年生のために下級生が頑張るというのをつくるのは4年が率先して見せなきゃいけない。自分が伝えているのは1日1日無駄にしないで、100パーセントでやり切るしかない、と。まずは毎日4年生が練習で100パーセントでやっている姿を見せられれば、後輩はついてくるという話し合いはしました。4年生の自覚というのは自然に生まれてくると思います。後輩との気持ちの差が生まれないように。ピッチ内では同等の立場で戦うしかないです。そういう雰囲気をつくり出すためには、4年生が自覚を持ってやろうと話しました。あと、プラスアルファでやっていこうと。一人一人の能力が高いので、自分がしたいプレーじゃなくて、チームのために、勝つためにこのプレーが必要だというのを選択できればもっといいチームになる。

――栗田大輔監督からは何かお言葉を頂きましたか。
木戸 サッカー部のルールというかサッカースタイルがぶわーって書いてある紙があって、そこに「アクティブアンドクリエイティブ」と。栗田さん自身も能力が高い選手が多いというのを感じてて、なのでもっと自発的にというか積極性を僕たちが求められています。天皇杯優勝というのを昨年掲げてて、3冠もそうなんですけど、現状、大学サッカーは、他のラグビーや野球、駅伝よりも人気はないですし、インカレの決勝もお客さん少なくて。なら天皇杯取るしかないという気持ちがありました。そういうところから逆算した練習をしていかないとそこにはたどり着かないです。一人一人がやっていくしかないと言われました。

――チームの調子はどうですか。
木戸 2月に始動した時はちょっと迷いがあって。毎年そうなんですけど。空回りしてしまう選手も多くて、でも、雰囲気としては問題はないです。

――今年の戦術としてはどうお考えですか。
木戸 ずっと4―4―2でやってきて、明治のベースのフォーメーションですね。でもプロとかと戦う上で、新しいシステムの4―3―3を取り入れて今やっています。本当にアタッカー陣とかいい選手が多いので、戦術をしっかりみんなが理解してマッチすれば引き出しが増えて自分たちのサッカーが進化するんじゃないかなと思います。じっくりやり続けて結果的に完成すればいいかなと。楽しみにしててください。

――新しいスタッフ陣も増えました。
木戸 本当にこれだけのスタッフがいて恵まれているので使わないと。栗田さんからも遠慮してると言われました。

――スタッフから今年の4年生は真面目と言われているそうですね。
木戸 いい言葉に聞こえますが、サッカー的には真面目や献身的というのはあまりよくなくて。スタッフからは殻を破ってほしいという願いがあると思います。バカというわけじゃないですけど、もっと大学生らしく、アクティブアンドクリエイティブということですかね。

――カギとなるのは何ですか。
木戸 2、3年生ですね。2、3年生が変わってくれればすごいことになると思います。素晴らしいものを持ってるからこそ、チームのためにというふうに考えが変われればいいですね。

――復帰はGW明けになりそうですか。
木戸 今練習入っていますけど、この東京都トーナメントには登録されていない中でいかにチームにいい流れを作るかだったり、雰囲気の部分というのを意識していました。そこを継続してリーグ始まってもチームのために自分からアクション起こしたいです。みんなが付いてきてくれるじゃないですけど、みんなの雰囲気が良くなれば、結束が強くなると思うので、間に入りながら、選手とコミュニケーション取ってモチベーション落とさずに、まだ始まったばっかなのでそこ意識して、オフザピッチもオンザピッチも頑張ります。

――今年の目標は何ですか。
木戸 3冠です!

――リーグ開幕戦に向けて意気込みをお願いします。
木戸 先を見ずに、どの相手も強いんで、一戦一戦勝つということをみんなで考えたいです。明治を背負ってるんで、出る11人もそうですけどメンバー入ってる人も責任を持ってプレーすれば、応援してる人や関係者の人に伝わると思うので、しっかり責任を持ったプレーを心掛けて、最終的に勝てればいいと思います。責任感というのをもう一度思い出して、やれれば大丈夫じゃないかなと思います。


――ありがとうございました。

第3回は監督インタビューをお届けします。更新は明日、4月12日予定です。
お楽しみに!


[臼井美理亜]



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: