検索
 HOME > 硬式野球部

36年ぶりの春日本一に導く


東京六大学野球 2017〜春〜  (11)開幕前インタビュー 善波達也監督  

 「新生明治」で戦後初のリーグ3連覇だ! 昨年は3年ぶりのリーグ戦春秋連覇を達成し、明治神宮大会で5年ぶりの日本一を飾った。今季は戦後初、1938年以来となるリーグ戦3連覇に挑む。柳裕也選手(平29政経卒・現中日ドラゴンズ)ら主力選手が抜け、顔ぶれが一新したチーム。熾烈(しれつ)なレギュラー争いが展開されているが、投打ともに選手層の厚さは六大学随一。悲願の瞬間へ向け、準備は万全だ。
 今年で就任10年目を迎える善波達也監督は、過去に8度のリーグ優勝、2度の春秋連覇に導いた名将だ。3連覇が懸かる今季は、選手だけでなく善波監督にとっても未知への挑戦となる。またその先にはあるのは、自身が大学1年の時以来成し遂げていない春日本一。偉業達成へと向かうチームの現状について、お話を伺った。(この取材は3月18日に行われたものです)

――昨年の収穫は
例えば、去年の春は得点力が上がらなかったので、秋は守備に目をつむって『守れなくていいから打てる子でやれ』みたいにやって、こういのがうまくいくこともあるんだなって思いました。このチームが日本一になっちゃうんだ、みたいな。

――現在、オープン戦での手応えはいかがでしょうか
去年より負けているんじゃないの? 不安みたいなのは今のところないけど。東大の1回戦にはどうにか9人メンバーを書かないといけないわけで。不安というか、何を基準に選ぼうかなって。去年みたいに『守りは要らないから打てる順にやれ』って言ったら奥村(大貴内野手・政経3=明大中野八王子)とかが出るし。何を基準にするか毎日考えている。

――定位置争いは激しくなるのでは
だいぶいろんなこと試している。レギュラーになれそうなのは竹村(春樹内野手・政経4=浦和学院)、逢澤(崚介外野手・文3=関西)、渡辺(佳明内野手・政経3=横浜)、越智(達矢外野手・営3=丹原)くらいかな。高瀬(雄大内野手・営3=長崎西)とか吉田(有輝内野手・商3=履正社)をショートにできないかなって。中野(速人主将・法4=桐光学園)は一生懸命やっているけど、守備が下手っぴだから。バッティングと守りとのバランスというかね。逢澤は合格点かな。添田(真海外野手・法2=作新学院)は振れるから苦肉の策で外野守らせているんだけど。ショートだとスローイングが良くなくて。ファーストは奥村とか平塚が候補なんだけど。平塚はスイングが強いから代打とかかな。奥村がファーストを取り切らないと、高瀬が打てればファースト、ショートに吉田有、セカンドに竹村っていうのもある。キャッチャーは氷見(泰介捕手・政経3=豊川)が一番近いのかね。小野(航大捕手・文3=愛工大名電)は守れるけどあまり元気がないんだよね。ちょっと刺激入れるために1年生も守らせている。

――昨春は16通りのオーダーで戦いましたが、今季もメンバーを固定するのは難しいでしょうか
難しいよ。でもこのくらい一生懸命やっているやつがいるっていうことでもある。真面目に一生懸命やってないなーってやつは自動的に外すから。『使ってもいいなー、でも、足らねーなー』っていう選手には一生懸命さがある。でも相手がいて勝たなきゃいけないとか、チームを強くしなきゃっていう中で足らない部分があるから、どのいい部分を取ってメンバーを作ろうかなと考えなきゃいけない。

――例年この時期はオーダーが定まらないのでしょうか
今年は定まらなすぎ。俺の前では一生懸命やっているように見える子が結構多いから、使いたいな、出してあげたいなって思う選手はたくさんいる。試合をやるとちょっとずつ力が足らないから、こういう風に1年生が出てきてしまう。オープン戦やっていると2、3、4年だけではやっぱり足らないんだよ。

――打線のカラーはいかがでしょうか
大砲的な選手はいないので、打ってつなげて。誰かしら4番を打つしクリーンアップを打つんだけど「4番」とか「クリーンアップ」という感覚ではなくて、つながって回れればいいなと思います。越智はいずれそういうところに来てほしいと思っているけど、今は4番を逢澤にしている。河野(祐斗内野手・文4=鳴門)とかがもっと打ってくれるといいんだけど。ちょっとまだ足らないし、平塚だとか奥村だとかその辺も長打力はあるんだけど、ゲームではまだそれを発揮しきれていない。奥村なんて一番飛ばすんだよ、うちのチームで。打てる球をすーっと投げたら柵を越えていくようなインパクトにはなってきているんだけど、ゲームだとまだそこまでいかない。

――投手陣の仕上がりは
1回戦をどうするかっていうのがまだ見えないね。森下(暢仁投手・政経2=大分商)が一番安定しているけど、決定力がないからね。強さというか。ほどほどのコントロールとほどほどのスピード。変化球はわりと上手く投げるんだけど。齊藤(大将投手・政経4=桐蔭学園)はできれば先発で使いたくない。ちょっと長いイニングだとつかまりどころが出てきそうだから、一回りぐらいで使いたい。本当は水野(匡貴投手・農4=静岡)がしっかり投げられればいいんだけど、良くならないと森下が先発候補かな。外尾(和也投手・文3=佐賀西)も結構オープン戦はうまくいってる。森下を1試合目の先発にはまだしたくないんだよね。そこまでの力ないから。1回戦で投げると1回戦、3回戦で放っていくようになるから…。1戦目3戦目ってやらないで1が外尾、2が森下、3試合目が齊藤とかそういうやり方もありかな。他の投手もまだ良くなってくれるんじゃないかなって楽しみにしているんだけど。リーグ戦になると苦しみになっちゃうんだよ。こんな感じだから入れ替えていくようになるんだろうけどね。

――チームの雰囲気はいかがでしょうか
雰囲気は…まあいいけど、甘いね。甘くて厳しさが足らない。中野カラーになっているよ。人間性は素晴らしい。だけど野球に対しての厳しさは足らない。嫌なことをあまり言わないんだよね。「もっとこうしろよ!」みたいな声は聞こえない。同じミスばっかりしているようなイメージがある。キャプテンはいい子なんだけど「お前らこうしろよ!」みたいなことをあまり言わない。柳(裕也選手・平29政経卒・現中日ドラゴンズ)は言える子だったんだけど。たぶん選手の中の雰囲気は良いと思うけど、試合をやるっていうことは、相手がいて相手に勝たなきゃいけないわけじゃん? そういう空気がちょっと薄い感じ。

――雰囲気を変えるためには何が必要になってきますか
やっぱり4年生が自分たちで言い合うくらいにならないと。(副主将の竹村は)あまり言葉ババッと言うような子じゃないんだよ。だからキャプテンにしなかった。今は自分のことで一生懸命な感じ。今日も打ちそこなっているし。竹村はしっかり周りのこと気配りするんだけど、気配りして絶対周りが見えているのに嫌なことは言わないんだよ。絶対見えているんだよ。俺もチクチク言っているし。相当ストレスたまっているんだろうな。自分の中にため込んで、人には言わないから。生山(太智内野手・営4=明大中野八王子)は就職が決まってやっと戻ってきたから、今日からA組でバッティングやれって言ったんだけど。生山みたいなのが戻ってきた方がいいんだよな。東原(匡志外野手・営4=天理)も早く戻ってこないかなーって思っているんだけど。生山とか東原が結構チームにものを言えそうな感じがする。水野はまだ自分のことで精いっぱいかな。ピッチャーのグループでは齊藤と水野が中心になって、昨日もトレーニングとかやっていたから、そういうことはできていると思う。一生懸命はやっているからそのうち良くなるよ。

――現在のチームに求められる選手像はありますか
気持ちが強い子。ゲーム勘がある、気持ちの強い子。そういう意味でキャッチャーは重要だと思うよ。そこがまだ決まっていないというのは、ちょっと情けないんだけどね。リーグ戦が始まったらある程度固定したいとは思っている。でも、みんな元気がないんだよね。清水(風馬捕手・商1=常総学院)が一番元気あるからね。本気さみたいなのが。昨日初めて2イニング、試合で使ったんだけど、元気あるなーと思って。今日また使ってみようかなってなった。まだ体がゆるゆるでバタバタになっちゃうからリーグ戦で信用して使える感じじゃないけど、見込みはあるよ。

――フレッシュリーグ開幕によって下級生の起用も増えるのでしょうか
積極的に下級生を使うっていう感覚はないんだけどね。足らないところを埋めていくっていう感じだね。外野の守備なんて全然足らない。渡邉(涼太外野手・商1=広陵)と松下(且興外野手・商1=九州学院)は安心して守らせられるかな。フレッシュリーグで試していい感じのが出たら次の週ベンチ入れてみようかなとか、そうやって1、2年生にチャンスは増えるよね。本当は上の学年から順番に使ってあげたいんだけど。

――他大学の戦力はどのように見られていますか
左ピッチャーを攻略できるかどうかがカギになるかな。スタートの東大が宮台で左でしょ。あと早稲田がそのまま出てくるか分からないけど小島や大竹、あと木更津総合から新人の早川っていうのが入ったりして。慶應は見えてこないけど、立教も藤田がいるし、法政も森田っていうのが結構きちっと投げてくる。うちも6、7人左になって左打線っぽくなるから。そうすると左対左がどれだけ攻略できるかがリーグ戦を結構左右するな。

――左投手の対策はされていますか
マシンは早めから左に合わせています。今日は真っすぐに設定しているけど、ゲーム前は左のスライダーに合わせていて。早めに対策はするつもり。今日のオープン戦でも左投手に最後、右右右って代打出したけど、レギュラーに近い子はなるべく左対左で交代させないで打たせる。左だから右打者出そうってやっていた時期もあるんだけど、あと10試合ぐらいのところは関係なく左打者にどんどん打たせる感じ。左を攻略できるかでリーグ戦も変わってくるかな。

――最後に今季への意気込みとファンの方々へのメッセージをお願いします
リーグ3連覇を目指します。いつもどの大学より熱い応援してくれて、たくさん足を運んでくださって、本当に応援がこの子たちを成長させてくれますので、また今年もよろしくお願い致します。

――ありがとうございました

[星川裕也]

●東京六大学野球 2017〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: