検索
 HOME > 硬式野球部



東京六大学野球 2017〜春〜  (3)東大戦事前インタビュー@ 浜田監督、山田主将  

 「新生明治」で戦後初のリーグ3連覇だ! 昨年は3年ぶりのリーグ戦春秋連覇を達成し、明治神宮大会で5年ぶりの日本一を飾った。今季は戦後初、1938年以来となるリーグ戦3連覇に挑む。柳裕也選手(平29政経卒・現中日ドラゴンズ)ら主力選手が抜け、顔ぶれが一新したチーム。熾烈(しれつ)なレギュラー争いが展開されているが、投打ともに選手層の厚さは六大学随一。悲願の瞬間へ向け、準備は万全だ。
4月8日、3連覇へ向けた戦いが始まる。初週の相手となるのは東大だ。昨季は山田主将、田口、楠田のクリーンアップが本領を発揮。3者全員が今年4年生となり、最後の年を迎える。そしてこの春、約2カ月戦線を離れていたエース・宮台がチームに復帰。投打ともに豊富な戦力でシーズンへと突入する。年間4勝を記録した昨年以上に、手ごわい相手となるに違いない。(この取材は3月15日に行ったものです)

浜田一志監督
――昨季を振り返って

宮台が故障した中で1つ勝てたというのは、収穫でしょうね。宮台だけのチームではないということを証明できました。打線も昨シーズンの東大にしては活発だった方です。今季につながる戦いができたかなと思います。

――立大1回戦で勝てた要因は
ピッチャーが粘り強く抑えていったことですね。それがああいう試合をものにできた理由でしょうね。

――冬はどのように取り組んできましたか
去年から変わらず、食事、ランニング、筋力トレーニングをして、守備、打撃は基礎トレーニングですね。体を作るというのをメインとして食事から練習の一貫だと位置付けてやりました。

――昨年一年間で成長した選手
まず、内野でいうと今キャプテンをやってる山田、それから田口。宮台、宇佐美。こんなもんかな。

――山本前主将、喜入選手が抜けました
まず喜入の抜けた穴というのは大きいです。これをなんとかしないと宮台という大黒柱がいても勝てないと思っています。そこがポイントです。森田と三鍋の2人が競争をしています。

――宮台投手の調子はいかがですか
今はいろんな球種を試しながら実戦の登板をおとといやったので順調ですね。

――今年の強みは何ですか
やはり大黒柱の宮台がいることと思います。

――昨年と違う部分は
あまりないです。去年の春は宮台が投げて、周りもしっかり打って3つ勝てたんですけど、勝ち点を取らなければいけないので、宮台以外のピッチャーが去年よりも出てきてくれないと困ると思います。小林は順調に伸びています。というのは制球力が良くなりました。

――今シーズンのキーマンは
やはり宮台と田口ですかね。

――今年の明大の印象は
今年に限らずいつでも素晴らしいチームですよ。僕は善波監督がお手本ですから。だから、本当に明治は尊敬しています。

――善波監督のどのあたりを手本にされていますか
まずチームをしっかりまとめるというところです。

――今シーズンへの意気込みをお願いいたします
今シーズンは勝ち点を取ることが目標です。開幕戦から勝ち点を目指して頑張ります。

――ありがとうございました

3月25日の社会人対抗戦では本塁打を放った
3月25日の社会人対抗戦では本塁打を放った

山田大成選手
――昨シーズンを振り返ってみていかがでしょうか
個人的にはだいぶ結果が出なくて、入学してからずっと積み上げてきたものが出せなかったシーズン、そういう苦しいシーズンでした。チームとしては、春3勝した中で、勝ち点を目指してやって1勝で終わってしまったことが物足りなかったです。

――オフにはどのような取り組みがありましたか
東大の選手はできることが限られていると思うので、そういった点で自分にできることを広げられる練習に取り組みました。例えば、自分が処理できるゴロを処理するのではなくて、今まで処理できなかったゴロにチャレンジしていって、ミスは許容する代わりにそういうところにチャレンジするような打球の取り方をすることです。あるいは、単にバットに当てに行くんじゃなくて、今までより遠くに飛ばせるように、強い打球が打てるようなスイングを打席の中で心がけています。チームとしてそういう取り組み方をしています。『今できること』より『今までできなかったこと』ができるようになるための練習をしています。

――ご自身のラストイヤーに向けて意識されていたことはありますか
個人的には今までやってきたことを継続することです。技術力で他大学に劣る部分っていのはどうしても東大なのであると思うんですけど、そこは言い訳にしないように。技術力でも他大学レベルの選手に追い付けるように、守備範囲だったりパワーだったりとか、そういったポテンシャルの部分でスケールの大きな選手になれればいいなと思います。

――福岡キャンプでの収穫は
全員で衣食を共にする、毎日一緒に過ごすということで、先輩後輩関係なくいろんな言いたいこととか共有した方がいいこととか、毎日野球漬けの中でできたと思いますし、チームの結束感を深められたんじゃないかなと思います。

――今年のスローガンは
「下剋上」ですね。基本的に4年生のミーティングで決めて、話し合って決めたことを3年生以下の下級生に話してという感じです。

――今年のチームカラーは
個人個人が自分のプレーに対する集中力はすごく持っている選手が多いので、自分の学年を中心にしてそういった選手がしっかりチーム全体を見てやっていけるところが強みかなと思っています。4年生の力は大きいと思っています。

――イチオシの選手は
森田ですかね。キャッチャーなんですけど。喜入さんが抜けて、誰が背負うってなったときにどうしてもチーム全体を見たときにウィークポイントというか、抜けた穴として注目される中で頑張ってやってくれていると思いますし、そこはどこまで森田が通用するかは分からないですけどやってもらわないと困る存在っていう意味でキーパーソンというか、そういう意味では森田ですね。

――チームの流行がありますか
流行りですか…流行り…。ちょっと分からない(笑)。本当に野球しかしていないんで。風呂でみんなで話すことですかね。寮の風呂で、結構みんなで長湯して。長風呂していろんな話をしたりとかですね。

――主将を務めるにあたり重圧もあるかと思います
OBの方とか六大学野球のファンの方とお話する機会があっても『今年は期待しているぞ』とか『また勝てるでしょ』みたいな。すごい言われて。期待感を感じていますし、同時にプレッシャーも感じています。

――主将として意識されていることはありますか
本当に練習するしかないと思っています。自分たちが他大学に対して現状、劣っていて何年も最下位にいると思うので、追い付くためには練習するしかないと思っています。不安な気持ちは練習することでごまかすというか、振り払っています。チームが押せ押せの時は自分がどこかに落とし穴があるんじゃないかとか、逆にチームが落ち込んでいるときは自分が率先して元気出してやったりとか、チームと逆をいくじゃないですけど。全体を見て行動することと、自分が思ったことはためないで、悪いと思ったことは悪いって言うし、いいと思ったことはいいって言う。全部さらけ出すというか、僕が何思っているか分からないと、部員も不安になってついてこないと思います。

――今年の明大の印象を教えてください
明治大学は結局、毎年一番チームを仕上げてくるイメージがあって。毎年春の時点で毎回いいチームをつくってくると思うので。投手力も高いですし、打線もみんなが自分の役割を意識してしっかり自分の働きをやり切ってくるチームで、相手としては戦いづらい相手というか、本当にいいチームなんで勝つのは難しい相手だなと思います。

――勝つためにはどのような試合展開が想定できますか
明治大学はピッチャーがそろっていて、守備もなかなかミスしてくれないと思うので、あまりこっちが点をたくさん取れるとは予想していないので、やっぱりどうしてもこっちのチームが守り勝ってロースコアで、2−1、1−0、3−2、そういうスコアで勝っていきたいと思います。

――最後に今季の目標をお願いします
ノーエラーです。バッティングの方は、まだ何番打つかも分からないので具体的には分からないですけど、やっぱり出塁率、盗塁、得点、打点、そういうところですかね。打率は結局相手次第の部分もあるので、出塁をしっかりして、盗塁も決めて、ホームに帰ってくるってことです。数字で言えば盗塁5、打点10、得点10です。チームとしては、春は勝ち点です。

―-ありがとうございました

[曽布川昌也・星川裕也]

●東京六大学野球 2017〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: