検索
 HOME > 硬式野球部

力投するも敗戦投手となった石毛


ボールパーク便り  セガサミーと対戦 投手戦の末競り負ける/社会人対抗戦  

◆3・25 社会人対抗戦(神宮球場)
▼対セガサミー
 明大1―2セガサミー○
オープン戦
セガサミー
明大
 本番を意識し、お互い投手を頻繁に入れ替え戦った今試合。勝負は接戦となるも、1―2で惜敗した。

 悔しい神宮デビューだ。6番手として登板した石毛力斗投手(健大高崎高)は、先頭2人を凡退で切る上々の立ち上がり。しかし、代打の中越二塁打で一気に窮地に追い込まれると、続く4番には初球を打たれ勝ち越し適時打を許してしまった。その後の打線の援護もなく、石毛は敗戦投手に。入学前のルーキーにとって、貴重かつ苦い経験となった。
 拙攻が目立った。この日のスタメンは、現戦力におけるほぼフルメンバー。だが得点は途中出場の高瀬雄大内野手(営2=長崎西)による1点のみと、芳しくない結果だった。特に選考合宿にも参加した竹村春樹内野手(政経3=浦和学院)、逢澤崚介外野手(文2=関西)、渡辺佳明内野手(政経2=横浜)がいずれも3打席凡退と、打撃の軸ができず。またけん制死や盗塁刺でのアウトが3回あり、好機を広げることも能わなかった。

[三ツ橋和希]

●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: