検索
 HOME > ウエイトリフティング部


Lifter’s High 2016―限界のその先へ―  (6)プラット対談C  

 人並み外れたパワーで鉄の塊と向かい合う。最大の敵は自分。1kgでも記録を伸ばすため、日々己の限界に挑戦する。バーベルを持ち上げ頭上高く挙げる。このシンプルで孤独な戦いを制するために欠かせないのは仲間の存在だ。厳しい練習を共に乗り越え、同じ釜の飯を食べ、互いを高め合う。それが明大ウエイトリフティング部だ。
 12月23日から3日間にかけて行われる全日本大学対抗選手権がいよいよ近づいて来ました。各校から選出された8名の代表選手の成績をポイント化し、その合計点を競う今大会。まさに各校の意地と意地がぶつかり合う大一番に向けて、ウエイトリフティング部の練習や寮生活の特集を行います。ルーキーやプラット、マネージャーの座談会や写真館、インカレ出場選手の紹介などをお届けする予定です。どうぞお楽しみに!
 第6回は、日々練習を共にするプラットでの対談です。今回お届けするのは朽名泰河(法3=名城大附)・錦織亮(政経2=米子工)・竹川夏輝(法1=県立川口)のプラットと、永原祐志(法4=熊本西)・中野景介(営3=須磨友が丘)のプラットの2組。永原が12月1〜3日に行われた日韓中フレンドシップ大会に出場していたため、永原と中野は別々での取材となりました。


朽名・錦織・竹川プラット
――プラット結成の経緯を教えてください。
朽名 もともと錦織が別のプラットだったんですよ。で、竹川が一緒だったんですけど、竹川がパワーが全然なかったので伸びるだろうなと思って、一緒に鍛えようかなっていう感じで4年生に言って一緒のプラットにしてもらいました。錦織に関してはおまけですね。(笑)もともと景介のプラットだったんですけど、インカレの調整の関係でぽんって飛ばされて。

――メニューは朽名選手が決められていますか。
朽名 一応そうなんですけど、やりたいことを言ってもらったりとか、その日の体の具合があると思うのでそれをもとに考えていますね。

――二人は「こういう風にしたいです」って朽名さんに言ったりしますか。
竹川 自分は結構そうですね。「ここが今日痛いので」って言うとメニューを変えたりしてくれます。
錦織 一緒ですね。
竹川 「昨日の練習でまだここの疲れが取れていないから」ということを伝えると「じゃあ今日はこれをやろう」と。

――練習中の雰囲気はいかがですか。
朽名 どんな空気だろ。
竹川 楽しい感じじゃないですか。
朽名 うん、楽しい感じっちゃ楽しい感じ。ただ全員が調子良かったら競う感じです。記録はそんなに大差がないので、全員でばーって競っています。

――何かをかけて競ったりするのでしょうか。
竹川 いや、ただ「負けない」みたいな感じです。
朽名 気分によって今後罰ゲームを入れていこうかなと思います。(笑)
錦織 いつの間にか競っている感じなので。
朽名 全体的に調子が良かったら競ったほうが楽しいかなって。流れです
錦織 そうですよ。一人が挙げると、みんな負けじと挙げてくるから。でいつの間にか重量を競っている。

――このプラットでやって良かった練習などはありますか。
竹川 今までいたプラットよりもデッドリフトを多めに練習しているんですけど、種目につながるというか引きが軽くなって、スナッチが4`くらい伸びました。クリーンだけなら5`くらい伸びて、ジャークがうまくいかなくて記録的には伸びていないんですけど、デッドが関わる競技に関しては伸びてきています。
朽名 前、吉川先輩(琢磨氏・平28政経卒)とプラットを組んでいたときにデッドをめちゃくちゃやったので、それが自分的にも良かったので、そのままやっている感じですね。
錦織 なかなか軽くなっていますね。
朽名 錦織は本人の意識もあるとは思うんですけどスクワットが大事だっていうことを最近感じてくれたので、それでスクワットをしっかりやるようになって、前立てなかった重量が立てるようになっています。
竹川 それは自分もありますね。立てなかった重量で立てるようになってきています。
朽名 スクワット・デッドもそうなんですけど、腹筋をかなり入念にやっているのが大きいのかな。
竹川 そうですね、折れなくなりました。コアの部分というか体幹の部分が。
朽名 普段、横(腹筋)って全然やらないんですけど、めちゃくちゃ取り入れるようになったら安定感というか体幹がしっかりするようになりました。そこが良かったのかなと思います。めちゃくちゃきついんですけど。もとって中国人だよな?
錦織 そうですね。
朽名 中国人がやっていたのを取り入れました。
錦織 YouTubeとかにあるんですよ、中国人の練習の風景とか。あいつら強いんで。そういう練習を真似して取り入れようと。

――それはどなたが取り入れたのでしょうか。
朽名 錦織です。
錦織 笑い
朽名 「中国人 ウエイトリフティング」で検索すると出てくるんですよ。そういうのをたくさん載せているサイトみたいなものがあるので。

――かなり練習について研究されているプラットですね。
朽名 自分は3年生ですけど二人は1、2年生じゃないですか。自分の考えとして、基盤の体づくりが一番大事だなと思っています。記録は3、4年でも伸ばせると思っているので、元のスクワット・デッドと体づくりが一番ケガをしないためにそれ中心でやらせていっているだけですかね。

――プラットメンバーの他己紹介をしていただけますか。
朽名 下からは気まずいやつじゃん。(笑)
錦織 朽名先輩は…。
一同 笑い
錦織 朽名先輩は尊敬できるいい先輩ですよね。
朽名 嘘、嘘。
錦織 正直、自分は自分のことを追い込めないので、朽名先輩みたいに追い込んでくれる人がいないと練習できないのでありがたいなと思っています。 
朽名 「練習できない」って、問題あるだろそれ。(笑)
一同 笑い
錦織 このプラットで結構補強も伸びてきているので、プラスなことが多いですね。竹川くんには負けたくないっていう気持ちがあります。下の(学年)前ではサボれないので練習を。こいつの前ではちゃんとやろうっていう気持ちが出てくるんですよね。
朽名 それは一緒ですね。今までずっと先輩とプラットが一緒だったんですけど、下とやるとなると練習もやめられないんですよね。やめられないし重量も上げていかないといけないし。それは逆にいい方向に進んでいるかなと思います。
竹川 自分スナッチが得意なんですけど、錦織先輩はスナッチがうまいのでその技術をいろいろ教えてもらったりとか、目標です。朽名先輩はこのプラットが決まる前からずっと同じプラットで練習していと思っていて、やっぱり自分パワー不足って自分で分かっているので朽名先輩のパワーが自分にも付けば記録も伸びるんじゃないかんと思っています。憧れみたいな感じです。
朽名 二人とも記録落ちていないのでまあいいかなと思います。特に竹川があからさまに結果が出たので。
竹川 そうですね。1か月前くらいですかね。
朽名 全日本新人(10月)かな。
竹川 新人戦前くらいですね。
朽名 そこまでずっと補強ばっかりで「パワーためれば大丈夫だ」って言っていたので、そしたら本当にジャークは試合ベスト更新して。
竹川 そういう部分で(伸びた)実感はあります。
朽名 錦織はまだ伸びてくれないんですけど。(笑)あ、でもジャークは伸びたんですけどね。

――二人の後輩はしっかり朽名選手についていっていますか。
朽名 やっぱり一緒に練習頑張って、たまに自分のメニューってめちゃくちゃな時があるんですよ、本数が多かったり練習メニューが以上に多かったり、それでもついてくるのでそれが結果につながるとうれしいです。
錦織 そうですね。逃げられないんで。
一同 笑い

――プライベートで出かけたりすることはありますか。
朽名 ないですね。まだないですね。ここ二人(錦織・竹川)はたぶんあると思うんですけど。
竹川 はい、何回かご飯誘っていただいて。
錦織 自分が決めて、「今日はこいつ誘おう」みたいな感じで。
朽名 自分だけ仲間はずれです。
錦織・竹川 違いますよ!
一同 笑い
朽名 いずれはどっかに行こうかなと思っています。

――印象に残った出来事はありますか。
朽名 ある?
竹川 印象に残っているかどうかは分からないんですけど、練習のとき毎回「にらむな」って言われるんですよ。
一同 笑い
朽名 このプラットで分かったのは竹川が錦織をなめてるってこと。
竹川 いやなめてないです。尊敬しています。(笑)
錦織 このプラットに来てばかにされる回数は圧倒的に増えました。
一同 笑い
竹川 ばかにしてないです。
朽名 一番下みたいな扱いだもんな。
錦織 上からはハゲとかなんか言われて下からは変な目で見られます。
錦織 ときどき奇妙な行動に走るんですよこいつ(竹川)、スクワットの最中に急に飛んだり。それ見たら笑っちゃいます。
朽名 結構竹川の面白い部分が見られます。

――このプラットで良かったと感じる瞬間は。
竹川 やっぱり結果が出たときですかね。数値で出るスポーツなので、すぐ伸びたら分かります。特に今中心的にやっているデッド・スクワットは新記録出せると良かったなって思います。
錦織 自由な感じがいいなって思います。
朽名 (二人が)練習についてきてくれるのがでかいですね。だいたいきつくて「もうきついです」ってなるようなメニューなんですけど、それでもついてきてくれるので、やりがいがあります。自分が今までやってきて思ったことが、一番調子良かったときは練習を楽しんでいるときなんですよ。だったら練習は楽しくやったほうがいいなって。どんだけ調子悪くても楽しい練習をした方が、だらだらしないんでいいかなと思います。

――仲が良いですね
錦織 練習場の中だけです。
一同 笑い
朽名 仲いいのかな。
竹川 仲いいです。悪くはないです。
朽名 ただ趣味とか人間性は全員合わないんですよ。
竹川 そういえばバラバラですね。全くかみ合ってないですよね。趣味とか。
朽名 俺ゲームやらないんで。
竹川 ゲーム好きです。
朽名 スポーツ観戦が好きです。
錦織 自分は映画です。
朽名 オフに出かけるとしてもご飯くらいしかないです。

――最後に、このプラットを一言で表していただけますか。
朽名 なんだろ。
竹川 「楽しい」でいいんじゃないですか。
朽名 俺はきついのが楽しい。おまえ(錦織)だけ違うもんな。
錦織 楽したい。
朽名 おまえだけ違うな。(笑)「楽しい」で。
錦織・竹川 はい。
朽名 ふわふわしてるな。

――ありがとうございました。
(左から)竹川、朽名、錦織
(左から)竹川、朽名、錦織


永原・中野プラット(永原が12月1〜3日に行われた日韓中フレンドシップ大会に出場していたため、別々での取材となりました)
中野

――プラットでメニューは統一されていますか。
最初はお互いでやっていたんですけど、今はほぼ別々ですね。一緒にやることはないです。同じ階級なのでインカレに向けて刺激が得られるかなと思って自分はやっていたんですけど、やっぱり一人でやろうかなと。個人でやっている感じです。

――どのようにメニューを決められていますか。
インカレに向けて、自分はもともと一人で練習するのも好きなタイプなので全然問題はないんですけど。メニューは3年生になってからだいたいオフの次の日の月曜と金曜に重い重量で、あとの火、水、土曜は補強です。体が動くときに挙げるタイプだったんですけど、自然とそうなりました。肘と腰のケガがあるんですけど調子は上がってきています。(インカレは)少し減量があるんですけど、ある程度は。減量は2sくらいです。

――やっていて良かったと感じた練習はありますか。
スナッチにしろジャークにしろ、種目は回数をこなさないとだめなので週一回挙げるんじゃなくて、週2、3回挙げて常に高重量にさわって体に覚えさせることです。サプリメントをよく飲むようになったこともあるんですけど、後期入って結構伸びてきているので効果は出ているのかなと思います。

――先輩から学んだことなどは。
佐藤彰紀先輩(営4=常翔学園)が海外のサプリメントを買っていて、今インカレに向けてお金を使っているんですけど、それを一週間前くらいに後藤(将・政経3=県立川口)と一緒に割って注文して、それを飲んでいます。(値段は)結構高いです。プロテインはタンパク質なんですけどサプリメントは専用の成分というか筋肉に必要なアルギニンとかそういうのが入っていて、日常生活では摂取しにくいものを補います。これを飲んでスナッチの記録が伸びたので効果が出ているのかなと。

――課題などはありますか。
腰のケガです。股関節に近いところなんですけど、そこが痛い時にストレッチもろくにせず練習してしまってさらに痛めてしまいました。その日どうしても(重量を)さわりたくて。

――永原選手に対してライバル意識はありますか。
自分の場合は、永原さんの上に他大学があと2、3人いるので、その人たちが圧倒的に強くて世界レベルなので、それに少しでも近づけるようにっていうのが大きいです。

――オフの日の過ごし方は。
たぶん松本康貴(政経3=常翔学園)とかも答えたと思うんですけど、基本インカレの2か月前くらいからずっと寮にいます。買い物以外には出かけないですね。お金を残すためにも遊ばないようにしています。

――食事はどなたと行かれることが多いですか。
誘っていただくときだと、針生先輩(丈士・政経4=東京学園)とか、耀介先輩(中田・農4=能代工)がピザとか頼んでくださったりしました。で、同期と行くときは上野(祐脩・政経3=東京学園)とか斉藤(竜磨・農3=金足農高)とかは自分がよく誘います。土曜とかは練習が早く終わるので、晩ご飯に行きます。

――インカレが近づいています。
最後に出た試合が10月の東個人なんですけど、そこから比べるとさわれる重量が上がっているので、もう一回試合で出せるのかなという不安と、敵が歴代の中でもかなり強い部類に入るので少しでも削れるのかなと思います。

――最後に、ご自身のポリシーを教えていただけますか。
練習場の雰囲気ってあるじゃないですか。「今日はみんな上がってる」「今日はみんなきつそう」とか。そういうのに流されずに練習するということです。

――ありがとうございました。

中野
中野



永原
――日中韓フレンドシップ大会について教えてください。
学生の他に社会人の方が3人いて、結構幅広い年代の選手が集まる大会でした。全日本選手権と国体で、自分の代は学生があまりいなくて一つ世界大学って奴がいたんだけど、たぶん自分がその一個下だったので選ばれたのかなと思います。

――大会では実力発揮できましたか。
してないです。全然できなかったです。でも行って後悔はなかったです。(海外での試合は)始めてでした。緊張しました。時差ボケもありました。監督と二人で行って。成田空港まで二人で行ってそこから選手団と合流しました。すごく楽しかったです。毎年は監督も選手団もピリピリしているらしいんですけど、今回は緩くてそのくらいがちょうどいいかなって。

――実力は発揮できなかったということですが。
一週間前に山登りとお疲れ会をして、それがめっちゃ楽しかったな。試合は駄目だったけど、まだ余韻が抜けないぐらい楽しいです。

――インカレにはいい影響になりますか。
弾みはついていないです。(笑)ちょっと疲れちゃったかな。体の調子は悪いですね。(今日はマスクをされていますが)寮内で風邪が流行っているので、とりあえず今かかったら笑えないので。

――メニューはどのように決められていますか。
国体後、腰と肩をやってしまって練習についていけないんですよ。景介の。それで自分は軽量プラットでやっていて、あまり練習考えてないですね。自分に足りないなって思った練習をずっとやっているだけなので。

――オフの日はどのように過ごされますか。
そもそも後輩と出かけることがないんですよ。最後に出かけたのは…個人的に誘って出かけたのは2年ぐらい前になります。もともと自分、東京だと出かけないんです。趣味が温泉めぐりと自然観賞だから。合わなくて東京は。温泉めぐりっていっても、高尾山とかは「このクオリティーでこの値段かよ〜」って。(笑)自然鑑賞で言っても奥多摩に行きたいんですけど、遠いので。地元帰ったら阿蘇とか、熊本の雑誌を読んでいるんですけど、まだ行ったことがないところがたくさんあるんですよ。「この街どこだろう」「この村何」みたいな。この冬はそういうところに行きたいです。だから山登りとか、秘境の温泉とか行ったりして旅したいです。こっち(東京)は人が多くて。人、多くないですか。(笑)なんかもうふらふらするんですよ、人が多すぎて。原宿とか渋谷とかあまり好きじゃないんですよ。卒業式の前に時間があるので、弟と山口県の下関あたりの橋分かりますか。めっちゃ長い橋。海きれいなところ。あそこ行こうかなと思っています。

――練習中に印象に残っている出来事はありますか。
一個上の吉川先輩との練習が一番きつかったです。1年生のこの頃、一緒に練習させてただいたんですけど、なんだろうな、倒れるんじゃないかなって思っていました。今でも覚えています、あの人との練習は。

――同期の方々と仲はいいですか。
同期とご飯とか行きたいなって思います。自分らの代って全然そろわないんですよ。卒業旅行も全員そろわなくて。たいてい自分か、山本(琢人・政経4=熊本西)か、美島(亮・政経4=名城大附)がそろわないんですけど、みんな一人が好きなんですよ、一人で行動するのが。でも最近、そういうの良くないのかなって思い始めました。頼まれたらなんでも断らないようにしていたり、人の好き嫌いをなくしたりしているんですよ。人間的な努力はしています。今一番変えようとしています。前はノリが悪かったです。だからこれからはイベントごととかもできるだけ参加しようかなって。

――卒業する前に4年生で集まれるといいですね。
集まりたいですね〜集まれるかな。(笑)せめて冬解散に入ったら山本とはどこか行きたいです。去年は阿蘇行ったんですよ、二人で。地獄温泉。今回はどこかな。もっと下の方に行きたいんですよ、天草とか。やっぱ熊本って有名なんですかね、知っていますよね、阿蘇とか天草とか。夕日でも見たいなーって。

――4年生のいいところを教えてください。
4年生は結構いい感じでバランスが取れているとういうか、針生と彰紀の伸びがすごかったなって思います。やる気がすごい。サプリメントの知識とかもすごい。すごいですよ、あの二人、相当勉強したんだなって。自分なんてサプリメントも考えずにやっていたので、やっぱ意識が高い奴が伸びるのかな〜って。昨日聞いたんですけど、これを飲んだら疲労回復とか、アルギニンとかそれの役割も一つ一つ覚えていて、針生なんて10種類くらい飲んでんじゃないかなって。自分なんて最近ちょっと奮発して買ったのが7000円。結構奮発したな〜。(笑)絶対サプリメントには金かけないと思っていたんですけど、みんなが伸びていたので。試しに買ってみたら、全然違いますよね。もっと早めに気づけな良かったな。

――最後に、同期の存在を一言で表していただけますか。
起死回生タイプが多い気がしますね。最後にどかんってくる奴が結構多かった気がするので、「起死回生」で。

――ありがとうございました。
永原
永原



次回は写真館とインカレ出場選手紹介です。アップは12月19日(月)の予定です。お楽しみに!

[星川裕也]


●Lifter’s High 2016―限界のその先へ―のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: