検索
 HOME > ウエイトリフティング部


Lifter’s High 2016―限界のその先へ―  (3)プラット対談A  

 人並み外れたパワーで鉄の塊と向かい合う。最大の敵は自分。1kgでも記録を伸ばすため、日々己の限界に挑戦する。バーベルを持ち上げ頭上高く挙げる。このシンプルで孤独な戦いを制するために欠かせないのは仲間の存在だ。厳しい練習を共に乗り越え、同じ釜の飯を食べ、互いを高め合う。それが明大ウエイトリフティング部だ。
 12月23日から3日間にかけて行われる全日本大学対抗選手権がいよいよ近づいて来ました。各校から選出された8名の代表選手の成績をポイント化し、その合計点を競う今大会。まさに各校の意地と意地がぶつかり合う大一番に向けて、ウエイトリフティング部の練習や寮生活の特集を行います。ルーキーやプラット、マネージャーの座談会や写真館、インカレ出場選手の紹介などをお届けする予定です。どうぞお楽しみに!
 第3回は、日々練習を共にするプラットでの対談です。今回お届けするのは中田耀介(農4=能代工)・元木雅人(農2=奈良朱雀)・三浦祐暉(法2=杵築)のプラットと、上野祐脩(政経3=東京学園)・中島要(営2=栃木翔南)・河村紀毅(営1=滑川)のプラットの2組。お互いを知り尽くした者同士で語ってもらいました。

中田・元木・三浦プラット
――このプラットが組まれた経緯を教えてください。
元木 最近変わりました。一人転向してきて。三浦が河村とチェンジして。
中田 補強とか全体的にヘルプがきていたので。
元木 三浦は、昔は結構やっていたんですけど今は面影がないというか、一応スクワット200だったんですけど、今170でかつかつで…。
三浦 黙れ。(笑)
元木 しかもスナッチ120張っていたんですけど、気が付けば110も10本に1本成功したらいいなぐらいの成功率になってしまって、この前一か月ぶりに105を2回連続でできていたっていう。本当にベストが120なんかっていうレベルですよね。
三浦 うるさい。

――プラット長はどんなプラットを目指していますか。
中田 楽しくできたらいいかなと。補強が弱いやつがいるんで、そいつの補強を強くできればいいかなと思っています。どうなん?
元木 自分は、はい。楽しいって言ったら楽しいです。厳しくはないです。
中田 起きたばかりで頭が働かないです(笑)

――練習のメニューはどのように決まっていますか。
中田 その時その時じゃね? 最近は補強とか、苦手な部分を克服しようということで。だいたい同じ感じで、体がやばくなってきたら落とすんですけど。(後輩2人を指さして)なんか変な顔してめっちゃにらんでくるので。
元木 いやにらんでないです。(笑)
中田 俺も体やばくなってくるから。
元木 昨日はちょっとやばかったですよね。
中田 あんまりやりすぎで続けていくとケガしてしまうので、落とす日も考えています。
元木 だいたい月、火で結構やって水曜ぐらいに死ぬ。(笑)
三浦 今週は月曜がひどかったです。
元木 基本、月、火は体力あって体が軽いので飛ばすんですけど、水曜ぐらいに一気に疲れがきて、今日はいいかって。

――練習中の雰囲気はいかがでしょうか。
元木 普通です…。悪い部分があったら指摘し合います。自分は指摘しかしてないですけど。
三浦 嘘つけ、おまえ。
元木 (三浦)こいつ下手くそなんで
三浦 おまえに指摘されたことないわ。
元木 指摘したら「あーなるほど」って言いながら、結局何もしていない。
中田 すごく心が痛くなるようなことしか言ってない。カバーしないでドストレートで言うからな(笑)。
三浦 もうちょっと日本語勉強したほうがいいよ。
元木 おまえはストレートに言ったほうがいいやん。
三浦 それは言われたら言われた方もイラっとくるやん。
元木 じゃあオブラートにつつんで言って進歩するん?
三浦 おまえも中島からストレートに言われたらイラっとするやん! 
元木 おまえは優しく言うと言うこと聞かへんもん。

――このプラットでやって良かった練習はありますか。
元木 みんな一緒のメニューをしているのに、このプラットで自分だけ調子良くなっています(笑)。自分は夏に一回ぎっくり腰になってそこから何もできなくて、もう何もしたくなくないって思った適当な時期があって…。
中田 え?
三浦 適当やったらしいですよ(笑)。
中田 適当だったんかおまえ!(笑)
元木 練習じゃなくて気持ちが適当な時期があったんですよ。で、この前の全日本新人くらいから調子が戻ってきたんですけど、結果はそんなに良くなくて、その次に明治記録会があったんですけど、その時くらいから一気にぶわーんって感じで調子が上がって今もその調子が途切れずに「これいけるんじゃね」みたいな感じで練習していますね。
中田 なんかムカつくな(笑)。
三浦 やっぱおまえに言われると腹立つ。

――プライベートでこのメンバーで出かけたりすることはありますか。
中田 ないな。
三浦 お願いします。
中田 最近結成したばかりだかな。
元木 まだ一か月経ったくらいですかね。
中田 これからそういうのはあるんじゃないですかね。どこ行きたい?
三浦 とりあえずご飯に。

――他のメンバーとは出かけますか。
三浦 同期とはよう行くもんな。
元木 そうやったっけ。あれは誘われたから行ってあげてるんやで。
三浦 こないだおごった分返してもらおうかな(笑)。

――後輩2人から見て中田さんはどんな人ですか。
元木 優しいです。
中田 気持ち悪いって。(笑)
三浦 面倒見がいい方です。
中田 そうですかね〜。

――怖い一面もありますか。
元木 言いにくくないですか。
一同 笑い

――中田さんから見て二人は。
中田 ちょっと面倒くさい奴もいるんですけど…。
三浦 おまえだ。
元木 え、自分ですか。
中田 あまり口に出さんから。練習中何かあると仕草で分かる。言いたそうにモソモソしてる。
三浦 俺はちゃんと言う。
中田 目線で分かるっていうか。
元木 そういうところがいい先輩ですよね(笑)。

――このプラットで印象的な出来事はありましたか。
中田 毒舌の言い合い。
元木 自分はたまにしかしゃべらないんですよ。
中田 練習でたまにしかしゃべらないのに、めちゃズバっと言っていたので「あれ?」って。(笑)三浦がかわいそうと思って。
元木 俺に言われて一週間くらいなえてたもんな。
三浦 いいよ別に。(笑)

――他のメンバーなどにライバル意識はあるのでしょうか。
元木 スナッチはみんな120台で結構競っているんですよ。一応自分は重量級で、下に佐藤匠と右規がいるじゃないですか。結構迫られているので、頑張って追いつかれないようにしています。階級も一個下二個下なので負けてられないです。自分はスナッチは得意な方なので、せめてそれだけは抜かれないように頑張っています。

――3人のモチベーション何かありますでしょうか。
中田 後輩が練習している風景を見て、自分もやらなきゃなって思うのはありますね。自分で言う分、やらなきゃなっていう感じです。例えばスクワットとか、本当は本数やりたくなくても後輩がすごくやっているときがあるので「やってやるしかねーなー」っていうときがあります。今は腰が痛くてできていないんですけど。
元木 自分はその逆で。先輩がやっているのを見て…。
一同 笑い
元木 自分も来年、再来年と試合あるかもしれないので、今、変にサボったりとか軽い重量ばかりやっていたら将来につながらないと思うので、今頑張ろうと思ってやっています。
三浦 同じく、今できることをちゃんとやって、卒業するときに後悔がないように。
中田 おまえ、よく言ったな。(笑)

――お互いのいいところを教えてください。
中田 おまえらから言って。(笑)
三浦 耀介先輩は、頼れるところですね。なんか自分にはないものを持っています。元木は、やっぱ的確なことをズバズバ言ってくるところがいいかなと思っています。
元木 自分は農学部で耀介先輩も農学部で、履修とか結構やってもらったりとか、どういう授業を取ったほうがいいとか教えてくれるんですよ。ゼミのこととかも聞いてみたりすると、結構いいこと言われたり、ここがいいんじゃねみたいに言われるので、勉強面でもすごく頼りになる先輩です。
中田 だってめっちゃ悩んでるんだもん。そりゃ言うでしょ。
元木 以上です。
三浦 俺のこと言ってないじゃん。(笑)
元木 ご飯をおごってくれるところ。
三浦 そんなおごってないしな。
元木 自分無口で一人行動することが多いんですけど、一人でぽつんといるとたまにこいつがやってきて誘ってくれたりするところです。
中田 言われたら素直にやるところは二人のいいところです。三浦は自分の苦手なところを最近一人でコツコツ練習できるようになったので、そこのところは真面目でいいかなと思います。元木は気軽に接してくれるのがいいかなと。自分はあまり話さないタイプなので。やりやすいっちゃやりやすいです。

――最後に、このプラットを一言で表していただけますか。
三浦 なんですかね?
中田 「マイペース」じゃない?
三浦・元木 はい。
中田 なんかおかしいな。まあ、いっか。
一同 笑い


(左から)元木、中田、三浦
(左から)元木、中田、三浦


――ありがとうございました。









上野・中島・河村プラット
――プラットの雰囲気はいかがでしょうか。
上野 ある意味プレッシャーを感じますね。やる時はやる、やらない時はやらないでオンとオフしっかりやっている感じです。「やる時はやんなきゃダメだよ」って。
中島 プレッシャーはあります。練習を見てくださっているコーチから言われることもあるので、しっかり練習しないとなっていう意識はありますね。
上野 今、このプラットは中田先輩(健太郎氏・平26政経卒)っていうコーチの管轄で見てもらっていて、もともと俺が見てもらっていたから、おのずとこいつらも見てもらっている感じだけど、それは結構プラスになると思う。中田先輩、結構厳しいし。ウエイトのことをよく分かっていらっしゃるから。こいつらは大変だと思うけど、怖いし。(笑)
河村 コーチが見てくださっているっていうことに関して期待されている部分もあると思うので、それに応えていけるように練習して2年後3年後につながるように今はそうやって基礎をつけています。

――練習メニューは中田コーチが作られているんでしょうか。
上野 おととい中田先輩が来られて、そういうときは中田先輩がメニューを決めてくれるんだけど、それ以外の日は中田先輩が作られるようなメニューを俺が考えている。補助が多かった時期もあったけど今はインカレ前だし種目メインになっちゃっているけど、本当はもう少しこいつらも体を鍛えさせたいんだけどね。メニューに関して、中田コーチからラインがくることもある。「今日はこれね」って。

――練習中はどのようなコミュニケーションを取られていますか。
上野 最近だったら、「ハイパー補助」かな。針生丈士主将(政経4=東京学園)から受け継いだんだけど。針生先輩がプラット長で俺と中島が下でやっていたときがあって、中島が「スクワットの補助をお願いします」みたいなことを言うときに「ハイパー補助で!」って言うの。「ハイパー補助」ってかっけーなって思って。かっけーって思ったからそれに応えないといけないなってなって「ハイパー補助で」って言われたら二人で(中島とポーズを決めながら)「はい!」ってやってた。
一同 笑い
上野 細かく見ている部分はあるし、俺自身もフォームとか感覚的にやるところがあるから、どういうものか分からない部分もあるんだよ。だから最近大変だなと思いながら、自分の試技にも集中しないといけないから、中途半端な時期もあったけど最近は慣れてきたかな。見てられる時間も多くなってきて。
中島 そうですね、フォームが崩れてきたり触る重量が下がってきたりすると上野先輩から指摘を受けることは結構ありますね。
河村 いろいろな面でご指導いただいています。
上野 無難だなおまえら。(笑)
中島 いやいや本当のことですよ。(笑)
上野 河村本当はもっと面白いキャラなのに、最近キャラが迷走してる。もっと変態キャラだったのに、正統派に戻ってから全然つまらない。
一同 笑い
河村 こういう場面で空気が分からなくなりました。

――インカレが近いですが練習中の空気は。
上野 こいつらにはすっげー申し訳ないんだけど、俺の気分次第なんだよね。本当にそれはね、毎回プラット長にしてもらうんだけど気分次第になるところは俺の課題だと思う。そう思うでしょ。
中島・河村 …。
上野 中島。
中島 はい(笑)。そういう時もあるっちゃあるかもしれないです。
上野 挙げる日、挙げない日が激しい練習をしているので、挙げない日はとことんひどい練習の日があって自分でもやばいなと思うんだよな。

――上野さんから見て、後輩二人のいいところを教えてください。
上野 河村は絶対強くなると思うんだよな。だけど、時間はかかると思う。3年生4年生になったら絶対に記録が出る選手だなって。それぐらいの素質を感じるし、真面目だから寮の仕事とかもしっかりやる。ふざける時はふざけるけど、恨めない。中島はノーコメントでお願いします。
一同 笑い
上野 中島はね、うーん、1年生のとき本当に下手くそだったんだよ。クソみたいなフォームしてて今もすごいけど、よくここまでやっているなと思う。だけどまだまだパワー不足。
中島 そうですね。
上野 真面目だから。真面目すぎる上にばかだから。変なことに真剣になっちゃうから、そこらへんだな。うん。中島に関して深い思いはない。(笑)
中島 おかしいな、こんなはずじゃ。
一同 笑い

――中島さんから見て二人は。
中島 上野先輩は結構、練習や大会の場数を踏んでいるのでそういう事について考えているっていうこともありますし、自分が変なところでつまづいたり困っているときにご指摘をしてくださるので助かります。同じ重量級なので、重量級ならではの練習とか情報を自分に教えてくださるのでありがたいなと思います。河村は…。
上野 なめてるよな。
中島 まあまあそうですよね(笑)。最近河村も着々と実力をためてきているという感じです。伸びてきているという感じではないんですけど。吸収していっていますし、元から考えて練習をする方なので自分で理解しつつ、筋力やテクニックに力を付けているので、先ほど上野先輩がおっしゃっていたように「伸びるだろうな」って思います。それで自分も結構焦っています。
上野 中島も先輩になったね。
中島 そうですね。こんな自分でも(笑)。

――河村さんから見て二人は。
河村 上野先輩は後輩の面倒見が良くて、自分たちに優しく指導してくださります。自分はこのプラットに入ってメンタル面というか、上野先輩はよく自己新を狙うときとか「落ち着いていけよ!」とか一声かけてくださるので、そこでやっぱり気持ちリセットされたりとか、そういうことが多々あって。いい先輩だなと思います。高校時代は先輩からそういう声をかけてもらうことはあまりなかったので、ここに入って自分もこのような先輩になりたいなと思いました。中島先輩は学年の一個上の先輩ということもあって、いろいろ迷惑をかけることもあるんですけど、そこは優しく厳しく接してくださります。自分が練習で抜けているときとかもあるんですけど、中島先輩は抜けることがなくて一定を保ちつつしっかり練習されているので見習いたいと思います。

――プライベートでは一緒に遊んだりしますか。
上野 そうそう、先週の日曜日遊びに行ったんだ。美味しいラーメン屋さんに行きました。国領の熊王っていうラーメン屋。無言で食ったんだけど(笑)。先週の土曜日、記録会があったんだよ。それで3人とも調子が悪くて、まあ調子が悪いなりにもこの二人はやってくれたと思うんだよね。で、俺が悪かったもんだからメンタル的に少し落ち込んでいて。「プラットで遊びに行くか」って気分転換で遊んだ感じかな。あまりウエイトの話はしなかったな?
中島・河村 そうですね。

――練習中の印象的な出来事は。
上野 河村がなんか妙に自信満々なときがあるんだよ。
中島 「あ、もう150余裕です、いけますいけます」つってやったら「あっ」って持ち上げた瞬間つぶれるんですよ。
上野 担いだ瞬間に無理だって分かったみたいで。「ばかやろう」って(笑)。
中島 バックスクワットで。
上野 河村はばかだから、何`新とか狙う前に、例えばこいつ196がMAXなんだけど、194をアップではさむとき、1本でいいのに2本やるんだよ。
中島 昨日ですか?(笑)
上野 そう。それで2本目につぶれるんだよ。2本目つぶれた後に200`は立てないじゃん。気持ち的にも、足も使っちゃっているし。なんかそこらへんで無駄に必死感が。昨日なんかあった?(笑)
河村 そうですね、スクワットいっぱいしたいなーって思いました。
中島 アップ1本でやめていれば昨日の200、立てたかもしれなかったですよね。
上野 1本だったら立てたかもしれない。
河村 スクワットはいっぱいやりたいっていう…よく分からないんですけど。
上野 そういうよく分からない衝動っていいよね。なんかあるんだよね俺もたまに。
中島 調子いいときにあります。
上野 「あ、これ絶対いけるじゃん」っていう衝動がたまに起こるとめっちゃ軽かったり。
河村 個人的に朽名先輩(泰河・法3=名城大附)とすごいいい勝負していたときがあって、朽名先輩に勝ちたいみたいなイメージでずっとやっていてそういう衝動がありました。
上野 朽名いくつだっけ。
河村 200です。
上野 200か、少し高いな。

――このプラットで良かったと思うことは。
河村 自分は初めてプラットが変わって、違う人とやることが増えたので違う人の良さを吸収できたことが良かったかなと思います。
中島 今までほとんど針生先輩がプラット長のところで練習をやらせてもらっていたんですけど、今回上野先輩がプラット長のところで練習して、やっぱそのプラット長が変わるだけで練習の内容や指導の内容とか経験も違うので、今までとはまた違った側面を自分なりに学習できたのかなとは思います。後輩と同じプラットを組むというのは今回が初めてだったので、やっぱり後輩がいるってだけで負けられないっていう気持ちがありますし、それで毎日練習に気合が入るというか、それだけで練習に対するモチベーションが増えるので良かったです。
上野 去年の冬に新体制になってから俺がプラット長になることが1回か2回あったんですけど、正直あまり良くなかった。俺が調子悪いし、俺の雰囲気が負のオーラに満ち溢れていて、後輩には良くないことしてしまったなっていう思いがありました。このプラットは元々は河村じゃなくて中島と三浦だった。で、中田先輩の意向で「インカレもあるから代えるぞ」っていうことで河村が入ってきたんだけど、それは俺に責任があるなと思う。三浦に対して悪いことしたなって。だから中島と河村に全力でやらなきゃいけないなって思っている。俺自身もインカレがあるからここからピリピリするし、集中しなきゃいけないなって思っていて、やっぱり自分の世界に入ってしまうことも多いと思うんだけどそこは理解してもらって、そうじゃない時は全力でサポートしていこうと。二人はそういうことを分かってくれているので、そこは感謝してる。

――最後に、このプラットを一言で表していただけますか。
上野 河村なんかありそうじゃん。
河村 いや〜まだ出ないです。
上野 すっげー難しいじゃん(笑)。
一同 …。
上野 「バラエティチーム」で。お笑い担当でいっか。
中島 そうですね(笑)。

(左から)中島、上野、河村
(左から)中島、上野、河村


――ありがとうございました。

次回はマネージャー対談です。アップは12月12日(月)の予定です。お楽しみに!

[星川裕也]


●Lifter’s High 2016―限界のその先へ―のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: