検索
 HOME > サッカー部

左から平光、徳吉、野寺


一心  (9)〜インカレ直前特集〜 4年生マネジャー対談  

 心を一つに頂点を目指す。昨季は総理大臣杯準優勝、関東リーグ戦2位、インカレ3位と好成績を残し続けたものの、ビッグタイトル獲得はならず。8名のプロ進出選手を要し、全国屈指のタレント陣を誇ったがあと一歩で栄冠を手にすることはできなかった。
 今季の目標は6年ぶりのリーグ戦優勝、創部初の総理大臣杯優勝、7年ぶりのインカレ優勝。昨季達成することができなかった3冠を再び最大の目標と定めた。今年のチームカラーは「みんながまとまって泥臭く勝ちにいくところ」と服部一輝主将(法4=札幌大谷)。球際・切り替え・運動量の3原則をベースに、組織的な守備と攻撃を貫き通す。本特集はそんなサッカー部の1年を追い続ける。
 12月7日の開幕が迫ったインカレ。明大は関東第1代表のシードとして10日の2回戦から出場する。総理大臣杯、関東リーグのタイトルを手に、創部初の3冠を目指す。インカレ直前特集では12月3日から全7回で、4年生2組の対談、4年生3選手の特集、4年生マネジャー対談、三浦佑介ヘッドコーチ、栗田大輔監督のインタビューをお届けします。明大の初戦である10日の前日には瓦版を掲載します。
 第4回はマネジャーとして4年間裏からチームを支えてきた、平光萌子(政経4=都立三鷹)、野寺里瑛子(文4=専大附属松戸)、徳吉夏乃(商4=明大中野八王子)の3人の対談をお送り致します。(この取材は11月24日に行ったものです。)



――インカレ前ですが、外から見ていてチームの雰囲気はいかがですか
平光:リーグ戦も大臣杯も優勝したけど、2冠取ったってことですごく喜んでるような感じはなくて、どちらかっていうともう次という感じです。優勝したから俺ら強いぞっていうところも今ないし、いい感じに謙虚にっていうところは忘れずにやってるのかな。
野寺:あと王者としてのプレッシャーはあんまりないのかなーって。一戦一戦取り組もう、みんなで一心でがんばろうって思ってるのかなっていうふうに。
平光:あんまり気が緩んでる感じはしないですね。気を引き締めて頑張ってるんだろうなっていう。

――今年はすでに2冠を達成しました。この1年を振り返ってみていかがですか
野寺:早いですね。
平光:まさかこの代が…という感じ。私たちが言うのもあれだけど(笑)。
野寺:一個上がやっぱりすごくて二個上三個上も実力ぞろいで、今年は一気に抜けてどうなるかなって思ったんですけど、びっくりするくらい結果が付いてくるっていう。でもそれはキャプテン服部を中心に頑張ってるのはこっちからも見て分かっていたので、だからこその結果なのかなと。
平光:リーグ戦開幕前、TRMめっちゃ負けてたんですよ、5試合くらい勝てなくて。私たちもこれ結構やばいぞってなって、池上(礼一コーチ)さんとも今年大変かもしれないねって話をしてて(笑)。でもそれを室屋(成・政経4=青森山田・現FC東京)に本当に今年勝てないかもしれないどうしようって相談したら、いや勝ってるから良いチームってわけじゃないしまだリーグ戦始まってないからわかんないでしょみたいに言われて。それでリーグ戦始まったらぽんぽん勝ち進む、今まで点数取って喜んでるところをあんまり見たことのない詩温(丹羽・文4=大阪桐蔭)とか拓也(岩田・商4=FC東京U―18)がリーグ戦で点数決めてる…。
野寺:しかも詩温は得点ランキングに絡んでくるみたいな。
平光:見てる私たちがあれこんなチームだったっけって思っちゃうようなところはあって。でも、今年シーズン始まりがちょっと早かったりミーティングすごくたくさんしてたりとか、よく考えたら強くなる要因はたくさんあったのかなっていう感じはしてて、大臣杯とかも初めて行ったからっていうのもあるんですけど、集中力とか緊張感とかが今まで見てきたチームとはちょっとケタ違いにすごいものがありました。
徳吉:私は学連のチームに関わることが多いんですけど、早かったし、優勝っていうすごく貴重な経験ができた年だなって思ってます。
野寺:毎年毎年早かったんですけど、やっぱり自分たちの最後の代は圧倒的に早くて。
平光:もうインカレ?!って感じだよね。
野寺:なんかこの前桜咲いてたのに、もう雪?12月?みたいな。
平光:毎回毎回話したよね。もう前期終わっちゃったね、もう夏休み終わっちゃったね、もう合宿終わっちゃったよって(笑)。

――今シーズンで一番印象に残ってることは何ですか
平光:私は大臣杯かな。
野寺:東海学園大学との試合(記事はこちら)は負けると思いました。あー終わったって思いました。
平光:延長に行く時と試合終わる時って準備が違うんですよ。それで、2人してどっちの準備する?ってなって、もう負けるかもしれないから試合終了の方の準備しようかって感じになってたら点数入って、点数入ったの?やばいやばいって(笑)。
野寺:慌てて延長の準備を(笑)。
平光:あんなにヒヤヒヤしたこともあんなにバタバタしたことも今までなかったですね。
野寺:あと流経のリーグ戦(記事はこちら)。あれも負けると思いました。初黒星かーって。
平光:それとやっぱり優勝は大きいかもしれない。
野寺:優勝は大きい。4年間でも初めてだったので。なかなか経験することができないものを2回も体験できて幸せ者だなとは思いますね。しかも最後の年に。
平光:ロッカールームの様子をみんなに見せてあげたいってくらい幸せな感じだったよね。
野寺:総理大臣杯のときはやっぱりすごかったですね。
平光:円陣組んでみんなで歌いながらぐるぐる回ってたりとか。
野寺:お祭りのようにね。

――話は変わりますが、マネジャーになろうと思ったきっかけを教えてください
平光:私は高校1年の時からサッカー部のマネジャーをしていて、それは部員の勧誘に負けて入ったんですけど、大学入って何しようって思った時にやっぱりサッカーしかルールが分からなくてサッカーのサークルやろうかどうしようかなって思ってた時に体育会サッカー部知って練習を見に行きました。その時ロングボールがスパっと足元に収まるのを見て「なんだこれは」っていう感動を受けて、私ここに入ったら絶対楽しいと思いました。そこで一目惚れというか直感でもう絶対ここっていう感じでした。
徳吉:私は高校で水泳のプレーヤーをやってたんですけど、その時にマネジャーっていうのを見て、いいなって思っていて。大学入ってからは体同連とかでもいいかなって最初思ってたんですけど、勧誘しに来てくれて練習参加してきて、空気感だったり体育会って独特だなって思ってなおかつ2、3人しかは入れないということで貴重な経験ができるかなって思って入りました。サッカー部にしたのは元々サッカーを見るのが好きだったからです。大学では何かしらでサッカー関連のことをやりたいなって思っていたので。
野寺:私は4月に入学した時は、髪の毛も染めてサークル入ってエンジョイしようみたいな感じで思ってたんですけど、サークルの勧誘受けた時なんかちょっと違うなって思って。そう思ってた時にたまたま一個上のマネジャーさんに声をかけていただいて、すごく熱心に真剣に話してきてくれて興味を持ちました。チラシに載っていたマネ日記とか見たりして練習参加してみようかなと思って実際に参加した時に、1つの目標に対して一丸となってみんなが頑張ってる姿を見て心打たれて、運動するなら高校まで部活でプレーヤーをしてたのでプレーヤーだと思ってたんですけどマネジャーっていうのもありなのかなと思って。一個上のマネジャーさんがすごく良くしてくださったし、折角のご縁だからと思って入りましたね。サッカー部に入ったのは本当にたまたま。運が良かった。本当にあの時声をかけていただいて良かったなって思ってますね。

――実際に入部してみていかがでしたか
平光:サッカー部って全国大会出たとかそういう人しかスポーツ推薦で来れなくて、だから私のイメージはもっとツンっとしていて格好つけた人が多いんじゃないのかなって思ったら、みんなすごくサッカーが大好きな一生懸命な人たちでした。1年生は仕事の量もめちゃめちゃ多くて、私たちも1年生の時は結構夏休みとかに朝から晩までいなきゃいけないとかあったんですけど、その私たちがグラウンドに着く前からグラウンドで準備をして終わった後も片付けをしてというように1日中仕事をしていて、こんなに真面目な人たちなんだっていういい意味でのギャップは私はありました。
徳吉:意外と選手が自ら準備だったり私生活だったりやってるんだなと。洗濯とかもマネジャーやるのかなって思って入ったけど、自分たちでやってるんだなって。
平光:きれいに干してあるよね、こだわりある人とか(笑)。
野寺:マネジャーは合宿とか遠征とかでしかやらないよね。ユニとかやるかなと思っていて、結構覚悟して入ったんですけどあれ?みたいな(笑)。マネジャーの私生活もちゃんと大事にしてくれてるので、そういう意味の充実もありがたいですね。そういうふうに制度を整えてくれてるっていう。
平光:部員が主体的にやるっていうね。

――具体的にマネジャーにはどんな仕事があるのですか
平光:練習はボトル出したりとか、ボール拾いしたりとか。基本的には部員がサッカーしやすい環境を整えるってところなんですけど、昨年から朝練の後に学校行く人たちが朝ごはん食べる時間が無くて栄養が摂れないからおにぎりを握ってくれっていうふうに言われて、握ったりとかもしています。夏乃はそれこそ学連の仕事があるから別にはなってくるけど、試合後飲み物出して、「マネージャー日記」書いて試合結果更新して、みたいなことかな。
徳吉:学連は大学を支えるっていう立場で、陰で徹するっていう感じかなって思っています。他に所属したら部会があってそれを取り仕切るところ、広報関係を全般的にやるところ、とか総務とか本当の会社みたいになっていて、そういうのを経験できたのは良いことだったって思っています。

――「マネージャー日記」を書く上で気をつけていることはありますか
野寺:私は絶対全員載せるということ。ただ立ってる写真でもとりあえず撮っています。あとオフショットは絶対載せようと思ってます。

――マネジャーをやっていて大変だったことはありますか
野寺:まあ朝の6時練ですかね(笑)。中高でもなかなかそんな朝の6時からというのはなかったかな。
平光:しかも2人(野寺・徳吉)は家遠いんですよ。
野寺:今は自転車で来られるマネジャーが多いんですけど、ここ2人は電車族で始発に乗らないと間に合わないので朝の3時半くらいから目覚ましかけ続けてみたいな。
平光:あと、夏はひたすら暑いし、冬はひたすら寒いです。夏のマネジャー悲惨ですよ(笑)。化粧は落ちるし日焼けするし。
野寺:夏は比較的忙しいですね。
平光:部員と同じような汗かいてるんじゃないかって(笑)。
野寺:まあ部員の方が大変なんですけど(笑)。
平光:あっもう水ない、こっちも水ない!みたいな(笑)。
野寺:選手は水を浴びるんで、半分以上ボトルの水がそれで無くなるんですよ。飲む水も必要なのに(笑)。
平光:あーもうなくなってるー、さっき用意したばっかなのにみたいな。
野寺:しかもみんな賢くて、ちゃんと持ってきたばっかりの氷の入ってるのを使うんですよ(笑)。
平光:それが仕事なんでね(笑)。
野寺:まあそうなので仕方ないですけど(笑)。
平光:朝練と夏は大変、酷って感じですね。

――そういう中でも、やりがいはどういう時に感じますか
野寺:やっぱりみんなが笑顔な時はやってて良かったなって思います、勝った時とか普通にトレーニングでお話ししてる時とか。
徳吉:卒業してく先輩に、今まで1年支えてくれてありがとうって言われた時には泣きそうになりましたね。あとボトル渡す時にありがとうって言ってくれるのもちょっとうれしいなって思いますね。
野寺:あと、ボトルをちゃんと戻してくれる人とか…投げすてる人もいるけど(笑)。全然良いんですけどね、それが仕事なんで。
平光:これ絶対書かれたみんな戻すよね。
一同:(笑い)

――同期のマネジャーさんとの思い出はありますか
徳吉:私は1年目の大臣杯のとき…。
一同:あー(笑)。
野寺:大臣杯で初めて部で決勝行って。
平光:向こうまでは夜行バスで行って、現地解散になるっていうのを聞いて大阪で遊べるって思って。
野寺:なかなか旅行する機会もないしね。
平光:大阪で遊べるぞってなって、里瑛子にホテル取ってねって。
野寺:じゃあホテル取るよみたいな感じで予約したんですけど、予約日が次の日になっていて(笑)。着いた時に明日になってますよみたいに言われて「えっ?」みたいな。
平光:大臣杯の締めのあとに、ホテル3人で楽しみだね!って行ったのに泊まれないぞってなってどうするって(笑)。
野寺:とりあえず銭湯行ったんだっけ。
徳吉:そう、銭湯行った。
平光:しかも私たちまだ出会って4ヶ月とかで。
野寺:しかも初めて3人で。
平光:そう、初めて3人がそろって、遊ぶってなって。ホテルないどうしようみたいな。結局銭湯行ってカラオケ行って、次の日の朝マックでって感じで帰ってきたのかな(笑)。
野寺:まあ良い思い出ですよね。
平光:良い思い出。でも最初私たち3人だから不仲説が流れてたんですよ。絶対3人だと仲悪いだろう女子は、みたいな(笑)。めっちゃいじられてて、だから3人で遊びに行ってるっていうのもみんなからしたら「え?」みたいな感じで。
徳吉:でも仲良いよね。
平光:それこそ3人でディズニーも行ったしユニバも行ったし納涼船も行ったし(笑)。
野寺:この3人で良かったです。私は一緒に入れてすごくよかったなって思います。
平光:お疲れ様会の後も必ず3人で2次会やったりとか、ことあるごとにご飯行くよね。4マネLINE常に動いてるよね(笑)。

――同期の選手はどういう存在ですか
平光:私たちの代は仲に入れてくれることが多いから、それこそごはんも誘ってくれるし部員のLINEに気づいたらマネジャーが入ってたりとか。今までは「部員」と「マネジャー」って感じが強かったけど今年はお前らも部員だぞっていう同じ目線で見てくれようとするのは私たちからしたらうれしかったです。卒業旅行も一緒に行こうねとか。
野寺:部員ブログも部員だけ書くと思ってたら、お前らも部員だから書けよって言われたりとか。
平光:扱いは雑になったけどね。1年から4年になるにつれて本当にひどいよね(笑)。
野寺:向こうが何とも思ってないだろう言葉とか、たぶんテキトーに発してるんだと思うんですけど。
平光:女の子として扱わないといけないというのは彼らの中にはたぶん…
一同:ない。(笑)
野寺:でもいい意味で(笑)。出会えて良かったって思います。
平光:仲間っていう感じ。

――選手たちに直してほしいところはありますか
徳吉:直してほしいところ…もはや個性として受け入れてる(笑)。
野寺:最初入部した時はたぶんパンツ一丁で歩いてることにうわ〜直してほしいな、マネジャーの前くらいは、って思ってたんだと思うんですけど今は何とも(笑)。
平光:直してほしいって思ってたことはたくさんあったんだけど、私たちがなんでも受け入れられる。耐性がつきました。
徳吉:慣れちゃって、普通の感覚じゃなくなっちゃいましたね。

――仕事をする上で大切にしていることを教えてください
野寺:1、2年生の時はひたすら動く、走る。先輩のマネジャーが動くのを遮って、やりました。
平光:私がやります、大丈夫ですって。ここにいてくださいって。
野寺:ほんとにひたすら動いてました。
平光:朝早い練習とか夕方の練習とか多かったよね。ひたすら1、2年生の時は動いて動いて動いて。3、4年になったら余裕が生まれてきたから、それこそ部員がこれをしてくれたら喜ぶかなっていうところを意識して動けるようになってきました。例えばアイシングする時にベンチコートかけてあげたらきっと助かるだろうなとか、アイシング20分だからそろそろ終わるよって声をかけてあげるために20分測っておいた方が助かるだろうなとか。そのくらいのレベルのことで、小さいかもしれないけどあったら喜んでくれるかなっていうことは3、4年になったら見えるようになってきて、そこは意識したいし後輩よりできていたい。
野寺:後輩のうちはボール拾ったりボトルやったりっていうのがメインの仕事でしたけど、3、4年生になってからは基本の動きプラスαができるように心がけてますかね。

――2人の1年マネジャーさんが、尊敬している人に4年生のマネジャーさんを挙げていました。後輩マネジャーとの関係はいかがですか
平光:後輩とも仲良いよね。昔は本当に上下関係が厳しかったけど、今はマネジャーミーティングと題して全員でごはん行ったりとか。
野寺:月1でやってるんですよ。報告し合ったり把握し合ったり。
平光:みんなの誕生日は必ず祝ったりとか、それは今までなかったから仲良いのかなって思うけどどうなんだろうね。後輩たちは私たちが怖いのかな。
野寺:どこ尊敬してるのか気になるところですよね(笑)。でもクラスの友達とかサークルとか入っていて女友達がやっぱり多いじゃないですか。でもマネジャーだと同い年だけになっちゃうんで、こうやってマネジャーみんなで仲良くできるのはすごくうれしいですね。コミュニティーが狭いから(笑)。
平光:でも女の子9人なのにギスギスしないのは素晴らしいよね。仕事とかもじゃあ私が私がみたいにテキパキしていて。距離感は上手にとってるかな。

――4年間やってきて成長したことは何ですか
野寺:視野が広くなったかな。どんな時でも周り見ようとかあと気遣いしようとか。
平光:なんかお母さんみたいになったかなって思います。なんでも来いって感じ今は。1年生の時は4年生にボトルとか渡すのもどのタイミングでいけばいいんだろうみたいなところがあったけど、今はもうなんでも平気。4年間でいろんなことがありすぎて、それこそスパイク縫ってくれって頼まれたりとか、そのお願いはちょっと無理じゃないっていうのもあって。だから今は何を頼まれてもとりあえず「分かった」って言えるようになったし、それはメンタルが強くなったからかもしれないです。あんなに緊張するところに行くこともないし、全国大会の決勝戦なんてって感じだけど今はもうそれすらも楽しめる余裕ができたし、わくわくできるようになったかな。
徳吉:私はいろんなことをやってる人を見ると、この裏で頑張ってる人がいるんだなっていうのを考えられるようになりました。学連で自分が辛かったりする思いをいつも考えちゃうというか。サッカーの大会を見ていてもこの裏には自分と同じ経験をしてる人がいるんだろうなっていう風に奥まで考えることが増えました。それに対しての感謝は大きいですし、人を喜ばせるっていうのはすごいことだし、いいことだなって思ってます。
野寺:こういうところにはこういう人がいてっていうのを考えるようになって、ありがとうっていう感謝の気持ちは絶対に忘れないようにしようっていうふうに思うようになりました。あと視野は広くなったと思いますね、バイト先でもマネジャーみたいですねってよく言われます(笑)。察して動いたりとか気遣いもそうなんですけど、言われる前に動くみたいなことができるようになったかなと。

――最後のインカレとなりますが、マネジャーとして思うことはありますか
野寺:正直寂しい。もう終わっちゃうんだっていう。
徳吉:あと数えられる回数の試合しかないっていうね。
平光:多くてあと4試合しか見られないっていうのは大きいし、最後の解散日はもう12月19日って決まっていて、もう1カ月もないのは寂しいしまだ引退したくないって。本当はもっと髪の毛早く染めたかったし、もっと土日遊びに行きたかったし、土日バイトできたらなとか思ってたのに、今もう目の前にインカレがあるとまだみんなと一緒にいたいなって。引退したらみんなバラバラのところにいっちゃうからまだみんなと一緒にいたいなって思うし、今年3冠を取れるのは明治しかいないしそこに向かってみんなが努力してきたのを近くで見てるから、これが結果になればいいなって、結果につながりますようにって。私たちにできるのは本当に限られたことしかなくて、その限られた時間で限られたことしかできない私たちからしたら…。
野寺:祈るのみ。
平光:ね、みんな本当に頑張ってるから神様本当にお願いします、みたいな。まだ引退したくないしまだみんな見ていたいし。
野寺:翼(伊池・商4=横浜F・マリノスユース)が部員ブログで、マネジャーの仕事があって試合に臨める、みたいな試合のルーティーンみたいなのを書いてくれていて、こういうふうに思っていてくれる人もいるんだなと思えたし、そういうマネジャーがやるべき当たり前のことをちゃんとやってみんなを送り出したいです。
平光:でもちょっとワクワクはするかな、最後のインカレ。
徳吉:今まではリーグ戦だったからもう一回次の試合で勝てばいいっていうのがあったんですけど、インカレはトーナメントなので本当にシビアだなと思います。私は運営フォーメーションのところ中心に入るので、やっぱり大臣杯とかリーグ戦で勝った時の喜んだ顔をもう一回見たいなっていうのはあります。あと3冠した大学は関東ではまだないので、新しい記録を作ってくれたらなって思っています。

――ありがとうございました。

次回は三浦佑介ヘッドコーチのインタビューです。更新は明日12月7日です。お楽しみに!

[鈴木拓也・亀井笙子]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: