検索
 HOME > ウエイトリフティング部

 


Lifter’s High 2016―限界のその先へ―  (1)ルーキー座談会  

 
 人並み外れたパワーで鉄の塊と向かい合う。最大の敵は自分。1kgでも記録を伸ばすため、日々己の限界に挑戦する。バーベルを持ち上げ頭上高く挙げる。このシンプルで孤独な戦いを制するために欠かせないのは仲間の存在だ。厳しい練習を共に乗り越え、同じ釜の飯を食べ、互いを高め合う。それが明大ウエイトリフティング部だ。
 12月23日から3日間にかけて行われる全日本大学対抗選手権がいよいよ近づいて来ました。各校から選出された8名の代表選手の成績をポイント化し、その合計点を競う今大会。まさに各校の意地と意地がぶつかり合う大一番に向けて、ウエイトリフティング部の練習や寮生活の特集を行います。ルーキーやプラット、マネージャーの座談会や写真館、インカレ出場選手の紹介などをお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

 第1回は今年度ウエイトリフティング部に入部した河村紀毅(営1=滑川)、北出光茂(政経1=ルネサンス大阪)、竹川夏輝(法1=県立川口)、戸田樹(政経1=白鴎大足利)、古山翔太(政経1=金足農)の対談です。


——明大に進学した理由を教えてください。
北出 大阪の時からつながっている先輩がいて、誘われたので。他に行くところもなかったですし。
竹川 後藤(将・政経2=県立川口)先輩と同じ高校で。高校の時からお世話になっていて、もう1度一緒にウエイトをやりたいと思って明治に来ました。
戸田 進路に迷っていた時に監督からお話しをもらったので。
河村 自分も監督からお話をいただいて。
古山 齋藤(竜磨・農3=金足農)先輩と同じ高校で、一緒に練習をしたいと思ったので。

——寮生活はどうですか。
北出 大変です。一人少ない分、やることも多いんで。
竹川 先輩から聞いていたので、覚悟はしていたんですけどやっぱり大変なことも多いです。
戸田 慣れるまでは時間がかかりました。
河村 最近は慣れすぎてという感じですけどね。
北出 少しだらけてる感はあるな。

——同期の仲はどうですか。
北出 あんまり良くないな。
戸田 あんまり良くないですね。
一同 笑い
河村 良くも悪くも。まあまあですかね。
竹川 いい時もあるし、悪い時もあるし。
一同 たしかに。
河村 ケンカもしょっちゅうです。
竹川 自分と古山は結構仲悪くて(笑)
古山 あいつ、エアーガン打つんですよ。
一同 笑い
北出 たまに遠慮してまう時もあるな。
古山 でもなんだかんだ生活できているんで、いいんじゃないですかね。
河村 家族みたいな?!
古山 家族とは思わないけど。
北出 ひど!
戸田 ひど!
河村 俺らは思ってるけど!
一同 笑い

——同期で遊びに行ったりはしますか。
竹川 前期で1回行きました。
北出 一緒に行ったけど、最後はバラけたな。
河村 現地解散!
古山 そう考えると仲良くないな。
竹川 これから、これから!

——大学での練習はどうですか。
竹川 高校の時よりやることが多いので、やっぱりつらいですけど、おもしろいなと思います。
北出 自分は高校の時練習を週2くらいしかしていなかったので、大きく変わりました。
戸田 やっぱりきついですね。
河村 重い重量を扱うことが高校よりも増えたかなと思います。あと、大学の方が淡白というか。高校の時は基礎練が多くて、という感じでした。
古山 高校の時は監督に支持されたメニューをなんとなくこなすという感じだったんですけど、大学ではプラットごとに、メニューが違うので。そこが一番の違いかなと思います。

——先輩から学ぶことは多いですか。
一同 多いですね。
河村 技術的な話しになっちゃうんですけど、学ぶことは多いです。

——学校の授業との両立は大変ですか。
北出 古山が一番きついんちゃう?6限多いし。
竹川 たしかに。練習時間が一番短い。
古山 後期に入ってから6限が週3になったのでちょっときついです。
河村 基本的に1年生は(練習の)正規の時間に入れない人が多いですね。
竹川 政経の3人はほとんどいないですね。
河村 課題とかはちょっと大変ですね。
竹川 俺はそんなに。法学部なので。
古山 まあ、余裕ですよ(笑)

——部の雰囲気はどうですか。
竹川 自分はいい雰囲気でできてます。高校の時は仲良しグループの集まりというか、そんな感じがあったので。こっちに来て、ピリッとした雰囲気でできるのがいいなと思います。
戸田 自分は高校の時は一人だったので。集団で学ぶことが多いです。

——お互いの印象はどうですか。
竹川 第一印象からは180度変わりました。
北出 まあ、そうやな。暮らしてみて。
河村 竹川君が結構変わりました。
北出 まじめな感じだと思ってた。
河村 今はもう、なんか(笑)
北出 キレやすい、って感じやな。あといじりやすくなった。
河村 古山君は体型通りって感じです。いじりやすい。
戸田 河村はまじめだけど…
北出 ちょっと抜けてる時があるな。
古山 やばいっすよ。
竹川 戸田は第一印象通りだな。
河村 ちょっとうざい、みたいな
一同 笑い
河村 うそうそ。気さくな人だなと。
竹川 しゃべりかけやすい。
河村 北出は、大阪のガキ大将
竹川 そうですね。どっちかっていうと、ヤンキータイプかなと。
戸田 大阪、っていう感じでした。
北出 ただのアホみたいな。

——明大ウエイトリフティング部に入ってよかったと感じることはありますか。
竹川 地元に帰ると、ちやほやされるよね。
戸田 そっちかよ、お前。
竹川 あとは練習のレベルが高いです。
河村 すべてにおいて勉強になることが多いですね。

——今後の目標を教えてください。
竹川 最終的にはインカレメンバーに選ばれたいなと。
戸田 インカレは目標として大きいな。
北出 なんなら、今年の補欠からいきたい。
古山 そうですね。やっぱインカレですね。
河村 とりあえず個人の目標をとるということで。
竹川 最終的にはみんなで(全日本)個人戦に出たいなというのはありますね。
北出 みんなで助け合ってな。
戸田 後輩も入ってくるし。

——来シーズンに向けて意気込みをお願いします。
竹川 個人として記録を伸ばしていきたいです。
一同 そうだね。
河村 頑張っていきたいと思います。

 次回はプラット対談です。アップは12月7日(水)の予定です。お楽しみに!

[高野夕]


●Lifter’s High 2016―限界のその先へ―のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: