検索
 HOME > サッカー部

左から小出、河面、服部


一心  (6)〜インカレ直前特集〜 4年生対談@ (河面・小出・服部)  

 心を一つに頂点を目指す。昨季は総理大臣杯準優勝、関東リーグ戦2位、インカレ3位と好成績を残し続けたものの、ビッグタイトル獲得はならず。8名のプロ進出選手を要し、全国屈指のタレント陣を誇ったがあと一歩で栄冠を手にすることはできなかった。
 今季の目標は6年ぶりのリーグ戦優勝、創部初の総理大臣杯優勝、7年ぶりのインカレ優勝。昨季達成することができなかった3冠を再び最大の目標と定めた。今年のチームカラーは「みんながまとまって泥臭く勝ちにいくところ」と服部一輝主将(法4=札幌大谷)。球際・切り替え・運動量の3原則をベースに、組織的な守備と攻撃を貫き通す。本特集はそんなサッカー部の1年を追い続ける。
 12月7日の開幕が迫ったインカレ。明大は関東第1代表のシードとして10日の2回戦から出場する。総理大臣杯、関東リーグのタイトルを手に、創部初の3冠を目指す。インカレ直前特集では12月3日から全7回で、4年生2組の対談、4年生3選手の特集、4年生マネジャー対談、三浦佑介ヘッドコーチ、栗田大輔監督のインタビューをお届けします。明大の初戦である10日の前日には瓦版を掲載します。
 第1回は今年1年間守備の要としてチームを引っ張ってきた4年生、河面旺成(政経4=作陽)、小出悠太(政経4=市立船橋)、服部の3人の対談をお送り致します。(この取材は11月24日に行ったものです。)


――今シーズンここまでを振り返っていかがですか
小出:
一応2冠を取れているので順調...?
河面:順調ですかね。
服部:まあ結果だけを見れば順調です。ただターニングポイントになっている部分はあって、立正大戦だったり、リーグ戦も1点差のゲームが多いですし、大臣杯も先制されるゲームも多くて、結果だけを見れば圧倒的に優勝できたりもしたんですけど、ふたを開けてみれば、きつかったですね(笑)。
小出:紙一重という感じですね。

――今シーズンからユニホームも新しくなりました
小出:
見られているなあとは感じますね。
服部:やっぱりスポンサーさんとかも入ったので、そういうのもありますけど、元々の紫紺のユニホームの重さというのは昔から引き継がれているものなので変わらないですね。
河面:でもまあかっこよくなったので(笑)。
小出:かっこよくなりましたね!

――今年の4年生はどんな学年でしょうか
服部:
仲がいいですね。いつも言うんですけど(笑)。
小出:何でも言い合える。
服部:ただ仲がいいだけじゃなくて、サッカー中でも私生活のところでも4年生が中心となって厳しく言えているので、まとまりのある学年かなと思います。
河面:そうですね。仲良しです。
一同:(笑)

――昨年の4年生から言われたことで印象的だった言葉はありますか
小出:
俺は、あれだな。「来年やばいぞ、勝てんの」みたいな。
河面:それは言われたね。
小出:それで自分たちも危機感はありましたし、始動前から4年生でどうしていくかみたいな話は何度もしましたね。
河面:僕は...諒くん(橋諒選手・平28文卒=現名古屋グランパス)から「来年任せたぞ」と言われました。
服部:いろんな4年生からは冗談交じりに「残留はしろよ」みたいなことは言われましたね。「頑張れ残留」みたいな(笑)。
小出:卒業した先輩からも「大丈夫なの?」みたいなことも言われて正直悔しい気持ちもありました。
服部:でも危機感を植え付けられたというのはありますけどね。
河面:言ってくれたから危機感持てた。
服部:でも言われなくても分かってたけどね。
一同:(笑)
服部:危機感は持とうと言ってましたからね。

――そんな中で創部初の総理大臣杯優勝、6年ぶりのリーグ優勝を果たしました
小出:
大臣杯に関してはずっと決勝で負けていたりしたので、その借りを返したいという気持ちは強かったですね。
河面:先輩も結構見に来て応援してくれたりしたからね。
小出:優勝のシーンを見せることができて良かったです。

――4年間過ごした寮での思い出を教えてください
服部:
毎日が思い出ですね。
一同:(笑)
河面:きつかったな。
服部:特に1、2年生の時はきつかったというか、よく言えば人間的に成長できたという言葉で収まるんですけど...。1、2年生を経て、社会に出て通用する人間になることができたとは思います。
河面:学年でミーティングとかもするので、それで団結を深めることもできましたね。

――下級生の仕事は大変でしたか
小出:
そうですね。本当に大変でした。
一同:(笑)
服部:4年生になった時にいかに仕事をやっていた時期が大事だったかということに気付かされて、でもそれを下級生に伝えていくことがすごく難しいです。ただ上から言われるだけと、やらされている感が強くて学年での溝ができてしまうので、そういうところは難しいですね。

――後輩はどんな後輩たちでしょうか
服部:
まあ各学年色があるんですけど。
小出:俺らもこんな感じだったのかなという感じですね(笑)。
服部:まだまだ1、2年生は発展途上なので。
河面:俺らが求めていることはやってくれているよな。

<"align=right


――セレクションでのお三方の印象を教えてください
小出:
アキ(河面)はケガしてたんだよね。
河面:そうそう。僕はセレクションやってないんですよ。
小出:奥で見てて。おおあいつ見てるなみたいな。
河面:じっと見てましたね。
小出:かんちん(服部)はめちゃくちゃ足が早くて。セレクションで一番足が早かったんですよ。だから身体能力やばいなって思っていました。
河面:あの時めっちゃ止めてたしな。奥で見てて思ってたわ。
服部:止めてた。
河面:悠太(小出)はめっちゃインターセプトするやんこいつ。めっちゃボールぶっ飛ばすやんこいつって感じでしたね。
一同:

――入部当初はいかがでしたか
小出:
それはもう気まずいやつもいましたよ。二人で話したりできないなってやつもいましたし。俺とアキは学部もクラスも一緒だったんですけど、全然関わりないやつは素を出せていませんでした。その辺は仕事を通じて話していく中で仲良くなれましたね。多分。
服部:僕らの代は仕事ができなさ過ぎて逆に開き直ってました。だから仲良くなったのかも。言い合うのもあれだから、頑張ろうみたいな。

――小出さん、河面さんの見る服部主将はいかがでしょうか
河面:
頼りになりますね。
服部:思ってないやろ!
小出:2冠という結果を残しているので、それは本当に後に語り継がれるんじゃないですかね。歴史をめっちゃ刻んだので、それは素直にすごいと思います。
河面:キャプテンとか難しそうやもんなあ。
小出:重圧半端ないと思いますよ!それをもう乗り越えてチームの結果を出させたということは本当にすごいですし、かんちんしかできなかったなと思います。
服部:(笑)
河面、小出:彼にしかできなかったです。
(服部さんいかがでしょうか)
服部:いや、まあ、でも...
小出:まんざらでもないみたいですよ。
一同:(笑)
服部:毎回取材でも言わせてもらっているんですけど、誰が主将やっても変わらなかったと思うんですよ。結果的に。
河面:そうかなあ。
服部:僕は主将だけが、幹部だけが引っ張っても、セカンドにいる4年生がサッカーに向き合っていない姿勢とかを下級生に見せてしまうと、4年生には付いていけないという雰囲気が出ちゃうと思っています。そういう雰囲気はなくそうって3年生のミーティングの時も、僕がキャプテンになった時も話をしました。そういう面で4年生でセカンドにいる選手が本当によくやってくれていて、実際にメグ(松田恵夢・文4=野洲)もトップに上がってリーグ戦にも出ました。そういう選手がいるから、まとまっていい代になっているんじゃないかと感じています。

――GK、DFのお三方ですが今シーズンのディフェンスに関してはいかでしょうか
河面:失点はちょっと多いよね。
小出:何だかんだ無失点って少ないよね。それはちょっと反省点ですけど、よく言えば勝っている試合で連続失点が少ないので、そこでブレないという点は成長しているところだと思います。
河面:無失点の試合をもうちょい増やしたいね。

――リーグ優勝決定後4試合は勝ち星がありませんでした
服部:
すごいポジティブに捉えています。下級生で順天戦には挑みましたし、法政戦はミラーゲームでやったり、桐陰戦は0で抑えることを最大の目標でやって0で抑えられましたし、最終節もああいううまい相手に1点は取られましたけど、他はしっかりとブロックで守ることができたのは、インカレにつながるゲームだったと思います。

――インカレ前のチーム状態、雰囲気はいかがですか
小出:
一回オフを挟んで、リフレッシュして引き締まった練習ができているとは思います。もっとできることはあると思いますが、悪くはないと思います。
河面:スタッフからも新しいことを要求されたりしているので、短い期間でどれだけ成長できるかだと思います。
小出:トレーニングマッチでプロのチームともやりますし、どれだけ成長できるかでインカレ初戦に勝てるかにつながってくると思います。
服部:それが全てです。

――最後にインカレへの意気込みをお願いします
小出:
今までインカレで負けて泣いて終わった思い出しかないので、初戦に向けてしっかりといい準備をして最後3冠取って笑って終われるよう頑張ります。
河面:この1年間だったり、大きく言えばこの4年間の集大成となる大会なので、後悔して終わりたくないですし、その試合の中でも成長したいと思っているので、勝ちにこだわりながらチームとしても個人としても成長できる大会にしたいと思います。
服部:最後に落ちたなと言われたくないので。日本一を経験して、関東一になって、ここまで日本一の練習をしてきたからこそ、その二つを取れたと思うので、最後にやっぱり日本一を取らないと結局日本一の取り組みをしてなかったと客観的に思われることだと思います。やってきたことが間違ってなかったと下級生に示すためにも、日本一を取ります。

――ありがとうございました。

次回も4年生3選手の対談をお送りします。更新は明日12月4日です。お楽しみに!
[鈴木拓也・亀井笙子]

◆河面旺成 かわづらあきなり 政経4 作陽高出身 181cm・73kg
◆小出悠太 こいでゆうた 政経4 市立船橋高出身 178p・73s
◆服部一輝 はっとりかずき 法4 札幌大谷高出身 180p・67s



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: