検索
 HOME > バドミントン部

7年間の集大成を見せた高野・宮嶋組

バドミントン部  格上相手に奮闘するも2回戦敗退 7年のペア史に幕を下ろす/全日本総合選手権

◆11・29〜12・4 第70回全日本総合選手権(代々木第二体育館)
▼男子ダブルス
 高野・宮嶋組――2回戦敗退
 全日本総合選手権3日目、男子ダブルスの高野将斗(商4=埼玉栄)・宮嶋航太郎主将(商4=埼玉栄)組がベスト16で敗退した。準々決勝進出とはならなかったものの、日本代表ペア相手に2点差まで詰め寄る善戦を繰り広げ「最近の中では一番良い試合ができた」(宮嶋)と学生最後の大会を笑顔で締めくくった。

 惜敗を喫した。1回戦をストレート勝ちで2回戦に駒を進めた高野・宮嶋組の前に立ちはだかったのは、日本ランキング5位の佐伯・垰畑組(日本ユニシス)。試合序盤は「プレーで置きにいってしまった」(高野)と緩急を織り交ぜた精度の高い攻撃に対処し切れず、出だしをくじかれる。球速も技術も一枚上手の実力者に圧倒され、終始リードを許したまま14−21で第1ゲームを落とした。後がなくなった第2ゲーム、勝ちへの強気な姿勢が流れを引き寄せる。「相手が逆にミスしてくれるまで我慢できた」(宮嶋)。長いラリー戦の中でも、後衛の高野が強みのスマッシュを上から打ち込み、前衛の宮嶋が粘り強いショットで返球。相手のコンビネーションを乱し、体勢を崩したスキを突く。マッチポイントを先取されるも、五度のジュースにもつれ込む互角の戦いぶりを見せた。しかし最後は相手サーブに返した球が、コート右奥のバックラインを越え24−26で試合終了。あと一歩のところで勝ち切ることができず、2回戦突破には至らなかった。

 「悔しいけど後悔はない」(高野)。試合後、晴れ晴れしい表情でこう語った2人。埼玉栄高時代からパートナーとして支え合い、大学2年次にはインカレ優勝という創部初の快挙を成し遂げた。明大バドミントン部の絶対的支柱として常にチームをけん引してきた高野・宮嶋組だが、今後は別々の実業団で新しい競技人生が始まる。「お互い競い合っていければ」(高野)。7年間ともに積み上げてきた経験を糧に、新天地でさらなる飛躍を遂げる。

[横手ゆめ]

試合後のコメント
宮嶋

「あと少しだったので率直に悔しいです。出し切れずに終わったという試合ではなかったんですけど、結構いいプレーができてあそこまで行けたので、気持ち的には晴れ晴れしていて後悔というよりは悔しいというか、表現しづらいですけど。相手は日本代表の方で1ゲーム目は圧倒された部分があったんですけど、2ゲーム目から我慢強くできて、あそこまで追い込めてあと1点取れなかったというのがやっぱり…。本当に少しの差だと思うんですけど。相手の方が技術も球の強さも上回っていたんですけど、相手が逆にミスしてくれるまで我慢できたり、2ゲーム目はこちらが攻めている場面も多かったです。相手はやっぱり攻めの形がすごく強かったんですけど、逆に自分たちが攻めれたからあそこまでいけたのかなと思います。相手のすごかったところは、片方が前をつくってもう片方の人が力強いスマッシュを打ってくるという。お互い極めているというか、そこですね。練習期間は短かったですがずっと組んでたので、練習できなかったから駄目だとかそういうのは全くなかったです。久々に組んでも今まで通りでした。(試合後は)悔しかったねという話はしました。終わったなという感じですかね。もう組むことないと思うので、本当にこの試合が最後だったので、負けましたけどそれなりに良い形で終われたかなと思います。最近の中では一番良い試合できたかなと思います。今の試合勝ったら高校の同期の井上、金子とできたので、やりたかったですね。とりあえず1勝できたのはよかったですけど、悔しいですね」

高野
「相手も実業団の格上でしたし宮嶋と組むのも最後だったので、伸び伸び楽しくやろうという気持ちで臨みました。(相手は日本代表)格上っていう意識はありましたけど、そこは特に意識することなく自分たちのプレーができればいいかなと。(第1ゲーム)出だしで相手にしっかり狙われた球を打たれて、気持ちで引いたというかプレーで置きにいってしまったというのがあって、そこから離されてしまいました。その分2ゲーム目は前で前でプレーできたので良かったんですけど、やっぱり勝ち切れなかったのが駄目でしたね。吹っ切れたじゃないですけど、1ゲーム目引いてしまってあのまま負けていても良いことないし、後悔しか残らないと思ったのでここは思い切りやるしかないと、強気でいきました。向こうも2ゲーム目引いてくれたので、ああいう展開になりましたけど。惜しかったです。(試合中、宮嶋とは)思い切りやろうとそれだけです。7年間も組んでるので。相手にもっとこうしようこうしようというのはありましたけど、技術的に細かいところまではなかったです。勝ちたい気持ちだけですね。悔しいですけど後悔はないというか、出せるものは出しました。負けて良かったはないですけど、その点はまだ前向きな形で負けれたんじゃないかなという感じですね。(宮嶋と組んで7年)あっという間でしたね。いろいろありましたけど頑張りました。これからはそれぞれ違う道ですけど、お互い競い合っていければいいなと思っています。今日みたいな場面でもしっかり勝ち切れるようにプレーを一つ一つ改善していって、気持ちの面も磨いていきたいです」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: