検索
 HOME > バスケットボール部

速さを生かしたプレーで貢献する


CHANCE MAKE  4年生特集(4)努力惜しまぬ九州男児 黒田章吾  

 全身全霊で挑む。リーグ戦9位と、2部降格の危機を経験した今季。激動の秋を終え、迎えるは11月21日から行われる全日本学生選手権だ。目標は優勝。重ねた敗戦を糧に、下克上を果たしたい。今回は大学最後の集大成としてインカレに臨む4年生たちを特集する。

 影でチームを支える。黒田章吾(商4=九州学院)は、4年生で初めてのAチーム入りを果たした。練習から率先して声出しを行い、最上級生の背中を後輩に見せる。その熱い姿勢と気持ちは九州男児そのものだ。決してプレータイムは長くないが、持ち前のディフェンスを生かしチームに貢献していく。(この取材は11月17日に行ったものです)

――9月から先日まで行われていたリーグ戦を振り返って、いかがでしたか
「リーグ戦前の練習では、なんだかんだ行けるんじゃないかっていう気持ちがみんなの中にあって、実際リーグ戦に入ってみたら、8連敗からスタートして、その中でミーティングもして、もう1回一から、勝つためには何が必要なのかを話し合って、練習から変えていきました。試合につながる練習をしないといけないってなったときに、しっかり全員で声を出しながらやって、とりあえず目の前の1試合1試合を大事にして、やっと慶大戦で1勝できて、そこからどんどんチームが変わっていきました。リーグ戦後半のチームは前半とは違ったチームに見えてたと思うので、リーグ戦を通して今のチームに成長できたので、その点ではいいリーグ戦だったと思います」

――入替戦も経験しましたが
「自分としても4年間で初めての入替戦だったので、どんな感じの試合になるのかっていうのも知らなくて、いざ経験すると、インカレとかリーグ戦とはまた別の雰囲気でした。自分たちの代だけじゃなくて、次の代にも懸かってくる試合なので、絶対負けられない試合で、勝ちにこだわるというか、負けられないっていう気持ちがみんな強くなって、それがプレーに出たりっていうのはありました」

――インカレまで1週間を切りましたが、チーム状況はいかがですか
「山本監督が来れていない状況の中での練習なんですけど、それでも結構声を出して練習できてるなっていうのは思っています。最初の練習に比べると、プレーの中でも自分たちでしゃべれるようになってきているので、良い雰囲気でやれてると思います」

――初戦は天理大との対戦ですが、どういった対策をしていますか
「黒人の選手がいるみたいなので、関東の大学でも外国人がいるチームは苦手だと思いますけど、この前の入替戦の江戸川大との対戦で、宮本(滉希・政経3=明成)と今川(友哲・営2=大阪桐蔭)が黒人の選手を抑えにいってたので、そこが天理との対戦でも生かせればいいかなと思います」


――ご自身はどういった戦い方をしたいですか
「自分はオフェンスよりもディフェンスでチームを盛り上げる方だと思っているので、ファウルになってもいいから相手にプレッシャーをかけて、相手の好きなプレーをさせないようにしたいです。それで、チームをいい方向に持って行ければ良いと思います」

――話は変わりますが、バスケを始めたきっかけは何でしょうか
「2個上に兄がいて、その兄が小4からバスケをしていて、それで自分も小2の頃から兄のバスケを見ていて、試合とか遠征にも付いていくようになって、自分が小4になって部活何に入ろうってなったときに、バスケしかないなと思って始めました。それまでも昼休みとかにずっとバスケやってたんで。兄の影響が強いです」

――高校時代はチームの中でどういった役割でしたか
「高校ではキャプテンをやらせていただいていて、うちの高校も明治と一緒で、上下関係があまり無くて、キャプテンというキャプテンはしてなかったんですけど、チームの雰囲気が悪くなったときに責任を問われるのは自分だったので、そういうときに1番上の立場に立つ人間としてしっかりまとめなきゃいけないなって感じながら日々やってました」

――そのキャプテンとしての経験は、今はどう生かされていますか
「今は田中井(紘章主将・政経4=山形南)がキャプテンをやっていて、最初は結構あいつ悩んでて、あいつ高校までキャプテンをやったことがなかったみたいで、キャプテンのやり方とかも分からないって言ってました。そういうところで、自分とか、葵(平佐田・営4=美濃加茂)とかもキャプテンの経験があって、その立場を経験した自分たちが、裏方であいつを支えていけたらいいなって。例えば、練習中に空気が悪くなったりとかして、あいつが声出せって言って、全然みんなが出さなかったりするときに、4年生が率先して声出して、キャプテンがしっかり背中を見せてるから付いていこうっていう姿勢を、後輩に見せられたら良いなって思って、見えないところでサポートをしようとはしてました」

――明大を進学先に選んだ理由は何でしょうか
「勉強もして、スポーツもできるところに行きたいって高校の監督に言ったら、いろんな大学が挙げられて、その中で明治が1番頭も良くて、関東の1部でやってるっていうのがすごいなって思って、そういう場所で、文武両道でやっていけたら良いなって思って選びました」

――入部当時のご自身と比べて成長したところはどんなところですか
「自分はずっとBチームでやっていて、今の4年生は自分以外はスポーツ推薦なんですけど自分は指定校推薦で、入部したときからその時の監督に『Bチームに行け』って言われて。3年間ずっとBチームでやってきて、監督にあんまり見られてなかったんですけど、とりあえず手を抜くことはないようにしようと思っていました。(明治に来て)バスケットに対する姿勢が変わりましたね。自分が1年生のときにインカレで準優勝して、そういう経験ができたから、自分たちも上級生になったら同じような経験がしたいなって思ったり、自分が3年生のときに監督が交代したりして、その時に4年生が引っ張ってチームを作ってくれたりして。バスケットは最初はただ単に部活としてやってたんですけど、もう今は明治の一員として、明治が上位に上がるためにはどうやっていかなきゃいけないとか、明治はやっぱり後輩がどんどん受け継いでいかないといけないチームだと思ってるので、来年のために何ができるのか、っていうのを考えるようになりました」


――それはやはり、同期のレベルに追いつくために人一倍努力されたからですか
「そうですね。同期だけじゃなくて先輩や後輩もみんな本当にバスケットが好きで、普段も會田(圭佑・法4=市立柏)とかバスケのことばっか考えてるんで、あいつ。そういうのすごいなと思って、そういうのを一緒に生活しながら見てると、自分まだまだバスケットに対して甘かったなって思いましたね」

――最上級生としてこの1年間意識してやってきたことはありますか
「自分は試合に出てどうこうできる人間ではないので、試合に出ないときとか練習のときから、チームのために何ができるかっていったら、1番は声出しとか雰囲気作りだと思うので、そういうところを意識してます。練習中も結構空気悪いなって感じるときもあるので、何でもいいからとりあえず声を出して盛り上げようって感じで、それを意識してやってます」

――下級生も多く活躍する中で、試合に出たときの役割は
「自分が出るときは、相手のガードがちょっと弱くなったり、ディフェンスを締めさせたりするときに出していただけたり、拓実(齋藤・営3=桐光学園)とかの集中が途切れたときっていうのも1回あって。そういうときは健一さん(山本監督)とか田中井に、4年生だからそういう(集中した)姿勢を見せなきゃいけないって言われてたので、出たときはとりあえず手を抜かないで、全力でやるっていうのが1番ですね。『4年生があんなに頑張ってるんだから』って思わせたら良かったかなって思います」

――4年間で1番印象に残っている試合はありますか
「1番を決めるのは難しいですけど、1年生の頃にインカレ準優勝したっていうのもすごく印象に残ってますし、毎年のインカレで負けてる試合を逆転して勝ったりとかも印象強いんですけど、1番っていうと難しいですね。毎年毎年インカレの終わり方とかも全然違うんで。でもやっぱりインカレ準優勝ですかね。高校のときも県大会で優勝したりっていうのはあったんですけど、全国で準優勝ってなるとすごくて、自分は応援席にいたんですけど、自分がいるチームが準優勝って驚きが強すぎて、それが印象強いです。もう3年も前なんですけどね」

練習から積極的にチームを盛り上げる
練習から積極的にチームを盛り上げる
――いよいよ最後のインカレを迎えますが
「自分が試合に出てても出てなくても、チームで戦ってる時間帯っていうのは強くて、それで勝ったら応援してるみんなもうれしいし、もちろん試合をやってるメンバーもうれしいし、そういう試合をやって勝っていけたらなって思います」

――インカレへの意気込みをお願いします
「試合に出る時間はそんなに多くないと思うんですけど、その分4年生で田中井とか會田とかが試合に出てて、試合の途中でも盛り上げ頼むよとか言われたりしてるので、自分ができることを精いっぱいやって、出れたときは出れたときで、4年生の意地として、自分の役割をしっかり果たして、チームの勝ちに貢献できたらなと思います」

――目標はやはり優勝ですよね
「そうですね。今年の2月に健一さんが来たときに、インカレは優勝っていう目標を掲げてたので、それを達成できるように、チーム一丸でやっていけたらと思います」

――ありがとうございました

◆黒田章吾 くろだ・しょうご 商4 九州学院高出 174cm ・68kg 登録ポジションはPG(ポイントガード)

[織田有衣子]

●CHANCE MAKEのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: