検索
 HOME > バスケットボール部

持ち味のフィジカルでチームに貢献した


CHANCE MAKE  4年生特集(3)闘志秘めるクールな立役者 平佐田葵  

 全身全霊で挑む。リーグ戦9位と、2部降格の危機を経験した今季。激動の秋を終え、迎えるは11月21日から行われる全日本学生選手権だ。目標は優勝。重ねた敗戦を糧に、下克上を果たしたい。今回は大学最後の集大成としてインカレに臨む4年生たちを特集する。
 熱い主将をクールに支える。平佐田葵(営4=美濃加茂)は「いかにいい流れのまま引き渡せるかが自分の仕事」と、リーグ戦でつなぎ≠フ役目を担った。短い出場時間の中でも、その決心に裏付けられたプレーで存在感を発揮。インカレでも影の立役者としてチームを支える。(この取材は11月17日に行ったものです)

――入替戦に無事勝利して、リーグ戦を終えることができました
「勝てたのはすごいうれしいんですけど、そもそもそこまでに行かなくていいようなチームでした。1クール目でもっと勝てていたら、入替戦のことも考えず、インカレを迎えていたと思うので、そこはちょっと甘かったのかなと思います」

――入替戦に臨むことが決まった時の心境を教えてください
「最終週に日大の結果次第という話だったんですけど、それでも、結局はほぼほぼ確定していたので正直準備はしていました。1クール目でやってこなかったツケが回ってきたんだと思います」

――入替戦を乗り越えたことで、勢いのあるチームになったとも思いますが
「インカレでの初戦の天理大にも外国人がいるので、入替戦の相手に外国人のいる相手だったということはいい経験ができたと思います」

――次のインカレが4年間の集大成ですが、振り返ってみて思い出に残ったことはありますか
「(楽しかったことは)今年の夏合宿の最終日に全員で大宴会をしたことです。夏合宿は山形であったんですけど、健一さん(山本健一監督)、濱西さん(濱西康一監督補佐)の2人と一応監督と選手っていう立場なんですけど、その垣根を超えて結構飲んだくれました。すごく楽しくて、それでチームが一つになれました気がします。バーベキューっていう名目で、バーベキューもしたんですけど、合宿最終日の練習が終わって、いつもだったら宿舎で夜ご飯を食べてましたけど、その時だけバーベキューするところで、全員で宴会みたいにしました。楽しかったですね。(辛かった思い出は)自分はリーグ戦始まって、最初の6試合くらいはずっと試合に絡んでたんですけど、何かが悪くて、そこからは一向に試合に出れなくなったことですね。でも、その時に出なくてもできることはあると思って、考え方をシフトチェンジして『なんで出れないんだ』っていうことじゃなくて、出れなくてもやれることはあるという風に考えました。例えば、練習中に勢いづけるために喝を入れるとか、そういうことをやろうと思えました。でも、出れていたのに、出れなくなった時はつらかったですね。最初の方は『なんでだよ』って。『ずっと出れてたのに、なんで出してくれないんだよ』って思ってました」


――今年のリーグ戦の時にケガをされていましたが
「リーグ4週目か5週目の時に、捻挫をしました。(それで試合に出れなくなったということは)多少はあると思います」

――明大で印象に残ったことは何ですか
「自分が1年生の時に、インカレで準優勝した年なので、4年生の先輩がすごかったです。去年はトップ対ベースっていう形で試合しても、あんまり力が変わらなくて、ベースが勝てるくらいだったんですよ。でも、自分が1年生の時はかけ離れていて、トップチームは圧倒的でしたね。結局、スタメンは全員プロに行ったし、控えの選手もプロに行くくらいでした。その時に4年生でプロに行った田中成也さん(平26文卒・現広島ドラゴンフライズ)とかに、かわいがってもらってて、シューティングとか1対1とかもずっとやらせてもらっていたので、今思えばすごいプロ選手の人に付きっ切りで、面倒見てもらったんだなって思います。今思えばいい経験だったなと思います」

――その時から4年経って、今度は自分たちの番ですね
「そうですね。もう失うものはないので、自分たちの為でもあり、後輩たちの為でもあり、次につなげるようにしたいです。自分たちが出場して負けても、後輩たちが出場して負けたとしても、今回のインカレでは『これができた』とかっていう自信をつけて次の3年生の学年に引き渡して終わりたいです」

――ご自身のプレースタイルを生かしてインカレではどんな活躍をしていきたいですか
「自分は出場するとしても、交代出場なので、交代で出てきた時に、消極的なプレーにならないように、もっとアグレッシブにドライブしたり、強みである体の強さを生かして、流れを持ち込めるようにしたいですね」

――今年のリーグ戦では勝てない試合が続きました。ミーティングではどんな話をされていたんですか
「やっぱり、どの試合でもどこが悪かったとか話していても、毎回毎回悪いところは同じなんですよ。負ける要因が一緒でした。そこは徹底的に改善しなければならないっていうことと監督とちょっとズレがあったので、そこをうまくまとまるように全員で話し合いをしました。そのおかげで、少しずつまとまることができて、2クール目では勝ち越すことができたと思います」


――ご自身のミーティングではどういう立ち位置でしたか
「結構、意見も言いますし、キャプテンの補佐みたいな感じですね。あいつ(田中井)がキャプテンなので『こうする』って言えば、それに従うのがチームなので。とにかくあいつの負担を減らそうっていう役回りでした」

――勝てない試合が続いた要因は何ですか
「毎試合4クオーターの最初の方まで控え選手がつないで、最後にスタートが出場して負けるって形だった。でも、スタートが悪いとかではなくて、気持ちの問題でした。点差があることで、最後に気を抜いてしまっていた。勝っていたとしても、まだ試合は終わってないので『勝っているから大丈夫でしょ』っていう感じじゃなくて、最後まで相手を追い詰めないといけなかった。やっぱり、そういうメンタル面が足りなかったのかなと思います」

――今年の4年生はどんな学年ですか
「おとなしい学年だと思います。(盛り上げ役は)キャプテンです。もうダントツであの人がそうです。他の4年生とかみんながあいつをいじって場を和ませる感じです」

――4年生で遊んだりするんですか
「もうあんまりしないですね。基本みんなで遊びに行くことがなかなかないので。やっぱみんな学校があるので、オフっていってもみんな授業がまちまちですし、別々ですね。(インカレ後に遊ぶ予定は)まだないですね。まだそんな話はできないですね。終わってからじゃないですかね」

――オフの日は何をされているのですか
「喫茶店とかいきますね。コーヒー飲みながら、なにも考えずに1人でぼーっとしていたいので」

――高校時代はどういった成績を残されているんですか
「インターハイと国体とウィンターカップは出場しました」

キャプテンを支える平佐田
キャプテンを支える平佐田
――プレースタイルは今と違いますか
「そうですね。今より昔の方がもっとオフェンスをしていました。今は、拓実(齋藤・営3=桐光学園)とかがいるので、どちらかというとあいつに切り崩してもらって行かしてもらうっていう感じですけど、高校時代は自分が行ってそのまま攻めたり、仲間を行かせたりしてました」

――大学卒業後もバスケはされるのですか
「東海実業団の方でバスケをやります」

――明大の4年間を生かして、実業団ではどんな活躍をしていきたいですか
「入りたてはルーキーなので、若々しく元気にいきたいです」

――最後になりますが、インカレへの意気込みをお願いします
「やっぱり、夢と目標は違うと思います。まずは一つ一つ勝ち進んで行くっていうことを意識していきたいです。目標としては、ベスト4には入りたいです。まずは初戦に向け集中していきたいです」

――ありがとうございました

◆平佐田葵 ひらさだ・あおい 営4 美濃加茂高出 180cm・90kg 登録ポジションはPF(パワーフォワード)

[古賀章太郎]

●CHANCE MAKEのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: