検索
 HOME > バドミントン部

インターバル後から崩れてしまった澁谷・酒井組

バドミントン部  男女ともにベスト8超えられず 来季に不安残す/関東学生新人選手権

◆11・1〜19 関東学生新人選手権(葛飾区総合スポーツセンター)
▼男子ダブルス
 澁谷・酒井組――4回戦敗退
▼女子シングルス
 西口、十河――ベスト8
▼女子ダブルス
 渡辺・重松組――3回戦敗退
 まさかの結末だ。1、2年生が出場する新人戦。昨年優勝した武石優斗(商2=札幌第一)・西谷春樹(政経2=青森山田)組が3回戦で敗退し、加えて経験豊かな澁谷勇希(政経2=埼玉栄)もダブルスでは本領を発揮できず4回戦で敗退した。女子でも、上位進出が期待された西口涼子(農1=埼玉栄)がインカレ優勝ペアの一人である勝俣(法大)に当たりあえなくベスト8どまりに。多数入賞を果たした華やかな昨年とは対照に、暗い結果に終わった。

 即席ペアの限界を思い知らされた。「このペアで戦うのは最近知った」(澁谷)と練習する時間もあまりない中の対戦となった澁谷・酒井健登(政経1=埼玉栄)組。はじめこそテンポよく点を重ね11―9とインターバルを取ったもののここから悪夢が始まった。相手の降り注ぐようなスマッシュがさく裂し、常に球を返すだけの守りの姿勢に入ってしまった。「練習の差がでた」(澁谷)。相手の西・光島組(日大)は右利き左利きの組。そのため左右どちらにショットしてもフォアハンドでカウンターを食らい失点するという苦しい展開に。「我慢しようなどと考えた」(澁谷)と途中長くラリーを続け3連取するなど底力を見せたものの流れは変わらない。最後の最後までこの負のスパイラルから抜け出せずにストレート負けを喫した。「ベスト16で満足できない」(酒井)と栄冠とは程遠い男子チーム最高成績に涙を飲んだ。

 層の薄さを露呈してしまった。「4年生に頼っていた」(酒井)。思い返せば秋季リーグ戦で1部残留を決めたのも宮嶋航太郎(商4=埼玉栄)や高野将斗(商4=埼玉栄)といった4年生の活躍が大きい。新人戦の不発により「明治は落ちたと思われている」(酒井)との言葉通りになってしまった。今大会で漂った暗雲を大きくするも晴らすも1、2年生次第。「練習の質を高めていかないといけない」(酒井)と選手たちは基礎からの鍛え直しを誓う。全日本総合選手権が終われば春まで大会のない冬季シーズンがやってくる。ここでどれだけ濃い日々をおくるかが逆転のキーポイントとなる。試練の冬が今、始まる。

[曽我怜平]

試合後のコメント
澁谷

「自分はシングルスが専門ですのでダブルスの練習はする時間はあまりありませんでした。試合自体はシングルスに生かせるようにやろうという気持ちでしたがダブルスはシングルスと違って展開が早かったりでベストが出せませんでした。この組で戦うのもつい最近言われました。(試合内容)最初は点が取れましたが、ミスもあったのですが自分がダブルスの展開に慣れておらず向こうの方がうまさがありました。相手の選手はダブルスプレーヤーでシングルスしかしていない自分には練習の差が出てしまいました。2ゲーム目は攻められてばかりでこちらも攻めたかったのですがうまくかわされました。流れが向こうにいているので我慢しようなどと考えていました。しかし練習不足でした。相手のペアも右利き、左利きのペアだったので基本フォアになり、かわそうとしても相手のフォア側でカウンターをされてしまいました。(ダブルスをやってみて)自分的にはずっとシングルスしかやっていなかったのでダブルスに出ていい経験にはなった。健登(酒井)はダブルス勢で力もあるので来年また頑張ってほしいです。自分は来年以降もおそらくシングルス一本でいくと思います」

酒井
「澁谷先輩とは練習もそんなにしてないですし、思い切りやるだけかなと思っていました。澁谷先輩はシングルスなので、自分がダブルスプレーヤーとして前でもって、打ってもらう形で、先輩ですけどコートに入ったら先輩、後輩関係ないのでダブルスだったら自分が引っ張っていかないといけないかなと思っていました。(ダブルスの柱だった高野・宮嶋組が来年いないことについては)みんなわかっていたことですし、今まで4年生に頼っていたのがあったので、みんなが自覚持ってやることが大事です。他のチームからしても明治は落ちたと思われていると思うので、そこはもっと自分が頑張っていかないといけないというのはありますし、頼られるようにならなきゃいけないです。(今大会男子の最高成績だが)とはいえベスト16で全然満足はしていないです。まだ上にはいけたかなと思いますし、明治から3ペア、シングルスだと6人出てて最高がベスト16は情けないと思うので、そこはしっかり一から練習して、来年の春リーグでいいスタートを切れるようにしないといけないかなと思います。今後は3月入って合宿もあって、オフシーズンとはいえ練習しないと差もついてしまいますし、明治はケガとかしても替えの選手もいないので体の土台づくりというか、鍛えるのもそうですし練習の質を高めていかないといけないです。量もやらないといけないので、目先に試合がないとはいえしっかり練習していきたいなと思います」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: