検索
 HOME > 硬式野球部

取材に応じる島田選手


ボールパーク便り  柳裕也〜感謝〜B 島田晟吾選手インタビュー  

 
 10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けた柳裕也主将(政経4=横浜)。横浜高から明大に進学。3年次にはエースになり、今年からは「エース」兼「主将」としてチームをけん引した。通算22勝、春は投手3冠に輝いた柳が残した実績は、OBの川上憲伸氏(平10商卒)、野村祐輔選手(平24商卒・現広島東洋カープ)に匹敵する。本企画では、紫紺の歴史に名を刻み続ける柳選手の素顔に迫ります。

 今回は柳選手のご友人である島田晟吾選手にお話を伺いました。(この取材は10月13日に行われたものです)




――現在チームは好調ですが、柳選手の調子はどのように見えますか
見ている限りは普段の練習も今までとは変わらず、自分のやることをこなして普段と何も変わりなくやっている感じですね。

――親友と伺いましたが仲良くなったきっかけ何だったのでしょうか
考えたことはあるんですけど、いつかわからないんですよね。いつ、どんなきっかけでというのは無くて。いつの間にかずっと普段から一緒にいたなという感じですね。本当に思い出せないです。入寮して最初はそんなに話した記憶は無かったんですけど。いつだろう。最初はそんなに話してなくて、でもいつの間にかですね。

――柳選手の第一印象もあまり覚えていないのでしょうか
第一印象はありました。第一印象は話づらそうだなっていうのはありましたね。大学入った時と一緒で、友達いないじゃないですか。友達がいない中で同じピッチャー陣の中で、柳はちょっと話しかけづらい感じはあったかなというのが第一印象です。今は全然違いますね。

――大学でも共に行動されているのでしょうか
(学部も)同じで授業も一緒に受けたりしますね。(思い出深い授業は)1年生の時の英語の授業ですかね。毎週行ける時は行って暗唱したり、読まされたり、答えたりをみんな容赦無くやるみたいな感じの授業です。大分キツかったですね。

――柳選手とはどのような関係性でしょうか
常にふざけあっている感じですかね。野球の時はそんなふざけたりとかはしないですけど、普段はふざけて野球の時は真剣にみたいな感じですかね。遊ぶというよりも一緒に食事に行くことが多いです。(行くお店も)結構バラバラです。(柳選手は)ラーメンとお米が好きだと思います。炭水化物というわけではないんですけど、柳はビックリするくらい、めちゃくちゃ食べます。(キャンパスでお気に入りの場所は)結構授業詰め詰めで行って帰るみたいな感じでしたが、和泉の時は食堂とかにもいたかもしれないです。(大学周辺のお店では)御茶ノ水にある「もりちゃん」は結構行きましたね。おいしいです。(坂本誠志郎選手(平28文卒・現阪神タイガース)も去年「もりちゃん」に行くとおっしゃってました)そうなんですか。知らなかったです。自然に行ってましたけど、実は繋がっていたのかもしれないですね。

――柳選手はどのような人柄でしょうか
優しい人です。相手を想ってくれてる感じはしますし、どんな相手にも不快な気持ちにさせないところがあると思います。

――柳選手に相談したことなどはありますか
自分は高校の時とか全く試合に出られないような選手だったので。甲子園に行った人が多い中で自分はこの大学に来て、どうやったら試合に出られるかみたいなことは聞きました。柳もその甲子園に出場したうちの一人で、チームをまとめるような存在なので、チームの中での自分のキャラや位置づけをどうしたらいいのかということを本気の相談では話しましたね。(相談したときは柳選手も)本気で考えてくれますね。

――練習する姿を見てすごいと思うことはございますか
何をやるにしても楽しそうというか、苦しそうにやらない。同じように苦しいことがあるとは思うんですけど、何でも自分のものとして吸収できそうな練習をしているなというイメージがあります。ただキツそうに走るよりも楽しそうに走っている方が自分のものになりそうな気がするじゃないですか。キツイだけじゃちょっと抜くとかありますし。そういうことはあまりないなとは思いますね。(楽しそうに練習しているのは)考えてやっているのか、全部自分のものにしようという意識で自然にやっているのかわからないですけど、なかなかできないのですごいなとは思いますね。

――どのような練習をされて今の柳選手があると思いますか
毎日の積み重ねを怠らなかったことで、六大学一のピッチャーと言われるくらいになったのかなとは思います。どんな練習をしていたかといえば、野球をやっている人であればあまり変わらない。自分も同じチームにいるのでそこまでは変わりのない練習内容ではあったと思うんですけど、自分の中で何か毎日続けることができるとか、毎日の積み重ねで意識しているレベルの高さが他の人と違ったことが、六大学の中で一番のピッチャーと言われるようになったのかなと思います。

――柳選手は昔からプロを目指していたのでしょうか
多分高校から思っていたと思いますね。(大学入学後はドラフト1位を狙っていたのでしょうか)多分そうですね。

――ドラフト関係のお話もされますか
さっきもしていたんですけど。今はドラフトまで1週間切って、高校からずっと意識していたドラフトやスカウトの視線を気にしたりしないことはないとは思うのですが、その状況からあと1週間で解かれると思うと楽しみな気持ちもあれば、どうなるんだろうという不安はないとは思うんですけど、そういう気持ちだと思います。(スカウトからの視線は)気になるんじゃないですかね。(柳選手自身はドラフトを気にしていないとおっしゃっていましたが)先輩方と比べると全然気にしてないとは思います。上原(健太選手・平28商卒・現北海道日本ハムファイターズ)さんとかは同じピッチャーですごい気にされていたので。高山(俊選手・平28文卒・現阪神タイガース)さんも坂本さんも結構ドキドキドキドキみたいな感じはあったんですけど、柳はそんな感じはしないですね。(緊張してる姿を)見せないのではないと思います。日にちが近くなるにつれどうなるかわからないですけど、シンプルにあまり意識しないようにしているんだと思います。(願掛けも)してないと思いますけどね。気にはしてるとは思うんですけど、何か自分の中で気にしてもどうにもならないというがあるのかな。その前に目の前の試合でしっかりと自分のプレーをできるようにという意識の方が強いんじゃないかなと思います。

――柳選手の信念が見える部分はどのようなところでしょうか
負けないという気持ちの強さですかね。常に自分が優位に立っていられるような気迫とダメでも粘るという気持ち、闘志はすごくあると思います。弱音は吐かないですね。

――最後にプロ入りを決めた柳選手へメッセージをお願いします
必ずチームの顔になってほしいなと思うので、1年目だからとか言わず最初から飛ばして頑張ってもらいたいです。

――ありがとうございました





●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: