検索
 HOME > バドミントン部

5回戦敗退も秋に大成長を遂げた西口

バドミントン部  シングルス全員敗退 優勝は高野・宮嶋組、瀬川・村上組に託される/全日本学生選手権

◆10・15〜20 第67回全日本学生選手権(千葉ポートアリーナ他)
▼男子シングルス
 澁谷――4回戦敗退
▼男子ダブルス
 高野・宮嶋組――準決勝進出
▼女子シングルス
 後藤――4回戦敗退
 西口――5回戦敗退
▼女子ダブルス
 瀬川・村上組――準決勝進出
 インカレ3日目はシングルスとダブルスの4、5回戦が行われた。男子シングルスで唯一勝ち残った澁谷勇希(政経2=埼玉栄)や、これまで高成績を収めてきた西口涼子(農1=埼玉栄)は敗退。高野将斗(商4=埼玉栄)・宮嶋航太郎主将(商4=埼玉栄)組と瀬川桃子(商3=埼玉栄)・村上晃(商3=青森山田)組の2大エース組は苦戦しながらも5回戦を無事突破。最終日の準決勝へ駒を進めた。

 無双のルーキーに黒星が付いた。4回戦まで着実に勝利を収めてきた西口が5回戦で当たった相手は大久保(筑波大)。東日本学生選手権では勝利した相手だったが、第1ゲームから大久保の得意とするドロップとクリアで翻弄(ほんろう)される。主導権を奪えない苦しい展開になり、疲れも重なったことでシャトルを正確にとらえられず。アウトになることも少なくなく、セットを10―21で取られてしまう。しかし「ファイナル行こう」(西口)と体のギアを上げた。すると、第1ゲームとは打って変わって相手のスマッシュにも俊敏に反応し、ラリーが長く続くように。ジュースにもつれ込む接戦を演じ、アドバンテージを取られても持ち前の我慢強さで23―23まで粘った。しかし、そのあとに1点奪われ、最後は西口のショットが不運にもアウトになり試合終了。23―25で悔しい敗北を喫した。

 目に見えた成長を遂げた。春季リーグ戦では団体メンバーに選ばれず、関東学生でも3回戦敗退した西口。前期は勉学に力を入れ、競技で結果を出せない歯がゆい思いをしてきた。しかし、夏休みに入るといつもの白衣を脱いでユニフォームへ。一気に練習へ没頭し、成果は瞬く間に現れた。「勝たないと使ってもらえない」(西口)と危機感を原動力に夏合宿の練習試合では先輩たちを次々に倒し、見事秋季リーグ戦の団体メンバーに抜てき。2部が相手ではあるものの、初めてのリーグ戦はチーム唯一の無敗と快進撃を見せた。インカレもシングルスではチーム最高順位となるベスト8をマーク。わずか半年でチームのエース格に成り上がった西口に「頼れるなと思う」と高原美由樹主将(文4=埼玉栄)からもお墨付き。また、西口本人も「1年生だけどそんなの関係なくプレーではみんなを引っ張っていけたら」とチームを引っ張らなきゃいけない立場に来たことも忘れない。西口が次に挑むのは「人生で絶対出られないと思っていた」全日本総合選手権。何事にも全力で挑む西口のさらなる飛躍に注目が集まる。

 3日目の時点でシングルス勢が敗退し残すは高野・宮嶋組と瀬川・村上組。この2組の実績を加味すればW優勝もあり得る。高野・宮嶋組は大学4年間の集大成を懸け、瀬川・村上組も「女子がタイトルを取るという歴史が無いので作りたい」(瀬川)と新たな金字塔の打ち立てを予感させている。決勝を制し、インカレの歴史に明大の名を刻んでみせる。

[曽我怜平]

試合後のコメント
宮嶋

「まずはホッとしています。5回戦は相手がそれなりに実力者だったのできつかったですけど、1試合も2試合目も余裕で勝っているのに自分たちのミスから追い付かれることが多かったのでよくなかったです。そこで簡単なミスをやってしまったのが終盤にもつれた結果だと思います。ベスト4まで残れば強い人しか残っていませんし、相手は中学、高校一緒にやってた後輩なので気楽といえば気楽です。何度もやっている相手なのでお互い手の内は分かっているのでしっかりまず一つ勝っていきたいです。優勝をただするだけです。全日本総合も決められて本当に最悪なパターンを避けられたし本戦を決められたことだしあとはやるだけです」

瀬川
「今日の2戦とも苦しかったですが、勝ち切れてよかったです。1回目の相手は一昨年のシングルスのチャンピオンで昨年個人戦のベスト16で当たって負けた相手で気持ち的に緊張していました。2つ目は東日本でも負けた相手で左利きと右利きですごいやりづらかったですし、体力的にも辛かったです。こっちがスマッシュを打つのに対してすごい羽を回されてわざと疲れさせるようにやられました。(団体戦の早大戦でも同じ攻められ方をして負けたが)同じ早稲田なので同じようにやってきたのだと思います。団体戦の時は苦しい流れのままやってしまい負けてしまいました。でも、今日はそこをしっかり考えてやれました。相手の動きをしっかり見て、相手のいないところに打って相手を動かして戦っていきました。とにかく苦しかったです。(明日へのプレッシャーは)明治の女子はタイトルとか取る歴史がないので、自分たちで作りたいっていうチャレンジャー精神の方が強いです。ここ何年かでは今がすごいメンバーがそろっている印象があります。(明日に向けて)目の前の一本一本をに集中して自分たちのプレーをしっかりやっていけるように頑張ります」

村上
「今日の1試合目は片方が世界学生に出ている人でだから勝ててよかったです。前衛とかが球を上で触ってきて追い込まれるというパターンでした。パートナーの人もダブルスプレーヤーではないのですがシングルスプレーヤーだからこその球の行使とかも上手でした。2試合目は東インカレで4決めで負けた相手。今回は勝ちたかったので1ゲーム目から気持ちを作っていきました。ただ、2ゲーム目は自分たちの打つ球に相手も慣れてきてしまい返される球も増えてそこで我慢出来なかったです。ファイナルはあと1ゲームだけ頑張ろうと声をかけて自分たちのプレーも上から押して攻めるという前にいく感じのプレーをしていった。むこうも甘くなりチャンス球もでてきた。集中してできたのでよかったです。最終日に残れてうれしいです。明日は最初の準決勝を勝って準決勝を勝ちたい。女子ダブルスの去年のインカレチャンピオンが負けたので今がチャンス。ものにしたいと思います」

西口
「1試合目の相手はストレート勝ちできるはずでした。2ゲーム目にはプレーを変えられて序盤で離されてしまって取られてしまいファイナルまでいってつかれてしまいました。ファイナルは相手もダブルスがあり疲れていたのでミスが多くなって、心も体も余裕が出来ました。2試合目は東日本大会で勝った相手だったので勝ちたかったのですが前の試合で体力を消耗しておりケアレスミスが増えました。ちゃんとシャトルの下に体を入れることが出来なく、思っていたところにコントロールできなくなってしまいました。2ゲーム目はしっかりとってファイナル行こうという気持ちで動くペースをあげたのですが20ー19の場面でジュースになってしまい我慢しきれなかったです。競っているときは緊張もしましたが疲れもすごくていかに集中するかを考えていました。相手は速い球で攻めていくタイプではなく大きくクリアとドロップでコートを広く使って相手を四方八方に動かすプレー。足がついていくことができませんでした。ペースをあげたが相手の方が余裕があったと思います。東インカレで一回負けて2回目の敗北です。(振り返って)春は団体メンバーにも選ばれなく勉強の都合で個人戦も全然出場出来なくて夏休みから挽回しようという気持ちでやりました。夏合宿や夏休みの練習でどんどん先輩達に勝って団体メンバーの権利を獲得しました。出るからにはここで勝たないと使ってもらえないという危機感から勝てるようになり大事な場面も勝てるようになりました。しっかり自分がポイントを取らなければならないという気持ちです。ちゃんと自分が引っ張るという気持ちを持っていきます。まだ1年生ですがそんなの関係なく1年生の仕事や下級生の立場をわきまえながらプレーではみんなを引っ張っていけたらと思います。(シングルスで一番の成績)嬉しいのもあるがチームの中で一番頑張っていかないといけないのかなというのはあります。(全日本総合の出場)人生で絶対出られないと思っていたのでうれしいです。でもこの最後の試合に勝てば予選からじゃなく本戦から出られたので悔しいです。本番は予選突破して絶対出場します」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: