検索
 HOME > バドミントン部

ペアで最後の試合に臨んだ高崎・後藤組

バドミントン部  ダブルス4回戦進出は男女合わせて2組のみ/全日本学生選手権

◆10・15〜20 第67回全日本学生選手権(千葉ポートアリーナ他)
▼男子ダブルス
 高野・宮嶋組――4回戦進出
 山角・酒井組、武石・西谷組――2回戦敗退
▼女子ダブルス
 瀬川・村上組――4回戦進出
 高崎・後藤組――3回戦敗退
 高原・鈴木組――1回戦敗退
 ダブルスの4回戦進出は高野将斗(商4=埼玉栄)・宮嶋航太郎(商4=埼玉栄)組と瀬川桃子(商3=埼玉栄)・村上晃(商3=青森山田)組のみとなった。男子は武石優斗(商2=札幌一)・西谷春樹(政経2=青森山田)組が両ゲームとも19―21の接戦で敗北し、山角太佑(農3=富岡)・酒井健登(政経1=埼玉栄)組は大差で敗れ、両組とも2回戦敗退。女子は、高原美由樹(文4=埼玉栄)・鈴木いよ乃(農2=聖ウルスラ学院英智)組が初戦で敗れる。高崎真美(政経4=日本橋女学館)・後藤にこ(文3=聖ウルスラ学院英智)組は2、3回戦でファイナルゲームまでもつれ込む熱戦を繰り広げるも力尽き4回戦には届かなかった。
 
 流れを奪い返せなかった。4回戦進出をかけ3回戦に挑んだ高崎・後藤組。第1ゲーム目は高崎の後方からのスマッシュが決まり、14―21で難なくこのゲームを奪う。しかし、第2ゲーム。「相手も頭を使ってきた」(後藤)とここから流れが変わった。ラリー戦に持ち込まれることが多くなり、我慢しきれず失点を重ねる。終盤には6連続ポイントでリードを広げられ第2ゲームを取られた。「2ゲーム目を引きずっていた」(後藤)とファイナルゲームでもその流れを断ち切れず、勢いを取り戻せないまま勝利を逃す。「2回戦目の相手よりは楽な相手だった」(高崎)。ヤマ場でもあった池内・鈴木組(日体大)のペアを下してきただけに悔しさは隠し切れなかった。高崎・後藤組にとってこの試合は最後の試合だ。ペアを組んで3カ月余りだったが「苦手なこともいっぱいあったけどすごくよくなってくれた」(高崎)と共に短期間で成長を遂げた。「すごく感謝してます」(高崎)と二人三脚でやってきたダブルスで高崎は学生大会の最後を締めくくった。
 
 残り2組は5日目に行われる試合に照準を合わせる。昨年のダブルスの最高成績は男子はベスト8、女子は4回戦敗退だ。次は「相手ももっと強いと思う」(宮嶋)と強敵ぞろいで厳しい試合になるのは必至。敗れた仲間の分まで昨年を上回る結果を狙う。

[花岡桃]

試合後のコメント
宮嶋

「初戦ということでしっかり気持ちを入れて臨んだんですけど、少しやりづらくて1ゲーム目は競る形になってしまいました。しかし2ゲーム目は良い形で対応できました。2戦目の相手はそこそこ強かったので、負けてたんですけど終盤一気に抜けて2ゲーム目良い出だしでつなげられたので、そこが勝因です。だいぶ攻められてましたけど、相手が決めたい球をこっちが粘って取ってたので、それで相手がしびれを切らせてミスにつながってるという、我慢のプレーができたのでそこはよかったです。(2ゲーム目は大差で勝利)我慢強くプレーできたので向こうがそれで嫌になってミス、という形が多かったです。調子は悪くはないと思います。明後日のダブルスは相手ももっと強いと思うので、しっかり気を引き締めていかないと勝てないので、出だしからしっかりいけるようにしたいです。今日は2試合とも1ゲーム目の出だしでちょっといかれてるので、出だしの入りをしっかりしていかなければと思います」

高原
「ダブルスの早い展開に自分達がついていけなくて、それで負けたなという風には思いました。ダブルスの方が早いからなるべく相手を大きく大きく動かして、自分達がゆっくりできるようにやりたかったんですけど、やっぱり相手に先に早い展開に持っていかれちゃったんでなかなかそれができなかったなという風に感じました。(鈴木)いよのちゃんは、すごくガッツがあって、素早く前に入ってくれる子なんですごく組みやすかったし、シングルスもできる子だから取れないところ取ってくれたり、カバーもしてくれたし今日とかやっていてすごく楽しかったんで、自分としては負けちゃったけど悔いはなく終われたなと思います。(最後マッチポイントを取られてから粘った)20取られちゃうと点差的にも何点かあって、ちょっと厳しいかなという気持ちが逆に思いっきりやらせてくれたんで、最後が一番自分らしくやれたなと思いました。(声援)応援されるとすごい頑張ろうという気持ちにはなるんで、いつも応援してもらっていたので感謝の気持ちでいっぱいです。(良かった点)攻めたときにしっかり決められたのは良かったと思います。あとは、自分的にはレシーブがそんなに焦らずできたので、思いきりやれたことが一番良かったなと思います。(悪かった点)相手の片割れがすごく前に入ってくるのが上手い子で、その子にパッと前に入られちゃったりしたんで、もうちょっとその子を後ろに下げられるような展開を作れたら良かったんですけど、なかなかうまくいかなかったですね。(シングルス)これで最後なんで、学生としての試合、最後なので明日は多くて3回なんですけど、何回勝つかよりも自分の力を一試合一試合出して悔いが残らないように終わりたいんで、緊張もせずに思いっきりやりたいなと思います」

高崎
「2回戦目の相手よりは全然楽な相手だったんですけど、2ゲームで勝ちきれれば良かったんですけど、2ゲームの後半でちょっと自分達がミスを連続でしちゃって、相手に結構簡単に、ラリーはしてたんですけど最後のところでミスがこっちであって、2ゲーム目取られちゃって体力が。2ゲーム目で勝ちきれたら勝てた相手だったと思うんですけど、やっぱそこの最後がミスが出ちゃったところがファイナルにもつれ込んで、2回戦もファイナルだったので、自分が我慢しきれないでミスが出ちゃったところが敗因かなと思います。(ラリー)相手も疲れてたんですけど自分達がやっぱ待ちきれなかったところがよくなかったかなと思います。(良かった点)組んで結構歴が浅いんですけど、(後藤)にこちゃんが組んだときよりも前衛もレシーブもサーブ回りも全然できるようになって。もともとシングルスずっとやってた子なんで、それで私と組んで、私が組む人がいなくて。苦手なこと結構いっぱいあったんですけど、最後はすごいよくなってくれたんで。自分はもともとダブルスで、ダブルスはずっとやっててダブルス専門なので。良かったところは、にこちゃんが前衛をさわってくれて、チャンス球が来たら決めたりだとか、ハーフをにこちゃんが上手に交わしたり、打ったりしたところが良かったと思います。(後藤とのダブルス)本当に私の合う人がなかなか見つからなくて、その中で、短い間だったけど組んでくれて、とりあえず、にこちゃんは動けて、何が来るのか分からない良い球をいっぱい持っているタイプで、私は割とバンバン打って前に詰めていくタイプなんで、全然タイプが違うんですけど、それが逆に相手にとっては違う球がくるから良かったのかなと思って、だからすごい感謝してます」

後藤
「2回戦目が勝負どころ勝っただけに、3回目の相手の方がちょっと力が劣るかなという感じだったので、それを落としたのはもったいないなと思いました。2ゲーム目が勝負でした。(ラリー)1ゲーム目は高崎先輩の後ろの球が、スマッシュ決まって点数とれて、楽に1ゲーム目とれたんですけど、2ゲーム目から向こうも頭使ってきて、大きく回されて我慢できなくてラリー勝負に持っていかれて、低い展開よりも大きい展開に途中から相手がしてきて、2ゲーム目が勝負だったんですけど、15オールぐらいで流れを取られたのが悪かったです。そこからファイナルも競ってるけど、こっちもなかなか流れをつかむことができなくて抜け出せずに、特にその2ゲーム目の展開が引きずっちゃったかなと思います。(ペア)今まで大学に入ってから組んだことないタイプで今までずっとシングルスの人と組んできて大きい展開で点数とってたんですけど高崎先輩と組んで、早い展開、ダブルスっぽい展開、低い展開経験してみて、すごく自分自身の能力は今までやらなかったことをやることになったので自分としての能力は上がりましたし、今年で高崎先輩とは終わりですけど自分自身来年に繋がるダブルスに今シーズンなることができて感謝してます」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: